ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

茨城県:取手市ゆめみ野にて、地デジ屋根裏アンテナ工事

2018年04月13日 | ★茨城県:屋根裏アンテナ工事
3月26日分

今日は、茨城県取手市ゆめみ野にお伺い致しました。

有名ハウスメーカー一条工務店の営業の方からのご依頼です。既に数十件のご依頼を頂いております。

いつもいつも弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座います(*^。^*)


今回はやや遠方の茨城県取手市でした。

通常利根川を渡る事はないので、ドライブがてら焦らずお伺いする事にしました。

現場は最近開発された所の様で、ご訪問にはやや戸惑ってしまいました。。。それでも問題なく到着はしましたが。


ご挨拶の後、はじめていきます。

お客様のご要望で、屋根裏施工を基本に進めていきます。

利根川を渡っておりますので、受信状況が気になりましたが、測定の結果マズマズである事が分かりました。

ただ今回は他に問題がありまして…

点検口と情報BOXの位置が離れており、屋根裏からそこまでの通線ができそうにありません【二重天井の為】

このままだと引き込み線に載せるしか手はないのですが、その引き込み線の出ている位置もあまり良い位置ではありません。

ただこれに繋がなければ、完成はありません。

しばらく考えた後、その処理をしていく事にしました。

まずは屋根裏からどの様にして屋外へ出すか?(引き込むか?)

一番簡単なのは壁面を貫通させる事なのですが、ご新築ですし、他に方法はないかと。

そこで軒下を貫通させ、そこに同軸を通す事にしました。

これなら雨水の侵入もありませんし、リスクを負う事も無いので。

ただそうは言っても、何処でもいいというわけではありません。慎重に場所決めをして、ココというところで施工していきます。

屋根裏にマストを付けてから、壁面のボードを一端剥がします。(ビス留めでしたので)


そこから軒下を確認して、屋外から開口します。

同軸をそこから挿入すると…

いい感じで出てきました。

アンテナを付けたら、


直下の状態を確認しておきます。




各局OKです。

アンテナをセットして




先ほどの同軸を整えます。

見えないところまで、手を尽くすのが弊社のポリシーです。

軒下の貫通箇所から、既存の引き込み線までを処理していきます。

挿入箇所はレクセルで埋め、縁伝いに導いていきます。




目地に沿って下し


床面を横断させます。


目地には同じくレクセルを盛って固定し、横断箇所には保護材を巻いて同軸を保護します。




既存の同軸とJJします。




自己融着➔エフコ2号➔黒ビニテの順で3重防水です。

更に角度をつけて、パネル裏へと潜り込ませます。これで直接雨水が掛かる事は有りません。


そこから段越えをします。


ここにも保護材を巻いて


目地に合わせて引き込み口まで



これでOKです。

情報盤内に電源部をセットし、


端末で確認します。





ローカル局は厳しいですね。


この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これで今日からTVが楽しめますね。

今後ともよろしくお願い致します。

コメント

茨城県:取手市宮和田にて、地デジ屋根裏/BS壁面ブースター工事

2017年01月24日 | ★茨城県:屋根裏アンテナ工事
1月22日分

今日は、茨城県取手市宮和田にお伺い致しました。

某有名ハウスメーカー様からのご依頼です。いつもいつもありがとう御座います(*^。^*)


施主様と事前に打ち合わせをさせて頂き、本日の施工となりました。ご新築おめでとう御座います

場所がいつもより若干遠いのですが、距離的にはそうでもありません。

たまには違う場所へご訪問するのもいいものです。


施主様のお父様にご挨拶をし、早速はじめていきます。

点検口を開け、中の状態を確認します。いつもの二重天井仕様です。



これが良い場合もあれば(施工上)裏目に出る場合もあります。今回はどうでしょうか?


何処でも受信できる訳ではありませんが、何とかポイントを見つけたので決行します。

アンテナの取り付けには問題ないのですが、ここから情報盤までの通線がやや厳しそうです。

そう、二重天となっている為、その間の穴あけに苦労しそうです。

まずはマストを取り付け、


アンテナをセットしました。




ドリルのキリサキを数本用意して、情報盤上までを貫通させ鉄スチを入れておきます。


情報盤を一度外して、鉄スチを取り出しました。


これでこの間の通線はOKです。

目立たない様に配線を固定し



直下の状態を確認しておきます。





ローカル局は全てでした。。。

続いてBSの取り付けに移ります。

南側の良い位置に引き込み線が出ていました。

これを利用してBSを取り付けます。

ベースを目地に合う様に加工して取り付けました。


隙間には“レクセル”で防水します。

BSアンテナをセットし、受信状態を確認。

いい感じです。

接続には防水接栓を使用します。








情報盤を戻してから、マルチブースターをセットします。



調整を加えて、端末(1FLDK)で確認します。






ローカル局以外はOKです。


この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

本日より、ステルスアンテナでお楽しみください。

今後ともよろしくお願い致します。

コメント

茨城県:神栖市深芝南にて、地デジ屋根裏アンテナ工事

2016年02月11日 | ★茨城県:屋根裏アンテナ工事
2月8日分

今日は、茨城県神栖市深芝南にお伺い致しました。

某有名ハウスメーカー様からのご依頼です。この度は誠にありがとう御座います(*^。^*)


先日違う現場にてご依頼を頂きました。ただその時には、屋根裏受信ができなかった経緯があります。

今回も初めての土地ですので、不安が過ります。。。

事前に下調べを行い、受信局の設定を密にしておきました。

現場までは相当な距離があるので、慌てず余裕をもって行く事にしました。

京葉道路の船橋ICから乗り、東関東自動車道を下っていきます。

そして最終”潮来IC”まで



潮来ICが近ずくと周りは…

360度のパノラマ状態でした。

そして無事最終ICに



現場まではあと少しです。


営業のIさんと落ち合い、早速はじめていきます。

点検口内で受信確認をします。


今回は、茨城県鹿嶋市にある常陸鹿島中継局を中心に、千葉県側の小見川中継局も視野に入れ確認していきます。

ただどちらの局も出力が3Wしかない為、いつもの様にはいかないかもしれません。

測定の結果、やはりLVは40dBμVを切る数値でしか捕らえられませんでした。

そこで前置きブースターで増幅後、決行する事にしました。

マストを取り付け、



アンテナが早々に付きました。



ここから情報盤までは、ダイレクト配線とします。

直下の状態です。




鹿島局受信ですから、NHK-GはCh20の水戸となります。

情報盤内の分配器です。

私的には、4分配器の方が良いと思いますが…

立派なブースターを調整します。


端末で確認します。




OKです。

この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

今後ともよろしくお願い致します。

コメント