ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:印旛郡酒々井町東酒々井にて、エアコン屋根置き入替工事

2014年08月31日 | エアコン工事
8月26日分

今日は、印旛郡酒々井町東酒々井にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)


現在付いているエアコンが調子が悪いとの事で、入替を希望されております。

入替にあたり、室外機は屋根置きにという事です。


一通りの準備をして、ご訪問となりました。

現場へは”東関東”を下り、新しくできた”酒々井IC”で下りました。ここには、酒々井アウトレットパークがあります!!

今回はそれを横目で見ながら、お客様宅へと向かいます。


予定通り現着しました。


ご挨拶の後、早速はじめていきます。

まずはベランダにあるこの室外機から撤去していきます。


ポンプダウンを行う為に三方弁を見ると、

何やら染みが確認できました。ガス漏れでしょうか?(分かりづらいですね)

その後配管を外して、こちらの室内機を撤去しました。


同じ場所に新しい室内機を付け、外側の処理を進めていきます。

いきなり完成しています。途中の工程はそれなりに苦労しています。。。







屋根置台をセットします。 ボルト類にはクリアーを吹いております。





真空引きをして、完成です><

試運転もOKです。




この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

今後ともよろしくお願い致します。
コメント

千葉県:船橋市浜町にて、地デジ平面+BS混合ブースター設置工事

2014年08月30日 | 千葉県船橋市:アンテナ工事
8月25日PM分

午後からは、船橋市浜町にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)


現状のケーブルTVから、自前のアンテナへと切り替えたいとの事です。


事前に現場を確認させて頂き(グーグル上から)、予想される部材を用意してのご訪問となりました。


ご挨拶の後、早速はじめていきます。

建物は3F建てです。その3Fに大きなベランダがあり、受信方向を向いております。

これならこの面を利用しての取付ができそうです。

因みに屋根裏も確認しましたが、こちらはスペースの関係で断念せざるを得ませんでした。

という事で、平面アンテナでの施工で進めていきます。

受信も問題ないので、



この様に取り付け

アンテナが付きました!



DX:UAH810Lを使用しました。外壁と同色化していい感じです><

続いてBSアンテナを内側にセットします。



あとは既設の同軸と繋ぐのですが、これがひと手間掛かります。

3Fベランダから樋づたいに下して、


引き込み口へと

接続口は、いつもの様に建物内へと滑り込ませました。これで完全防水の完成です

気になる直下の状態は、





MXまでOKのようです。

BSとの混合は(8分配だった為)、地デジ/BSブースターを使用しました。

分配数が少なければ、地デジの方はレスでもいけたのですが…

1FUB上に電源部を設けます。

おや?写っていませんね。


この後コンセントの破損を直して、

終了となりました。



この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これで月々のお支払いから解放されますね。

いろいろなお話し、楽しかったです。

今後ともよろしくお願い致します。

コメント

千葉県:八千代市大和田新田にて、お見積り済み新規エアコン工事

2014年08月29日 | エアコン工事
8月25日AM分

今日は、八千代市大和田新田にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)


店舗の1Fにエアコンを付けたいという事で、事前にお見積りに伺っております。

広さ的にも問題ないので、家庭用の大きな機種を進めさせて頂きました。

取付位置も配管口も、これといって問題になるところはありませんでした。

但し、電圧は200V機に限りますが…


ご挨拶の後、早速はじめていきます。

エアコン本体は、珍しく(失礼)三菱重工製の56タイプでした。

昔は多く取り付けたメーカーですが、最近は取り扱っている店が少なくなり滅多にはお目にかかれません。

久しぶりです><


それでは始めていきます。が降りそうなので、気持ち急いで作業します。

背板を取り付けて、


VVFを室内機に接続します。

いつからか?右サイドのカバーがネジ留め式に変更となっています。

その昔はここが弱く、セットしてもすぐ外れてしまっていました。メーカーが対策したのでしょう!!

またVVFの接続箇所も、正面側へとオフセットされていました。

まぁーどうでもいい事ですが…


屋外は黒の配管カバーで処理します。

配管をカットしたら、リーマーでバリ取りを行います。


その後フレアーを造ったら、的確な大きさがどうかをこれを使って確認します。



ここまでできたら、補助配管との接続です。シール材をフレアー面に塗って、

当然ですが、トルクレンチを使用して締め込みます。

光ケーブルの逃げを造って、配管カバー処理を終わらせます。



配管を整え同じ様に室外機と接続し、真空引きを行います。

20分近く引いてから

リークテストを5分以上行います。

この工程で、配管からの漏れを確認する事ができます。重要な作業です。

その後ガスを流し、試運転に入ります。






パワフルな風が出てきました。



この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これで来院されるお客様も安心ですね。痛みと姿勢にお困りでしたら、こちらの治療院までご相談ください。

今後ともよろしくお願い致します。
コメント

千葉県:八千代市大和田新田にて、地デジ屋根裏アンテナ工事のはずでしたが…屋根裏が無く断念!

2014年08月28日 | 千葉県八千代市:アンテナ工事
8月24日分

今日は、八千代市大和田新田にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)



現在配信中のJ-COMから、自前のアンテナへと変更します。

変更にあたり、できれば屋根裏施工でという事でしたが…


ご挨拶の後、早速はじめていきます。

まずはいつもの様に点検口の確認から。ところが探せど何処にもそれらしい処がありません

隈なく探しましたが。

屋根裏へアクセスできなければ、測定も取付もできません。困りました。。。

何とかならないかと知恵を絞り、こちらの機器を外してみました。


結構な大きさがあるのでこれでOKと思いきや、この中にはさらに蓋がされており(全面に)とても設置できる状態ではありませんでした。

切妻の屋根の中は、全て密閉されておりました。こんな事ってあるんですね。初めてです。だから点検口が無いのですね。



気を取り直し、別の方法をお客様とご相談しました。

お客様は屋根上でも良いとおっしゃって頂けたのですが、受信状態も良さそうですし、破風に短く建てる事にしました。

いつもの手法でサイドベースが付きました。



受信状態も問題ありません。






アンテナが付きました。







弱点である金具部分には、ローバルを塗布しておきます。

これだけでも耐久性はUPするはずです。

既存の引き込み口までは、板金クリップで固定していきます。



防水接栓でJJし、


接続口は建物内へと押し込みます。

これで雨水による浸食から回避できます。

続いて、既存のCATVブースターを調整します。


端末で確認します。





MX以外はバッチリです。


この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

屋根裏施工はできませんでしたが、無事完了できホッとしております。

今後ともよろしくお願い致します。
コメント

千葉県:船橋市八木が谷にて、三菱電機80エアコン取付工事

2014年08月27日 | エアコン工事
8月23日分

アンテナ工事に引き続き、エアコン工事に移ります。

1FLDKに設置します。

まずは養生をしてから、配管口をあけました。2分4分配管の為、大きさは80Φであけてみました。当然それ用のスリーブを入れております。


途中から小雨が降り出してきたので、気持ち急いで進めていきます。

その為、途中の画像がありません。ご了承ください。


配管カバー処理をして(今回は2色で行いました)、室外機と繋ぎます。

真空引きを行ってから、


リークテストを行います。


立下りにはホワイトを使用して、


Lボ以降はグレーを使用してみました。






三菱製のフラッグシップモデルは、R32のようです。

試運転を開始します。


もの凄いパワーでした!!さすが80タイプですね。



この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

まだまだ暑い日が続きますので、こちらのエアコンで快適にお過ごしください。

今後ともよろしくお願い致します。


この度はご新築おめでとう御座います
コメント (2)