ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:船橋市藤原にて、有線LAN増設工事(Cat.6A)

2021年10月24日 | LAN関連工事
10月22日分

今日は、船橋市藤原にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^_^*)

お客様のご要望は、有線LANを1FのONUから外配管で2Fへ取り廻してほしいとの事でした。

ONUがある場所から、2Fのお部屋までは対角線上となっており、この方法しかないとの事です(そうでしょうか?)

そこで実際の状況を確認する為、先日現調にご訪問させて頂きました。

その結果・・・確かにその様に配線すれば何とかなりますが、かなりの距離で・・・

仕上がりと予算を考えると、良い選択とは言えません。

そこでどうすればもっとスマートに、そして見栄え良くできるか?考えてみました。

増設したいお部屋のさらにLAN端子を設けたい位置の近くに、光ケーブルの引き込み口が有りました。


これはラッキーかもしれません。

そう、ONUからここまでLANケーブルを戻す事が出来れば、かなりスマートになるのでは?と。

料金的にもこの方がお安く済みますし。

お客様にご了承のあと、この手法で進めていく事になりました。

ご挨拶のあと、はじめていきます。

まずは引き込み口からCD管内へスネークラインを入れ、1Fの端子裏まで出るかを確認します。



十数メートルで引き込み口まで出ました。


これにLANケーブルを結んで戻します。

すると・・・


無事、通線が完了! これで半分は終了となりました。

さぁーここからが本番です><

予定では引き込み口の真裏を抜き、壁内を落として既存TV端子の裏へ通す予定でしたが、

TV端子の位置との間に縦桟が有る事が分かり、予定を変更。それをかわした位置にLAN端子を設ける事にしました。

増設位置を開口すると、そこにCD管が流れていました。(これは予想通りでした)

これはラッキーです。

この一部を開口して、先ほど通したLANケーブルを引き出しました。


Cat.6Aのメス端子を取り付け仕上げます。




ONU側にもメス端子を取り付け、


導通を確認して

工事完了となりました。

この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

当初の予定よりはるかに良い仕上がりとなりました(自画自賛)。

これで切断なく、ネットが使用できます。

今後ともよろしくお願い致します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千葉県:千葉市美浜区幸町にて、屋根材吹き替えによる共同受信アンテナ移設見積りへ

2021年10月23日 | 現場調査
10月20日分

今日は、千葉市美浜区幸町にお伺い致しました。

2016年2月に、共同受信アンテナの設置をさせて頂いた建物です。その節はありがとう御座いましたm(__)m

あれから5年半経ちました。あっという間です。

今回こちらの建物の屋根材を交換する事になったようで、一時的にアンテナを移設できないか?とのご相談を受けました。

ただ移設する場所があるのか?その辺を確認する為に、本日のご訪問となりました。

ご担当者様とのしばらくぶりのご挨拶を済ませ、はじめていきます。

アンテナは、5年経った今でも元気のようでした。




ただところどころ、劣化も見られます。

これらは今回手直しをしていく予定です。

さて問題の移設ですが・・・

屋根の縁にある躯体に、挟み金物で取り付けるしか手はないようです。


若干高さが低くなりますが、これしか手が無いので・・・

何とか頑張ってみます。

この後お見積りを出して・・・

よろしくお願い致します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千葉県:船橋市山手にて、ダイキン「Aシリーズ」新設とうるさら再取付へ

2021年10月21日 | エアコン工事
10月19日分

今日は、船橋市山手にお伺い致しました。

今年8月に、リフォームに伴うエアコンの外し等をさせて頂いたお客様宅です。その節はありがとう御座いましたm(__)m

その後のリフォームが無事終了したという事で、本日エアコン2台の設置に伺わさせて頂きました。

2Fの二室を一室に改装され(これがとてもオシャレに仕上がっていました)

ここに新しいエアコンを付ける事になりました。

事前に機種を選んで頂き、ダイキン:Aシリーズを取り付ける事になりました。

某量販店専用モデルです。

Aシリーズって、うるさらのRシリーズに隠れあまり目立ちませんが、これがなかなかの機種かと私は思います。

うるさらの加湿機能を省いた機種、という事です。

なので、グレードはかなりの上位機種。よってお値段もビックリするほどしますが・・・


それではご挨拶のあと、はじめていきます。

以前に22?が付いていたところに、再取付します。


ボードとクロスが貼られていたので、屋外側からセンターを出し開口していきます。



屋外側のトップは、換気/お掃除用のそれでしたので、これは今回交換とします。


穴あけをして、スリーブを装着しました。


背板を決めて


室内機を掛け、屋外の処理へと進みます。



ドレン用の20Φ塩ビ管を交換します。



エルボにDSH-14-20Cを取り付け、ドレンホースを接続します。




配管口をシリコンで盛って塞ぎます。



新たなカバートップは、丸形をチョイスしました。


カバー出口から、既存配管はこの様に進んでいきます。








結構な長さとなります。

2Fからのそれは、この様な感じで


室外機を既存の二段置台の上に載せます。


配管を繋いだら、真空引きを行います。


今回距離が長かったので、充電式の真空ポンプは使用せず、AC電源式を使用しました。

そして試運転を




今日は今年一番の寒さでしたので、暖房にての運転となりました。もちろんバッチリ!と効いていました

続いて1Fうるさらの再取付です。

こちらの配管口は通常の65Φでした。。。これにうるさらとは?

前回取外し時に確認していたので、今回はこれを(65Φ)拡大(80Φ)する事にします。

オッと、その画像がありませんね。。。m(__)m

65~80への拡大コアを用いて拡げています。

スリーブを入れ、背板をセットしました。




室内機を掛けたら、屋外で配管を繋ぎます。(一回り上の太めのカバーを使用しました)


断熱材のズレを防止した後、


同じくシリコンで隙間を塞ぎます。


トップを取り付け


配管とうるさらホースを繋ぎ、


真空引きを行います。

ついでなのでこちらもAC電源タイプで。

終了後、試運転を開始します。



もちろんです。

この度も弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

予定より時間が掛かってしまいましたが、2台とも無事終了できとしました。

これからは新しいお部屋で、快適にお過ごしください。

落ちつきましたら残りの1台も、よろしくお願い致します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千葉県:習志野市鷺沼にて、エアコン新設工事(他社見積り金額にビックリ!!)

2021年10月18日 | エアコン工事
10月16日分

今日は、習志野市鷺沼にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^_^*)

またこの度はご新築おめでとう御座います


こちらへのご入居前に、先日現調をさせて頂きました。

当初は2F~1F下ろしでの施工を予定していたのですが、室外機を置く予定の地面に植栽が植えられているのです。

これがかなりの邪魔をしてしまう為、一筋縄ではいかないのです

弊社の前にとある業者に見積りを頼んだところ、またまた高所作業費などと高額な見積りになってしまったとの事???

何故にいつもそうなるのか?不思議でたまりません。

おそらく作業自体をやりたくないのでしょう!ならばお断りすればいいのに、と思ってしまいます。

そこで弊社へご連絡を頂き、先日確認させて頂いたのです。

確かに、作業スペースが取れずなかなかどうして、それ自体はかなりきつくなりそうでした。

そこで他に良い方法は無いかと考えていると、ありました 玄関上のパレットになってしまいますが、そこに室外機を置くのはどうかと。

ただここまでの搬入をどうするかが問題でした。室内側からは室外機を出す事が出来ませんので、おのずと外からとなります。

幸い22の機種でしたので、何とかなると読んで本日の施工となりました。

ご挨拶のあと、はじめていきます。

まずは配管口を開口します。

ご新築の建物に初めて穴を開けるわけですから、何十年経った今でもそれなりに緊張します

弊社では、背板を仮付けした後穴あけ位置を墨出しし、開口が終ったあと背板を本決めとします。

よって先に穴あけの養生をします。



開口後背板をセットし、スリーブを装着します。


配管を屋外から入れ、上に3分下に2分が来るようにセットします。


フレアー部にナイログを塗布して

トルクレンチを用いて接続します。

隙間の無い様に断熱材で巻き、更にホウタイで仕上げます。



室内機を背板にセットしたら、屋外の処理に移ります。

配管カバーをセットして


貫通部分はシリコンで固めます。


パテよりもこちらの方が確実かと。

この後トップを取り付け、


先端のビスにはイナバビスをチョイス。

細かい拘りです。

さぁ~ここからが大変でした。

何が!って、そう26Kある室外機を地上高3M越えに上げるのが・・・

担いで上がろうとしましたが、あえなく轟沈。

そこでロープで縛り、引き上げる事に何とか成功しました。💦💦なので画像はありません。あしからず。

室外機に配管を繋ぎ、真空引きを行います。


そして完成




試運転を始めます。



当然バッチリ!です

この後簡単な照明工事を行い、作業終了となりました。

この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

パレット置きにした為、費用も当初よりお安く済みました。

今後とも何か御座いましたら、よろしくお願い致します。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千葉県:市川市本塩にて、既存リビングエアコン水漏れ修理へ(弊社施工分ではありません)

2021年10月16日 | エアコン工事
10月14日分

今日は、市川市本塩にお伺い致しました。

先週、エアコン2台を取り付けさせて頂いたお客様宅です。その節はありがとう御座いました(*^_^*)

その時にリビングのエアコンから水漏れがするという事でしたので、2台設置後に確認させて頂きました。

屋外の配管カバートップを外して…

すると、明らかに逆勾配となっているような?

これを修正するにはかなりの時間が掛かるので、一度改めて伺う事になりました。

それが13日(水)でしたが、あいにくの雨で本日となったわけです。(強行しなくてよかったと思っています)

ご挨拶のあと、はじめていきます。

問題の室内機はこちらです。

一見すると、ごくごく普通ですネ。

ではどこが問題なのか?そう、スリーブの部分です。

屋外のカバートップを外すと

明らかに室内側へ下がっていました

詳しく確認する為に、室内機を外す事にします。

ポンプダウンをしてから、補助配管接続部を外します。

ただこの部分の処理も???後ほど修正しますが。

室内機を外すと、

やっぱりというか、スリーブ無しの逆勾配で、さらに室内機取付位置も下がっていました。。。

これでは水漏れも止むを得ません。お粗末な付け方です。

これらを修正して、



屋外側の下部を少し下げ、周りを修正しました。


補助配管と繋いで、ズレ防止のテーピングを施します。



カバートップを戻して




室外機と接続後、真空引きを行います。




そして試運転を


問題なく終了となりました。

今回の原因は、室内機の設置不良(配管口よりも下がった位置に付いていた)と配管口の逆勾配!の二つでした。

これらは取付人が注意すれば避けられる事なのです 

どちらもエアコン工事における基本中の基本なのですが。

それを怠ると、この様なトラブルが発生してしまいます。

ご新築時の穴あけは、我々業者が一番気を付けなければならない事です。ここで全てが決まってしまうのですから。

もう一度、それでいいのか?確認する余裕が欲しいですね。

この度も弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これで水漏れからは解消されたと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

※予想通り、相当の時間が掛かってしまいました。。。 それでも無事解決となりましたので、良し!とします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする