ブログ

日々のあれこれ
 

カリン、そのほかを描く

2016-11-28 | 水彩画

水彩画、追い込まれないと描けない悪いくせ。

きょうになって頑張りました。

アレッ、絵が大きすぎたかも。よかったら右へスクロールしてください。

カリン、カキ、西洋ナシ、マツカサ、枝など。

かごはフリマで300円で買った昔のもの。シダの軸を編んで作るらしい。


昨夜の居酒屋は遅い、まずい、高い、落ち着かないと最悪の店。私は夜だってラーメンかちょっとしたものでいいのに、いつも夫と意見が合わず、しぶしぶお酒飲む店についていく。

宴会が入っていて、てんてこ舞いしていた。私たちの最後の料理が出てきたのは30分後くらい。

和風パスタはだしが全然効いてなくて辛いだけ。または一切の味のないポトフ。しかも大根とレンコンは生煮えではなく完璧生。その時すぐに文句言いたかったけど、夫が漬物と思ったらいいと食べてしまったのでその場で言えなかった。

お金払うとき文句言ったけど、あちらさんはすみませんというだけ。はじめて入った店、もう居酒屋は二度と行かない。

帰ってから食べログかなんかに投稿しかけたけど、IDとってログインしてどうたらこうたら、なんでそんな手間かけんといけんの!!と中止。

その場ですぐ文句言うべきでしたね。一つ賢くなりました。

海外旅行行っても、日本人は帰国してから旅行会社に文句言うそうですが、奥ゆかしいにもほどがある。その場で言わないで遠慮する、は外国人には理解不可能だそうです。

夫と行くと食べたいものが違って、いつもこんな悲惨な結末になる。挙句の果てにラーメン屋でカロリー追加なんて。

唯一よかったのは店に飾っている水彩画がとてもうまかったこと。でも額縁は粗末。木の枠だけ。絵がかわいそう。


 

私のお勧めは近所の温泉施設。花かご御膳という料理食べて、風呂に何度でも入って、作務衣貸してくれて全部で1,980円。

昼間ならランチだけど、夜利用したら、温泉旅館みたい。寝るのはどこで寝てもおんなじ。家帰って寝る。


うーーむ、毎日忙しくて(遊びに)、本日、姑様の夕食、一気に4日分作った。

明日から一人で出かけます。

コメント

縮景園ライトアップと広島ドリミネーション

2016-11-27 | 日記

夕方から出かけました。

紅葉のような手と、大きな手を差し出す同行人。


このあと食事に。でも夫は物足りなかったそうで、ラーメン食べます。

中に店がずらりと並んでいます。庶民御用達。

場所は中央通りで平和大通りの少し北、道の東側。


毎度おなじみ、広島ドリミネーション。夫2回目、私は数えきれないほど来た。

今年の新作。

 

本日、午前中雨。


本日午後、夫趣味関係の来客あり。あちらはご夫婦で。私も挨拶したほうがいいのかと迷ったけど、私の知り合いでもないし、夫仕事場の3階で話したので、お菓子だけ買ってお茶の準備して、ノータッチ。

もちろん自分用にも買いましたとも。シナモンがよく効いていておいしかった。また買いたい。

クリスマスにも売っているかしら。クリスマスのあのでかいケーキ、我が家にはもういらないので。

コメント

息子の別荘を探した

2016-11-26 | 日記

伊能図より、昔の豊田市付近。2012年10月、呉市立体育館で。


ひょんなことから息子のブログを見つけ、悪いなあと思いながら時々見ている。

これっていいんだろうか。いいと思う。公開している以上、私が見ても全然いいはず。

母親のことは悪く書いてないので良かった~

同居人には内緒。だって、私が秘密にできないこと、夫が黙っていてくれるわけがない。うっかり本人に口を滑らせて、閉鎖することになってもいけないし。

見て見ぬふりをする。それが身内や知り合いのサイトを見つけた時の正しい態度であります。


で、息子は家を二つも持っていることがブログ見てわかった。

一つは自分の趣味の場所らしい。で、ストリートビューで見つけたら景品出るらしいので、申し出るわけにはいかないけど、たった一つのキィーワードから一時間くらい探して、ついにその家の前まで行くことができた。

山の中の渓谷に近い集落、別荘もある。うん、うん、いいところ。小さい家は行ったときに休むくらいなのかなあ。友達が集まって車いじって、学生時代と似たようなことする場所らしい。

お嫁ちゃんは何も言わないのかな。

今住んでいる家のローン組むとき、少しお金を渡したのに、なんか計算合わないなあと思って聞いたらムニャムニャと言っていたのは、ついでにこの家も買ったからだと思われます。

なんかねえ、親でさえ、別荘なんて持ってないのに。悪いと思って内緒にしているのかな。

心配しなくても、私は別荘、いりませんけど。今の家の掃除も不十分なのに、これ以上用事を増やしたくない。息子のその家も草ぼうぼうで、時々友達が草刈りしてくれるらしい。

子供ってこうやってどんどん自分の世界を広げていくらしい。もう何もしてやれないけど、火事なんか出さないようにと、しなくてもいい心配を先回りしてしている。

しかしまあ、自由奔放やりたい放題は誰に似たのやら。

コメント

機織り完成

2016-11-25 | 機織り

いつ頃からやっていたのでしょう。たぶん夏前から。

昨夜遅く、やっと完成です。

結んだ経糸が緩んだところがあって、最後でちょっと。。。。

外してみます。えーーーと、何にするつもりだったのかな???

短い二枚目はバッグにするつもりで色を替えてみたけれど、バッグはもう増やさない。

たぶん仕立てないと思う。

柄アップ。一か所、間違ってます。気が付いたのはだいぶ進んでから。

あきらめました。

教室で使っていた糸が結局は使いやすい。色も淡くていい色ばかり。シルキー加工しています。

細くて艶があって丈夫で。で、糸見本送ってもらった。見本だけど、送料込みで1,000円以上。

どいう用途か詳しく描かないと送ってもらえない。個人なのでそうたくさんはいりません。きれいな色が三つくらいあれはよし。

 

 

コメント (2)

宮島ひとり歩き

2016-11-25 | 日記

きょうは暖かくていいお天気でした。先日行きそびれた宮島へ行きます。

島へ渡る前に昼ご飯。

おひとりさまは、店の混む前に早めに。

明るく広々とした店内。桟橋至近で船の来るのもよく見えます。まだ誰も来ません。

JRの連絡船が近づいてきます。青函、宇高なきあと、今は全国で唯一のJR連絡船(だと思う)。

今年一月に先生、お友達と行った店ですが、今月15日に新しい店に変わったようで、ただいまドリンク無料サービス中。ラッキ~♪

ワンプレーとランチ、スープ付き。

濃厚なコーヒーもおいしくいただきました。


島は近年何度も行くようになり、何を期待していくのか、自分でももうわけわかりません。狭い島なので、たいていのところは歩いているかも。広大の研究所や砲台跡も三回くらい行ったかも。

JR連絡船に乗るのは久しぶり、パスピーも使えるって知らなかった。イコカもOK。

千畳閣と五重塔。千畳閣は秀吉が作り始めたけど、未完成だそうで。

紅葉はほぼ終わり。済んだ晩秋の空。今年の秋も終わるんだなあ…

先週、がんばって来ればよかったけど、人がきっと多かったと思う。

茶店。

紅葉谷。少しだけ残っていた。

大聖院へ行きます。第一次長州戦争の講和会議が行われた由緒正しいお寺。

京都的。

三井寺みたいな古い山門。

紅葉と羅漢

紅葉と鐘撞堂

お寺を出て山すそを歩きます。落葉多数。

上を見て歩く。

山辺の道を歩く

ギャラリー

この奥がカフェになっている。ドイツ人の若い女性がコーヒー淹れていた。

店内は暗くてストーブ焚いて、写真集というのはワープロで打ち出した色付きの雲とも靄ともつかないもの。

2年くらい前に通りががって、鳥のオブジェ買って、作者が今日もいて少し話した。

最近の宮島、個性的な店が増えた。鳥居近くは定番の土産物屋ですが。


帰りの船の中で、以前近所に住んでいた人にばったり会った。

今は宮島に食べ物屋を出しているそうで、今日は忙しいので娘さんと二人、ヘルプに行っていたそう。

宮島は今お客さんがとても増えているので、商機もあることでしょう。あちら仕事で、私はふらふらと歩きに行っただけ、ちょっと引け目に感じた。市内にも店があり、それは人を雇って続けているそう。

うーーーむ、私が今から商売するなら何かな?ちょっと思い浮かばない。

食べ物屋さんって、忙しいけど当たれば面白いんだろうなあ。

 

コメント

「KYOのお言葉」 入江敦彦

2016-11-24 | 読書

2012年12月初め 京都、天龍寺前で。ツアーバスから降りた女性多数、紅葉を拾っています。


京都方言60を衣食住、愛と変の5つのカテゴリーに分け、使われる場面とその意味を解説する。あわせて、京都の食べどころや雑貨屋などを紹介、ハンディかつ深い京都案内になっている。

千年以上都を張り、昔からずっと都会だった京都では言葉一つとっても重層的な意味があり、また短い言葉に感情をうまく載せるなど、なかなかに面白かった。

新たな発見は、京都の人は「冷たい」とか「意地悪」と言われることに傷ついていると、京都出身の著者の言葉。なるほど、みんな割とそういうので、言われ慣れてるのかと思ったけど、そうでもなさそう。悪口言われてうれしい人いませんものね。これからは私も気を付けます。

で、私の出身は香川県なんですが、言葉は京と共通のがたくさんあることが今回の発見。

以前このブログでも書きましたが、白みそ丸餅の雑煮文化圏、瀬戸内海を渡り、淀川、桂川とさかのぼれば、都も近かかったのではとの思いを新たにしました。

とはいえ、讃岐は流刑の地、崇徳上皇などなど。あまり威張るのも見苦しいので、畿内文化圏の辺境の地とわきまえ、あまりこの地でいざこざ起こさないよういたします。

共通語をいくつか挙げると、たいたん、イキリ、いわしたろか、あんじょー、めーぼなどなど。

わが故郷ではイキリはイキっとるとか、イキリマツとかという風に使う。(使っていた)。

いわしたろかは広島弁でいうと、しごうしちゃるでということになろうか。

いわしたろかではなく、イワッしゃげようか(いわし上げようか)とさらにバージョンアップ。でも祖父が人のけんかを形容して使っていたのを聞いたぐらい。今はほぼ絶滅していると思われます。

祖父はたいそう穏やかな人で、人とけんかなどまずしない人だったので、あくまで人の様子を話す場合です。本人が口にすると最上級の恫喝の言葉。


各地の人の暮らしとともにあった方言は、汚く恥ずかしい言葉ではなく、それぞれの土地の風物詩。風景みたいに心癒されるものだと思いますが、最近テレビのインタビューに答える子供は日本全国、どこでもはきはきわかりやすく、しみじみと自分が昔人間になった気がします。

最近立ち上げるとこんな画像が出る。秋らしい。


先日の話を夫にしていると、うちの学校にも、かっこいいやつとそれを悪く言うやつがいたということでした。

なるほど。到底かなわないから難癖つけるとしたら、ちょっとみじめかも。私もその弊に陥っていたかも。

彼の人は、上の学年の男子にも、下の学年の男子にも知られた存在。誉め言葉ではなく、妬みの言葉で語られるのを何度か聞いた。

学年一の美女も30になるかならない頃、事故死したとずいぶん後で聞いた。

あの学校で、大勢の生徒がいて、あんなこと、こんなこと、いろんなことがあった日々からうんと時間がたったけど、あの二人のことも時々思い出して、私なりの供養にしたいと思う。

 

コメント

大野町の山へ登る

2016-11-23 | 山歩き

本日は大野町の山に登りました。

一年前はこちら。http://blog.goo.ne.jp/kawashima134/d/20151103

10:10 大野自然観察村から池を回って登山開始です。

山はすでに初冬の趣。

ツルリンドウ

10:28 尾根に到着。頂上へ行きます。

11:20 頂上到着

廿日市の奥。

廿日市、五日市、広島市方面。

宮島方面

広島湾西側の標高の高い山はシロモジが多い。シロモジもほぼ終わり。

12:49 おむすび岩。

ここでお弁当食べる。おやつは分けあいこ。お弁当は分けない。

本日のおやつ。ミルキー、のど飴、みかん、手作りクッキー、チーズクッキー、干し柿。

いずれもおいしうございました。

コシアブラ

14:00 ベニマンサク湖まで下りてきました。鳥がいます。

遠くて画像不鮮明ですが、オシドリのようです。茶色の地味なのがメス。派手なのがオス。


うす曇りでしたが、暑くなくていい山歩きでした。

山はまあまあの人出。若い人もちらほら。山を歩きながら、歩ける有難さにしみじみとした。気の置けない人と歩くのは楽しい。

今年は四人では一度だけで、残念でした。来年を約して解散。帰宅は15:30頃。

 

コメント

秋深し

2016-11-22 | 日記

「私、孫の写真撮るばかりで一緒の写真が全然ない」と言ったら、夫が孫を抱いているところ撮ってくれました。

よっしゃー!

これで優しくて美人の(自称)おばあちゃんのこと、覚えてくれると思ったのも束の間、息子が後ろから寄ってきたので、こんな写真、お嫁ちゃんが見たらどう思うか。

見せられません。

今度は息子抜きで写してもらおう。


昨日は柿と干し柿が一度に届いた。

母の実家から届いた柿。伯父も従兄もなくなり、今は従弟と従兄の子供で作っているらしい。

伯父は柿農家として、一度、全国ネットの情報番組に出たことがあります。30年くらい前?

月日が過ぎるのが本当に早いこと。

干し柿は織りの教室の時の友達が世話してくれて、毎年おいしいのが食べられます。

一連20個、夫が私に内緒で食べているので、「申請書を作るから、それに日時、食べた動機など記入してね。むしゃくしゃして、寂しくて、何となく、空腹でなど書くように」と言いましたが、用紙作るのがめんどくさいので、中止です。

今日は友人と近くの店で待ち合わせて昼ごはん食べて、そのあと我が家で4時くらいまで話して解散しました。

友人に少し上げたし、明日は夫友人夫婦と山へ行くのでおやつに持っていくし、一連目はほぼなくなりそうです。

あと三連、この時期、人にあげたりして何かと便利な干し柿です。


昨日の水彩モチーフ。左端は実家から20年くらい前にもらった古い滑車。受けました。

こちらは三景園で買ったカリン、ナシと柿は買い足し、松ぼっくりは2年前、フランスのカルカッソンヌ駅前の松並木の下で採集。

枝は我が家のシデコブシ。移植後葉を落とし、再び新芽が出たのに孫息子が気に入らないことがあって全部むしり、枯死しました。春まで待って新芽が出ないの確かめたら抜く予定。

その前に枝数本を絵に描く。

白いナプキンはスペインのレストランから、自分の帽子と間違えて持ち帰ったもの。しっかりしたいい生地で重宝しています。

添乗員さんに申し出たら、記念に持って帰っていいですよ。レストランには電話しておきます。とのことでした。申し訳なかったです。

今日の友達のご主人は中学、高校と同窓生。若いころは添乗のお仕事もされていたそうで、今と違って何かと大変だったことでしょう。

高校でとても目立っていた某君、もう亡くなったと聞かされた。スポーツできて(インターハイとか国体とかそんなの。私は疎いのでよくわからない)、昔なのにドラムたたいてバンドやってて、私大の医学部出て早くに開業して、早くに亡くなって、そんなに急がなくてもよかったのに。

うーむ、やることが派手で、学年一の美人を侍らせていたし、私とは人種が違うので、見るとなんかイラっとしていたのは今思えば冴えない自分への焦りだったのかも。体格がよくて、ちょっと不遜な感じが、昔の日活の映画俳優みたいでしたね。


本日の怖い話。

隣の家のドアに、「犬がうるさい、迷惑」という紙切れがガムテープで貼ってあった。

確かによく吠える犬ではあるけれど、夏など夜中に吠えたりもするけれど、我が家も孫が来て騒ぐし、少々の生活音はお互いさまと気にはならない。

我が家の一角をぐるり取り囲むマンションのどこかの人かもしれない。し、そうでないかもしれないけど、いやな時代になったと思う。

悪意が心の中に留まらずに姿を現した感じ。これもまたトランプ現象ではあるまいか。

いやな時代になりそうで、経済政策もめちゃくちゃやりそうだし、良くも悪くもPax Americanaがほどけて、世界は悪意と混沌の時代にならないといいけど。

ああいやだいやだ、長生きはするもんじゃないけど、長生きして楽しいこともしたいし。

コメント

三瓶山へ紅葉を求めていく

2016-11-20 | 旅行

 

本日は、紅葉を求めて島根県へ遠出です。

浜田道大朝IC降りて、まずは川本町手前、断魚渓へ行きます。

駐車場もいい感じに色づいています。

道路上から見下ろす渓谷。目もくらむ高さ。

遊歩道を谷底まで下りていきます。

着きました。江の川の支流、水量、豊富。

一枚岩の川床。千畳敷。

続いて三瓶山、西の原。定めの松ほか、松の古木があります。

山は今にも雨が降りそうです。

本日、山へは行かず、遊歩道を歩きます。秋深し。

北の原キャンプ場で、持参のお弁当を食べて、山小屋風のサンベバーカーの店でコーヒー飲んで引き返します。

秋、いよいよ深し。

帰りは眠いという夫を助手席に乗せて、私が運転です。道はずっといいのですが、一部工事中や、見通しの悪いところもあります。高速乗ってからは早く帰れます。

帰りに広島市広域公園へ寄ります。

旧市内よりは秋が早いらしく、楓はほぼ終わっています。残念。

いよいよ秋も終わりでしょうか。暖かい一日でした。

道の駅瑞穂で珍しい野菜を買いました。

左から、フェノッキオ、赤大根 トレビスなど。左右のはちぎってサラダなんかにするらしい。

明日、水彩画のモチーフに持っていきますが、さてどんな味がするんでしょうか。

コメント

孫と遊びまくって激しく疲れた

2016-11-19 | 日記

昼前、三人できました。

四月から仕事の傍ら大学にも通うそうで、大変だあ~

親は体に気を付けてとしか言えない。楽な人生はどこにも誰の上にもないけれど、体大切。

五人でご飯食べて、夕方まで滞在。

初めは孫二人とわたしでお姫様ごっこ。お姫様と王子様とお母様(私が代役)で、ベッドで眠るのです。

これは楽な子守だわと思っていたら、すぐに各自、別の遊びに移ります。

外の好きな下の孫。Tシャツの上から私の古いセーター着せました。

昨夜カットした積み木に、二人でアクリル絵の具で色付けしています。

「楽しい?」

「うん、楽しい」

楽しいことを心の栄養にして、大きくなっても生きていくエネルギーにしてもらいたいものです。

やがて私はこの世から退場するけど、私のことずっと憶えていてもらいたいものです。

「**のおばあちゃんちは楽しくない」と言うので

「いいのよ、気を遣わなくても」と言いつつ、あちらでは何して遊んでいるのかなと思う。

でも聞かない。何もかも知っておきたいなんて傲慢。

いろいろ行くところがあって、しかも近いので幸せな子供たちです。

息子たちは夕方帰って行ったので、それから近所に食事に。

店の庭にクリスマスの飾りがきれいだったので、孫に見せたいなと思った。

今度来たら、一緒にご飯に行けるかな。

コメント

宅配夕食

2016-11-18 | クッキング・ランチなど

お姑様に隔日で夕食だけ届けています。

前回はこちら。カップはシチュー。

本日はこちら。唐揚げその他に、紅白なます。

こちら少し前の我が家の一品。

ヨモギは港に近い空き地付近で。薄力粉と片栗粉でからりと揚げてみました。

ついに道端の雑草まで食べるようになったか…と夫に言われましたが、なかなかどうして、香ばしくておいしいですが、姑様に雑草食べさせる不出来な嫁。。。。


きょうは近くのスーパの魚市。イトヨリの大きいのが250円、スルメイカ150円、ヤズ(ハマチのちいさいもの)片身350円と本日も感動の安さ。

ヤズはさばいてもらって、片身の半分を我が家の刺身にしたけど、二人では量が多すぎました。新鮮でとてもおいしかったので、本当はお姑様にも持っていけばよかったのだけど、以前、夫から「お母さんは刺身なんか食べん」と言われているので、やめました。

ほんとかな?年寄りってみんな刺身好きだと思うけど。でもあれこれ言うのも面倒なので、あえて逆らいません。


昨日のソーラーライト、夜中には消えていた。一日中日の当たる家ではないので、十分に蓄電しないのかも。

それで本日はダイソーでライト二つ買い足し。安いし、きれいだし、初めからこちらにすべきでしたね。

本日の夕方。ライト色々できれいになりました。

夜は孫息子の積み木を作るために夫と二人、電動鋸で板や棒、角材をカットしました。

明日は色付けです。頑張ります。

明日息子が二人を連れてくるそうで、念ずれば通ず。息子は車で15分くらいの同じ市内に住んでいるのですが、たぶん7月以来4か月ぶり。

 

 

コメント

川べりの散歩道

2016-11-17 | 日記

午前中、車で三つのホームセンターをめぐって、クリスマスツリー用の木を探す。結局、我が家に近い店で買う。

息子の家の近くまで行ったので、いるかなあと家の前通ったけど、留守のようだった。残念。でもいきなり行くとお嫁ちゃんも嫌だろうから、いなくて幸い。

洗濯物干して、自転車や三輪車があって、ピラカンサスの赤い実がきれいで、ああ、ばあちゃんって哀れなもんだと思いつつ、帰る。

車で京橋川沿いを走っているとき、紅葉がきれいだったので、午後から、途中まで自転車、後は歩いて紅葉を見に行きました。

橋から下流を見る

橋の手すりというよりは、遠くから橋の場所がわかるための飾り。

 

タイワンフウが多い。

桜も。花と紅葉と二度楽しむ。

南大橋わたって吉島公園へ。若いころの四年間、この近くで一人暮らししていた。

南大橋は通学路。

50年前にはもうあった公園。

巨大なヤシの幹にキリ?が着床している。

ユリノキは暑さで葉が傷んだらしい。

公園の奥で子供たちが遊んでいまた。

1969年、入学式の後、学部に分かれてのガイダンスは、当時学生のロックアウトで学内で出来ず、この公園でしていました。

ケヤキたくさん。

息子一家も一年間この近くにいたので、孫たちも遊びに来たかも。

時は流れ、日は過ぎ、気が付けばこの歳ですが、まだまだ楽しいこといっぱいやりたいものです。


ソーラーライトを買いました。昼間、蓄光して暗くなると光ります。

うーむ、ちょっと寒々しい色です。しかしまあ、地味なのが我が家にはふさわしいということで。

 

 

 

コメント (4)

またまたepiloへ行く

2016-11-16 | 日記

連日いいお天気です。紅葉もいよいよ盛り、本日は宮島へ行くつもりで自宅を出ます。

JRはたくさんの人で混んでいました。

宮島口で、いつもの寄り道。

コーヒー500円で休憩。本、読み放題。11時前、誰も来ません。静か。

あかり

ヘデラ

以前はあなごめし「うえの」の蔵だったそうで。

階段。靴脱いでここから上がってきました。

ガラス瓶

明かりと雑誌と椅子。

おもちゃ

おもちゃ

ヘデラ

外へ出て、もう昼前。船に乗って宮島へ行く気はすっかりなくなり、引き返す。

己斐(西広島)で降りて己斐スクエアガーデンへ行くも、目当ての木はなし。残念。パンジー、ビオラがたくさん並べてあった。

広島駅まで帰り、パンと本買って帰宅。人はパンのみにて生くるにあらず。本を読み、ネットをし、つまらないことをいろいろして、喜んだり、笑ったり、腹立てたり、後悔もしつつ生きていく。

何ごともない毎日のありがたさ。

孫のアトピーが治ったので、来なくなった。ああ、詰まらない。とりあえず、体動かさないので太ったようーー


 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

とりあえず

2016-11-15 | 日記

絵を描く。好きな写真選んで描くけれど、風景画用の都合いい景色はなかなかないので、いつも難しい。

柔らかな感じを目指しました。


昨日に引き続き整理。

プレパラートを入れる容器かな。

新旧二つ。

古いのは舅様のなので、たぶん昭和10年代、80年くらい前のもの。いい色に古びたたぶん楢材。

新しいのは底と蓋は合板。古びるにはまだ年数が必要のようで。金具はどちらも真鍮?

ドイツ語かな。何に使うわけでもなく捨てられない。しかも写真撮ってブログにまで上げて、物好きもここに極まれり。


来週はモチーフ当番。さてどうします。

三景園で買ってきたカリン。色が面白い。他花に持っていきますか…


紅葉した枝がほしいところ。近所を歩きます。

アメリカフウ。

ナンキンハゼ。植え込みに生えている。種は小鳥が運んできた?

サルスベリも紅葉する。

ランプ下。

ノブドウ。実はだいぶ落ちている。

うーーーむ、モチーフ、何にしましょうか?

コメント

雨の一日

2016-11-14 | 日記

来週友達が来るので、家の中を見回すと、気になるところばかり。

先日買ったレースのカーテン、丈が長すぎるので、吊るしたままで裾上げ。ついでにもう一か所し始めたけど、一枚でエネルギー切れ。

カップボードの中のガラクタ、あっちへやったりこっちへ移したり。捨てるものがないので、すっきりには程遠い。織りの糸の整理。孫のおもちゃの整理。してもしてもきりがない。

夕方からはお姑様に届けるおかず製作。

本日の宅配夕食。サツマイモ、玉ねぎ、クレソンの味噌汁。餃子とワケギ和え、そのほか。

ワケギは昨日の公民館祭りで買った。季節外れだけとおいしかった。

夜は水彩画。このところ年寄りの車の事故が多いので、きょうは雨の中、重い荷物肩から掛けて、歩いて行った。

桜に気がせかされるように、紅葉にも心が浮き立つのは、年取った証拠かも。

見たい、見たい、日本中の紅葉の名所を見つくしたい…は欲張りだとても、赤い色に季節の移ろいを感じたい。

人はむこうからやって来て、またどこかへ去っていく。繰り返す出会いと別れ。

人生で出会う人はごくわずか。ともに喜び、悲しみ、それでも縁は切れていく。

赤いね、赤いわね。ただそう言うだけ。それでもそれが有難かったのだと、いつの日か気が付く。


 

コメント

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村