歴声庵

ツイッター纏め投稿では歴史関連(幕末維新史)、ブログの通常投稿では声優さんのラジオ感想がメインのブログです。

7月第3週の声優ラジオ感想 その3

2013年07月31日 21時47分42秒 | 声優ラジオ関連

『ラジオの婚約者と幼なじみが修羅場すぎる』:第32回
 ●パーソナリティー:赤崎千夏さん&茅野愛衣さん
 今回は、以前の配信で触れられた沖縄旅行編です。折角の沖縄なのですから、二人で美味しい物を食べたり、マリンスポーツをしながらのキャッキャウフフの内容を期待していたら、本編の大半が皆で大貧民をするとの不思議な回でした(汗)。茅野さんは初めての大貧民と言う事で苦戦続きだったものの、一々挙げる声が可愛らしくて萌えてしまいました(^^;)。この人ひょっとしたら演じる時の声よりも、素の声の方が可愛いのではないだろうか(^^;)。
 大貧民は楽しかったものの、その他が殆ど無かったのはやはり残念。次回も沖縄編らしいので、次回こそは二人の食事レポートなどを聴いてみたいです。

『とあるラジオの超電磁砲S』:第18回
 ●パーソナリティー:佐藤利奈さん&新井里美さん
 遅ればせながら新井さんの誕生日回となった今回ですが、サトリナさんとスタッフからは、本編で黒子が着ていたような「布の面積が少ない黒ビキニ」がプレゼントされました。それを着た際の新井さんの感想も面白かったですが、プレゼントする前にサトリナさんも試着したとの話を聞いて、鼻血が出そうになった夏の夜(^^;)。
 また今回も「SINOBNI」の話題。やはり日本人は忍者が好きみたいですけれども、特に新井さんは忍者の事が大好きらしいです(^^;)。

その他に聴いた番組
『Studio T Paradice』:第361回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏
『ゆず生ラジオ 3rdシーズン』:第22回
 ●パーソナリティー:ろど氏・Famishin氏・煎路氏

コメント

7月30日(火)のつぶやき

2013年07月31日 01時00分33秒 | twitterまとめ

戊辰戦争、中でも北越・野州に特に興味あり。いずれ磐城も調べてみたいと思っています。 #真夏の歴史クラスタフォロー祭り

1 件 リツイートされました

@ncocb 恐縮です。師匠の「遺体埋葬問題」に対する記事は、冗談抜きに一般の戊辰会津戦争への見方に影響を与えたと思います。それまで会津観光史学の、「会津は被害者だ」との主張の本丸を論破してしまったので。


暫くの不孝は許されよ、我れ必らず名を揚げ家を興して父祖に報いん。禁衛の武将は輦轂の地に居るべきである。國家の大事の前には甘んじて不孝の汚名を忍ばん。
『川上操六 その3』 amba.to/1aUAuAD

大塚さんがリツイート | 2 RT

庄内藩攻撃に向かったと言うことは、福田侠平率いる部隊に所属していたのかな?。と言う事は川上や中島が所属していたのは城下士小銃八番隊か外城四番隊なのかな。ただ福田隊も途中で、新潟攻撃部隊と合併したと言いますし、そっちの隊かしら?。>RT


昨日のゆみこふ回楽しかったな~、再配信してほしい...。


あ、確かに十番隊って、黒田の指揮下に入って、米沢藩の降伏に立ち会って、そこから二手に分かれて庄内に攻め入った部隊に入っていますね。そう言う意味では今回はWikiが正しい事を書いているみたいです(^^;)。 @itaru_ohyama 薩摩藩10番隊小頭になっちょる


@itaru_ohyama そう言えば城下士小銃十番隊って、八丁沖西部戦線の戦いで隊長の山口が戦死して以来、誰が指揮を引き継いだのか気にはなっていたのですが、ブログを読んで中島が引き継いだのかなと思いました。中島ならば器量的に申し分ないでしょうし。


コメント

7月29日(月)のつぶやき

2013年07月30日 01時00分15秒 | twitterまとめ

ゆみこふ回までもう少し。


@tsukidokei 確かに三枚買いが基準とすると、100人分無いですね。当日は本当に昼から待機でしょうか。


昨日たくさんリツイートされたので、新生会津藩が何故領民を恐れたかを補足させて頂きます。鶴ヶ城開城時に武装解除したので、新生会津藩には銃砲が不足しており、もし旧会津藩領の猪苗代を選んだ場合、会津藩を憎む民衆が一揆を起こしても、それを鎮圧する力はありませんでした。

2 件 リツイートされました

この為、旧会津藩領ではなく、会津藩士を敵視していない下北半島を選んだと思っています。まあドラマで言っていたように、交易が出来る海に対する憧れもあったとは思いますが(結局実を結びませんでしたが)、一揆対応の方が大きかったと思います。

1 件 リツイートされました

ブログを更新しました。 『川上操六 その2』 amba.to/12XwXMT

大塚さんがリツイート | 2 RT

九月の月光会に船橋さんは出ないのかしら?


コメント

『すぴぱら』:鎌倉聖地巡礼の旅

2013年07月29日 19時58分28秒 | ロケ地訪問(聖地巡礼)

 今更ながら、『すぴぱら』の聖地巡礼に行ってきました。友人と鎌倉七口切通を訪れた後(大仏切通し・名越切通し)に、別行動で聖地巡礼してきた次第です。
 今回は本編で訪れた時系列順で紹介してきたいと思います。まずは桜と再会した鎌倉駅前なのですが、すいませんいきなり撮影するのは忘れてしまいました(汗)。駅前だから、帰りに撮影すれば良いやと思っていたら、まんまと忘れてしまいました。トホホ...(汗)。
 *14年04月19日に再訪問して撮影しました。


 と言う訳で冒頭で、桜と再会した鎌倉駅東口(天気が悪いのが残念)。


 続いては主人公の家を目指して、桜と一緒に歩いた若宮大路。鳥居と並木道の位置が同じで少し感動です(^^;)。


 続いて、同場所でアリスの気配を感じて振り向いた場所。木の形が若干異なるかな?。


 滑川交差点。ゲーム本編では画像左上の丘(公園?)に青海学園が建っています。実はこの場所は海岸の目の前なので、夏場は桜や紅葉は学校が終わったら、そのまま海水浴に行っていそう(^^;)。


 滑川交差点(青海学園前)から、主人公の家に向かう際に通った道。ゲーム画面では右手に存在する特徴的な石碑は、植え込みに隠れてこの場所から見えません(汗)。


 海岸沿いに主人公の家を目指して歩いた道。左手の道路は、日中は車の通行量が多いので、ゲーム本編の様に道路だけを撮影する事は出来ませんでした(汗)。


 反対側を見て。


 桜が出演する映画が撮影されていた海岸。前回訪問時は夏で、リア充で海岸が埋め尽くされていて撮影出来なかったので、今回の三度目の訪問でやっと撮影する事が出来ました(^^;)。


 同じく桜の出演する映画が撮影されていた海岸。青空だったらもっと綺麗な画像になったのですけれどもね~(汗)。


 そして遂に到着した主人公の家。本当にゲーム本編と同じ風景だったので驚きました。尚、海側の反対はすぐに商店街になっており、主人公や六花はここで買い物をしていたのだろうな~と思ってニヤニヤしてしまいました。特に六花は、商店街の人に凄い可愛がられていそうですよね(^^;)。


 桜の森の入り口に当たる実相寺前。残念ながら紅葉の神社のモデルは見つかりませんでした(涙)。この辺りは寺ばかりで、神社は見つかりませんでした。


 学校帰りに紅葉と寄り道した御成商店街。桜の実家である喫茶店もこの商店街に在ります。ただ地理的に考えると、この商店街は鎌倉駅前に位置しており、海岸沿いの青海学園からここに寄り道して、再び海岸近くの主人公の家や紅葉の神社に帰るのは不自然のような...。


 同じく御成商店街にて、桜の実感の喫茶店が在る付近。リアルでは左手に在る不動産屋が、ゲーム本編では桜の実家である喫茶店「cofuri」がなっています。


 アリスとミスコンの事について話した、和田塚駅前。ところで今回は探す時間がありませんでしたが、アリスが言っていた「駅構内を抜けての甘味所」って実在するのかしら?。

 『すぴぱら』聖地巡礼は以上となります。帰宅後に撮影した画像と、ゲーム本編の背景画面で構図が異なる場所が結構有ったので、機会があったら再訪問したいと思います。今回訪れたのが海水浴シーズンだったので人が多かったので、オフシーズンに行きたいですね。また青海学園はともかく、アリスの桜の森と、紅葉の神社のモデルって無いのかな~と思う今日この頃。

訪問日:2013年07月27日、同08月08日、14年04月19日

コメント

7月28日(日)のつぶやき

2013年07月29日 00時59分53秒 | twitterまとめ

『赤報隊事件の考察』 :どーんと来い俗説! amba.to/1c0LMX4 個人的に赤報隊事件の原因は本記事③の、本来東海道軍所属だった赤報隊が、東山道軍担当区域に勝手に進軍した軍令違反だと思っています。どうも赤報隊ファンの人はこの軍令違反を軽視していますが...。


『天色アイルノール』夕音ルート終了。意外と性格がSだったりなどの、キャラ的には変化球がありましたが、シナリオは鬱展開や超展開の無い期待通りの物でしたので満足。


「月光会」内 Sto lat!(狩)イベント感想 goo.gl/iyqqHJ


確かに米沢も領地削減されましたが、元々幕領の預かり分だった土地を削減されたので、比較的負担は少なかったです。  #八重の桜

2 件 リツイートされました

会津藩が、下北半島へ領地を求めたのは領民からの報復を恐れたから。このドラマでは描かれませんが、会津に搾取された領民の憎しみは凄まじく、新政府が猪苗代も提示したのにも関わらず、旧会津領では会津を憎む領民に攻め滅ぼさると、下北半島に逃れたと言うのが実情です。 #八重の桜

199 件 リツイートされました

ちなみに今回が、会津藩降伏から半年も端折ったのは、ヤーヤー一揆を描きたくなかったからと邪推してしまう。鶴ヶ城落城後、会津の支配が瓦解したと知った領民は、それまでの不満を爆発させて各地を襲撃。会津藩首脳部はこの会津藩を憎む民衆への恐怖心から、下北半島に逃げたと思われる。 #八重の桜

128 件 リツイートされました

@42sg 会津は他の藩に比べて搾取が激しかったと思います。京都守護職から戊辰戦争までの経費をねん出する為に過酷な搾取をしていましたし、また戦費を作るために贋金を作った事により、領内にインフレが起こり経済が崩壊したので、その憎しみは他藩よりも強かったと思います。


@a_restoration 難しい話ですね。当時の領民は会津藩を憎んだとしても、現在の会津に住んで観光を生業にしている方達にとっては、ヤーヤー一揆は会津藩の悲劇を演出する為には、むしろ邪魔な歴史でしょうから、自分からあえて発信する事は無いでしょうから。


ブログを更新しました。 『川上操六 その1』 amba.to/18KJye6

大塚さんがリツイート | 1 RT

コメント

イベント感想:「月光会」内 Sto lat!(狩)イベント

2013年07月28日 14時31分53秒 | 声優イベント・ライブ・舞台感想

イベント名:月光会
出演者:岡田純子さん・中島裕美子さん・船橋舞さん・門松涼さん
日時会場:2013年07月22日 東京:秋葉原アトリエACT&B


 またまたSto lat!(狩)のイベントに行ってきました。今回会場に入場して驚いたのは、前回と同じ会場・平日開催にも関わらず、観客が前回と比べて目に見えて増えていた事です。今回の月光会には氷上恭子さんも出演したので、氷上さん目当ての人が多かったのか、それともminoriのニコ生を見て来た人が増えたのかどっちだったのでしょうか。
 前回は一番手のSto lat!(狩)でしたが、今回は半ばの登場だったので、社会人にとっても優しい登場順だったと思います。さて、そのようなSto lat!(狩)の出番となると、まずは三人で「Positive」を歌ってくれました。阿佐ヶ谷の時はあまり振付はありませんでしたが、月光会になってからは振付もされるようになり、三人が楽しそうに歌いながら踊ってくれるのが見れて嬉しかったです。
 「Positive」が終わり、次は「Sto lat!(狩)」かなと思ったら、ここで三人が一旦退場。代わりに突如ステージ上に長身のボンテージ姿と言う挑発的な格好をした女性が現れます。何事かと思ったら、そのまま過激なBGMに合わせて扇情的なダンスをしてくれます。あっけ取られ、やがてダンスも終わると、ゆみこふさんと船橋さんがステージ上に再登場(尚、岡田さんはこの後も再登場せず)。実はこの女性、ゆみこふさんの後輩で、Sto lat!(狩)の歌の振付も考えてくれた門松涼さんとの紹介がされます。そんな門松さんに船橋さんがマイクを渡そうとしますが、ゆみこふさんがそれを阻止。「私の後輩に近づかないで」との様相です(^^;)。実は船橋さん、門松さんが踊っている間にキラキラした目で門松さんを見つめており、どうやら憧れてしまった模様。そんな船橋さんと、後輩を独り占めしようとするゆみこふさんの間でバトルが勃発しました(^^;)。果てには門松さんを中心に、二人がグルグル回って追いかけっこを始めたのは面白く、門松さんに「小さいのがグルグル回らない」の発言には笑ってしまいました(^^;)。確かに長身の門松さんと、小柄なゆみこふさんと船橋さんでは頭一つ分くらい身長が違い、ボンテージファッションの門松さんの周りを、お馴染みのSto lat!(狩)の衣装を着るゆみこふさんと船橋さんがグルグル回る光景は微笑ましかったです(^^;)。尚、当日の衣装はゆみこふさんは白いミニスカートに黒のニーソックス、頭にカチューシャの様相。船橋さんは水色のミニスカートに白いニーソックス、頭に白い花の髪飾りとの様相でで、二人とも可愛らしく正に眼福です(^^;)。
 さて門松さんを巡るバトルも激化し、二人で観客席に向かい告白台詞を言い、それを観客に判断してもらい勝負を決める事となります。まずは先手は船橋さん、「恥ずかしいから下を向いていて下さい」と言われて、下を向いていて聞こえてきた声がまんまアリス(すぴぱら)でした(^^;)。話してくれた内容も、どことなくアリスっぽくて、もし『すぴぱら』にアリスの告白シーンがあれば、こんな感じになったのかなと思ってしまい幸せな気分になってしまいました(^^;)。船橋さんの台詞が終わり、ゆみこふさんも一旦ステージ上に出てきましたが、「さもありなんって言いそう」発言に笑ってしまいました(^^;)。
 続いてはゆみこふさんの番です。船橋さんがアリスと言う飛び道具を使ったのですから、当然ながらゆみこふさんは伝統の技である優子(ef)を披露。こちらはまんま火村に向けて言われた台詞みたいでニヤニヤしてしまいました(^^;)。実際船橋さんにもしっかり『ef』って言われてしまいましたし(^^;)。
 そんな二人の熱演も終わり、どちらを支持するかの場面になりましたが、悩んだ末に今回は船橋さんを支持しました。二人の熱演自体は甲乙付けられないのですが、アリス(船橋さん)の方が本編で告白シーンが無かったので、レアだと思い船橋さんに拍手した次第です。尚、同じような事を考えた人が案外多かったのか、拍手の数はほぼ互角でしたね。船橋さん自身は、ゆみこふさんの圧勝と思っていたらしかったですが、ほぼ互角の結果に驚いていました。一方のゆみこふさんは、船橋さんに拍手した人の顔を覚えたよと言ってくれたので笑ってしまいました(^^;)。ちなみに勝敗自体は、門松さんが逃亡してしまったので、あいまいのままに幕を閉じました。

 以上で今回のイベントの感想は終わりです。今回は歌に関しては「Positive」一曲だけだったので、物足りない部分はあったものの、それを補って余りあるアリスと優子の生告白を聴けたのは嬉しかったです。特に前述のとおり本編に告白シーンが無かった、アリスの告白は貴重な体験をさせて頂きました(^^;)。また今後の予定としては電気外祭りとM3のイベント参加が告知されていましたが、今回のようなイベント参加は無いのかな?。このような機会は貴重なので、また開催して頂きたいのですが...。

コメント

7月27日(土)のつぶやき

2013年07月28日 01時00分21秒 | twitterまとめ

 この連載は、プロットを立てずに書き始めました。いわば、飛び上がってから着地点を探すようなことをしていたら、二ヶ月の長期連載になってしまいました。
『近藤勇・流山前後59』 amba.to/13aUEVm

大塚さんがリツイート | 2 RT

長期連載お疲れ様でした。近藤勇がイマイチ人気が無い(それこそ新撰組ファンから人気が無い嫌いがある)理由が、一種の判官贔屓との指摘が興味深かったです。>RT


それでは私も、そろそろ鎌倉に向けて出発~。


本日は鎌倉に行ってきました。鎌倉七口の大仏切通しと名越切通しを訪問。大仏切通しは新田義貞による鎌倉攻めの際に戦場になった場所。名越切通しは三浦半島への備えで築かれたそうです。両方とも人が一人通れない個所がある要害でした。双方とも枡形虎口になっていたのが印象的でした。


またその後、友人と別れて『すぴぱら』の聖地巡礼をしてきました。ただ夕月嬢の神社と、アリスの桜の森は現実には存在しないのですね。色んな場所を撮影して、帰宅後久々に『すぴぱら』をプレーしてみたら、数時間前に訪れた風景が画面に映し出されるので興奮しています(^^;)。


板垣達のマンテルにズボンと言う完全洋装の写真が残っていれば、羽織に義経袴姿の兵士の写真が残っているなど、統一はされていなかったみたいですね。@momi_man2 土佐藩兵の軍服は筒袖和装なのか、洋装なのかようわからんな


人見勝太郎の写真がそれっぽくありませんでしょうか?。ただ遊撃隊の正規な軍装かは判らないのですが。 @momi_man2 フロックの幕軍士官って写真


まあ今回はたまたまです。『すぴぱら』は珍しく、本編内で鎌倉と言う実在の地名を出してくれているので行ってきました。でも実際にキャラが立っている風景を実在に訪れると楽しいですよ(^^;)。 @pacific_18 聖地巡礼がブーム


@momi_man2 シングルですか、有名な五稜郭の集合写真で荒井郁之助が着ていたものでしょうか?。この辺になると服飾の知識が必要になってきそうなので、私には判らない分野です。すみません...。


コメント

7月第3週の声優ラジオ感想 その2

2013年07月27日 07時54分00秒 | 声優ラジオ関連

『そよぎと六花の Radio de ALcot!』:第04回
 ●パーソナリティー:遠野そよぎさん&北見六花さん、宮蔵氏
 実はこの番組の存在を今週初めて知りました。遠野さんと北見さんと言う、好きな声優さんが二人でパーソナリティーをされている番組なので、今までの回を聴かなかったのを心から悔やんでいます(涙)。今回を聴いて、どこが面白いと言うより、二人のトークが聴いていて本当に心地良いです。個人的には二人のツンデレ合戦とか、じゃんけん対決などが特に面白かったです。また二人に責められる宮蔵氏が羨ましかったです、この二人に責められるなんて、何と言うご褒美なのでしょう(^^;)。
 それにしても、まだ遠野さんは痴的、もとい知的なお姉さんを目指していたのですね。久しぶりに聴いたフレーズに思わず笑ってしまいました。これからも本番組は聴きたいと思っていますので、二人のトークを楽しみにしたいと思っています。何はともあれ、久々に北見さんの声を定期的に聴ける番組が現れて、良かった良かった(^^;)。

『SCRUM Radio ~らむらじ~』:第52回
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま&荻原秀樹さん
 どうやら荻さん熱中症になってしまったらしく、今回は元気がありません。しかも部屋で熱中症になったとは、番組内で自分の部屋が暑いと言っていましたが、どれだけ暑いのでしょうか(汗)。ちなみに荻さんが熱中症な一方で、番組は今回で一周年なので、英麻さまが嬉々として肉を食す不思議な番組になってしまいました(^^;)。
 また個人的には荻さんの歌である「Never surrender」が1コーラス流れたのが笑ってしまいました(^^;)。是非次は「Espada」も流して頂きたいです。

その他に聴いた番組
『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第258回
 ●パーソナリティー:川瀬浩平氏&伊平崇耶氏

コメント

7月26日(金)のつぶやき

2013年07月27日 01時01分11秒 | twitterまとめ

囚われの身となった勇は、「臣子の分を尽くしたかった」といいましたが、それが別な形で実現したともいえるでしょう。勇は、戦わないことで忠義を尽くしたのです。
『近藤勇・流山前後58』 ameblo.jp/itaru-ohyama/e…

大塚さんがリツイート | 1 RT

正直、「甲州勝沼の戦い」については、新撰組が戦った以外は見るべき物が無い戦いだと思っていた私にとっては、今回の一連の記事は驚く内容でした。>RT

1 件 リツイートされました

明日の鎌倉旅行の準備中。そう言いながら密かに『すぴぱら』鎌倉聖地巡礼の準備も進める私だったりして(^^;)。


さて、『天色アイルノーツ』のインストールが終わったので、少しだけ遊んでみよう。明日は鎌倉に行くので、少しだけ...。


コメント

7月25日(木)のつぶやき

2013年07月26日 01時00分17秒 | twitterまとめ

薩摩藩平田九十郎、大総督府の命を承けて来り、具定に告げて曰く、賊勢猖獗、軽進すべからず。まづ江戸に入り大総督府の命を待つべし。
『近藤勇・流山前後57』 amba.to/19jtj7b

大塚さんがリツイート | 1 RT

てっきり香川って、宇都宮城失陥の罪により、さっさと更迭されたと思っていたら、敗北後しばらくは残存部隊を率いていたのですね。最終的には伊地知隊か板垣隊に合併吸収されたのでしょうか。確か彦根藩兵は板垣の指揮下に入っていたような...>RT


言われてみれば確かにそうですね。江戸詰の人数で可能だったと言うのも驚きです。奇兵隊なんか損害を受けた二つの小隊を合わせて一小隊にしていましたよね。それでも足りずに福田侠平が藩に戻って徴募していたそうですが....。 @itaru_ohyama 補充交替が出来るだけスゴイよね


コメント

7月24日(水)のつぶやき

2013年07月25日 01時00分07秒 | twitterまとめ

日記また云ふ。四月二十五日、近藤勇並びに附属の新撰組一人、斬罪に処す。
『近藤勇・流山前後56』 amba.to/18BYP0N

大塚さんがリツイート | 3 RT

ついにクライマックス、近藤勇の処刑です。ところで一緒に斬られた者が居たとの記述があったとは知りませんでした>RT


遅ればせながら『図説 幕末・維新の銃砲大全』を読了。全般的に良書だと思っていたら、巻末のコラムに「白虎隊はマンソー銃を装備していた」との珍説が。これって会津観光史学の中村彰彦が主張している愚説じゃないか!。(汗)。


この中村の愚説は、「白虎隊が騎兵銃を装備していた」との記述から、騎兵銃=マンソー銃と解釈した物です。しかし騎兵銃と言うのは、長銃身(三ツバンド)に対して短銃身(二ツバンド)の銃を称した物で、別にマンソーじゃなくても、ゲベールもヤーゲルもミニエーも短銃身だったら皆騎兵銃です。


だからゲベールやヤーゲルを標準装備していた会津藩が、マンソー銃を白虎隊に持たせたと言うよりも、短銃身のゲベールやヤーゲルを持っていたと考える方が自然でしょう。また短銃身の方が、西洋人より小柄な当時の日本人には扱い易かったので、もっと小柄な少年兵は当然短銃身が合っていた事でしょう。


ちなみに白虎隊マンソー説には賛同者が居なく、会津観光史学全開の『八重の桜』でさえも、白虎隊にゲベールないしヤーゲルを持たせていたのに、堂々と中村の愚説を採用していた事にビックリしました。中村が編集部にゴリ押ししたのか、編集部に中村の信者が居たのかどっちなんだろう...。


何にしろ、この一件で雑誌『歴史REAL』編集部は、会津観光史学に汚染されていると言うのが判明したので、これから記事を読む時は注意しよう。尚、この中村の愚説を最初に指摘したのは、私ではなく友人のサークル幕末ヤ激団の慧眼であった事を明記させて頂きます。


今週末は史跡訪問のために、友人と鎌倉に行くのですが、スキを見て『すぴぱら』の聖地巡礼(舞台が鎌倉)したいなと野望を抱いてる今日この頃(^^;)。


そう言えば、電気外祭りで販売されるminoriのグッズを見てみたら、今回のドラマCDは『ペルセウス』だけで、『すぴぱら』は無いのね(涙)。何気にドラマCDで結末が聴けると期待していたのですが...。


@tsukidokei はじめまして。本当に今回は人が多かったですよね。私も氷上さん目当てなのかなと思いましたが、終演後の列を見るとSto lat目当てだったのでしょうか?。


コメント

7月第3週の声優ラジオ感想 その1

2013年07月24日 23時45分06秒 | 声優ラジオ関連

『ほめられてのびるらじおZ』:第327回
 ●パーソナリティー:荻原秀樹さん&風音さん ゲスト:有栖川みや美さん
 前回に引き続き有栖川さんがゲストです。前回はBL全開の有栖川さんだったので、今回はどんな話題を語ってくれるのかと思ってたら、まさかの今回はサッカーネタ回でしたね。有栖川さんがサッカー好きなのはツイッターを見ていて知っていましたが、その原点は何かと思ったらイケメンが原点だったのですね。ある意味素直な人のような気もしますが(^^;)。ただきかっけはイケメンでも、今や純粋にサッカーを見られているようなので、その辺の話も引き出してほしかったですね。まあ風音さんが全く興味が無かったようなので難しいかな。
 個人的には有栖川産の歴女ネタの方を期待していたのですからね、まあこっちはサッカーネタ以上に風音さんが興味名無さそうですが(汗)。う~んサッカーや歴史では金儲けが出来ないので、風音さんが興味が無いのも仕方がありませんが...。

『WHITE ALBUM2 同好会ラジオ』:第47回
 ●パーソナリティー:米澤円さん&生天目仁美さん ゲスト:山川琴美さん
 今回は山川さんがゲストです。私も知らなかったのですが、生天目さんと山川さんは仲の良い友人らしく、ここ二年は毎週会っているらしいです。てっきりこの二人の共演と言う事で、『ToHeart2』の話題が出るかと思ったら、仲が良いとの事でプライベートの話題がメインでしたね。それにしても、山川さんの方が生天目さんより事務所では先輩で、「期待の新人」と言われていた生天目さんの様子を、山川さんが見に行ったとのエピソードには笑ってしまいました(^^;)。
 ところで『ToHeart2』、と言うより『メイドロボラジオ』の話題もちゃんと出ましたが、よもや「あなたのハートを狙い撃ち、ズッキュン☆」の台詞を再び聴けるとは思いませんでした(^^;)。流石は経験者だけあって、生天目さんよりも米澤さんよりも、この台詞が良かった山川さんですが、みこみこさんにはまだまだ遠く及ばないとい思ってしまいました(^^;)。

その他に聴いた番組
『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第42回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ軍団長
『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第94回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ軍団長 
『ふぃあ通』:13年07月号
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま サブパーソナリティー(?)菊池たけし氏 ゲスト:上村彩子さん・鈴吹太郎氏・久保田悠羅氏

コメント

7月22日(月)のつぶやき

2013年07月23日 01時00分55秒 | twitterまとめ

会社を早退して、ストラットのイベント目指して移動中~。


Sto lat!(狩)イベントより帰宅。生アリスと生優子こ台詞が聞けて幸せでした(^^;)。


@take_nakanishi 武田二十四将ってどれが正解なのかイマイチ判らなかったりします。穴山梅雪と小山田信茂が入っていたりいなかったり、武田勝頼が入っていたりなど、どれが正解かイマイチ判りません。


『八重の桜』の登場人物が多すぎて判りにくいとの話題が挙がっていますが、個人的にはむしろ少なすぎると思っていたのでビックリ。新政府軍なんか反町弥助どんと板垣退助、半ばモブの伊地知正治と桐野利秋しか出て来ませんし、会津藩も一瀬要人・原田対馬・南摩綱紀等が出てこないので物足りないです。

3 件 リツイートされました

コメント

7月21日(日)のつぶやき

2013年07月22日 01時01分02秒 | twitterまとめ

そろそろ桐野利秋(中村半次郎)率いる日光口支隊が到着すると思うけど、桐野の出番はあるかな?  #八重の桜


@momi_man2 規模は判りませんが、夜間砲撃はしていたそうです。この頃になれば、城が見えなくても角度を合わせれば、固定目標相手ならば砲撃は可能ですからね。


@momi_man2 結果論ですが、小田山上で大規模な事故は無かったようなので(小規模はあったかもしれませんが)、結果オーライなのかなと。何せ新政府軍も冬が来る前に落とさないといけないと必死でしたからね。


実は鶴ヶ城への総砲撃が出来たのは、山県有朋率いる越後口軍が鶴ヶ城下に到着して、鶴ヶ城の完全包囲が出来たから(これまでは兵力が足らずに完全包囲は出来ずにいました)。それなのに本大河では功労者の山県の出番が無さそうだ(涙)  #八重の桜

3 件 リツイートされました

あれ、降伏の場面に桐野が出てこない。数話前にわざわざ桐野が出て来たのは、この場面への伏線だと思っていたのに...。ならば、何故桐野を出したのでしょう?。  #八重の桜

1 件 リツイートされました

一応私の大河視聴も、そろそろ終わりかな?。正直八重の人生には惹かれないので、あとは斗南藩移封と遺体埋葬問題について、会津観光史学の山村竜也(時代考証)が嘘を描かないかをチェックしたら、私の大河視聴は終わると思います。  #八重の桜


コメント

7月第2週の声優ラジオ感想 その2

2013年07月21日 21時38分21秒 | 声優ラジオ関連

『ほめられてのびるらじおZ』:第326回
 ●パーソナリティー:荻原秀樹さん&風音さん ゲスト:有栖川みや美さん
 最近あまり聴く機会が減ってしまった本番組ですが、今回は有栖川さんがゲストと言う事で、多分北見六花さんゲスト回以来久しぶりに聴いてみました。本番組初となる有栖川さんが、どんなネタを提供してくれるかと思ったら、まさかのBL直球勝負でした(^^;)。前もってCD特別版にゲストとして収録していたらしく、その時に荻さんと風音さんとは面合わせ済みで、既にその際にBLネタで盛り上がっていたと言う事で、今回は最初からBLモード全開です(^^;)。まあ有栖川さんがBL好きと言うのは知っていましたが、有栖川さんも言ってましたが、荻さんが想像以上にBLに順応していたのが面白かったです。むしろ荻さんの方が、有栖川さんが好きそうなシチュエーションのネタを提供して、それを聞いた有栖川さんがハワハワしているのが可愛かったです。何と言うか、ハワハワしている有栖川さんが想像出来て微笑ましかったです。次回も有栖川さんもゲストだそうですが、次回もBLネタなのか、それとも別のネタを提供してくれるのか今から楽しみです。
 一方BLには興味がない風音さんですが、その風音さんに目撃したBL話をメールした友人と言うのは、北見六花さんではないかと思う今日この頃。もしそうだとしたら、その様を想像して萌えてしまいました(^^;)。

『501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~』:第57回
 ●パーソナリティー:斉藤千和さん&水橋かおりさん
 今月は斉藤さんと水橋さんのコンビですが、二人ともラジオ慣れしているだけあって、会話のテンポが良く楽しかったです。個人的には「二十年目の結婚記念日のプレゼントを忘れてしまった」との旦那さんの相談に対して、二人して一生懸命思案して、本当に的確なアドバイスをしていたのが面白かったです。むしろ悪いカードを引きながら、さっさと電話を切ってしまったエイラ(大橋さん)の方が酷かったような...(^^;)。
 尚、来月のパーソナリティーはそのエイラとニパのコンビらしいので、今から来月が楽しみです(^^;)。

その他に聴いた番組
『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第257回
 ●パーソナリティー:川瀬浩平氏&伊平崇耶氏
『ゆず生ラジオ 3rdシーズン』:第21回
 ●パーソナリティー:ろど氏・Famishin氏・煎路氏

コメント