歴声庵

ツイッター纏め投稿では歴史関連(幕末維新史)、ブログの通常投稿では声優さんのラジオ感想がメインのブログです。

3月第5週の声優ラジオ感想(前編)

2008年03月30日 20時39分02秒 | 声優ラジオ関連

 いよいよ番組改変時期となり、毎回聴いていた番組が終了したり、新番組が始まったりしています。とりあえず現時点では終わってしまう番組が、『ARIA The STATION Tricolore』・『Radio School Days』・『ぱんの耳っ♪』・『THE IDOLM@ STER RADIO』(ネット配信のみ終了)の四番組で、新しく始まる番組が『リラリラリラックスたいむ(仮)』・『かのこんラジオ』・『わからないにもほどがある!!』の三番組といった感じです。
 今まで聴いていた番組が終わるのは悲しいものの、新番組が始まるのは嬉しいです。しかし新番組がことごとく週末配信なのは何とかしてくれないかしら(汗)

『テリらじ』:第22回
パーソナリティー:大花どんさん&金田まひるさん ゲスト:佐藤ひろみさん
 ここのところ本番組で多用されている金田さんの歌ですけれども、遂に今回では金田さんが噛んだ時の罰ゲームにまでなってしまいました。まあこの歌がかかった時の金田さんのリアクションが面白いからでしょうけれども、ここまで盛り上がっているのですから、この番組で金田さんの歌を作って、テリオスの作品で使って頂きたいものです(笑)
 他に面白かった点としては、再来週のゲストが倉田まりやさんと知らされた時の金田さんの反応ですね。以前『夏色~』キャスティング発表の際もそうでしたけれども、倉田さんの名前を聞いた金田さんのテンションの下がりぶりと、金田さんのテンションが下がっている理由が判らない大花さんの対比が面白かったです。何はともあれ、この番組では金田さん=ボケ・大花さん=突っ込みの図式が出来上がっていますけれども、これが倉田さんがゲスト参加する事によりどう変化するのかが楽しみだったりします。

『紅ラジオ おとなの時間』:第2回
パーソナリティー:黒田崇矢さん&真田アサミさん
 アニメ本編開始直前イベントの模様が紹介されましたけれども、女性に囲まれた黒田さんの態度が面白かったです。もっとも同じ「イイ声」でも、小山力也さんは女性に囲まれると汗だくになるのに対し、女性に囲まれてもダンディーを保つ黒田さんは凄いと思います。この辺が男性に共感を持たれて男性ファンが多い力也さんと、去年の冬コミでも女性ファンが殺到していた黒田さんの違いなのかと思ってしまった次第です。
 そんなダンディーな黒田さんですけれども、地元に張られていた中高年の方向けの運動会の参加条件が38歳以上と書かれていて、自分はもうオジサンなのだと実感して、「シャワー浴びてたら涙が出てきた」との言葉にはすっかり共感してしまいました(笑)

『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第38回
パーソナリティー:金田まひるさん&倉田まりやさん
 何気にオープニングのベタ劇場が楽しかったです。内容も面白かったですし、合間合間の金田さんと倉田さんの「仰げば尊し」も笑えました。
 以前から薄々思ってはいましたけれども、金田さんの歴史好き発言には共感出来たものの、金田さんの描いた世界地図を見た時はずっこけてしまいました(汗) う~ん歴史好きな人は地理も好きだと勝手に思っていたので、歴史は好きだけど地理は苦手との発言は驚きです。実際私も学生の頃は、一番成績の良いのが日本史で、次が地理でしたからね。そのわりには何故か現在技術系の仕事をしているのが謎ですが・・・。
 まあ私の話は置いておいて、歴史よりも電車(鉄道)が好きな金田さんへの罰ゲームである、山手線一周が遂に商品として発売されましたね。価格がJRの初乗り料金と同じ130円と、安くて洒落も効いていて面白いので、今後もこのような企画を続けていってほしいです。

その他に聴いた番組
『かおりと涼の キミキス チューニングポップ♪』:第71回
『RADiOティンクル☆くるせいだーす』:第15回
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第24回

コメント

3月第4週の声優ラジオ感想(後編)

2008年03月26日 23時29分59秒 | 声優ラジオ関連

 すいません、研修が忙しくてブログの更新がすっかり不定期になっています。とりあえず一週間遅れになりましたけれども、先週後半の番組の感想を書かせて頂きます。また今回のラジオ感想から、タイトルと一緒にパーソナリティー名も表記するようにしてみました。

『ゆみこ&ゆうなのえふメモらじお』:第41回
パーソナリティー:中島裕美子さん&ねこねこ天使まじかるゆうな ゲスト:岡田純子さん 
 声優さんだけでなく、アニメ版の監督もゲスト出演した事により、ゲストがほぼ一巡した事で、次のゲストは誰かと思っていましたら、困った時の何とか頼みと言わんばかりに、岡田順子さんが二度目のゲスト出演となりました。半ばヘルプで呼ばれたようにしか見えないのに、minoriのスタッフから「景は人気が無い」と、自キャラについて言われてしまう岡田さんが不憫でありませんでした(笑)
 今回(と次回)は岡田さんがゲストでしたけれども、次のゲストが決まらなかったら、次は第二の助っ人である後藤麻衣さんが出演するような気がします。まあ岡田さんや後藤さんは、パーソナリティーの中島さん達と仲が良いので、放送を聴いていて楽しいのですけれどもね。

『小山剛志のひげラジオ』:第1回(最終回)
パーソナリティー:小山剛志さん ゲスト:谷山紀章さん
 我らが兄貴がパーソナリティーを勤める番組の記念すべき第1回です。そして同時に最終回でもあります(笑)
 『うたらじ』出演以来、怒涛のトークと行動力で常に私達を楽しませてくれた兄貴ですけれども、この番組でも楽しませて頂きました。とてもパーソナリティー初体験と思えない軽快なトークと、そして兄貴の持ち味である嫌らしさのない下ネタマシンガントークにただただ圧倒された次第です。しかも途中から谷山紀章さんがゲストで参加した事により、番組は益々面白くなり、一時間終始笑いっぱなしでした。
 う~ん、これだけ面白い番組を今回で終わらせてしまうのは本当に勿体無い。たった一回の番組でメールが250通も来たと言ってましたし、聴衆率は期待出来る番組なのですから、継続してほしいですね。

『能登麻美子と釘宮理恵の麻生祇コンサルティング的ラジオ』:第0回
パーソナリティー:能登麻美子さん&釘宮理恵さん
 能登麻美子さんと釘宮理恵さんと言う、個人的には新鮮な組み合わせであり、かつ魅力的なお二人がパーソナリティーを勤める番組が始まったので、早速聴いてみました。原作は判らないものの、結構アダルトな内容なので、釘宮さんがオーディションを受ける前に、事務所に「大丈夫ですか」と聴かれたなど興味深い話を聞かせて頂きましたし、何よりお二人のまったりトークは聴いていて本当に楽しかったです。
 ただ惜しむらくは、この番組をネット配信するのは今回のみで、後はDVDの特典になるそうです。う~ん折角魅力的な組み合わせで、楽しい内容になりそうなのに、今回のみと言うのは残念で仕方ありません(涙)

『かのこんラジオ』:第1回
パーソナリティー:能登麻美子さん&川澄綾子さん
 川澄さんと能登さんと言う、以前放送していた『まるなび』と同じ顔ぶれの二人がパーソナリティーを勤めると言う事で、早速聴いてみました。公私共仲が良いと言われる二人だけあって、掛け合いが自然でありながら軽快で、本当に『まるなび』を聴いているみたいで嬉しかったです。
 ただ『まるなび』と違って、今回は原作応援番組なので、話題がどうしても『かのこん』のアニメ版中心の内容になってしまったのが、個人的には物足りなかったです。まだ番組の配信期間も、短ければアニメ版が放送されている期間、長くてもDVDが全巻発売される期間のみでしょうから、その辺が残念ですね。
 う~ん折角のベストコンビによる番組なのですから、作品に縛られない『まるなび』のような番組形式になってほしいものです。

『Radio School Days』:第37回
パーソナリティー:河原木志穂さん&岡嶋妙さん ゲスト:たかはし智秋さん&平川大輔さん
 前回に引き続きたかはしさんがゲストですけれども、今回は更に平川さんもゲスト出演する賑やかな回となりました。それにしても平川さんって本当に好人物ですね。子供の頃の将来の夢が保父さんなど、どこまで良い人なんだと思ってしまったくらいです。
 それにしても次回は最終回なのですから、本来なら今回はラストスパーになりそうなものなのに、ゲストのたかはしさんが大暴れして、平川さんがそれを必死にフォローすると言う形式になり、メインパーソナリティーのお二人の影が薄くなってしまったのは、いかがな物かと(笑) まあ、それだけたかはしさんと平川さんが凄かったのでしょうけれどもね。何やら最終回である次回にも、たかはしさんと平川さんが来そうな感じでしたけれども、確かにお二人が来てくれると楽しいとは思うものの、やはり最終回は河原木さんと岡嶋さんの暴走トークが聴きたいかな。

『ななついろ☆RADIO!』:第39回
パーソナリティー:後藤麻衣さん&結本ミチルさん
 普通最終回と言えば、今までを思い出すような感動的な内容が多い中、『ななついろ』の最終回は全編罰ゲームと言っても遜色はない、本当に二人がドタバタする内容でした。もっともどちらかと言えば結本さんの方が罰ゲームの色合いが強く、スタジオを飛び出した後藤さんの後を受けて、一人でパーソナリティーを勤めてテンパる所が聴けるなど、最終回とは思えない全編笑いっぱなしの内容でした。
 特に後藤さんのスタジオ脱出を阻止する為に、体を張ってドアを死守する結本さんを、「おどき!」と一蹴する後藤さんには、その容姿からは考えられない男気を感じました(笑)

その他に聴いた番組
『ARIA The STATION Tricolore』:第50回
『THE IDOLM@ STER RADIO』:第102回
『アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局』:第50回
『獣神演武RADIO』:第15回
『ルミナスあーくのHIME2協会』:第3回

コメント

3月第4週の声優ラジオ感想(前編)

2008年03月23日 17時28分04秒 | 声優ラジオ関連

 仙台より帰還しました~。研修自体はもう少し学びたい事があったものの、いかんせん一刻も早く自宅に帰りたいとの気持ちの方が強く、ようやく帰宅出来てホッとしています。
 結局研修中に完成させるつもりだった、日向裕羅さん&鳥居花音さん歌リストも作れなかったですし、史料のテキスト化などやりたい事が溜まっているので、これから頑張りたいと思います。

『テリらじ』:第21回
 今週も「キンタ☆いじり」こそ無かったものの、「裸の天使」金田さんバージョンがオープニング代わりに流されるなど、金田さんにとっては受難の回となりました(笑) しかも番組終了後しばらく待っていると、この「裸の天使」金田さんバージョンが流れるなど、スタッフ陣は本当にこの歌が気に入ったようですね。まあ、どちらかと言うと、この曲がかかった時の金田さんの反応が楽しいからかもしれませんが(笑) それにしても、番組が終了してもファイルが終了しないのを最初見た時は、てっきりバグかと思っていたら、まさかボーナストラックだったとは・・・。そう言えば番組内でボーナストラックに触れられていましたし、番組スタッフの遊び加減が感じられました。
 ところで番組中に「クワガタの受けと、カブトムシの攻め」について熱く金田さんは、立派な腐女子だと思います(笑)

『☆開運☆野望神社☆』:第66回
 前回ラップ対決で敗れた生天目さんの罰ゲームとなった今回ですけれども、こやまきみこさんがゲストに訪れ賑やかな会となりました。何故こやまさんがゲストに来たのかと思っていたら、生天目さんの罰ゲームの内容が、伊藤さんとこやまさんがパーソナリティーを勤める『RADiOティンクル☆くるせいだーす』の宣伝収録だったのには驚きました。う~ん同じ音泉の番組と言う訳でもないのに(むしろライバル関係なのでは?)、このような企画を行なったのには本当に驚きです。

『のののらぢお』:第5回
 今回のゲストは榊原ゆいさんです(笑) 以前も書きましたけれども、歌手としての榊原さんは凄いと思っているものの、声優としての榊原さんには正直あまり高く評価してはいませんでした。しかし今回披露した、自身が演じたのののキャラを演じつつ、そのののと自身が見事に会話するのを見て、今までの認識を改めると共に、声優としての榊原さんの技量に関心させられた回となりました。

『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第37回
 この前から始まった新コーナー「お悩み相談室・それなんてエロゲ?」に、普通の相談が届いているのに対して、「うちらに、そんなアドバイスが出来ると思うか」と言ってしまう金田さんが素敵です(笑) しかもそれに続いて倉田さんと二人で「やる気はないよ」「きっと大したアドバイスは出来ないよ」「リアルなのは勘弁」「他のラジオにリアルな相談は」「いっぱいあるから声優ラジオは、お悩み相談コーナーが」「他で相談して下さい」と言ってしまうなど、あまりのぶっちゃけぶりには大笑いさせて頂きました。
 また自身と御園生さんの仲が良い事をアピールして、金田さんにヤキモチを焼かせようとするものの、まったく意に介されなかった倉田さんが不憫でした(笑)

その他に聴いた番組
『かおりと涼の キミキス チューニングポップ♪』:第70回
『PULLTOPXPULLTOP』:第8回
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第23回

コメント

米沢日帰り紀行

2008年03月20日 21時16分26秒 | 登城記・史跡訪問
 先日少し書かせて頂きましたけれども、折角仙台に滞在しているのですから、先週の土曜である3月15日に隣県である米沢に行ってきました。仙台には雪が殆ど残ってなかったので、米沢も雪は溶けているだろうと思っていたら、道路には雪は無いものの、道から外れればまだまだ雪が積もっていました。う~ん同じ東北でも、太平洋側と日本海側では全然違うと実感した次第です。
 まあ今回の目的は米沢市立図書館に所蔵されている史料の閲覧だったので、雪が積もっていても支障は無かったのですけれども、墓参に訪れた甘粕継成と斉藤篤信の墓が雪に埋もれていて、墓参出来なかったのは残念です。
 
 そのような訳で史跡巡りが出来ない状況だったので、史料閲覧の為に早々に市立図書館を訪れました。幾つかの史料を閲覧させて頂きましたけれども、今回最大のお目当てだったのは戊辰北越戦争に参加した松木幾之進隊の日記です。この松木隊の日記は新潟県史の資料編にも収録されているのですけれども、一部を抜粋しての収録だったので、今回全編を読みたいと行ってきました。米沢藩兵各小隊の日記としては、大津英助隊と徳間久三郎隊の二つは所持しており、弊サイトの北越戦争の記事ではこの両小隊の日記を活用しています。ただ大津隊と徳間隊が戦っている戦線以外では、戦闘の詳細が判らなかったので、今回松木隊の日記を読む事により、大津隊と徳間隊が参戦する戦線以外の、戦線の詳細が判ると嬉々としていました。
 しかし、いざ松木隊の日記を読んでみると、虫食いページ破れ以前に、あまりにも達筆なので一見しただけでは何と書いているか判りません(汗) なるほど新潟県史が抜粋でしか掲載しなかった筈です、読める所だけ抜粋したと言う事だったのですね(汗) そんな訳で折角手に入れた松木隊の日記ですけれども、活用するにはまず解読から始めないといけないようです(汗) 

 さて長く続いた研修も明日で終わりです。ホテル暮らしに流石に疲れてきたので、ようやく帰宅出来るとホッとしています。何はともあれ、次の更新は自宅から行なえると思います
コメント (1)

3月第3週の声優ラジオ感想(後編)

2008年03月18日 22時45分07秒 | 声優ラジオ関連

 番組改変時期が近づいてきた事もあり、私が聴いている番組の中では『ARIA The STATION Tricolore』に引き続いて、『Radio School Days』の終了告知がされました。聴いている番組が終了するのは寂しいものの、それを超える面白い番組が始まってくれるのを期待している今日この頃です。

『ゆみこ&ゆうなのえふメモらじお』:第40回
 今回もアニメ版『ef』の監督である大沼氏がゲストと言う事で、前半はアニメの製作に語るなど真面目な展開だったものの、後半の「えふメモクッキング」では一転カオスな展開となりました。かなり前から中島さんとねこ天さんが料理放棄をした為、音泉の人が料理を作るというスタイルを取っていたので、毎回美味しい料理が出るコーナーとなっていました。しかし今回は音泉が「準備した材料」を使って、中島さんとねこ天さんがストロベリーパフェを作る展開となり、お二人は期待を裏切らずに、それはもうカオスなパフェを作ってくれました(笑) う~ん公式サイトに掲載された画像を観る限り、美味しそうなんですけれどもね。
 何にしろ中島さんは、ラジオで聞くイメージを裏切らない料理下手なので嬉しいです。しかしこれだけボケボケしている中島さんが、役ではクールな優子を演じているのですから、声優さんって凄いな~とつくづく思います。
 
『Radio School Days』:第37回
 ゲストのたかはし智秋さんが文字通り大暴れの回でした。パーソナリティーの河原木さんと岡嶋さんの二人も十分かしましいですけれども、そんな二人を圧倒するたかはしさんの騒がしさは凄まじかったです。ラジオCDで河原木さんが思わず発したと言う、 「黙れ~!」も聴く事が出来ましたし、今回は本当に賑やかな回でした。・・・もっとも賑やかを通り越して、もはや「やかましい」のレベルに達していましたけれども(汗)

 ところで上記した通り、当番組が三月いっぱいで終了との告知がありました。DVDが全巻発売され、告知番組としての役目を終えたのですから、番組が終了するのは当然かもしれません。しかしこれだけ良い意味でカオスで下ネタ前回な番組は、私が聴いている番組の中には他に無いので、終わってしまうのは本当に残念です。

『ぱんの耳っ♪』:第11回
 これと言って目玉となるようなコーナーは無い気がするのに、何故かじわじわ笑いがこみ上げる当番組ですけれども、また新しいコーナーである「刑事のあだ名」コーナーが始まりましたね。正直番組の趣旨とは全く関係無いコーナーですけれども、楽しいのでまたやってほしいものです。
 ところで今回もっとも印象に残ったのは、SとMについての話題に盛り上がった際に、榎津さんが発した 「この世界は突き詰めると仕事を替えないといけない」です。う~んあれはどう言う意味だったのでしょう。

 そう言えばこの『ぱんの耳っ♪』は、次回の12回で最終回だと思っていたのですけれども、告知は無かったので次回以降も継続と考えて良いのでしょうか?

『ルミナスあーくのHIME2協会』:第2回
 前回は第一回放送と言う事で、番組時間が短いと思っていたのですけれども、今回も番組時間は30分ありませんでした(涙) う~んお二人のトークをもっと長く聴きたいのですけれどもね(汗) しかし今回は番組時間の短さよりも、BGMの音量が大きすぎてお二人のトークが聴きにくかったのが何よりも残念でした。番組時間が短いのは仕方ないと思いますけれども、このBGMの音量については早急に改善してほしいものです。

『紅ラジオ おとなの時間』:第1回
 黒田崇矢氏と真田アサミさんと言う、異色の組み合わせによるパーソナリティーによる番組なので聴き始めました。無駄に良い声な黒田さんによる、真面目な話題から下ネタまで全方向カバーする黒田さんのトークは聴いていて楽しいです。特に相方の真田さんに対して言い放った「いつまでも若いと思っているんじゃない」には大笑いさせて頂きました。
 黒田さんのラジオと言えば、「Knock Out VOICE!!」しか聴いた事がありませんでしたけれども、しばらくはこの番組も聴いていきたいと思います。

その他に聴いた番組
『ARIA The STATION Tricolore』:第49回
『THE IDOLM@ STER RADIO』:第101回
『アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局』:第50回
『潮風放送局~みなとSTATIONらじお~』:第4回

コメント

3月第3週の声優ラジオ感想(前編)

2008年03月16日 20時16分01秒 | 声優ラジオ関連

 折角仙台に来ているのですから、昨日は日帰りで米沢に行ってきました。今回の主目的は米沢市立図書館での史料コピーだったのですけれども、これらについては後日改めて書かせて頂きます。

『テリらじ』:第20回
 すいません、今回の番組内で流された金田さんの歌のCDを是非再販して下さい!! 今回は冒頭恒例の「キンタ☆いじり」が無かったので、少し物足りなく感じていたら、最大級の金田さんに対する弄りが実地されたので、大変満足しています(笑) しかも金田さんの歌が三曲も聴けましたし、本当に堪能させて頂きました。う~ん本当に再販してくれないものですかね、金田さんの歌う曲は三曲とも良く、中でも最後に流された曲はしっとりとしていて最高だったので、本当に再販してほしいです。番組中要望があれば再販してくれそうなニュアンスでしたし、メール送ってみようかしら。
 他にも新作への出演が決まったとは言え、未だキャラへの作りこみが始まっていない金田さんと大花さんの二人が、手探りでキャラ作りをしていく過程を聴けるとこは面白かったですね。「キャスト変更はまだ早いです」と、スタッフに訴える二人の様は聴いていて楽しかったです。

『PrincessFrontier』発売記念ラジオ
 先日のバレンタイントークの時にも少し触れた、まきいづみさんと茶谷やすらさんによる、AXLの新作である『PrincessFrontier』の宣伝番組です。『これらじ』終了後ずっと待ち続けた期待の新作が、ようやく始まったと喜んだものの、今回限りの放送らしく、第二回配信はは無いそうです(涙) う~ん1クールは無理でも、3~4回は配信してくれると思っていたので残念です。
 今回のみの配信と言うのは残念だったものの、番組自体はまきさんと茶谷さんのトークが聴けたのが楽しかったです。それにしてもAXLとAXLファンの青山ゆかりさん好きは相変わらずですね。青山さん担当のキャラ紹介の際に、まきさんは「みんな良く知っている、青山ゆかりちゃんがやっている」と言ってますし、スタッフの方も好きなキャラを聴かれて「ウチ的にはレキで」と言ってるなど、スタッフ・ファン双方の青山さん好きには笑わせて頂きました。そんな青山さん絶賛の風潮に対抗するように、松田理沙さんファンや茶谷さんファンのリスナーも投稿していますし、声優ファンの主張が楽しい番組でした(笑)

 配信後の週末には、『PrincessFrontier』体験版も発表されたので、早速遊んでみました。想像以上にテンポも良く、キャラがメインとサブ問わず皆個性豊かで楽しかったので、今更ながら購入しようかと思っています。ところで、体験版を遊んだ限りで気になったのはロコナかな。素直で可愛いですし、CVも好きな声優さんである松田さんなので、すっかりお気に入りです(笑)
 尚、キャスト発表時は出演の表記が無かったまきさんですけれども、サブキャラぽいものの『PrincessFrontier』本編への出演が決まったらしく、どのキャラを担当するのかを楽しみにしたいと思います。

『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第36回
 前回ゲストに来られた理多さんが、金田さんのスライム好きを話した事からか、倉田さんがホワイトデーのプレゼントとして金田さんにスライムを送るなど、初っ端から飛ばしている回でした(笑) ところでスライムを贈られたお礼に、金田さんは倉田さんに自作の綿飴を作ってあげましたけれども、あの綿飴機って『テリらじ』の時に使われたのと同じ機械ですよね。てっきり『テリらじ』のスタッフの私物かと思っていたら、金田さんの私物だったのですね。本当に色んな変わった物を持っている人ですね(笑)
 番組の後半では、倉田さんへの罰ゲームとしてゲテモノドリンクが作られましたけれども、倉田さん以下皆さんが本当に嫌がっていたのが楽しかったです。結局出演者全員で飲み干したものの、何気に飲んだ後の金田さんが酔っ払ったテンションになっていましたね、何となく酒豪のイメージがありましたけれども、意外と金田さんってお酒に弱いのかしら。

その他に聴いた番組
『かおりと涼の キミキス チューニングポップ♪』:第69回
『RADiOティンクル☆くるせいだーす』:第14回
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第22回

コメント

3月第2週の声優ラジオ感想(後編)

2008年03月09日 19時39分29秒 | 声優ラジオ関連

 お世話になっている大山先生のサイトで、日本史探偵団文庫コーナーの運営が正式に始まりました。「元帥公爵大山巌」を始めとして貴重な資料がテキストで読めますので、幕末に興味がある方は是非ご覧下さい。特に小説しか読まない方は、これを機会に本当の歴史を知って頂きたいと思います。確かに小説は面白いです。しかし小説を読むだけでは本当の歴史を学ぶ事は出来ないのですから・・・。
 ところでこの日本史探偵団文庫には、私にも参加させて頂く予定で、研修中に入力しようと現在滞在しているホテルにも、打ち込みすべき資料を持ち込んでいます。しかし研修のレポートその他が忙しくて、一向に打ち込みが出来ていません(汗) 関係者の皆様ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんm(_)m
 と言うか、この研修中の合間時間を活かして、色々更新するつもりだったのですけれどもね。日向裕羅さんと鳥居花音さんの歌リストなど、やりたい事はたくさんあったものの、今は研修の予習復習で手一杯だったりします(汗)

『THE IDOLM@ STER RADIO』:第100回
 番組放送100回記念、及び『Live for You!』の発売記念と言う事で、中村繪里子さんがゲストでした。その記念すべき100回を祝うと言う事で、パーソナリティーのお二人と中村さんが100回にちなんだ歌を歌ってくれました。今井さんとたかはしさんの選曲も面白かったものの、中村さんが選曲した「シャアが来る!」に美味しい所は全て持っていかれましたね(笑)
 しかし何故か選曲した中村さんより、今井さんの方がノリノリで歌っていたのが印象的でした(笑) その後もシャアについて熱く語るなど、今井さんの知られざる一面を見た気がします。でも本当にガンダムが好きなのなら、いっそ千早でガンダムのカバーアルバムを作ってくれないかしら(笑)

『ゆみこ&ゆうなのえふメモらじお』:第39回
 『ef』の監督を招いてのオーディオコメントリーとなりました。中島さんが「オーディオコメンタリーっぽい」と語るなど、流石は監督だけあって、初めてオーディオコメンタリーらしい内容になりましたね(笑) ただ残念ながら私は現在研修中ですので、DVD四巻が手元にないため、ラジオに合わせてDVDを再生する事が出来ずに寂しい想いをしています(涙) この7話と8話はクライマックスと思いますので、早く帰宅して観たいと思っています。と言うか、早く千尋に会いたいです(涙)
 ところで今月は丁度番組改変時期ですけれども、とりあえず『えふメモらじお』は5月の『ef - the latter tale.』の発売までは続くと思って良いのかな?

『Radio School Days』:第36回
 一応アイドル声優の二人がパーソナリティーの筈なのに、私が聴いている番組の中で一番下ネタが酷い当番組ですけれども、今回はリスナーからの「女性的には下ネタはどこまでOKなのでしょうか」との質問に対し、相変わらず二人が暴走してくれています。
 「あたし、意外とどこでも平気だよ」「あたしも、どこまでもOKなんだけど」の言葉から始まった返答は、どんどんエスカレートして、遂には「直接的な下ネタを幻想的に表現する分にはロマンがあるじゃん」「そうそう、ヌード写真とかと一緒で全部出すとつまらないから、着ているんだけど、すっげーエロいと言うのを醸し出すかが勝負」「妄想力にかかっている」「妄想力では負けないよ」「あたしだって負けないよ」などと、相変わらずの暴走をしてくれました(笑)
 ところで先日行なわれたイベントでは、お二人が制服姿で登場したとの事ですけれども、生で見たかったと悔やんでいる今日この頃です。う~ん写真を見ていると本当に綺麗なお二人なのに、下ネタ全開なのが、お二人の魅力だと改めて実感した次第です(笑) 

『ルミナスあーくのHIME2協会』:第1回
 今井麻美さんと加藤英美里さんがパーソナリティーと言う事で聴いてみました。ミーハーな私は、この組み合わせを聴いて『アイマス』の千早と、『らき☆すた』のかがみんのラジオだと、嬉々としながら聴いています(笑) 第1回と言う事からか、収録時間が短かったので物足りなかったですけれども、内容自体は楽しかったので、次回以降も楽しみですね。

その他に聴いた番組
『アイドルマスター Radio For You』:第14回
『ARIA The STATION Tricolore』:第48回
『アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局』:第49回
『ななついろ☆RADIO!』:第38回
『ハヤテのごとく! Radio the combat butler』:第48回
『獣神演武RADIO』:第14回

コメント

3月第2週の声優ラジオ感想(前編)

2008年03月08日 19時01分34秒 | 声優ラジオ関連

 どうもご無沙汰しています、滞在先の仙台のホテルから更新しています。ホテル自体にはネット環境が整っていたので、初日からネットが出来たのですけれども、いかんせん研修の方が忙しくて週末になっての更新になっていました。先日書いた通り、同業種間の転職(と言うよりライバルメーカーからの転職)なので、まるっきりの異業種からの転職よりかは楽なのでしょうけれども、それでもやはり転職と言うのはエネルギーが必要だと言うのを実感しています。ですのでこの研修期間は、多分週末しか更新出来ないと思いますので宜しくお願いします。

『私誰ラジオ』:第21回
 ゲーム本編の発売記念と言う事で、打ち上げ収録の回でした。尚、まきいづみさんは前の仕事が押したらしく、途中からの参加になったものの、来た瞬間から「お酒がない」「(飲みたい酒は)茶色いやつ」と飛ばしてくれています(笑)
 正直この作品自体には惹かれないのですけれども、先行発売されているキャラクターCDには少し惹かれています。中でもVOL2は青山ゆかりさんの歌が聴けると言う事で、研修が終わって帰宅したら購入しようかなとも思っています。

『テリらじ』:第19回
 まず始めに、大花さんと金田さん『春色こみゅにけ~しょん』への出演決定おめでとうございます♪ いや~ずっと番組内でスポンサー(テリオス)にプレッシャーを掛けつづけた甲斐がありましたね(笑) ところで狙いすましたかの如く、お二人の担当するキャラクターが(紹介する順番で)後のキャラだったので、最初に紹介されたメインヒロイン役が倉田まりやさんと発表する時の金田さんの声が、やる気がないと言うか、ガッカリとした感じなのが笑えました。
 何はともあれ、この前から新コーナーも始まりましたし、今回発表された大花さんと金田さんの二人が『春色こみゅにけ~しょん』にキャスティングされた事も併せて、この『春色』が発売されるまでは番組が継続されると安心しています。
 ところで本当に『春色』のキャスティング表記は、「キンタ」になるのですかね? もし本当にそうなったら、金田さんには申し訳ありませんけれども、前代未聞で面白いのですが(笑)

『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第35回
 理多さんがゲストの回でした。金田さんとプライベートでも仲が良いと言うだけあって、金田さんとのやりとりが楽しかったです。当番組では天然ボケの倉田さんに対すして、ツッコミ役の印象が強い金田さんですけれども、その金田さんを「これ」呼ばわりして、弄りまくる様は聴いていて面白かったですね。特に金田さんの好きなスライムに話が及んだ際の、「だってスライムはたのしいんだもん(金田さん)」 「収録の時に、スライムを持ってきて遊んだり、家の中の冷蔵庫の上にスライムをたくさん並べたりするのは駄目だと思うの(理多さん)」「今は置いてないもん!」「何これ腐ってるの?」「腐ってないもん!」のやり取りは爆笑させて頂きました(笑)
 理多さんと言えば、歌手としても活躍されており、昔の売れてない頃に、四谷のライブハウスでライブをしていた時の苦労話をしてくれてくれました。金田さんはその頃からライブハウスに応援に行かれていたそうですけれども、私も友人と何度か四谷のLIVE GATE TOKYOに理多さんの歌を聴きに行った事があるので、もしかしたらその時も金田さんが来ていたのかな~と思ったりしました。
 声優としての理多さんとしては、理多さんの演じたキャラ人気発表がありましたけれども、私が理多さんを初めて知った、及び理多さんの演じたキャラで一番好きな『Wind』の月代彩の名前が発表されなくてせつなかったです(涙) まあアンケートを見る限り5位くらいみたいですけれどもね。
 ちなみに『Wind』のキャラクターソング集を初めて聴いた時に、彩だけ「頭一つ抜き出て歌が上手いな」と思ったものですけれども、後の理多さんの活躍を考えれば、上手いのも当然でしたね。

その他に聴いた番組
『☆開運☆野望神社☆』:第65回
『かおりと涼の キミキス チューニングポップ♪』:第68回
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第21回
『PULLTOPXPULLTOP』:第7回
『のののらぢお』:第4回

コメント

2月第5週の声優ラジオ感想(後編)

2008年03月02日 12時01分35秒 | 声優ラジオ関連

 多分来週辺りから、番組改変時期に伴い終了する番組の告知が出てくると思われます。一方で新しい番組が始まるのですから、仕方ないと頭では判っているのですけれども、自分が聴いている番組が終わってしまうと言うのは、やはり寂しいものです。
 新しく始まる番組と言えば、前々から話が出ていた、まきいづみさんと茶谷やすらさんによる新番組は、AXLの新作の宣伝番組みたいですね。言われてみれば、AXLって『これらじ』に差し入れをしていたくらいですしね。ただ新作の宣伝番組となれば、数回しか番組が行なわれないのではないかと不安におもっているのですけれども、果たしてどうなりますかね・・・。

『ARIA The STATION Tricolore』:第47回
 特筆すべき感想は無いものの、毎回欠かさずのんびりまったり聴いている当番組ですけれども、番組終盤に「次回重大発表があります」との発表があり、どうやら三月いっぱいで放送終了する模様です。まあ現在放映中のアニメ版も三月いっぱいで終了でしょうから、時期的には丁度良いのかな。
 前述した通り、この番組は毎回まったりとしているものの、特筆すべき事が無いので個別感想をあまり書いた事がありませんけれども、現在聴いている番組の中では、『巫女らじ』の次に昔から聴いている番組ですので、本当に番組終了なら寂しい気分です。

『ゆみこ&ゆうなのえふメモらじお』:第38回
 いつもはゲストが食べたいメニューを出す「えふメモくっきんぐ」のコーナーですけれども、今回は中島さんとねこ天さんの要望でお好み焼きでした。それにしても番組のページでも掲載されていますけれども、本当に美味しそうに作りますね。番組を聴く限り、音泉には料理上手な方が居るように見受けられますけれども、『キミキス』の番組でうどんを作っている方と同一人物なのかしら?
 それにしても中島さんが、お好み焼きを井上和彦氏に作ってもらったと言ってましたけれども、アッテンボローが作ったお好み焼きを一心不乱に食べる優子を想像して笑ってしまいました。

『潮風放送局~みなとSTATIONらじお~』:第3回
 前回の小山力也さんからのボイスメッセージに対して、柚木姉さんに聴いてもらいたいと書きましたけれども、何と「あの力也さんのコメントを聴いていた時、本当に隣のスタジオで柚姉が収録していたんだよ」だったそうです(笑) しかもその柚木姉さんに対して、「怖えー、あやうく消される所だった(汗)」「あの伸びるフォークが出てきたかもしれない」「(柚姉に)知られたら、どうなるか」とのコメントがされるなど、柚木姉さんは現在も絶好調のようで安心しました(笑)
 尚、前回あまりにも後藤さんと伊藤さんが、力也さんのボイスメッセージに絶叫していた事に対して、「私達が興奮し過ぎて、被せて被せて喋り過ぎて、力也さんの声が聴こえない」とのメールがあったそうで、当番組のリスナーの大半が男である事を考えれば、相変わらずの力也さんの男性人気を実感した次第です(笑)

『ぱんの耳っ♪』:第10回
 榎津さんが寝ている間にゴキブリに噛まれたと言う事もあり、やたらゴキブリについてのトークが盛り上がったのが印象深い回でした。ところで、いつぞや鷹月さくらさんも同じ事(ゴキブリに噛まれた)を言っていたのを聴いた事がある気がするのですけれども、ゴキブリに噛まれるって結構ある事なのですかね? ゴキブリが嫌いな身としては想像して怖くなる回でした(汗)

『Radio School Days』:第35回
 「(男が)胸を揉めば大きくなる」と言う俗説に対して、河原木さんが「男の人の手からは、男性ホルモンが出ているから大きくなる」とあまりにもトンデモ説を披露した為、構成作家らしい方からもブーイングが言っていたのが聴こえたのが印象的な回でした。てっきり岡嶋さんと河原木さんが二人っきりで収録していると思っていたのですけれども、ちゃんと構成作家さん(?)も同席していたのですね。恐らく普段は構成作家として裏方に徹しようとしていたのでしょうけれども、遂に堪えきれずに喋ってしまう程の爆弾トークをしてしまう河原木さんが素敵です(笑)
 しかし本当に下ネタだろうが何だろうが、何でも有りの番組ですよね。『えふメモらじお』も最近下ネタ化の感が強いですけれども、この番組に比べれば、全然健全だと思ってしまうくらいです。直接的な発言こそないものの、「酷い」と言う意味では私が聴いている番組の中では筆頭だと思います。

その他に聴いた番組
『アキハバラ発!ぷらてぃあ放送局』:第48回
『THE IDOLM@ STER RADIO』:第99回

 さて先日書いた通り、明日から仙台に一ヶ月ほど研修に行ってきます。多分研修先から更新は出来ると思いますけれども、もし更新が止まった場合は、ネット環境が整っていないのだろうと思って下さい。

コメント

2月第5週の声優ラジオ感想(前編)

2008年03月01日 19時36分25秒 | 声優ラジオ関連

 来週から一ヶ月近く滞在する宮城県の地図を見ていたら、研修先の付近に世良修蔵の暗殺を指示した、仙台藩家老の但木土佐の墓が在るのに気付きました。サムライが農民を支配して搾取する体制である封建主義を守る為に、明治新政府の優秀な軍事官僚である世良の暗殺を指示し、新政府と開戦するものの、連戦連敗の上に最後は新政府により斬刑に処せられた、指導者としては時代錯誤と言わざるを得ない但木の眠る地を、その内に訪れたいと思っています。


『テリらじ』:第18回
 もはや私にとって、金田さんの新たな引出しを発見する番組と化した当番組ですけれども、今回の「きんた☆いじり」では金川まヒルテルことアナウンサーを演じる金田さんを堪能する事が出来ました。それにしても「キンタ」とリスナーからメールで書かれた時に、「カネダだよ、カネダ」と一々訂正する金田さんが可愛くて仕方ありません。
 妄想の話になった時、大花さんが「理想の異性」と言う、ごく普通の妄想(?)を語ったのに対して、「世界征服の拠点として宇宙に拠点が欲しい」と凄い発言をしてくれています(笑) そしてそのような金田さんになら、征服されても良いかもと思ってしまった次第です(笑)
 このように金田さんの存在感が強い感があるものの、大花さんも負けてはいなく、「ゲームをする時間がない」とお悩み相談コーナーに対して、ユーザーから「全ての収録を1テイクで済ませる」との返答を受けて、ゲームをする為に「仕事とゲームに生きるよ」「業界に名を知らしめるよ、1テイクの女として」などと、金田さんに負けない凄い発言をしてくれています(笑)
 このように金田さんと大花さん、二人のパーソナリティーの魅力が益々高まり、更に二人の息が合ってきた事により、今や当番組は一番好きな番組となっています。そろそろ番組改変時期ですけれども、新コーナーが始まった事により、今回の改変は乗り切るでしょうから、まだしばらくはこの番組を楽しめそうで安心しています。

『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第20回
 正真正銘のアイドル声優である茅原みのりさんがゲストでした。本物のアイドル声優だけあって、前回パステル香里こと清水香里さんが苦悩した恥ずかしい台詞を言うコナーも苦も無くこなしてくれ、「流石は本物のアイドル声優は凄いな~」と妙な感想を持ってしまいました(笑) と言うか今まで植田さんと清水さんの事をアイドル声優と思っていたのですけれども、今回の茅原さんのトークを聴いて、「これが本当のアイドル声優だ」と納得しだ次第です(笑)
 そんな正真正銘のアイドル声優である茅原さんがゲストの回でしたけれども、茅原さんの発言に対して、植田さんと清水さんの対応が一々面白かったですね。初の全国ツアーやファンクラブ発足をする事に対して、「愛されてるのって良いな~」との発言は良いとしても、「事務所があるって良いな~」や「お金が有るって良いな~」と発言するのは、生々し過ぎていかがなものかと・・・(汗)
 何はともあれ、本物のアイドル声優である茅原さんのおかげで楽しい回でした。それにしても茅原さんの地声って、あんな声だったのですね。私は『らき☆すた』でしか茅原さんの声を聴いた事がなかったので、意外と高い(可愛らしい)声だったので驚きました。

『だいなし』:第9回(最終回)
 パーソナリティーの榎津まおさんと御苑生メイさんの自由奔放なトークが魅力の番組だったのですけれども、残念ながら今回が最終回となりました。「ぱんの耳っ♪」の補足的番組としても楽しかったので残念です。「ぱんの耳っ♪」の方も三月いっぱいで終わってしまうので、このコンビのトークを聴けなくなってしまうのは残念です。とりあえず残りの「ぱんの耳っ♪」は噛み締めて聴くようにするつもりです。

『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第34回
 「方言マスター」での罰ゲームとして、「たった一人で山手線一周に行く」と提示されて喜ぶ金田さんは立派な電車マニアだと思います(笑)
 さて、この番組に番組改変時期が関係あるのか判りませんけれども、新コーナーが始まるとの告知がありました。タイトルがずばり「お悩み相談室・それなんて〇ロゲ?」で、あらかじめ妄想と謳っているので、下手なお悩み相談よりかは楽しそうなのですけれども、『Radio School Days』の「行列のできる妄想恋愛相談室」と被ってしまいそうな気がします。そうなるとパーソナリティーの手腕次第となるものの、幾ら金田さんと倉田さんと言えども羞恥心がある限り、羞恥心などかなぐり捨てている岡嶋さん&河原木さんのブレーキの壊れたダンプカーコンビには勝てないような・・・(笑) 何はともあれ、中々楽しそうな新コーナーですので、早く聴いてみたいですね。
 ところで今回のプレゼント用のカルタのイラストって、金田さんと倉田さんのどちらが描いたのでしょう? 普通に可愛い上手な絵だったので、思わず欲しくなってしまいました(笑)

その他に聴いた番組
『かおりと涼の キミキス チューニングポップ♪』:第67回
『RADiOティンクル☆くるせいだーす』:第13回

コメント