歴声庵

ツイッター纏め投稿では歴史関連(幕末維新史)、ブログの通常投稿では声優さんのラジオ感想がメインのブログです。

10月30日(水)のつぶやき

2013年10月31日 01時01分43秒 | twitterまとめ

『ガルパン』の影響で、私に二十年ぶりにジェット軍用機ブームが来てるのですが、悔やまれるのは二十年前に集めていた、ほぼ全ての本を捨ててしまった事。特にSU-27の存在が知られ始めた時の本は、当時世界がどれだけフランカーを恐れていたのかが伝わってきて、ある意味現代史の資料だった気が


実際あの頃は、果たしてF-15とF-16で、SU27とMIG29に勝てるかと言うのを、真剣に議論していた気がします。あの時学生時代に頑張って購入したフランカーの写真集(?)は捨てなければ良かったな~。


今度の三連休の二日目・三日目は共に晴れらしいので、予定どおり鬼怒川渓谷に向かう予定。ただ「東武スカイツリーライン快速」の切符ってどこで買えば良いのでしょう。


今回は日帰りだけど、次に行くときは大鳥圭介が泊まったと言われる星光ホテルさんに泊まりたいな~。


年内には『すぴぱら』の聖地巡礼の為に、鎌倉に行きたいのですが、実際に自転車を使えば聖地巡礼に要する時間は1時間~1時間半で終わると思うので、それ以外に鎌倉の観光地訪問しようかと思う今日この頃。そうなると前回訪問時は撮影出来なかった、鎌倉攻防戦の激戦地の化粧坂かな?。


コメント

10月第3週の声優ラジオ感想 

2013年10月30日 22時42分56秒 | 声優ラジオ関連

『SCRUM Radio ~らむらじ~』:第65回
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま&荻原秀樹さん
 今回荻さんが「30秒でストップウォッチを止める」と言う挑戦をしたのですが、見事30秒ジャストで止めてビックリ。ご自身で体内時計を持っていると話してくれていますが、ここまで凄いとは驚きです。ただそれ以上に、難解なミッションを完遂した事によりテンションが高い荻さんが印象的でした。それにしてもダイス対決では、本当に二人とも頻繁に1と6を出しますね。二人とも言ってましたが、この場にきくたけさんが居たら面白いのにと思ってしまいます。結構二人の要望が通りそうな番組なので、本当にきくたけさんが来てくれたら面白いのにと思ってしまう今日この頃です。
 また別イベントで荻さんが、英麻さまが大ファンの大川さんと共演すると言う事で、英麻さまが大川さんの事を聴きたがっていたのが印象的でした。大川さんが英麻さまに対してつれない事を話したと言って、期間限定とは言えども荻さんが英麻さまを凹ませる術を手に入れたので、二人の力関係が一時的に逆転しそうなのが面白かったです。

『蒼きラジオのアルペジオ』:第04回
 ●パーソナリティー:淵上舞さん・沼倉愛美さん・山村響さん
 淵上さんが出演していると言う事で前回から聴き始めた番組ですが、軍艦が出てくる物語だったのですね。空(スト魔女)・陸(ガルパン)に続いて、海の萌えミリ作品と言った感じでしょうか。山村さんの事は知りませんでしたが、三人のトークが中々面白く、作品の影響でミリタリートークも結構ありそうなので期待しています個人的にはフォックススロットが社交ダンスの意味と知ってビックリしました。
 また淵上さんが、意外にもバッサリ斬り捨てるタイプだったのが意外でした。沼倉さんと山村さんが相手をフォローする中、「こんな人は嫌だ」と可愛い声で言ってしまう淵上さんが豪快で面白かったです。ちなみにデビュー時期からか沼倉さん>淵上さん>山村さんと言う微妙なヒエラルキーが垣間見えて面白かったです。

『境界の彼方 ふゆかいラジオ』:第03回
 ●パーソナリティー:種田梨沙さん&山岡ゆりさん
 今回も山岡さんの面白エピソードが色々聴けて面白かったです。子供の頃ゴキブリをハサミで退治していたと言うのも凄い話ですが、その後ゴキブリの反撃(?)を受けて、以降はゴキブリ嫌いになったと言う話も面白く微笑ましかったです。余談ですが、毎度ながら私の頭の中では、そのエピソードを聴きながら宇津木ちゃんがゴキブリと格闘している光景が頭に浮かびニマニマしていました(^^;)。

その他に聴いた番組
『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第107回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ師団長 
『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第55回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ師団長
『THE IDOLM@STER STATION +』:第29回
 ●パーソナリティー:沼倉愛美さん&原由実さん
『ふぃあ通』:13年10月号
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま サブパーソナリティー(?)菊池たけし氏 ゲスト:大竹みゆさん・鈴吹太郎氏
『Fate/kaleid liner イリヤと凛のプリズマ☆ナイト!』:第09回
 ●パーソナリティー:門脇舞以さん&植田佳奈さん
『能登麻美子 おはなしNOTE』:第29回
 ●パーソナリティー:能登麻美子さん
『みなこい☆らじお 』:第02回
 ●パーソナリティー:夏野こおりさん&月城真菜さん
『凪のあすからじお 』:第04回
 ●パーソナリティー:花澤香菜さん&茅野愛衣さん
『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第271回
 ●パーソナリティー:川瀬浩平氏&伊平崇耶氏
『Studio T Paradice』:第374回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏

コメント

10月29日(火)のつぶやき

2013年10月30日 01時01分56秒 | twitterまとめ

今週の土曜は、涼子さんのトークショーを見に東京電機大学まで行くのですが、折角遠征するのだから、近くの松山城址でも行こうかな~と色々ネットを見ています。でも翌日はそれこそ鬼怒川渓谷まで遠征するのだから、ここは我慢して翌日に備えた方が賢明なんでしょうね。

1 件 リツイートされました

@tnori あらら、乗川さんの母校だったのですか(^^;)。ところで電気関係の大学と言う事は、学祭で他に面白い催し物とかってありますかね?。レーダーとかレーザー距離測定装置なんかあったら見てみたいのですけれどもね~。


コメント

10月28日(月)のつぶやき

2013年10月29日 01時02分34秒 | twitterまとめ

@rossoaegis 距離が離れていたので、直接会話出来ませんでしたが、私もN'sTシャツを着ていた黄色集団の一人でした(^^;)。


@rossoaegis 確かに最後の米澤さんの時に凄い二人が居ましたね。私はあの頃スピーカーの大音量に耳をやられて、端っこに後退していたので、あまり覚えていませんが...。


商業歴史界での扱い量と歴史学での新選組の扱われ方が正反対だったのは、商業歴史界では新選組の「大きな歯車」部分を無視して来たからであり、それを指摘したのは歴史学分野の松浦氏や宮地氏だった。しかし、「大きな歯車」は存在をかろうじて認められたが、現状ではそこまでである。

大塚さんがリツイート | 1 RT

@pacific_18 @tnori ありがとうございます。多分、遅くても三時には退社出来るので、19時までには到着出来ると思うのですが...。ただ、これでは前日の食べ歩きは無理そう(涙)。


@pacific_18 色々考えて今回は諦めたので、感想を楽しみにさせて頂きます。


@pacific_18 生天目さんと田口さんって、『FA』では悠木姉妹役なので、「悠木姉妹が姉妹喧嘩している~」とニヤニヤしていた私(^^;)。


コメント

10月27日(日)のつぶやき

2013年10月28日 01時02分42秒 | twitterまとめ

@tnori おおっ、遂に着手ですか。私も次に大洗に行くまでは、F-15Cを完成させないと...。あと出来ればタイフーンも。もはや大洗も『ガルパン』も関係ありませんが(^^;)。


乗川さんの影響を受けて、未着手のタイフーンの模型を見ています。個人的にジェット軍用機のプラモの楽しみは、兵装を選ぶ時だと思っています。現時点ではサイドワインダーL型を二発、アムラームを四発、そして燃料の増缶かな?。本当はもっと搭載出来るのですが、あまり積むと見てくれが良くないので


@pacific_18 ちなみに飯能では、戊辰戦争飯能の戦いが行われていたりして(^^;)。


そろそろVVGに出発~。


@rossoaegis あれ、ひょっとして今日お会いしたのかもしれません。私も上手(スピーカーの前)に居ました。


『青蘭学園放送部』第1回を試聴したら、『すぴぱら』の紅葉そのままだったので、壮絶にずっこけました(汗)。私にとっては凄いご褒美です(^^;)。


う~ん来週の連休に藤原渓谷に行かないと、翌週末にF-15Cとタイフーンのプラモを作れず、あんこう祭りに間に合わないので、やはり来週に藤原渓谷に行かないと駄目そう。


コメント

10月26日(土)のつぶやき

2013年10月27日 01時03分00秒 | twitterまとめ

妄想映画:宇宙人が地球に攻めてきて、剣士や魔法少女やらが威勢良く向かうものの返り討ち。その後に連合国軍が編成され、二十代の兵士、三十代の前線指揮官、四十代の参謀、五十代の司令部が一致団結して敵を倒して世界に平和が訪れる。この勝利に英雄は居なく、凡人が知恵と勇気を結集して勝利した


ぱれっと公式サイトでの、先日のPASTAグッズの通販開始に出遅れて、パンフレットが既に完売(涙)。今の天気のように、私の心も涙雨...。


戊辰戦争時に仙台藩参謀だった真田喜平太の本が出ると知りましたが、これって通販してくれないのかな?。真田には興味があるものの、真田信繁(幸村)の子孫と言う事ばかりクローズアップされて、それ以外の事はあまり語られないので、よく知らないので気になります。


ちなみにこの真田喜平太は砲術の専門家と伝わるものの、同じく砲術の専門家で戊辰戦争で砲兵を率いて活躍した大山弥助どんと比べると、戦果を殆ど挙げていないので、どの程度の砲術の専門家だったかと言うのも気になるところです。


@pacific_18 遂にあそこの服屋桃も参入ですか。何かもう、あそこの商店街の一店一店が、独自のグッズを作っていますよね。これがほぼ全店にまで広がれば凄い楽しそうです。...財布的に辛いけど(^^;)。


八王子城址って、雪さえ降ってなければ、12月や1月に行っても大丈夫かしら?。


PASTAの感想が完成したので、明日のVVGに備えた準備や、来週の鬼怒川渓谷訪問の準備でドタバタしています。忙しいですが「やりたい事」「やらなきゃいけない事」があるのはありがたいなと思います。会社の同僚と話すと、趣味がある人間の方が少数派ですからね。


コメント

イベント感想:PASTA! -PALETTE PREMIUM FESTA-

2013年10月26日 17時52分48秒 | 声優イベント・ライブ・舞台感想

 イベント名:PASTA! -PALETTE PREMIUM FESTA-
 出演者:荻原秀樹さん、小野涼子さん・後藤麻衣さん・壱智村小真さん・力丸乃りこさん・吉田真弓さん・水島大宙さん、橋本みゆきさん・Chouchoさん・marbleさん・佐咲紗花さん
 日時会場:2013年10月20日 東京:日本青年館 大ホール

 ぱれっと主催の初のイベントとなる『PASTA!』に行ってきました。もっとも実質テレビアニメ版『ましろ色シンフォニー』のイベントと言う印象でしたね。そのような意味では、前回のチケット争奪戦では敗れていけなかったので、初の『ましろ色』イベントにやっと初参加出来ました。尚、当日の天気は雨、流石は涼子さんが出演するイベントと感心しながら会場に向かいました向かいました(^^;)。

 まず開演の前に前説から(尚、前説は音声のみの登場で、役者さん自身は登場しません)。最初は愛理役の涼子さんと、新吾役の水島さんが登場。前説をしようとするものの、新吾が落とした消しゴムを拾おうと屈んだ際に、愛理のスカートの中を覗いてしまった為に、愛理がフリーズ。この為に愛理に替わって前説をしようと、アンジェ役の壱智村さんが「皆さんの心のメイド」と言いながら登場。張り切って諸注意をしようとするものの、続いて出演したみう先輩役の力丸さんと、紗凪役の吉田さんがしてしまったので、アンジェが前説をする事は出来ませんでした(^^;)。また諸注意の中で、みう先輩がさり気なく「生き物は持ち込まないで下さい」と言っていたのも面白かったです(^^;)。前説が出来なくアンジェが動揺する中、桜乃役のごまちゃんも登場して前説も纏めに入ります。復活した愛理がアンジェを慰めて、最後の締めの挨拶のフリをアンジェに任せて前説は終わりました。個人的には皆一斉に挨拶する中、桜乃だけ一人テンポが遅れていたのが面白かったです。

 かくしてイベントがスタート。最初はバンドさんの生演奏の元で、ぱれっとの各作品の動画が流されます。過去作品の動画が一通り流されて会場が暖まったところで、今イベントの荻さんが登場。テンション高く勢いよく登場した荻さんですが、勢いが良すぎてステージを通り過ぎてしまい会場が爆笑します(^^;)。その後荻さんは戻ってきますが歓声が凄い。相変わらず男性ファンに愛される男性声優さんですね(^^;)。ちなみにこの日の荻さんの服装は白いスーツでしたが、珍しくサングラスを掛けていなかったのが印象的でした。
 MCの荻さんの司会で「ましろ色SPステージ」が開始。まずは主演者の登場から始まりましたが、一番手は瓜生兄妹役の水島さんとごまちゃんが登場。この日のごまちゃんの衣装は、白い横ラインのノースリーブのワンピースにレース状のケープ、頭にはバレッタと言う可愛らしい物でした(私は服飾の知識がないので、遺構も名称を間違えるかもしれませんがご了承下さい)。続いてはクラスメイトコンビ(?)役の涼子さんと壱智村さんが登場。涼子さんの衣装は黒いドレスにネックレス・コサージュと大人っぽい物でした。壱智村さんも黒い前開きのワンピース(?)の下に、レース状の服でした。余談ですが、『Studio T Paradise』で最近アクティブな行動をしているのが語られている壱智村さんですいが、確かに他の出演者の方と比べて日に焼けていたのが印象的でした。最後はぬこ部コンビ役の力丸さんと吉田さん、力丸さんはピンクっぽいニットワンピース(?)に首飾り・ベレー帽、そして今イベントでもぱんにゃのぬいぐるみを抱いての登場です(^^;)。吉田さんはニットワンピースに黒いベルトとの服装でした。尚、全員登場後にごまちゃんが荻さんに対して、「ちなみにどのヒロインが一番好きですか?」と鋭い質問をされてタジタジになっているのが面白かったです(^^;)。他にも力丸さんの「アニメの結末には皆の恨みがある」などの名言も飛び出すなど、最初から笑いが絶えない展開です。そのような中で、まずはぱんにゃの絵を見ないで描くと言う対決コーナーからとなります。尚、この際に力丸さんはマイぱんにゃを没収されます(^^;)。
 ごまちゃんと涼子さんの絵は上手いのは知っていましたし、力丸さんもぱんにゃは見慣れているので、水島さんが不利との下馬評でしたが、いざ始まってみると皆さん中々上手い。涼子さんとごまちゃんが上手いのは勿論、力丸さんと壱智村さんも特徴をよく捉えており、何より水島さんが地味に上手かったのが印象的でした。水島さんが上手く描く中、一人笑いを取ってくれたのが吉田さん。顔を立てに半分に片方は白、片方は黒と塗り分けた凄い絵になってしまい、荻さんから「これはブラックジャックだ」と言われてしまいます(^^;)。そんな吉田さん一人だけ飛び抜けて画伯だったので、誰もが吉田さんが罰ゲームと思っていたでしょうが、今回の対決にはNGワードとと言う書いたらマイナスポイントの要素が設定されており、「うりゅう」と言うぱんにゃの鳴き声がそのNGワードでした。力丸さんも涼子さんもごまちゃんも壱智村さんもこのワードを書いてしまった為に大きく減点となります。最終的にポイントは水島さんが10点、吉田さんが7点、涼子さん・力丸さん・壱智村さんが3点、そして純粋に絵として観れば涼子さんと一二を争うほど上手かった筈のごまちゃんが0点となり、罰ゲームになるという珍自体になりました。もっとも今回の罰ゲームは、罰ゲームになった人のイラストのTシャツを作るというもので、結果的に上手い人の絵が残って良かったと言う水島さんのコメントが面白かったです。もっとも当の本人であるごまちゃんは、罰ゲームと決まって「震えが止りません」と語っていましたが(^^;)。
 続いては生アフレココーナー、まずは教室の食事風景と言う事で涼子さん(愛理)・壱智村さん(アンジェ)・吉田さん(紗凪)・水島さん(新吾)の四人だけが登場。愛理に対して「瀬名さんは(弁当が他の人に見えないように)壁に向かって食べていれば良いよ」と新吾が相変わらず酷い事を言う中で、アンジェが「天地がひっくり返る程の大ニュース」があると発言。いつもの如く最初は皆反応しませんでしたが、やがてアンジェに事情を聞くと、万智先生がBL以外の本を読んでいて、そのタイトルが「年下の落とし方」だったとの事。新吾がこのタイトルに危機感を覚えたところで、力丸さん(みう先輩)と桜乃(ごまちゃん)が登場。登場時の桜乃の台詞が「兄さんの顔が悪い、...顔色が悪い」だったのは台本どおりなのか、ごまちゃんのアドリブだったのでしょうか(^^;)。さて万智先生がイメージチェンジを計ろうとしていると言う事から、ヒロイン五人がイメージチェンジをしようとの事になり、新吾がそのプロデュースをする事に。かくして各ヒロインをどのようにイメチェンさせるかと言う事で、新吾が一人一人をじーっと見るのですが、その際の五人の心理描写を演じてくれます。見られる事を恥ずかしがる愛理、「アンジェはメイドですから...、まさかアンジェに女を求められているのでしょうか」と慌てるアンジェ、自分の事をじっと見る新吾を可愛いと言い、むしろ「イタズラしたくなっちゃうよ」と爆弾思考をするみう先輩。ちなみに新吾も、その視線を受けて「せんぱい...」と切ない声を挙げます(^^;)。どうやら、この世界軸でも新吾はみう先輩に弱いらしい(^^;)。そしてオチは紗凪、水島さんが吉田さんの至近に近寄り「ジー」っやれば、紗凪は「かつてない視線を感じる」と言うなど面白かったです。結局最後は「皆、そのままが一番」と言う定番のハーレムオチでしたが、「兄さんには幻滅しました(桜乃)」「もう少しがんばれよ(紗凪)」「私って何ドキドキしてたんだろう(愛理)」の台詞などは久しぶりに『ましフォニ』らしさを堪能出来て嬉しかったです。
 ここで役者陣は一旦退場して、今度はぱれっとの新作『恋がさくころ桜どき』の宣伝コーナー。本会場で上映されたムービーで、初めて声優陣の発表がされましたが、初めて名前を聞く人ばかりでした。その後ぱれっとのスタッフが登場して、キャラの紹介が色々されたのですが、ティナに関して「ぱんにゃ以上のマスコットキャラにする」と言う発言が印象的でした。また合わせて同新作のラジオ番組が始まる事が告知されましたが、『ほめらじ』と同じ木曜日更新と言う事に荻さんがビックリ。風音さんが「つぶしてやる」と発言しないか心配していましたが、実際『ほめらじ』の第341回で似たような発言をしていましたね(^^;)。
 『恋がさくころ桜どき』宣伝コーナーの最後は、OPを歌う佐咲紗花さんが登場して、同作品のOPを歌ってくれました。私この人の名を初めて聞いたと思っていたら、何とこの佐咲さん『ガルパン』のあんこう音頭を歌ってくれていると知ってビックリ。てっきりあのような歌だったので、妙齢の女性が歌っていると思っていました(汗)。

 ここで一旦イベントを中断して休憩時間となります。この間『ほめらじ』の特別編が流れていたのですが、トイレに行っていた為に聴けませんでした(汗)。
 さてイベント後半はライブパート。「瀬名さんの歌か、凄い楽しみだ~」と言う水島さんのナレーションが流れた後で、トップバッターの涼子さんが登場。愛理のキャラソン「POP STEP LOVE」を歌ってくれます。またこの歌う時の涼子さんは赤い小さな帽子を被っていましたが、これは本イベントでの愛理のイメージイラストを意識してくれたのかな?。個人的には去年の『溝らじ』イベント以来の、涼子さんの生歌が聴けたので嬉しかったです。歌い終わった後のMCでは、本イベントで歌うとは前もって告知出来なかったので、トークショーでもサイリウムを持ってきてねとツイッターに書いたら、皆が振ってくれて嬉しかったと話してくれました。ちなみに愛理はイメージカラーがあまり広まっていないのか、愛理の髪の色の黄色やオレンジを振る人も居れば、涼子さんの好きな青色を振る人も居ましたね(私は後者)。
 続いてはごまちゃん、桜乃のキャラソンの「ふんわりふわり」と歌ってくれます。ごまちゃんの生歌を聴けたのも、去年のN'sライブ以来ですし、個人的にこの歌がごまちゃんの歌の中で一番好きなので、ライブで聴けて嬉しかったです。ちなみに桜乃はイメージ色が定まっているのか、会場が青のサイリウムで統一されていたのも綺麗でしたね。またMCでは歌詞について言及、「迷子のままなら見つけてくれるかな、ここで待ってるの」について、「ここで待ってるのじゃないでしょう」と突っ込んでいたのが面白かったです。
 次は吉田さんが登場(余談ですが、吉田さんだけがイベント時とライブパートでは衣装が違いました)、紗凪のキャラソンの「ずっとこのまま...」と歌ってくれました。紗凪もイメージ色が定まっている模様で、前奏の時点で会場が赤に統一されていましたね。吉田さんもMCでは歌詞について言及してくれます。アニメ版の10話の続きがイメージされた歌詞っぽいですが、確かに歌詞を見るとそんな感じですよね。個人的には紗凪のキャラソンはこの「ずっとこのまま...」にしろ、「I will for YOU」にしろ歌詞が切ない感じで素敵な歌ですよね。
 吉田さんが終わったので、次は壱智村さん、最後は力丸さんの番かと思ったら、役者陣のライブパートはここで終わりで、続いてはアーティスト陣との私にとっては酷な告知がされました(涙)。力丸さんと壱智村さんのライブ楽しみにしてたのですけれどもね...。実は力丸さんの歌を生では聴いた事がないですし、壱智村さんの歌を生で聴いたのも三年くらい前なので、本当に残念でした...(涙)。
 アーティストーさんのステージではChouchoさんが一曲、marbleさんが一曲、橋本さんが三曲歌ってくれてライブパートが終わり、再度出演陣がステージ上に再登場。この時はみなイベント物販のTシャツを着ての登場でしたが、涼子さんだけは愛理のフルカラーTシャツを着ての登場です。また力丸さんはぱんにゃを持って、水島さんは会場限定のピンズを付けての登場など、それぞれ個性が出ていて面白かったです。
 エンディングでは、原画の和泉つばすさんの描き下ろし色紙抽選会がされたり(余談ですが、つばすさんのお姿は初めて拝見しました)、イラスト対決罰ゲームのごまちゃんイラストTシャツの抽選会がされたり(これは欲しかった...)した後に、最後に全員で「シンフォニック ラブ 」を歌ってイベントは終了しました。ただこれも、個人的にはヒロイン役の5人バージョンが聴きたかったな~。
 以上で本イベントの感想は終わりです。やっと『ましフォニ』のイベントに参加出来ましたし、力丸さん・ごまちゃん・涼子さんのトークや歌を聴けたイベントだったので嬉しかったです。ただ力丸さんの歌が聴けなかったのは返す返す残念(涙)。

コメント

10月25日(金)のつぶやき

2013年10月26日 01時01分59秒 | twitterまとめ

折り畳み自転車にも速度計を付けてみましたが、やはり普通の自転車と比べると速度が劣り、平均速度は時速11~12kmくらい。これでは鬼怒川渓谷に行った際に、船生や西古屋まで行くのは難しいかしら。


鬼怒川渓谷の戦いに参加した、宇都宮藩兵の小隊長名は未だ判りません。『三百藩戊辰戦争辞典』にも、宇都宮藩兵の鬼怒川渓谷の戦いの記述はあるのですが、板垣退助が新政府軍の指揮官と書くなど、初歩的な間違いがされているので、信用が出来ないのですよね~。


コメント

10月24日(木)のつぶやき

2013年10月25日 01時02分44秒 | twitterまとめ

「小説新潮」誌上で『死んでたまるか』の連載が始まりました。土俵際に追い込まれても最後まであきらめない男・大鳥圭介の怒濤の戦記です。今ほど、先頭に立って走る男が必要な時代はありません。イケメンじゃないし身長は149cmしかないけど、闘志だけは誰にも負けない男の物語です。

大塚さんがリツイート | 26 RT

闘志満々というよりは、日光で補給に来た松平に言った通り、敵が襲ってくるから仕方無しに戦い続けただけで。泥沼にはまり込んで会津と柵もできて抜け出せなくなって、それでも誰よりも真摯に戦い続けたと、そういうやるせない哀愁ある感じだと思います。大岡昇平の大鳥の「檜原」もそんな感じ。

大塚さんがリツイート | 2 RT

あと大鳥が連戦連敗と、彼と戦場を共にした事もない安藤太郎がのたまってそれが何かと取り沙汰されてしまっているけど。実際連敗したのは宇都宮、今市ぐらいでは。小山や大野・木古内や七重浜ではむしろ連勝しているのだな。
irisiomaru.com/katari/objecti…

大塚さんがリツイート | 2 RT

伊東潤氏が大鳥圭介の小説を書くと知ってビックリ。この方って戦国時代の専門家かと思っていました。その方が何故大鳥を題材に選んだのかは気になるものの、入潮さんが指摘されたとおり、大鳥の勝ち戦を書く事が出来る、つまり司馬遼太郎の呪縛から脱却出来るかどうかがポイントでしょうね。

3 件 リツイートされました

鬼怒川渓谷の戦いで、佐賀藩兵が大砲を引いたままでは超えられなかった楯岩が、今では観光地となっていて、展望台まで設けられていると知ってビックリ。訪問した時は、ここは是非訪れたい。


それにしても、ここ最近の大洗のイベント開催or新商品の発表は、毎週を通り越して毎日の感がありますよね。改めて考えても、凄い町ですね(^^;)。


コメント

10月23日(水)のつぶやき

2013年10月24日 01時01分34秒 | twitterまとめ

今日の大洗行きたかったな~、流石に平日なので行けませんでした。(涙)。


@pacific_18 リピーターが見込めない商品だからこそ、買わないといけないな~と思う今日この頃。


『スト魔女』のCDで、エーリカのアレンジ曲が入っていてビックリ。そう言えば扶桑勢のCDはラバウル航空隊のアレンジが入ってるのでしたっけ。何だろう、今度は軍歌の萌え化路線が目指されているのかな。


コメント

10月第2週の声優ラジオ感想

2013年10月23日 22時16分37秒 | 声優ラジオ関連

『そよぎと六花の Radio de ALcot!』:第09回
 ●パーソナリティー:遠野そよぎさん&北見六花さん、宮蔵氏 ゲスト:たみやすともえさん
 Alcotのライブイベントの直後回と言う事で、今回はライブにも参加したたみやすさんがゲストです。実際に出演されたたみやすさんがゲストと言う事で、ご自分が歌われた時のエピソードを語ってくれたり、宮蔵氏が歌われた一曲一曲について丁寧にコメントしてくれたりなど、ライブに行った方やAlcotファンにはたまらない回だったと思うものの、遠野さんと北見さん目当てに聴いている私としては、二人が終始聴き役に回らざるを得なかったので物足りなく感じてしまいました(汗)。

『501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~』:第63回
 ●パーソナリティー:田中理恵さん&原由実さん
 実は今回を聴いて初めて知ったのですが、原さんも『スト魔女』に出演していたのですね。そんな原さん、実は昔から田中さんに憧れていたと言う事で、田中さんの真似をしていたと言うエピソードを披露。それを聴いた田中さん嬉しそうながらも、その真似を聴かせる事を強要。収録後に披露する事になりましたが、果たしてどんな感じだったのかしら。
 またオーディションの話もされましたが、田中さんのオーディションをした時は、こんなに長い付き合いになるとは思わなかったと言う感想と、オーディションをしたのは昔過ぎてと話す時の田中さんのテンションが面白かったです(^^;)。そしてエイラの占いコーナーでの、大橋さんの相変わらずの投げっぱなしに対して、「こら大橋歩夕!」と怒る田中さんも楽しかった回でした(^^;)。

『境界の彼方 ふゆかいラジオ』:第02回
 ●パーソナリティー:種田梨沙さん&山岡ゆりさん
 山岡さんのトークを聴きたくて、前回から継続して試聴。本当に山岡さんのテンションが高いながらも、若干天然っぽいのが微笑ましくて、このラジオのテンションでの宇津木ちゃんを想像しながらニマニマしながら聴いていました(^^;)。

その他に聴いた番組
『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第106回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ師団長 
『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第54回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ軍団長
『SCRUM Radio ~らむらじ~』:第64回
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま&荻原秀樹さん
『とあるラジオの超電磁砲S』:第28回
 ●パーソナリティー:佐藤利奈さん・新井里美さん・豊崎愛生さん・伊藤かな恵さん
『Studio T Paradice』:第373回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏

コメント

10月22日(火)のつぶやき

2013年10月23日 01時01分09秒 | twitterまとめ

友人の真似をして、自転車に速度計を付けてみました。通勤路の平均速度を調べてみたら、大体時速15kmくらい。これはタイヤの大きな普通の自転車なので、タイヤの小さな折り畳み自転車ならば、大体時速12kmくらいかな?。これならば鬼怒川渓谷に行った際に船生まで行けるような気もしますが..


@pacific_18 気にはなりますし、欲しい商品も色々出ますが、今回は自重しないと、次に鬼怒川渓谷に行けるのは来春になってしまいます。


『南柯紀行』を読むと、6月上旬に届けられた後装銃と前装銃を、第一大隊(伝習第一大隊)・第二大隊(伝習第二大隊)・第三大隊(第七連隊・御料兵)で分配したと書かれていますが、第四大隊(草風隊)には分配していないっぽい。そして6月26日の戦いでは第四大隊長の村上求馬が戦死してしまうと。


『エースコンバットZERO』で一番好きな二度目のB7R航空戦の日本語版動画を発見。英語版ばかり見かけますが、日本語版の方が好き。リアルっぽさでは英語版でしょうが、台詞を楽しむなら日本語版だと思う。特に前半は熱い台詞が多い。nicovideo.jp/watch/sm6551801


そしてこっちが後編。敵エース部隊シュバルツェ隊(MIG31の八機編成)との交戦。このシュバルツェ隊隊長のスボフの版演技がねちっこい感じがして凄く良い(^^;)。ちなみに私自身の実際のプレーでは、グリペンで挑んだら返り討ちにあった(汗)。nicovideo.jp/watch/sm6552296


コメント

10月21日(月)のつぶやき

2013年10月22日 01時02分06秒 | twitterまとめ

今日は、月に一度の楽しみの、ゆみこふ会なので定時で帰ってきました~。また昨日のPASTAの感想も、記憶が劣化する前に、今日中にメモした内容のテキスト化を完了させたいと思っています。


『ガルパン』ネタ回と言う事で、今週の『こち亀』を読みたくて、三十年ぶりくらいにジャンプを買いました。前半がほぼ『ガルパン』ネタで、大洗やモデルグラフィックスにまで言及するなど、パロディとしてではなく、半ば『ガルパン』説明回だったので満足満足。

1 件 リツイートされました

@pacific_18 『すぴぱら』の冬服です。個人的にはこの制服好き。


『モンハン』の話になると、酒井氏が出しゃばるので面白くないのですよね~。


藤原渓谷の戦い古戦場の距離を調べると、龍王峡から新高徳まで約10km、新高徳から船生までが約7km、船生から新高徳まで帰ってくるのを考えると約24km。流石に船生まで行くのは辛いかな~。宇都宮藩兵迂回部隊の出発の地を訪ねてみたかったですが...。


@pacific_18 商工会祭気になるのですが、この連休を逃すと鬼怒川渓谷に行けそうもないので、こっちを優先したいと思います。ただし
三日も四日も雨ならば、大洗に行こうかなとも思っています。


コメント

10月20日(日)のつぶやき

2013年10月21日 01時02分52秒 | twitterまとめ

そろそろPASTAに出発~。


PASTAから帰宅~。イベント自体も楽しかったですが、涼子さんとごまちゃんの生歌を久しぶりに聴けたのが嬉しかったですね。一方で力丸さんの歌が聴けなかったのが残念(涙)。


@gomatsubu お疲れ様でした。久しぶりの桜乃の演技にも和ませて頂きましたし、久々にごまちゃんの生歌も聴けて楽しかったです。来週のVVGも楽しみにしています。


@ono_ryoko お疲れ様でした。昨年の『溝らじ』以来の涼子さん出演のイベント楽しませて頂きました。久しぶりに涼子さんの生歌が聴けて大満足でした。東京電機大学のトークショーも楽しみにさせて頂きます。


戊辰野州戦争小原沢古戦場近くの、白塗りの土塀、あれって何かとずっと思っていましたが、あれがモウキ山の裾を削って会津西街道を通した部分だったのですね。そしてそこを通って進軍しようとした佐賀藩兵・宇都宮藩兵に向かって、大鳥圭介率いる会幕連合軍が猛射撃を浴びせたと。


コメント

10月19日(土)のつぶやき

2013年10月20日 01時01分32秒 | twitterまとめ

@pacific_18 頑張ってきて下さい。これで缶バッジもコンプですね。それにしても大洗は本当に毎週に催し物やら、新商品が出てくるとんでもない町になってきていますね(^^;)。


@Twofacedness 普通に史実の会津藩を描いておけば、それで十分共感を覚える人も居たでしょうし、観光誘致も出来たと思うのですが、今や会津中心史観が何を言っても、胡散臭く感じるようになってしまいました。私としては星の存在は、もはや会津にとって害悪としか思えないのですが...

1 件 リツイートされました

@pacific_18 一週間でこの進化ですが...、もはや一ヶ月に一回訪問でも大洗の進化のスピードに追いつけない気がしてきた(汗)。


@gomatsubu 明日が今から楽しみです(^^)。


11月の連休二日目か三日目に八王子城址に行くつもりでしたが、思い切って鬼怒川渓谷の戦い関連史跡に行こうかと思案中。調べたら9時には到着出来るみたいなので、日帰りでも可能かなと。記事を作成する前に古戦場を一通り回った方がイメージを抱き易いですし。


ただ問題は、11月の連休と言うと紅葉のシーズン真っ最中なので列車が満員になりそうなので、そんな中で折り畳み自転車を持ち込んだら顰蹙になりそうな事。う~ん最前車両の隅っこに居れば大丈夫かな。何はともあれ、八王子城址にも行きたいけれども、年内に一度鬼怒川渓谷に行った方が良さそう。


帰りも18時半に新藤原を出れば、22時には帰れそう。これはやはり行くべきですね。特にロープウェイを使って、山頂から古戦場全体を見渡す俯瞰の画像が欲しいです。


@irisiomaru 何と言うか、月並みな発言で申し訳ありませんが、日本では絶対に遭遇をしない人生を歩まれているなと、ただただ驚きです。本当に命だけはお大事にして下さい。


コメント