ブログ

日々のあれこれ
 

「テルちゃん」 玄侑宗久

2020-01-31 | 読書

一月も終わり。 今年も残り11か月になった。大過なく過ごせますように。

2015年1月。高松市、栗林公園で。


ささやかな介護の体験者として、読みながら、こんなにムカムカして腹立つ小説は初めてだった。

著者は僧侶にして芥川賞作家。そんな人の書いたものに文句つけるのは気が引けるけど、実際に在宅介護の経験はないと私は感じた。もし、違っていたらごめんなさい。

介護がどれだけ大変か、著者はわかっていないと思う。そこのところが一番引っかかる。小説の中では、別居している次男とその妻は、インドネシアから来た長男の若い嫁の善意に頼るだけ。

東北南部か北関東の地方都市が舞台。小説の始まる時点で、義母の長男(テルちゃんの夫)はすでに死んでいる。テルちゃんと呼ばれるエテル、介護の要る義母、二歳の子供の生活は義母の年金と長男の生命保険金だけ。家は農家でもなさそうで、特に資産があるわけでもない。

建設業の次男、中学教員の次男の嫁は子供がない。この二人は月に一度くらい覗くだけで、来た時には手助けするけれど、次男は介護は基本的にはテルちゃん任せ。次男嫁は私が学校やめるわけにいかないし、と及び腰。

それならお金の少しも出せばいいと私なんか思うけど、全然知らんふり。そればかりか親族の葬儀で里帰りした後、テルちゃんの貯金通帳探して、持ち逃げされてなかったと安心する。あんまりである。

夫の死んだ後、介護の義務のないテルちゃんはけなげに義母の介護をする。週に二、三度の浣腸と便の始末もする。次男は一度するけれど、親の便は見たくないとか言い、次男嫁は初めから手出ししようとしない。

お金出さない、手助けもしない。それなら感謝の一言もあってしかるべきだけど、純粋無垢、天使のようなテルちゃんに心が洗われていくばかり。

今の日本人で、ここまでする嫁はいないのでは。義母が死んで、相続はどうなる?

放棄してテルちゃんに家屋敷譲るなら、まあ多少は次男夫婦のこと許してもいいと思うけど、この作品の後、どうなるんでしょうね。

作者はそこまで考えて書いたかどうか。

日本語がたどたどしく、運転免許の学科試験に何度も落ちるテルちゃんは、異世界から舞い降りた少し能力の足りない、無垢な天使。その設定でないとこの作品は成り立たない。

日本人にできないことを、インドネシア人に押し付けてえんかいな?

貧しくて自国で生きられない人間はそのくらい我慢しろとでも?

民族差別になってませんか?外国人差別になってませんか?

最後は、テルちゃんの行いを通じて、テルちゃんの子供たちや(前の結婚の時の子供を一人呼び寄せている)、次男夫婦の緩やかで温かいつながりとして、家族が再生する。

次男嫁の玲子も心がほぐれ、絶縁状態だった自分の親に会いに行こうとする大団円。


介護を経験したことない人はきっと感動すると思う。

でも介護をした私には突っ込みどころ満載の小説。いい気なものと思った。

だいたい、義母がこんなに順調に自宅で死んでくれなかったらどうする。毎日、毎日同じことの繰り返し。百歳まで生きることもあるこの長寿社会、小説もいつまでたっても終わらない。


自分の親の介護を、長男嫁という他人に任せている全国の皆様。

介護の間はまめに顔を出して交代する。

仕事そのほかで行けないなら金銭の援助をする。

その時には感謝の言葉を伝える。

ということをお願いしたいと思います。

介護者をいたわることも、被介護者への思いやり。

しかしたいていは、たまに来る人間に限って、介護の仕方にあれこれ文句言った

り、自分がいないときのことまで指図して帰るもの。

認知症に効くから「私が歌を入れたテープ聞かせてあげて」とか、「肌にいい乳液塗ってあげて」とか。

余計な用事増やさんでほしいものです。って、おやおや最後は個人的な感情になりましたね。

介護しない人間はこんなにもノー天気なんだと、この小説読んで参考になりました

コメント

マンションの助言もらう

2020-01-30 | 日記

元々はsuumoというサイトで見つけたマンション、わずか6日前。

そのsuumoで助言もらおうと問い合わせたら、相談会は新築の戸建てにマンションのみ扱ってっているとのこと。

そうなんだあ、相談も営業活動の一環なんですね。中古マンションはお呼びでない感じ。

それで、知り合いの不動産関係の人にいろ色と教えてもらった。

交渉のコツなども。

息子、ここなら住んでもいいと思っているらしいけど、住みたい気持ちなら私だって負けない。

息子は家に戻ってきて、私が3LDKのマンションに一人暮らしはどうよ。

今の家に澱のようにたまった記憶の数々、すっぱり捨てて新しく生きなおすんだ。私。

そのくらい私は気に入ったのですが、不動産屋の彼女いわく、最上階は暑い、雨漏りの心配もあるとか。そこのところよく考えて。

住まなくなったら賃貸に出せばいい、場所はとっても便利とほめてもらった。

南北にベランダ付き、西側も窓、ベランダと窓からは海が見える。

いいなあ、住みたいなあ~。

生まれてこの方、ずっとずっと平地に暮らして(夫実家のビルにいた2年間除いて)、たまには変わったこともしたい。

まあ、息子と相談ですかね。って、やっぱり衝動買いに走りつつある私。

買っても後悔、買わなくても後悔。あったはずのもう一つの選択がいいように思うのは結婚も同じ。

 

 

 

コメント

マンション、買う?買わない?

2020-01-29 | 随想
うーむ。明日、不動産の無料相談行くつもり。
マンション、この年まで住んだことも、ましてや買ったこともなし。知らないことだらけ。

まあ、慌てず、順を追って買う、買わない決めるつもりです。

コメント

不要不急の海外旅行は行きたくない

2020-01-28 | 随想
中国の新型コロナウィルス感染症がえらいことになっている。
実は、夫が6月に上海経由の海外旅行に行きたいと言っていた。
私も行くことになっていたらしく、それじゃそれと別のソロ活動したいなどと言っているうちに、今回の感染の拡がり。

落ち着くまで見合わせることになりそう。

新型インフルエンザのとき韓国で患者一人、マスク装着で空港降りたら誰もしていないのですぐ外したけど、広島空港では飛行機の中へ防護服着た人が数人乗り込んで来て、検温に問診票にあれやこれや、一時間くらい降りられなかった。

上海経由なら今回もありえそう。
何はともあれ、早く終息してもらいたいものです。

医療関係の方達の過酷な現場を想像して、胸が痛いです。
コメント (2)

申告事務、一応の終わり

2020-01-27 | 日記
早くすればいいものを、朝ごはんのあと、分からないのを夫に聞いてあっという間に完了。
さあーー遊びまくるぞうーー。
あいにくの雨だけど、出かけたーーい。
それとも絵を描く?二階の押し入れ掃除?

昨日、また別のマンション見た。

通風、採光、見晴らしよし。
欲しいなあーー。自分だけの空間でくつろくつろぎたいなあ。

まあ、見果てぬ夢ですが……

急にマンションフリークの今日この頃。なぜ?
コメント

おっと危ない、マンションを衝動買いしそうになった

2020-01-25 | 日記

高松市、栗林公園で。昨年1月。


たまたま、徒歩数分の近所のマンション(中古)が売りに出ているのを知った。

東南角部屋、前は道路にホームセンターで眺望良し。

見るだけならと、昨日案内してもらった。

3LDKで二方向から採光、とても明るい。個人が売り主なので消費税はかからないし、目がハートになって不動産屋さんに聞くと、今、商談中とのこと。

「百万円くらい負けてっていう話ですか?」と振ると相手無言。そうなんだあ。

「希望価格通りに買うなら順位が繰り上がります」とうまく話を持ってくる。

不動産では苦い経験がある。

長男が家を建てていたころ、たまたま南隣の古家が売りに出た。買いなさいと勧めても長男夫婦はぴんとこならしく、それなら私が買うといえばよかったけど、考えているうちに売れてしまった。

残念。不動産って、本当に必要と思えば勢いで買わないと買いそこなう。

そう思って勢いで買って、あとで後悔しても遅いし、なんか結婚と似たところがありそうで。

夫に言うと当然反対。なんでそんなもの買うのかと。

「だからあんたのいない空間が欲しい」

「今の家の好きなところにいたらいい」

「気配があるのが嫌なの」

とまあかわいくないことを。

春になればまた我が家もカープ一色。カープ、嫌いではありませんが、うるさい。

夜はゆっくりくつろいで好きなテレビ見たいけど、半年間は忍の一字。夜中過ぎまでスポーツニュース追いかける。

昔、別荘が欲しいなと思ったことがある。でも、夫の上司だった方が東京に行かれて、那須に招待されたことがあるけど、メンテナンスが大変そうだった。自分で掃除から炊事までするなら家にいる方がまだましと、夢はついえたのです。

町中の近所の別荘ってどうよと思ったけど、それさえも管理が面倒。

人に貸すのもめんどくさいし、次男に言うと、今の賃貸のところが便利なのでいらないというし。残念。

でも自分だけの空間、欲しいなあ。

夫名義の家にいて、いつも軽くへりくだっている感じがする。夫親族に心持ち、軽く扱われている気がする。

と言うと、「あんたあ、このわしにへりくだったという歴史があるんかあ(思いっきり広島弁で)」と言われそう。

 

 

 

 

コメント

孫預かる

2020-01-24 | 日記


本日幼稚園休み、預かってます。
おやまあ、家の中が丸わかり。はい、昭和の庶民の家です。
持参の積み木でドミノ倒ししています。
コメント

広響ファン感謝コンサートに行く

2020-01-23 | 随想


本日、アステールプラザホールで開催。盛りだくさんのプログラムで楽しめました。
最後はお約束のラデツキー行進曲で締めくくり、新春らしく華やかでした。

マエストロは鹿児島ご出身だとか。ロビーでお見かけしたとき、何で西郷輝彦がこんなところにいるのかと、びっくり。そのくらい似てました。
夫は、年間チケット買って毎月観賞してますが、私はそこまでは。
しかし、地元にプロの楽団があるのは何かと心強い。
また単発なら行っていいかな。
コメント

真冬の雨

2020-01-22 | 随想

今日からしばらく雨だそうで、真冬のこの時期、雪ではなくて長雨になるのが気候変動か温暖化か知らないけど、気持ち悪い。

この時期ならきーーんと寒くて、雪が何度か降ったり、積もったりもしたもの。長男が生まれたころは広島の郊外、廿日市に住んでいたけど、太くて長いつららが何日も融けないことさえあった。

もう雪も昔語りになるのでしょうか。

本日は、降り出した雨の中、夫と二人でお見舞いに。もう意識がなく、酸素マスクして、下顎呼吸されている。苦しいのだろうなあと、胸が痛い。

どうしてもお見舞いしなければならない人、もっと早くにと思っていたのに今になったことが残念です。

とてもきれいな病院で備品も高級品ばかり。その備品はその方が重役を務めていた会社の製品。仕事がこうして形になっているのだと思うと、一人の人生は長くなくても、したことは残っていくのだとありきたりだけど、考えた。

雨の中を再び車で帰り、夫と二人、無言で遅い夕食を。

私の父が亡くなる前のことも思い出していた。死んだ時よりも、死に向かっている時期の方が見ていてつらかった。死んだときは父のためにほっとした。

ご家族のことを思うとつらいけれど、いずれは私もたどる道。一日一日大切にしなければ、自分が幸せで、周りも幸せになってもらうよう残された時間を大切に、何事もきちんとしなければと思った。

愚痴やわがままは、まだ時間がたくさんあってやり直しのできる時期の人生の回り道。と、わが身を反省した。

ああ、それにしてもパソコンです。新しいのもう買うつもりですが、消えたかもしれないデータの数々、残念です。

コメント

デンドロビュームを描く

2020-01-21 | 水彩画


昨日、家で描きました。
3月に先生の弟子全員の合同展があるそうで、作品が足りません。

焦るーー。

最低5点って……大変だあーー
コメント

アカルイカテイ的冷蔵庫

2020-01-21 | 日記



夫のパソコンで投稿して履歴消すのも面倒、引き続きスマホ投稿です。本日、法定調書など郵送で提出。源泉票なども郵送。やれやれ。
主婦の仕事は台所で昼ご飯作りながら。
 
冷蔵庫は小さいのが好み。買ってきたものを一時入れておくだけ。食材は店に保管、その都度お金持って行ってもらってくる。
 
中も見ますか?
 
こんな感じ。スカスカです。



我が頭の中もかくのごとくか?😢
ここからはパソコンで編集。
 
言い訳するなら、普段は扉にべたべた張り付けませんが、図柄的に面白いかなあと思って・・・と言い訳。
 
旅行のチラシ。来月友達と行く予定ですが、いまだ催行決定ならず。問い合わせたらまだ10人、30人まで道遠し。

コメント (2)

スマホ投稿続行中

2020-01-20 | 随想
夫のノートパソコンをとりあえず借りたけど、預けているのが直っても直らなくても、もう新しいの買うつもり。ハードディスク壊れていてデータなくなってたら、最悪。
泣くに泣けない。大事なのは夫と共有しているけど、そのほかは…
思うに自分の作ったファイルは、もうひとつの自分の記憶、アイデンティティーそのもの。
それで今日はぼんやりしています。
コメント

ミニアスレチック楽しいなあ

2020-01-19 | 日記


二人で頑張ってます。
コメント

男子駅伝会場でさぬきうどん食べる

2020-01-19 | クッキング・ランチなど


自転車でパソコン修理持ち込み、あとは平和公園へ。
さぬきうどんのブースで、しっぽくうどん食べる。県人会の人に何人かお会いする。来月の餅つきに誘われる。スマホ投稿はやりにくい。トホホ。
コメント

ひな祭り用の茶器

2020-01-18 | 随想
ヤフオクで調達、湯飲み5客つき。パソコンまたまた不調、コメントは明日以降にお返しします。悪しからずごめんなさい。

コメント

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村