ブログ

日々のあれこれ
 

忙しかった

2016-05-31 | 日記

今日もまた忙しかった。

朝、ネットで今度行くところの情報検索。本よりも旅行記の方が、内容が新しく、同じ旅行者の目線で語られるし、写真も迫力あるし、その土地をリアルに体感できる。

本は詳しい歴史とか宗教的な背景を知るのはいいけれど、若い時と違ってなかなか頭に入って来ない。

地名も読んだ片端から混乱してしまい、こんなことなら、行った先で、自分がどこにいるのかさえ分からないのではなかろうか。我が老化もここまで。

10時になって買い物して帰ったら下の孫とお嫁ちゃんが来た。お嫁ちゃんは料理教室だそうで、預かってあげたらよかったのだけど、きょうは残念ながら出来ないので一緒に帰った。ものすごく泣いて、可愛そうなことした。ごめんよ、〇〇クン、何事も遊び優先のばあちゃんであります。

昼休み、夫に庭の木を三本植えてもらった。黙ってすればいいのに何のかんの。ああ、ストレスたまる。

午後から美容院、それから買い物。あすから友達二人と旅行。温泉宿に泊まって、同じ部屋に寝る。幹事の子がそうしたので、黙って従うけど、辛いなあ。

10キロ、いやそれは無理だからせめて3キロ痩せるつもりだったけど、無理だった。風呂入りたくないなあ。。。。若くて、今より10キロ以上痩せていた若い頃の友達。よく会うけど、温泉初めて。いゃあ、どうしよう。。。。。

一緒の部屋も辛い。宵の口、ちょっとウトウトしたら、あとは2時くらいまで平気で起きている私。

どうなることやら。考えただけで、ものすごいストレス。

いやいや、愚痴言ったらばち当たる。気持ちよく出してくれる夫に感謝。93歳で、一人で暮らしているお姑様にも感謝。私のしていることなんて、お世話の内にも入らない。

四国88カ所の逆打ちで、屋島寺まで。友達運転。お天気よさそうで、楽しんできます。

コメント

実母のテレビ出演

2016-05-30 | 日記

今月半ば、実母が某テレビ局の郷土料理コーナーへ出演した。

こちらでは見られなかったので残念。録画したのを今度見せてもらおう。

母は郷土料理を作るのが趣味だそうで。ニコニコといい顔に映してもらって、誠にけっこうでした。実家前の菜園で。後ろが実家。左はお隣のS井さん宅。今は亡き父の戦友で、戦後、我が家の田を買って家を建てたのでした。私が中学生のころ、遠い遠い昔の話です。

タケノコの煮物、これって郷土料理?世間一般の普通の料理と思っていたけど。

娘の私は料理は下手です。母は何でも大量に作るのは大家族で暮らしてきた名残かも。

何はともあれ、元気でいてください。

コメント (5)

何はともあれ、今日も過ぎていく

2016-05-30 | 日記

知り合いの某男性、車のマフラーを自分の好きな音が出るように自作、付け替えたそうです。

大学の授業料で車の整備と落語、漫才などの芸能全般も修め、今はむしろ、勉強より車の整備が役に立っている模様。

テストコースと言うのは何のことはない、団地を周回する道路。最後の方で自宅も写っている。お嫁ちゃんが家の前で手を振ってるかなと思ったけど、それはなかった。くれぐれも近所迷惑にならないように、お静かにお願いします。

you tubeリンク付けたいけど、バレたらまずいのでやっぱりやめておこう。

何はともあれ元気そうなのでよかった。


 

午前中は姑様のお供で病院へ。ところが受付で、診察カードがいくら探しても見つからない。帰りに再発行してもらう。再発行は今年二度目。一月に失くしたのも、もう忘れていた。

診察カードをクリアな袋に入れて、壁に一つずつピンで留めておく・・・と夫に提案したけど無視された。いいアイデアなのに・・・フン!!

あんなにしっかりした人がと思うと切ないし、自分もまた辿る道かと思うといっそう寂しい。

出かけたのは9:30で、帰宅は12:20。きょうは素直に言うこと聞いてくれて、院内で無駄に歩かずによかった。耳が遠いので、呼び出されても聞こえない。付き添い必須。見渡せば付き添う人も結構いる。

これがわが運命と思い、これからもお供する。年寄りにならない人はいないし、歳とると能力落ちるのも自然の流れ。家の中は持ちつ持たれつ、困ったときはお互い様。

先日体調悪くしていて、今日改めて検査したら数値はよくなっていたので一安心。遊びたい盛りの不出来な嫁は・・・嫁と言っても年寄りですが・・・薄氷を踏む思いで、どうぞお義母様、転ばないで、病気にならないでと祈る日々。

「決して一人で外へ行かないよう言っておいてね」と夫にしつこく頼んだ。本人まだまだしっかりしているつもりだし、迷惑かけたくない気持ちも強くて、それはいいことだけど、無理して何かあったら、私の都合があーーーーーとあくまでも自己中な嫁でございます。

今日よかったことは「いくらお義母さんが早く仕度して待ってても、約束の時間にならないと私は出かけないからね。私に早く行けと急かさないでね」と夫にきつく言ったら、夫から何も言われることがなくてけっこうでした。

先日はものすごくムカついて、もう、ものなんか言ってやるもんかと決意したけど、一緒に暮らしているからにはそうもいかず、今のところ神妙にしているので許すことにした。長い年月、この繰り返し。

一人になったら、寂しくなるのか、重しが取れてすっきりするのか、多分両方だけど、姑様の場合は自由に旅行もできるようになり、楽しそうだった。というようなことをきょうは病院の待合室で話しながら待っていた。

 

コメント

庭の整備、少しずつ

2016-05-29 | 日記

金曜日に木を三本植えて、あとは手持ちの鉢植えを並べてみました。

毎日雨で、作業ができません。

少しのつもりだったけど、育つと込み合いそう。庭は狭く植えたい木はたくさん。

カシワバアジサイ、ユキヤナギ、セイヨウイワナンテン、三男のアジサイ、ヒューケラ?

ヤマアジサイ、買ったのは10年以上前。その横もアジサイ。ジャノヒゲは前の庭の使いまわし。でもダサくなるかも。暗い色の草は最近、流行らんらしいし。

コバノズイナ。シランはお隣から貰った。先日、お隣のおじさんが息子さんと帰ってきて、好きなの上げると言われたので、ありがたく頂いた。骨折で入院、施設に入るそうで。

翌日には部屋の内外、業者さんがきれいに片づけて、全部運び出していた。30年近いお隣付きあい。釣ったチヌをいただいたり、タケノコ差し上げたり・・・

今度はどんな人が来るのでしょう。いい人ならいいけど・・・

一番目立つところに枡が。我が家は長い私道の奥、広い道までの勾配を付けるためと思われますが、何ともはや。

テーブルやコアラは目隠しに。全然目隠しになってませんね。どうしようかな~


 

本日、己斐ガーデンスクエアでギボウシ、ブラックベリー、ビナンカズラを買いますます収拾のつかない状態に。

あとは大きな常緑樹一つ。コニファーに魅かれるけど、陰になるので、ハイノキと思ったけど、やや貧相かな。いいのは2万円以上して、カードで買えないし、本日は帰った来た。帰りに息子の家に寄る。

息子宅はシマトネリコがシンボルツリー、あとはクリスマスローズや、斑入りマサキなど、常緑樹が多くて、よくできていた。プロが考えたのはやっぱり過不足ないなと思った次第。

シマトネリコは大きいのが、セール中で3,980円だった。いい木だと思うけど、どこにでもあるので嫌!!とまた私のアマノジャクが顔を出すのでした。

 

 

コメント (2)

日帰り旅行でした

2016-05-29 | 旅行

県人会の旅行です。

一杯目。JR坂出駅近く、めりけんや。高松駅近くにもあり。

掛け小、揚げとサラダは自分で選ぶ。500円ちょっとだった。JAFカードで割引あり。

お味はすっきり洗練されていて、讃岐うどんのスタンダード。

店のポスター。俳優 要潤(字はこれでよかったでしょうか)氏は香川出身。こんなタイプの人、昔はいなかったと思う。時代は変わった。

続いて元農家のうどん屋。納屋を改造した店。食べられないので、友人と外を散策。

常緑のキスゲの仲間。

続いて製粉所へ。小麦作っています。


 

続いて山の上の札所へ。

曇りで涼しい日でした。

石段

奥のお堂

若葉も緑を増しています。

保元の乱で敗れた崇徳上皇の墓所の遥拝所。この先立ち入り禁止。

西行がこの地を訪れて詠んだ歌と、その謂れ。山家集、所収でしたか。

西行の古い石像。讃岐は都を遠く離れた流刑の地でした。

勢揃い。なんかご利益ありそう。


帰りのSAで。福山近くの八幡だったかな。福山はバラで町おこし。

大輪

小さな花も。

盛りを少し過ぎてるようですが、充分きれい。

こんな花なら作りやすいかも。

アンネのバラのような色あい。


 

お土産各種。買ったのはビニール袋入りのうどん玉だけ。あとは工場見学のお土産に、バスの中でのじゃんけん大会の景品。土産物屋で、私と友達以外の他のみなさん全員がお買いものして、おまけにいただいたのもあります。

団扇は香川県庁秘書課の方が、お休みなのにわざわざ坂出まで来て、くれました。恐るべし、県人会。そして香川県。

今回も友達としゃべり続けて、楽しい一日でした。高校時代のあれこれ、忘れていたこともお互いの記憶をつなぎ合わせるとおぼろげに浮かんできます。あの日からはるばると年月は経ったもの。しみじみ。

コメント

温厚な私もたまには怒る

2016-05-27 | 日記

どこがと突っ込まれそうですが、普段はそう腹立つことないし、あってもまあへらへらとテキトーに流していますが、本日の夫の言動にはいささか納得できかねることがあり、夕方改めて抗議。言い訳するので、こちらも次第に声が大きくなり、結果、オバマ大統領の中継を一部見逃した。

いきさつはこうです。昼休み、外へ出て庭のあれこれ考えていたら、仕事場の夫から自宅に電話。

「なんですぐ出ん?」

「外にいた」

「お母さんが買い物行った。ついて行けんから、あんた行って」

これまた急なお話。とりあえず戸締りしてトイレ行ったりしていると、「早くしんさいや」と再び怒りの声。

早くと言われても、これで最速です。3分もかかってない。

姑は手押し車押して、出かけた後。夫怒っている。私が遅いと。

外へ出ると姑は、手車押して近所のスーパーへ向かっていた。

だいたいこの車ですが、私が楽だから、介護保険で月300円で借りられるから、といくら勧めても姑も夫も使おうとしないので、そのことを友達にぼやいたら「家に要らないのがあるから」と貰ったもの。

使いたがらなかったのは、姑は自分の足で歩けるというプライドがあるから。夫もうちの母は大丈夫と思っていたらしい。確認してませんが。

「ねっ、お義母様、楽でしょ。プライド捨ててもう少し早くから使っていたら、道で転んで骨折や脱臼、しなくて済んだかもしれないのに」と思いつつ、黙って付いていく。

買い物も無無事終わって帰宅。やれやれ。


 

夕方帰宅した夫に文句言った。急に行けと言われても瞬時には行けない。急かして私に怒鳴らないでほしい。お義母さんが転ぶのが心配なら、手をつかまえてでも、私が行くまで待たせたらいいと思う。

年寄りは気が急く。なんで???時間はたっぷりあるのに、思い立ったら、待ったり、後でするということができない。それをうまくコントロールするのが介護の主役の夫の役割ではありますまいか。気の急く年寄りに合わせて、夫まで慌てたり、私にまで怒鳴らないでほしいもんだ。だいたい人にものを頼むのに、怒って頼むってどういうことよ。ああ、腹立つ。

というようなことを初めは穏やかに言っていたのに、ものすごく時間がかかったとまだ文句言うので、昼間言われた三倍くらいの声出して言い返してやった。

いつもいつも、連れていく時には私は時間通りに支度しているのに、早くから待っているお義母さんに合わせて、私を急かして、そんなことより、慌てるなと言えばいいじゃないの。一人で出かけて転んだら、私のせい?一人で外へ出したあんたが悪いでしょ。今日のことだって、私は全然悪くない。何で一人で外へ出すのと、厳しく追及した。

しかし、謝りませんね。謝ると自分の値打ちが下がるとでも思っているのか。謝って値打ち下がるほどの小さい男だったのかあ~知らんかった。

夜、少しは反省したのか、アイスいらん?とか、何してる?とか機嫌取るようなこと言うので、そりゃアイスは喜んでいただきましたが、まだまだ反省が足りん。許さん。

お姑様の介護で力合わせて麗しい話も世間にはあるでしょうが、我が夫婦,今からこんなことでは先が思いやられる。姑様のことでケンカしたくなかったけど、これは姑様のことではなくて、夫の姿勢の問題。私は好意でしているだけで、夫の処理がまずい。要領悪すぎ。まあ、昔からですが。

先で読み返したら、こんなとこもあったと思い出し、その時どう思うかは分からないけど、一応メモしておきました。

私が93になった時、お嫁さんが買い物ついて行ってくれるんだろうかと、そんなことをふと思った。まあ、たぶん生きてないと思いますが。

コメント

文庫本のブックカバー製作

2016-05-26 | 日記

午後から文庫本カバーを4枚作りました。

材料は全てフリマ、リサイクル市などで買った古い着物。今日の作品くらいでは全然減りません。まだまだたくさんあります。

訪問着の模様。着物は1,000円だった。10年くらい前。催馬楽?

裏は紬で。近所のフリマで。15年くらい前。これも1,000円だった。なぜ値段を憶えているのか・・・

右は京都の骨董市で。着てなかったけど・・・紬を着る機会は、今ほとんど消滅。特に若い人は。

裏は羽裏。これもずいぶん前のリサイクルの羽織。絞りが好きでいろいろなところに使い、もう残りわずか。

本を入れて見ました。

裏側。全部、上げる人が決っている。つぎはまた折を見て作ります。


 

本日、木を植えて庭工事完了。植えたのは、シロモジ、ナツハゼ、シデコブシ。あとは自分で整備する予定。少しずつ楽しみでやってみましょう。

コメント (2)

機織り、再開

2016-05-26 | 機織り

午前中の作業

女巻に糸を結びつける。109本。糸はアナンダの染色綿糸、生成。裂き織りに最適の太くて丈夫な糸。

緯糸を小管に巻く。管巻機は友人からもらう。糸は以前友人からもらった綿糸?光沢のある高級品。

織ります。初め、捨て織り。経糸の調子が整ったところで改めて織り始めたけど、組織織りの常、意図が浮き上がるところがあるので、一段ごとにタービー(平織)入れて、織り地をしっかりさせるつもりが、タービー目立ちすぎ。

紫の糸は若干細いので、別の糸に替え、タービーはもう少し細い糸がいいかも。

調子よく織り始めるまでは試行錯誤の連続。でも少しずついいものに近付けているようで、頑張れ私。

今日もすること山積。この続きはいずれまた。

コメント

孫が来て遊んだ

2016-05-26 | 日記

疲れた。元気よすぎる二人にばあちゃんは付いていくのがやっと。

昨夜はお嫁ちゃんに洋裁を教えた。洋裁と言っても袋を縫うだけ。ミシンないので手縫いするというので、それならミシン使ってと、一緒に縫うことにした。

丁寧に寸法測って印付けてるので、そんなのはテキトーにやりながら合わせればいいと、アバウトな姑はアバウトなアドバイスを。

孫娘がやりたがるので、ミシンのコントローラー踏ませる。30分もあればできるところを三人でするのでものすごく時間がかかったが、それもまた楽し。

私が縫えばいいけれど、それではお母さんがしたことにならないからね。**ちゃんが大きくなって、自分で縫わずに実家に頼む人にになってもいけないしね。

お店で選んだピンクの布はお姫様の柄入り。紐に紐の端のボタンのようなものもセット。縫い方レシピも50円ですと。ビックリ。

紐を通すのは家ですることにして、できたのを喜んで持って帰った。やれやれ。孫息子は一人でビデオ見ながらお団子いっぱい食べて口の周りがあんこだらけ。ティッシュで拭いてやりながら、遠い日の子育ての日々を思い出した。

大変だけど息子夫婦には頑張ってほしい。

先日、息子が来て言うには、来年度から、週に一度某大学に新幹線で通って勉強することになったとか。その歳でまだまだ勉強かい。ゴクローサン。体に気を付けてまあ頑張ってもらいたいもの。

本人、筋金入りの鉄っちゃんなので、いろんな電車見られるだけで、ワクワクしているらしい。何ともはや。

友達から来月の旅行の旅程表届く。楽しすぎる計画。何があっても、這ってでも行く。

 

コメント

最近とっても忙しい

2016-05-25 | 日記

ジャンルにやれやれが欲しいところ。

何で忙しいかとつらつら考えるに、去年の六月から週一で孫たちが来ること。嬉しいけど、疲れる。疲れるけど、孫たちが楽しそうなので頑張る。

きょうは孫娘の6歳の誕生日。今日もまた夕方に来ることになっている。プレゼントは息子、孫息子の分もまとめて渡す。11日の間に三人の誕生日が集まっている。

庭工事はあと一日だけ。五月連休明けがとうとう月末までずれ込んだ。

土曜日は県人会の旅行。友達と参加。某麺類で有名な県へ日帰り。麺類食べ歩き。太るかな~?

月末は姑様と病院へ。こちらは半日で済みそう。雨降りませんように。

月開けたら、またまた友達二人と一泊旅行。行く先はどこだっていいのです。話が目的。喋りすぎて喉傷めないよう、トローチでも準備しとこうかな。

で、そのあとですが・・・・誰に勧められたわけでもなく、誰も褒めてくれないのですが、少し遠くへ出かけます。知っているのは夫、次男、友人一人だけ。荷物の用意もまだ全然していない。パスポートとクレカ、ユーロこれさえあれば大丈夫。旅は身軽に。

どこの旅行社も、このご時世なのでツアーの集まりが悪いらしく、問い合わせただけで必死の様子が伝わってくる。

今回は三社に問い合わせと資料請求。それぞれ往復のルートが大違い。

広島→大連→北京→現地/広島発午後、現地到着は翌朝

福岡→ソウル→現地/福岡発午前、現地到着は同日の17時頃

大阪→ドバイ、またはイスタンブール→現地/大阪発夜、現地到着は翌日昼前後

うーーむ、どう考えたって福岡でしょ。イギリス行ったときも乗り継ぎがよくて、よすぎて、広い空港の中を走るように移動して間に合った記憶が。でもその日の夕方にはヒースロー近くのホテルの居ました。楽でした。問い合わせた時は六人で催行決定だったし、これもポイント高い。

でも、でも、昨年大韓航空でロシア行ったとき、食べ物が合わなくて飛行機の中でお腹壊したし、あれやこれやで結局慣れた大阪から行くことにしました。福岡にすればよかったとまだ後悔しています。バカですねぇ。地球は赤道に近いところで移動するほど時間かかるって忘れてた。何のための北回りでしょうか。痛恨の極み。

夫が、お母さん(姑様)なら大丈夫。好きなところへ行けばいいと言ってくれたので、とここでも言い訳しておきます。

この先一か月で三回出かけるわけで、体力回復に励む日々。

コメント

デンドロビュームを描く

2016-05-24 | 水彩画

先週下描きだけ。昨日、サークルで下描き補正してバックと葉を塗っただけ。

本日、家の掃除と洗濯の後、午前中二時間かけて何とか終了。

花はみずみずしく鮮やかに。

花の色は微妙で複雑。絵具に同じ色はない場合がほとんど。がしかし、花に近い色をそのまま使って混色しない。色を追及していると彩度が落ちて汚い花になりがち・・・と思い、手持ちのピンクで。本当はもっと紫がかった涼しげな色です。

葉は落ち着いた色で。

こちらは絵具をそのまま使わない。青に黄を混ぜるけれど、色合いはケースバイケース、いろいろ出して混ぜてみる。

鉢はニュアンスありながら、あまり暗くしない。

パレットに残った絵具を全部混ぜて、塗ってみました。使った色なので、トーンは合うはず。パレットの掃除にもなって一石二鳥。めでたし、めでたし。

あの画題がいや、これは描きたくないと文句言わず、何でも描きます。初心者はそれが栄養になると信じたい。

きょうはまあまあうまく描けたので、心はさわやか。午後から買い物に。福屋でズボン・・・最近ではパンツと言うらしい。を買う。


 

庭工事は、本日フェンスを設置、コンクリートを打つ場所は全て仕上げて、あとは木を植えるだけになりました。汚れたブロック塀がなくなったので、見た目すっきり。

我が夫、庭の工事をするにあたって、「フェンスにしたいのよね」と言うと、「フェンスって何?」というくらい庭には無関心。あまりいざこざなく終わりそうで、誠にけっこうでした。

ブロック塀どけたら、隣の何かのパイプが侵入していました。もうおーーー、でもそのまま上からコンクリート打ちました。

初めは木も茂ってないので、日陰を好む下草には過酷な条件。どうするかなあーーー夏の間、寒冷紗でも掛けとく???

コメント

機織り、綾返しして綜絖に通すまで

2016-05-21 | 機織り

19日、孫と整経、粗筬まで。わざわざ50/10cmの筬でややこしい計算しなくとも60/10cmですればよかった。織るときは70/10cmの予定なので幅出しとしてはそのくらいが適当かと。5か月ぶりなので、そこらへんのこと忘れてしまっていた。

21日

千巻、綾返し、綜絖まで

椅子の脚に括り付けて、巻き取りつつ向こうへ進む。

筬に近い綾棒の空間に物差しを立てて上下に広げる。

空間が筬を越して出来るので、そこに綾棒を移す。

二本目の綾棒の空間に物差しを入れる。

物差しを筬に近付けると、物差しが作る空間が筬の向こうにもできます。

綾棒を抜いて筬の向こうの空間に差し込みます。

綾棒二本が、と言うことは綾が、筬を越して粽側に移ります。筬を抜いて千巻を織り機にセットします。

あとは組織図見ながら根気よく。108本のつもりが109本ありました。そのほうがきっちりと左右対称になっていいけど、その他にもここまでで小さな間違い、トラブル続出。それも楽しみつつ、完成目指して頑張ります。


 

昨夜は人の驕りで、夫も一緒に食事に呼ばれました。金曜の夜で店は大賑わい。若いグループがほとんど。私たち、店の中では最高齢だったかも。ほんとに、いつの間に・・・

 

コメント

宮島へ行く

2016-05-20 | 日記

昨日は友達と待ち合わせて宮島へ行きました。

待たせてはいけないと、早目に出たら45分くらい早くついてしまいました。

仕方ないので、地下道上がった所の最初の店で一休み。

二階は明るく広々。

ここに座りましょう。

ソファーが楽です。

本もたくさん。

待ち合わせにはいいかも。

持参の本を読みます。タイトルはものがたりスペインの歴史。

登場人物が多く、イスラム、カトリック、新教、ユダヤ教と入り混じってのえげつない宗教戦争の連続。気分悪くなります。

仏教徒はキリスト教徒やイスラム教徒とケンカしないけど、それは主に地勢的な原因でしょうか?

でも日本でもキリスト教徒の迫害はあったし、いざとなると宗教的対立は決して相容れないものでしょうか。宗教を持つのは多分人間だけだと思うけど、知恵がついたことで殺し合うなら賢くなんかならなくてもいいとさえ思う。

いえいえ、戦争も自然淘汰の一種?としたら人間は誠に罪深いもの。どんな命でも全うしてこその文明ではありますまいか。

猫カフェでした。

鏡もオシャレ。


友達と宮島へ渡り、緑したたる紅葉谷で持参のお弁当食べて、楽しくいろいろ話して、そのあと、私の友達の店へ行く。話を済ませてお買い物。

リサイクルの浴衣。1,500円のところを友達価格で1,000円にしてもらった。ありがとうございました~♪

昨日は年に何日もない、五月晴れのカラリとしたいいお天気、人もほどほどで帰りはまたエピロによって、友達に神社ー入りレモン・・・じゃなくてジンジャー入りレモンおごってもらって、とってもいい一日でした。

Mさん、ありがとう~またどこかご一緒させてください。

コメント

日々のあれこれ

2016-05-19 | 日記

預かりました

画伯

庭で砂遊び。


下の孫はお昼、もうご飯ないからお素麺食べてねと言うと、拗ねてテーブルの下に隠れて怒った顔していました。

午後二時頃、お嫁ちゃんとお姉ちゃんが来ました。昼ご飯食べてないというので、お嫁ちゃんんに食べさせました。

まだ二歳なのに数字や平仮名が読めるようになってびっくりです。でも、無口でオシメが取れません。電車が大好きで、表通りでばあちゃんと一緒に電車を見ます。電車が通るとキター!!オッキイネエ!!!と叫びます。

いったい、誰に似たのやら・・・ハイ、この子のお父さんにそっくりです。

 

昨日は孫娘に手伝ってもらって、粗筬を通しました。もちろん、一人の方が早くできますが、そこはそれ、これはこれ。

昨日はお姫様のドレス着ていました。医療機器の業者さんのサービスで、写真撮って衣装持ち帰りというイベントがあったそうで。お姫様になりきって、私は下女です。私のベッドでお姫様は寝て、下女はおやすみなさいと布団を掛けます。

もう~いったいなんやねん!!それやこれやで激しく疲れて、熟睡できました。ありがたや。

コメント

次に織るもの

2016-05-16 | 機織り

五か月以上平織したので、次は複雑なのを織りたくなりました。

ネット上で見つけたこれなどを・・・

通し方と踏み方、紙に書き直してみる。

ソフトに入れます。タイアップが元の図と違うので踏み方は読み替えます。

組織図をクリックしたら柄が現れます。

印刷します

ううむ、複雑なのはいいけれど、バルタン星人みたいで何とも。左右の柄が目に見えて気になる。

どうしようかな~

少しだけ織って、また別のをするかも。

ネット上の組織図、一カ所間違っていたので自分で修正。織る前に間違いが分かるのでソフトは便利かつ必須。ガラクタ織り工房様のブログでフリーソフトとして公開されています。エクセルで作ります。


 

きょうは一日雨でした。でも遅れに遅れた庭工事がやっと始まりました。

街中の、庭と言うのもおこがましい狭い隙間。隣の賃貸ビルとの境のブロック塀撤去、残りも全部撤去。

今度は我が家の敷地内に全部納めるので、少し狭くなる。でも境界をはっきりしておかないと後々困るので。

隣の元の家主さん、我が家の敷地に塀が食い込んでいるのに「うちの塀」と頑張っていた。今はちゃんと話の分かるオーナーさんですが。

今回、たまたま私道の先の土地が売りに出て、私道を囲む地主が全員確認の印をつくことがあり、ついでに調査士さんに隣との境界の確定をお願いした。

舅様は隣地との境界にはシビアな人だったけど、どういういきさつで塀がはみ出していたかは、21年前に他界したので確かめようもない。塀をつくときは立ち会ったのかどうか・・・私の嫁入り前のもう50年近く前の話だし。

今までは境界の印もなかったし、人の記憶は自分の都合がいいように変わっていくし、次世代に懸案先送りではなくきちんとできてよかった。調査士費用が約6万円、庭工事は必要最小限だけで、数十万というところです。庭工事、狭いのに高いーーー!!!

コメント (2)

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村