歴声庵

ツイッター纏め投稿では歴史関連(幕末維新史)、ブログの通常投稿では声優さんのラジオ感想がメインのブログです。

5月30日(木)のつぶやき

2013年05月31日 01時02分12秒 | twitterまとめ

日本全体を揺り動かすような事態に発展しようとは、一方の当事者たる大久保剛こと近藤勇は、想像だにしなかったことでしょう。
『近藤勇・流山前後12』 amba.to/140knPL

大塚さんがリツイート | 1 RT

板垣退助って、板垣信方の子孫を自称していますが、確か信方の息子って武田家から追放されたような気が...。そうなると板垣退助は「俺は信玄公に追放された家臣の末裔だ」と名乗った事になりますよね。それを歓迎した甲斐の人も甲斐の人ですが...。馬場か山県の子孫と名乗った方が良かったのでは


@itaru_ohyama
@itaru_ohyama 甲府では禁句でしょうが、郡内地方では地元を救った英雄として讃えられたとの事なので、郡内の近隣で行われた勝沼の戦いでは、小山田性を名乗ったらプラスに働いたりして(^^;)。


@itaru_ohyama そう言えば直系ではないですが、板垣の一族も真田家に匿われたらしいですね。本当に真田家家臣には旧武田家家臣が多いですね。真田以外の家に仕えた武田遺臣で有名どころとしては、内藤(井伊)・高坂(上杉)・跡部(水戸徳川)って感じでしょうか。


コメント

5月29日(水)のつぶやき

2013年05月30日 01時01分57秒 | twitterまとめ

@tnori 模型の本と言うより、ファンブックの感が強かったです。個人的には一年生チームの私服一覧が載っていたのが嬉しかったです。


勝沼の戦い中の膠着状態は、新政府軍側の歩兵不足かと思っていたのですが、両軍とも訓練不足による決定力不足だったのですね。 @itaru_ohyama 勝沼の戦いは、子どもの追いかけっこに等しい戦いだったのです

1 件 リツイートされました

@itaru_ohyama どうも新撰組が関わったとの事で知名度ばかりが高い戦いですが、確かに戦略的には何も意味のない戦いですよね。それでも初陣ながらも、土佐藩兵は三方に分かれて相手を包囲しようと試みるなど、土佐藩兵が精強になる過渡期の戦いとして見ると、興味深いのかなと。


昨日購入した『ガルパン』のドラマCDより。河嶋「慶応四年から、明治二年にかけて行われた日本の内戦を何と呼ぶか?」、桂利奈ちゃん「戊辰戦争!」。一瞬私向けのご褒美かと本気に思ってしまった(^^;)。


コメント

5月第4週の声優ラジオ感想 その2

2013年05月29日 23時05分44秒 | 声優ラジオ関連

『501st JFW.OA~第五○一統合戦闘航空団公式放送~』:第54回
 ●パーソナリティー:福圓美里さん&森永理科さん
 前回に続いて森永さんの登場ですが、全編的に森永さんが噛みまくりです(^^;)。特に酷かったのが、予告編の寸劇で全て噛んでいたのは爆笑です。それを悔やんで「声優になれたのが奇跡」と落ち込んでいたのが可愛らしかったです。そんな森永さんの話で面白かったのが、かつて若手の人と一緒にラジオをやった際に、触手を連呼して(させて)若手さんのマネージャーさんに苦情を言われたとのエピソード。本人は番組中は意味が分からなかったそうですが、中々豪快なエピソードで面白かったです。尚、ご本人は「いやらしいと思う人がいやらしい」と文句を言ってましたが、意味は判っているのですね(^^;)。過剰な下ネタはあまり好きではありませんが、この世代の方たちは若手と違ってこのような危険なネタもさらりと流してくれるので、聴いていて楽しいです。そう言えば、危険なネタと言えば、占いコーナーの大橋さんも、今回は危険な発言をしていたような...。
 ところで、何故宮藤はフェル相手には黒くなるのでしょうね。アニメ版しか見ていない私には判らない裏設定でもあるのでしょうか?。

『SCRUM Radio ~らむらじ~』:第44回
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま&荻原秀樹さん
 今回からは音泉の配信です。音泉の配信にも関わらず、お二人とものっけから下ネタ全開です(^^;)。特に他番組(『ふぃあ通』)で英麻さまが、うっかり下着が透けてしまう服を着て収録に行ってしまったとの話は刺激的過ぎです(^^;)。全般的には荻さんの方が下ネタが多かったですが、少ないながらも英麻さまの発言の攻撃力が凄かったです。
 あと英麻さまの話で面白かったのは、「皆が面白いと言っている(作品)のは、見たくなくっちゃう」ですね。若干屈折した考えですが、私も同じ考え方なので、凄い同感出来ました(^^;)。あまり最近はオタク趣味からは離れている感のある英麻さまですが、音泉に移ったのを気に、これからは英麻さまのマニアックなトークを聞いてみたいです。

その他に聴いた番組
『とあるラジオの超電磁砲S』:第10回
 ●パーソナリティー:佐藤利奈さん&新井里美さん
『Studio T Paradice』:第353回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏
『WHITE ALBUM2 同好会ラジオ』:第39回
 ●パーソナリティー:米澤円さん&生天目仁美さん 

コメント

5月28日(火)のつぶやき

2013年05月29日 01時02分27秒 | twitterまとめ

実は『ガルパン』のキャラ人気ってイマイチ判りません。さおりんって昔は人気が無かったような気がしますが、現在のサンクスのキャンペーンを見ていると、人気があるのかなと思ってしまいます。また普通のファンと、ミリオタとでも人気があるキャラに違いがあるような気がします。


何となくミリオタには、みほ・華さん・澤ちゃん辺りが人気がある気がします。個人的にはミリオタとしての私はみほと澤ちゃんが好きで、純粋なファンとしてはさおりんと桂利奈ちゃんが好きだったりします。


そう言えば昨日の大河で山川大蔵が目立っていましたが、番組的には主要人物らしいので、そうなると山川と共闘とする大鳥圭介も出るのかしらと期待中。でも番組の尺的には、戊辰奥羽戦争は白河と二本松、そして母成峠くらいしかやらないかな?。まあ母成峠をやれば大鳥の出番はありそうですが...。


そう言えば昨日の大河で、イケメン弥助どんが耳を撃たれていたのは芸が細かいと思いました。頬かむりはありませんでしたが、その1シーンだけの為の登場だったので、扱いが良いな~と思いました。


板垣らは攻撃を決意します
『近藤勇・流山前後10』 amba.to/14256KS

大塚さんがリツイート | 1 RT

強面の役者さんが演じるのは一向に構わないのですが、松平容保を悲劇のヒーロにするために、捏造をしない事を切に願います。 @ritsu918 次回予告編で世良修蔵を小沢仁志さんが演じていたこと。


@itaru_ohyama ちなみにこの時の東山道軍の陣容って、参謀の板垣が一番偉いのは判りますが、軍監の谷干城と内参謀の河田左久馬では、どっちが上席だったのかと言うのは、私の長年の疑問です。


『ガルパン』BD五巻を視聴、今回のOVA「スノーウォー」面白かったです。今までは秋山殿一人がミリタリートーク担当でしたが、今回はエルヴィンが居るので、過去最大のミリタリートーク満載で満喫させて頂きました。次いで同じく本日発売の『ガルパン』ドラマCDを試聴開始。


『ガルパン』ドラマCDを試聴。桂利奈ちゃんの口から「戊辰戦争」の単語が飛び出したので、盛大にずっこけました(汗)。それにしても発言をしていないのに、丸山ちゃんの存在感は凄い(^^;)。


@pacific_18 一年生チームの人気順、本当に桂利奈ちゃんって他のメンバーより人気があったのですね。それにしても澤ちゃん・山郷ちゃん・宇津木ちゃん・大野ちゃんの人気って殆ど差が無いのですね。誤差を考えれば、ほぼ互角ですね。


『ガルパン』ドラマCD視聴完了。「プラウダVSサンダース」まさかドラマCDで戦車戦をするとは思いませんでした。絵が無いので、あんこうチーム&グロリアーナの面々が次々に解説するという物でしたが、却って脳内でイメージ出来て面白かったです。


コメント

5月27日(月)のつぶやき

2013年05月28日 01時01分37秒 | twitterまとめ

東山道軍の板垣退助らは下諏訪から甲府を目指し、雪のなかを急行軍していました。
ameblo.jp/itaru-ohyama/e…

大塚さんがリツイート | 2 RT

@itaru_ohyama 沼津藩主の水野忠敬を甲府城城代に任じたのは徳川家だと思っていたのですが、東海道軍だったのですね。それにしても東海道軍と東山道軍の連携って良くないですね。


@itaru_ohyama 何故か土佐と鳥取って仲悪いですよね。宇都宮城奪回戦では鳥取が土佐を出し抜いたかと思ったら、日光での狼藉を理由に土佐が鳥取を批判していますし。仲が悪いと言われながらも最終的には協力した薩長と比べると、最終的に鳥取は東山道軍から更迭されていますものね。


コメント

5月26日(日)のつぶやき

2013年05月27日 01時01分54秒 | twitterまとめ

@take_nakanishi 解説ありがとうございます。島津に降参した以上は、筑後を割譲したと思っていたのですが、筑後は保ったままだったのですね。大友に東筑後を侵食されたと言えども、別の大名家に従属した大名家が、肥前の大半と筑後半国を所有していたと言うのは不思議な感じです。


この時の鍋島家の知行地ってどれくらいだったのでしょう。ひょっとしたら関ヶ原の時点では、鍋島家の知行地よりも竜造寺家の知行地の方が多かったのでしょうか。 @take_nakanishi 佐賀小城の二郡約13万石は政家高房父子の賄・隠居領と馬廻衆の知行に宛行られました。


@itaru_ohyama @take_nakanishi もはやお二人の話についていけない私が居ます(汗)。お二人の話を聞いていると、二次大戦に関しては完全なライトファンですね。ライトファンなので、違和感なく『ガルパン』の世界観を受け入れる事が出来たような気もしますが(^^;


慶喜の朝廷ヘの謝罪状は退けられました。
近藤勇・流山前後07
ameblo.jp/itaru-ohyama/e…

大塚さんがリツイート | 1 RT

録画した大河を視聴終了。今回の鳥羽伏見の戦い後編の描写は概ね満足ですが、唯一不満なのが津藩の扱い。津藩(藤堂藩)は裏切り者ではありません。実は津藩兵が山崎に布陣していたのは、鳥羽伏見の戦いとは関係なく、安政年間からずっと山崎の責問の守衛を任されていて、鳥羽伏見に至った感じです


むしろ津藩自体は徳川家の為に尽力しており、王政復古後も徳川と新政府の間を取り持とうと尽力しています。山崎に布陣していた部隊も、王政復古後に長州藩兵が京都に入ろうと山崎を通った際に、攻撃すべきかとも進言しているのですが、それを却下したのは他でもない徳川家だったりします。


5日に新政府から恭順せよと公家が来た際も、「恩義ある徳川をだまし討ちは出来ない」と、同夜に宣戦布告の書状を持たせて使者を送ったのですが、旧幕府軍副総督の塚原昌義が行方不明だった為、結局渡せずに翌6日の砲撃は後世裏切りと呼ばれる事になるのです。嗚呼(涙)。


結局、藩祖である藤堂高虎の悪評のとばっちりを、鳥羽伏見の戦いでの津藩は受けてしまった気がするのですよね。あ、ちなみに今回の大河を見て弁護をしたかったのは津藩だけですので、淀藩の扱いに関しては別に不満はないです(^^;)。


録画した大河を視聴終了。今回の鳥羽伏見の戦い後編の描写は概ね満足ですが、唯一不満なのが津藩の扱い。津藩(藤堂藩)は裏切り者ではありません。実は津藩兵が山崎に布陣していたのは、鳥羽伏見の戦いとは関係なく、安政年間からずっと山崎の関所の守衛を任されていて、鳥羽伏見に至った感じです。


漢字を間違えていたので、最初の発言を訂正しました。


@take_nakanishi 鍋島直茂が主家である竜造寺家を超える所領を得たのは、秀吉の裁量とは知らなかったので驚きました。一般的に直茂が竜造寺家を乗っ取ったと言われていますが、実際には秀吉の差し金だったのですね。


@take_nakanishi そして秀吉の差し金と言っても、関ヶ原時の鍋島家の竜造寺家に対しての優位は絶対的な物では無かったのですね。文字通り二重権力構造だったように見えますが、あの関ヶ原で鍋島家と竜造寺家が足並みを揃えて分裂をしなかった事に、直茂の手腕の凄さを感じてしまいます


@pacific_18 予約ありがとうございます。これで澤ちゃんの宿に泊まれるのですね。丸山荘みたいに、夜に宿内で澤ちゃんと記念撮影をするのが楽しみです(^^;)。


ちなみに今日は、昼間は船橋のマリンフェスタに行って、清水愛さんの一日艦長の雄姿を見てきて、夜は伊藤静さんのライブに行ってきました。お洒落な感じのジャズライブだったので楽しかったです。


どんどん大洗での過ごし方が充実していきますね(^^;)。 @pacific_18 昼食はそど子とナオミの店ですかね。夜はオレンジペコの店で一杯かな


コメント

5月第4週の声優ラジオ感想 その1

2013年05月26日 23時17分35秒 | 声優ラジオ関連

『minori通信-第2部』
 ●パーソナリティー:酒井伸和氏 ゲスト:中島裕美子さん・岡田純子さん・船橋舞さん
 前日にSto lat!(狩)のライブが行われた翌日の、反省会との名の月に一度のゆみこふ回(飲み会)です。それにしてもSto lat!(狩)のライブは良かったですね。てっきり番組中に曲自体は流された、柳氏が作曲してくれた二曲だけ歌うのかと思っていたら、『ef』のキャラソンの「笑顔のチカラ」と、『eden*』のOPの「little explorer」まで歌ってくれて感激でした。岡田さんの生歌は『センチ』のライブで聴かせて頂いた事がありますが、ゆみこふさんと船橋さんの生歌を聴いたのは、今回が初めてだったので本当に嬉しかったです。
 尚、三人の衣装はブログ上でもアップされている物でしたが、Sto lat!(狩)の出番が来るまで、岡田さんがMC中に着ていた衣装は、かつて『センチ』の大宮ライブで着ていた物だったので、教えてもらった時は感激すると共に大喜びしました(^^;)。
 さて、反省会本編の感想としては、今回の衣装は、まずゆみこふが『ef』の音羽付属の制服です。これは前日のライブでミズキのキャラソンを歌ったからとの事。それに合わせて髪型も、ミズキと同じサイドテールにしていました。一方船橋さんは、同じく『ef』の音羽学園の制服。本人も『ef』が好きとの事で喜んでいたのが嬉しかったです(^^;)。そして岡田さんの衣装は、先日のライブで二人から誕生日プレゼントとして贈られた、くまもんのぬいぐるみ...。ちなみに番組中に、岡田さんはこの格好でコンビニにツマミの買い出しに行ってました。流石です...(^^;)。
 このような格好で始まった反省会ですが、あまり反省会らしくはなかったですね(^^;)。酒井氏は色々改善点を挙げるものの、三人(主にゆみこふ)が脱線すると言う、いつものやりとりが繰り広げられます。そのような中でも、6/17に次のライブが開催されるとの告知がされました。平日ですが、次も是非とも行きたいと思います。
 他に印象に残ったのは『センチ』関連の話題でしたね。前日『センチ』の衣装を着てくれたからか、今まで以上に『センチ』関連の話題が多かったです。ライブの開始前一ヶ月くらいは、スケジュールがライブ関連で全て埋まってしまい、他の活動が出来なかったとの話や、ライブでのブランコの話は興味深かったです。私はブランコが使われたのは大宮だったと思ってコメントさせて頂いたのですが、そのコメントを読んで瞬時に「ブランコが使われたのは中野ライブの時」と訂正したのは、流石は本人と思いました(^^;)。また、さほど高くないと思っていたブランコが、床が透明で本人は凄い怖かったと言うのも、16年ぶりに判った真実で面白かったです(^^;)。
 何はともあれ、Sto lat!(狩)のライブは楽しかったので、今後も行きたいと思っています。

『夜中メイクが気になったから』:第51回
 ●パーソナリティー:たかはし智秋さん・上坂すみれ軍団長・寺川愛美さん
 前回の軍団長と寺川さんの壮絶なバトル回の後、チアキング先生が二週間ぶりに復帰したので、今回は安心して聴けると思ったら、突然の今月で軍団長が卒業と聞いて驚きました。う~んラジオ大阪の人が、本番組の事を記念番組と言っていたので、本番組は当分続くと安心していたら、まさかの軍団長が卒業とは...。『走行親衛歩兵連隊放送』に続いての連帯長の卒業なので、二重にショックです。
 でも一方で嬉しかったのは、前回は軍団長と壮絶なバトルを繰り広げた寺川さんが、軍団長卒業と聞いてショックを受けていた事。やっぱり寺川さん自身は軍団長の事が好きなんですね。普段の会話から、寺川さんは寺川さん流の愛情表現を軍団長にしているのですけれども、その愛情表現が軍団長に伝わっていないのが本番組の魅力だと思っていたので、これがもう聞こえなくなるのは寂しいです。もっとも「最後に卒業しても、番組に遊びに来てもよいか」と訪ねた軍団長に対して、寺川さんが「邪魔じゃなかったらね」と答えて、それを聞いた軍団長が「もう来ねえよ!(涙)」と発言したやり取りには笑わせて頂きましたが(^^;)。

その他に聴いた番組
『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第34回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ軍団長
『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第86回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ軍団長 
『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第250回
 ●パーソナリティー:川瀬浩平氏&伊平崇耶氏

コメント

5月25日(土)のつぶやき

2013年05月26日 01時00分50秒 | twitterまとめ

自衛隊イベントに向かう電車内で、写真撮影方法の入門書を読書中。一般的に背景をぼかした画像の方が良いと言われますが、今までその理由が判りませんでした。背景をぼかした方が、被写体が引き立つとの意味だったのですね。


私にとって写真と言うのは、目で見た風景を切り取った物との認識があったので、被写体も背景もクッキリ写っているのが、見易い画像との認識があったので勉強になりました。他にも試したい事が色々書いてあっったので、今日の海上自衛隊イベント開場にて試したいと思います。


コメント

5月24日(金)のつぶやき

2013年05月25日 01時01分48秒 | twitterまとめ

『近藤勇・流山前後05』松平容保死罪の方針 amba.to/10QOFDp

大塚さんがリツイート | 4 RT

きょう更新したブログ記事は、松平容保に対する死罪の方針が打ち出されたあたりのことを書きました。このとき世良修蔵は、まったく関与していません。よく誤解されるところであります。
ameblo.jp/itaru-ohyama/

大塚さんがリツイート | 3 RT

再投稿:僕は無責任な一般人に過ぎないので言っちゃいますが、司馬遼太郎のみがフィクション混じりの小説で批判されるのは彼が故人だからでは?存命中の人物にも彼と同様史実とフィクションを混同しているような人はいるんじゃないかな?童門冬二とか半藤一利とか中村彰彦とか。

大塚さんがリツイート | 6 RT

慶喜の奏聞状は、孝明天皇宸翰の写を添えた会津藩の哀請書とともに京へ
近藤勇・流山前後06
ameblo.jp/itaru-ohyama/e…

大塚さんがリツイート | 3 RT

書き手がつくった新撰組という囲いから出ようとしないでいると、読者は外に広い世界があるのに気づかない。新撰組は日本を揺るがすような大事件にも関わっているのに、あえて触れようとしない。
それでもいいんだと思うなら、重ねる言葉はない。
twitter.com/MyoyoShinnyo/s…

大塚さんがリツイート | 2 RT

近藤勇・流山前後06
松平春嶽は会津藩の哀請書を自分の一存で握りつぶしました。
ameblo.jp/itaru-ohyama/e…

大塚さんがリツイート | 1 RT

コメント

5月22日(水)のつぶやき

2013年05月23日 01時02分14秒 | twitterまとめ

ブログを更新しました。『近藤勇・流山前後04』 amba.to/192tCkW

大塚さんがリツイート | 4 RT

流山を訪れる「幕末には詳しいです」とおっしゃる歴女さまがたは、たしかに新撰組隊士の名が次々と口から出る。だが、そんな方たちが松平春嶽や山岡鉄舟のこと「誰ですか?」とおっしゃる。幕末に詳しいんじゃなくて新撰組だけ詳しい。そういう歴史ファンを産んだのは、心ない書き手たちだ。

大塚さんがリツイート | 202 RT

今日の日記①:朝にサンクスでガルパン弁当を購入。昼に食べようと思ったら、スプーンが無い。しまった、てっきりハンバーグ弁当を購入したと思っていたのに。そう言えば、さおりんのラベルの弁当を見つけたので、大喜びで購入しましたが、中身がカツカレーかハンバーグがなんて確認しなかった(汗)。


その②:カツバーガーが四つ有ったので、最低でもみっほちか、さおりんのどちらかのカードをゲット出来たと思ったら、カードの内訳は秋山殿、華さん、麻子×2...、何だこの店舗は麻子推しなんですか?(汗)。


デジカメの望遠レンズを購入。正直言って部屋の中でテストしても、あまり実感が無いので、早く城跡巡りで試したいな~。


コメント

5月第3週の声優ラジオ感想 

2013年05月22日 23時29分42秒 | 声優ラジオ関連

『夜中メイクが気になったから』:第50回
 ●パーソナリティー:たかはし智秋さん(欠席)・上坂すみれ軍団長・寺川愛美さん
 チアキング先生が不在回の二回目です。それでも前回はヒデキ氏が潤滑剤としてくれたものの、今回は軍団長と寺川さんの二人きり、正しくガチバトルです。おかげで全編緊張感が漂い、胃が痛いです(汗)。特に印象的だったのが、寺川さんが軍団長と、小倉唯さんとそれぞれ遊んだそうなのですが、それぞれのブログ感想のテンションが違うとの話題で盛り上がります(汗)。その中で寺川さんが軍団長に対して、自分がプリクラに誘ったのは断ったのに、三澤さんとは撮影した事に対する抗議が最高でした。寺川さん「三澤さんとは撮ってたじゃん」、軍団長「三澤さんだからですよ」。そんな思いっきり言わなくても...。しかし寺川さんはめげずに軍団長をプリクラに誘います。
じゃあ今度原宿でデートしようよ」「あー、そうですね。人見知りの軍団長がこれだけぞんざいに扱えるのですから、実は軍団長が一番心を許しているのは、寺川さんなのではとついつい思ってしまいます。そうでないと寺川さんが不憫過ぎます(涙)。

『SCRUM Radio ~らむらじ~』:第43回
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま&荻原秀樹さん
 何と次回から、本番組が音泉で配信されるそうです。徐々に知名度が上がっているのかな~と嬉しくなるものの、最近の本番組は特に下ネタにフリーダム過ぎるらしいので、少し心配なような...。いえいえ下ネタをガンガン飛ばす英麻さまは素敵なので、音泉に行っても是非続けてほしいのですが...(^^;)。

『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第33回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ軍団長
『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第85回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ軍団長 
『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第249回
 ●パーソナリティー:川瀬浩平氏&伊平崇耶氏
『ふぃあ通』:13年05月号
 ●パーソナリティー:小暮英麻さま サブパーソナリティー(?)菊池たけし氏 ゲスト:荻原秀樹さん&久保田悠羅氏
『とあるラジオの超電磁砲S』:第09回
 ●パーソナリティー:伊藤かな恵さん&豊崎愛生さん
『Studio T Paradice』:第352回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏
『WHITE ALBUM2 同好会ラジオ』:第38回
 ●パーソナリティー:米澤円さん&生天目仁美さん 
『ゆず生ラジオ 3rdシーズン』:第13回
 ●パーソナリティー:ろど氏・Famishin氏・煎路氏
『今井麻美のSinger Song Gamer』:第212回
 ●パーソナリティー:今井麻美さん

コメント

5月21日(火)のつぶやき

2013年05月22日 01時01分08秒 | twitterまとめ

出勤途中に、ガルパンのキャンペーンが始まったサンクスに寄ってきたのですが、さおりんの対象商品だけが見つからず。店員さんに聞いたら、まだ入荷していないとの事。しまった一度きりの恥と思って大量に買い込んだのに、もう一度あの店に行かなくては...。


それにしても売り切れる前に買っておかないと思い、カツカレー(秋山殿)とハンバーグ弁当(華さん)の両方を買ってしまいましたが、今日の昼食は大変な事になりそうな気が...。


ブログを更新しました『近藤勇・流山前後03』 amba.to/10JPCNO

大塚さんがリツイート | 2 RT

本日の昼食:秋山殿のカツカレー、おやつ:みほっちのカツバーガー、夕食華さんのハンバーグ弁当。そして明日の朝食はさおりんのショコラ。このような食生活がしばらく続く予感が...(汗)。また、さおりんのカード欲しさに串カツも購入しましたが、大洗のウスヤさんの串カツと比べると美味しくない


来月、洋泉社から『図説幕末・維新の銃砲大全』なる本が発売されるそうです。タイトルからは惹かれるものの、執筆者が判らないので怖くて予約出来ません。いざ購入したら大河の便乗本だったりしてとのオチだったら怖いので...。

8 件 リツイートされました

帰宅後にネットで調べてみたら、サンクスの『ガルパン』キャンペーンの弁当に貼っているラベルって、みほっちやさおりんの分も在るのか、これはまた明日行かないと...。これだから資本主義って嫌いよ~(汗)。


戊辰野州戦争時の大田原城城下町の地図をコピー出来たので、もう一度大田原に行きたいな~。この地図と照らし合わせれば、城下のどの辺で会幕連合軍と大田原藩兵が戦ったかが判りそう。ただ以前も書きましたが、大田原って電車で行くのが難しいのですよね~。


コメント

5月20日(月)のつぶやき

2013年05月21日 01時00分34秒 | twitterまとめ

阿佐ヶ谷から帰宅して、録画した大河を試聴。今回の鳥羽伏見の戦い前篇は、錦旗が出る前に薩長連合軍が戦術的勝利を収めたと描いてくれたのは評価するものの、相変わらず火器の優劣が勝敗を分けたとの時代遅れの解釈だったのにはガッカリ。


武器の差よりも、大河本編でも描かれていた、旧幕府軍が行軍経路を二本に限定したので、数の優位を生かせず、鳥羽と伏見に戦力を集中していた薩長連合軍が有利になったとの要素の方が良いと思うのですけれどもね~。


また薩摩が江戸で攪乱工作をしたのが、鳥羽伏見の開戦の要因との、これまた時代遅れの解釈をしたのがガッカリ。西郷と大久保の策謀を強調するなど、何だかんだ言ってこのドラマは、結局は会津にとって都合の良い解釈をするのだと実感。


ちなみに個人的な不満としては、これでは旧幕府軍VS薩摩藩兵ではないですか。長州藩兵が全然描かれないのはどう言う事ですか、1月3日の戦いの伏見では、世良修蔵率いる第六中隊(第二奇兵隊)が勇戦していたのに~(涙)。


また今日は阿佐ヶ谷で開催された、岡田純子さん・中島裕美子さん・船橋舞さんも出演したライブイベントに行ってきました。minori通信で紹介された新曲だけでは無く、ゆみ丼さんと船橋さんがlittle explorer(eden主題歌)と笑顔のチカラ(ef二期ED曲)が聴けて感激です。


そう言えば今日の大河では、鳥羽戦線を描いてくれなかったのが残念。二列縦隊のままで、凹陣形で布陣する薩摩藩兵の窪みの部分に突入しては、幾ら旧幕府軍が数で上回っていても負けますよね(汗)。


今日のminori通信は、昨日のライブの反省会と言う名の飲み会。


大洗と言えば、大野お好み焼き店が遂に本気を出し始めたそうです


昨日ブログのアクセス数が妙に多いと思ったら、「鳥羽伏見の戦い」で検索らしい。と言う事は鳥羽伏見での世良修蔵や福田侠平、鳥取藩兵の活躍を多くの人が知ってくれたのではと喜んでいます(^^;)。


台湾空軍のミラージュ2000戦闘機が墜落とのニュースを見て、台湾がミラージュ2000を採用していたと言うのを初めて知りました。てっきりF-16を使っているかと思っていました。でも米戦闘機よりもフランス製やスウェーデン製の方がロマンを感じるので羨ましい...。

2 件 リツイートされました

新キャラですかね。個人的には会長の追加シナリオを期待していたので、新キャラの登場に不安感が...。@pacific_18 大図書館の羊飼い~放課後しっぽデイズ~


そう言えば昨日の大河は、慶喜が開戦を決意していたように描かれていましたが、実際には政略的勝利を収めかけていた慶喜の意向を無視して、激昂暴発した会津と桑名のせいで開戦したのですけれどもね。ドラマでは容保が開戦を諌めようとしていましたが、ここでも会津に都合の良い描かれ方をしているな。

3 件 リツイートされました

ブログを更新しました。 『近藤勇・流山前後02』 amba.to/10fwEis

大塚さんがリツイート | 2 RT

コメント

5月第2週の声優ラジオ感想 その2

2013年05月20日 00時43分12秒 | 声優ラジオ関連

『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~』:第32回
 ●パーソナリティー:内田真礼さん・赤崎千夏さん・浅倉杏美さん・上坂すみれ軍団長
 DVDが出終わっても番組が続いているので不思議に思っていたら、第二期の作成決定ですか。今考えれば、かなり早くの段階から二期制作は決まっていたのかな?。
 さてそんな二期制作が決まった今回は、軍団長が皆に弄られていたのが印象的な回でした。ニコ生でも触れられていましたが、前髪を切り過ぎた軍団長について皆が突っ込んでいましたね。最初は赤坂さんだけでしたが、次第に浅倉さんまで軍団長弄りに加わっていました。一方の軍団長も弄られて素直に怒っている様が可愛らしかったです(^^;)。これだけ癇癪を起してくれるのを見ると、本当に皆と仲良くなったのだな~と思えてほっこりしました(^^;)。
 また新しく始まった新コーナーも面白くなりそうですね。良い子・悪い子・普通の子・中二の子は面白そうですね。良い子役の軍団長も良いですが、やはり悪い子役の赤坂さんと、中二の子役の内田さんが美味しいな~と思ってしまいます。出来れば、どの役もローテンションを組んでくれれば良いのに...。何はともあれ、新コーナも始まりこれからも期待出来そうです。

『A&G NEXT GENERATION Lady Go!! (月曜日回)』:第84回
 ●パーソナリティー:上坂すみれ軍団長 
 別番組で「現役女子大生声優」と紹介されたからか、今回の軍団長はこの「現役女子大生声優」にこだわった演技をしてくれましたが、それが何だか不思議な感じになりました。もっともそんな口調で初めて話題に挙がったのが『イデオン』な訳ですが(^^;)。他にも『ポケモン』のキャラの知識量を披露するなど、中々お洒落な現役女子大生声優を貫き通す事は出来ませんでした(^^;)。
 それにしても相変わらず選曲のセンスが凄いですね、この点だけは他の声優さんの番組とは違うといつも実感しています。

その他に聴いた番組
『Studio T Paradice』:第351回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・西垣俊作氏
『WHITE ALBUM2 同好会ラジオ』:第37回
 ●パーソナリティー:米澤円さん&生天目仁美さん 
『ゆず生ラジオ 3rdシーズン』:第12回
 ●パーソナリティー:ろど氏・Famishin氏・煎路氏
『今井麻美のSinger Song Gamer』:第211回
 ●パーソナリティー:今井麻美さん

コメント

5月18日(土)のつぶやき

2013年05月19日 01時01分03秒 | twitterまとめ

明日の大河の鳥羽伏見の戦いでは、芸州藩と鳥取藩の事を描いてくれないかなと期待しています。大政奉還辺りまでは薩摩と足並みを揃えていたのに、鳥羽伏見で出兵を逡巡したのが後を引いて、戊辰戦争後に一万五千石しか得れなかった芸州藩と(続く)。


鳥羽伏見までは、藩主が倒幕に逡巡していたのに、鳥羽伏見が開戦したら、藩士が独断で出兵。その後も各地で出兵した結果、戊辰戦争戦後に三万石を得た鳥取藩との比較は面白いと思うのですけれどもね~。


コメント (1)