ブログ

日々のあれこれ
 

春は一進一退

2016-02-29 | 日記

夕方、友達が来る。

庭で採れた柚子、柚子から作った柚餅子など貰う。

来訪の目的は来月の遊びの相談。まだまだ寒いけど頑張って遊びたいもの。

いつまで今のように動けるかしらと、寂しい話に。いえいえ、私は分からないけど、あなたは大丈夫よと言ってみる。

植物観察の時の友達。会は解散してもう10年くらい、でもいまだに遊んでいる。もう、このままずっと行くんじゃなかろか。

夜は水彩

本日のモチーフ。チューリップは室温ですぐ開いた。

他にはモモとフリージァ、柔らかくて淡い色合い。春はそこまで。

と思っていたけど、外へ出るとこのありさま。。。。

雪化粧

雪は降る、あなたは来ない・・・冷たい雪がただ降るだけ。

春は一進一退で、なかなかやって来ません。春よ来い、早く来い。

コメント

山口県の山に登る

2016-02-28 | 山歩き

本日は、山口県下松市の茶臼山登山。

濃霧で岩国から玖波まで、高速道通行止め。一般道を行くうち・・・・

わおうーーー、巨大な雛人形にたくさんの鯉のぼり。

こちらは寺院風の建物。これは山賊という料理屋さん。確か大竹辺りにも店があったはず。

しかしこのインパクト、一般道は渋滞していたので、退屈しのぎに楽しませていただきました。

ヤレヤレ、徳山東からR2→R188で登山口まで。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-178417.html

本日の山はこちらです。10年以上前、ツアーで参加。割と簡単な山だった記憶があるのですが・・・

道端のPに車入れて歩道橋を渡っていよいよ登山開始。10時出発のはずが、45分遅れです。

 

尾根を一つ越えて、深い谷へ下り、ダムの堤を向こうへ渡ります。ここまででヘロヘロです。

あれ、こんなにきつかったかな・・・と首を傾げる私。

再び、尾根までの急坂を上り、アップダウンを何度か過ぎて見晴らしのいいところへ。

大谷山です。ここまでで約一時間。頂上はまだずっと先です。

霧も晴れて見晴らしがよくなってきました。向こうに笠戸島が見えます。

さらに一時間歩き、何度も頂上と期待してはまた下り坂・・・・

最後の登り。この坂を上りきったら幸せが待っている。座って休み、水、景色、お弁当・・・頑張れ私。

光市方面

登った証拠に。低い山だけど、尾根が長くて積算すると500mくらいは上がったかも。

下松市。空き地は石油化学コンビナートの撤退した跡(と山頂で出会った方に教えてもらう)。ソーラーシステムがぽつんと。

六角形の構造物は石炭の貯蔵施設だそうで。

輸入したのはここから日本全国に運ばれると、これも出会った方の情報。

帰りは反対の道から谷筋の向こう側の道を。こちらは起伏もなく、とても歩きやすくて一時間で下山。

夫の計画では一時間で山頂まで行く筈だったけど、倍もかかった。本尾根ルート、一時間では無理だと思う。というか、大谷ルートはもっと下関側から、川筋を上がるはず。今思えば、初めから間違ってます。

里山はルートたくさん、間違えやすいのです。一番間違うのは登山口ですね。

もうすぐ登山口です。

朝のところまで戻ってきました。やれやれ。


このあと冠梅園へ行けども、駐車場がすべて満杯、上へと誘導され、一山越えたPまで。もう山登りたくないので帰ってきた。数年前、お姑様と三人で行ったときにはお姑様はまだまだ元気だった。そんな話をしながら帰宅。

本日の敗因。大谷口登山口を登らず、とんでもないコースでダムまででヘロヘロ。普段の運動不足を痛感しました。暖かくなるので少しずつ体を動かしましょう。

 

 

 

 

コメント (2)

人形に着物を着せてみる

2016-02-27 | 日記

孫が人形を持ってきたので、紐の位置を決めて完成です。

紐付けの飾りは麻の葉にしたかったけど、面倒なので省略。

帯なしで、紐で結ぶだけ。簡単で着物もしっかりとして着崩れない。

次は靴作って

どんなの?

バレーする靴で後ろが(前が?)こんななってるの(と、指で空中に×を描く)、で、色はピンクだそうです。

難しいなあ~次々難題が・・・・

コメント

風景画を描く

2016-02-26 | 水彩画

モチーフ担当の会員さんが、どこか田舎・・・たぶん東広島で撮ってきた写真を貰って描きました。この地方独特の赤瓦です。

電柱、車、人、送電塔などはすべて省略。

毎週一枚描こうと思うととても追われる。家で描くしかない。連続3時間の時間というのはなかなか取れないものです。

今回の絵の反省。木が目立ってしまった。濃く塗るとなかなか戻せない。透明水彩なので、初めは薄く。でもつい塗りすぎましたね。

反省なくして進歩なし。うんと失敗して、うんと反省して、皆さんの前で先生にしっかり批評していただき、次への糧といたしましょう。

2日前、ヤフオク覗いていたら、とても顔のいい内裏雛が出ていたので、ついクリック。すぐに高値更新するかと思いきや、入札は私だけ。さてどうする?

内裏雛は全然高くないけど、もし我が家に来たら、家の中、街並み雛巡りになりそう。さて、どうする?

夫曰く、「いらんもんヤフオクで売りんさい」。先日あるDVDセット、かなり高値で売れた。次は何売ろうかな・・・・

こちら先日落札した雛人形。髪は孫が遊んで、もうかなり乱れています。

コメント

日本伝統工芸展に行く

2016-02-25 | 日記

来月13日まで、県立美術館で。

平日、午前中だけど、人はまあまあ。

機織りと絵付けの参考になりそうな作品、忘れないうちに美術館内でメモして帰った。

つづれ織りの帯と、ツバキの柄の大鉢です。

伝統工芸とは何か、用の中の究極の美と技。気の遠くなる修練と、伝統を引き継ぎつつ、今の時代の感性を生かした意匠。

使えるものという強固な縛りのかかる工芸の世界、何よりも厳しい修練。

結果生まれるエッヂの立った作品の数々。見ると、なんか心の落ち着く私。

先日友人に「伝統工芸展だけは着物着て行く」と豪語した私。でも今朝、税理士事務所に資料届けたあと思いついて、美術館も周りました。

車は縮景園の平面駐車場へ入れる。縮景園は無料なので、ちょこっと見学して隣の美術館に。

着物ではなく、登山帽にダウンジャケット、ジャケットの下はテキトー、ジーパンに全天候型リーボックスニーカー。何という格好だあーーーこのまま登山できてしまう。

世の中すべて、ドレスダウン、寝て起きて外出、すべて一つの衣装で済ませる日が来るかも。(三男は高校時代、やってましたね。制服のない学校、パジャマの脱ぎ気が面倒とかで、風呂のあとでだけ全部着替える。あとは同じ服で済ませる・・・今は会社勤め、そうも行かないでしょうが)

長話陳謝。ついでにこちらも。

収蔵作品による企画展。

絶景かなが面白かった。河合玉堂、児玉希望、小林和作、マグリットにダリまである。

ダリの作品、ビーナスの夢本物です。

http://www.jtb.co.jp/kokunai_guide/promotion/bra_art/index2.asp

こちらは人が全然いなくて静かに鑑賞できました。

主な絵には観賞用にリーフレットあり。分けても好きな絵。

そう、伸び伸びと、伸び伸びと描けばいいんだと励まされる私。

福山の山だそうですが、あの山の頂に登ってみたいものであります。


 

午後から夫が姑様連れて、近所へ買い物。途中電話があったので、急いで知らせに行き、ついでに交替してお供する。

買うのは紙オシメ。去年の入院時には紙オシメしないので、一日に何度も間に合わず、洗濯もののお世話が大変だった。

オシメにしてほしいと夫と義妹にお願いしたら、いつのころからか替えたらしい。でも買うときはいつも恥ずかしそうにする。そりゃそうだ。その羞恥心こそが生きている証。

愚痴も嫌味も言わず、口を開けば感謝の言葉。うーーーん、不出来な嫁はなかなか見習えません。


追記として

本日、隣地との境、測量。50年近く前に我が家の土地を舅様が買った時、隣人に境のブロック塀を境界線の上に築くことを許可。

今の時代はそんなことしないので、今の塀は壊し、改めてこちら側に塀をつきなおすことにした。

舅様は21年前に他界。隣地も持ち主が何度か変わり、今の地主は筋を立てて連絡したら、すんなり了承してくれたとのこと。よかったーーー

すすけた高いブロック塀を取り払って、軽快なフェンスにするんだあ~

ついでに庭も変えよう。サザンカはもう飽きた。濃いピンクの花が散るところが嫌い。

お金かかるけど、最後は自分の好きな庭見て過ごしたい。

コメント

人物画を仕上げた

2016-02-24 | 水彩画

午前中、三時間かかった。

mandorinを持つ少女

頭から描きはじめたら靴が納まらなくなったので小さく描いた。

人物はめったに描かないのでいろいろ勉強になった。形、色、バランス、花や果物、野菜よりずっと複雑。

顔が難しい。肌色のいろいろ、パーツの配置など。

元の写真。脚は黒いタイツだけど、肌色にした。

みずみずしいふくらはぎは若さの象徴。春を待つ少女。

コメント

少しずつ、春の兆し

2016-02-23 | 日記

今日は午後から友達の家に行き、二時間半話をして帰る。

色々面白い話も聞いたけど、ここでは書けない。残念。

人に歴史あり、皆それぞれ違う人生を歩んできたけれど、今となれば平穏なのが何よりの幸せというところに落ち着く。

これがもう少ししたら、どこも痛いところがなくて、体が思うように動くことに感謝するんだろうけど。

巾着たくさん縫っていて、お土産に一つ貰ってきた。

絞りがかわゆい~ 私も布の残りでたくさん作ろうっと。


 

昨日のサークルは人物。

15分ずつ6回。微動だにしない。さすがプロ。で、終わったら歩いて帰っていた。

あっ、動くんだあ・・・

面白いモチーフだったけど、昨日はまたまた隣の人とお喋りしてはかどらず。

きょうは友達の家に遊びに行って、描かず。明日こそは・・・と思いつつ、今日も終わりそう。

コメント

人形の着物、ほぼ完成

2016-02-22 | 日記

先週金曜日から縫い始めた人形の着物、本日夕方、ほぼ完成。

帯ではなく、衿先に紐をつけて後ろで蝶結びにする予定。その方がしっかりして着崩れない。

人間に比べてバランスが変ですが、腰揚げと肩揚げで体に合わせ、紐付け位置もその時確認予定。

人形は今、孫娘が家に持って帰っているので、次に持って来た時、最終調整予定。


きょうは姑様の買い物に一時間付き合って、縫い物は一時間だけ中断。

先日、夫に買い物用の手押し車勧めてもらったけど、「どうしても嫌」とのことで、本日も徒歩でお供。

なるだけ歩かせるとの夫の考えなので、私が押す自転車のハンドルにつかまってもらって店まで。

「私はゆっくり歩くんでいいんだけど、**さんは大丈夫?」

いえいえ、私も付き合ってゆっくり歩きます。国会の牛歩戦術みたいに歩くので、すぐ近くの店だけど、行くまでが一仕事。

帰りは荷物の一部を前かごに乗せ、いちばん重いのは姑様が自分で背負って、ハンドルにつかまって歩く。でも、途中で、一度転びそうになり、ひやりとした。

家に辿り着いても、ビルの四階、エレベーターなしが姑様の住む場所。重いリュック背負って、一段ずつ上がる。持ちますと言っても嫌がる。

お義母様、一人でできることは一人で、そのお気持ちは尊いけど、階段を後ろ向きに落ちたらどうします?取り返しのつかないことになったら・・・と、私は気が気でない。

買い物のお供は夫の仕事のはずだけど、きょうは夫は昼休みに用事があるので私が行くことになった。

本当は歩いて行きたくない。車で行くか、手押し車を押してもらって私が補助。それなら気が楽。今の方法では、転んだとき、何かあったとき、本当に申し訳ないので。

愚痴を一切言わない姑様なので、偉いなあと思う。来月93歳、出来るだけ家で、思うように幸せに過ごしてほしいと思う。

コメント (2)

倉敷の雛めぐり

2016-02-21 | 旅行

倉敷へ行きます。

商店街に大きな人形

男雛

たばこや兼玩具店

糸雛

紙雛

売りものらしい

通りから庭に入り、

路地に出ると蝋梅一本

家と蔵

アセビ

大原美術館の別館 袋帯に丸帯地

市松人形

市松人形

雛、いろいろ

庭先の雛

鶴形山の倉敷八十八カ所

阿智神社参道

沈丁花

美観地区を見下ろす

阿智神社の会場。こちらは観光客はあまりいない。

広間

勢揃い

豪華

高砂とかぐや姫

観龍寺横の参道

冬晴れ

食堂

チボリ公園時代からのからくり時計。

ローテンブルク、広島そごう・・・

アウトレットパークへ戻る。なにも買わず、うどん食べてコーヒー飲む。

16:30倉敷発、19:00前、広島着。

今日は夫が留守なので、一人で出かけました。寒い予報が外れ、とても暖かい春を感じる一日でした。

 

 

コメント

雨の土曜日

2016-02-20 | 日記

午前中、実母より電話あり。元気いっぱい、いつも前向き。来月90歳。長生きしてほしいものです。

30分くらい話して、引き続き、着物製作です。

 

吹き綿(字はこれでOK?)を入れて、紅絹裏を綴じて、上端は腰揚に回収予定。一応、訪問着っぽく柄合わせしてみました。ずれてるけど。

襟をくけます。

和裁経験は半世紀前、家庭科の浴衣のみ。縫い方めちゃくちゃですが、頑張ってます。

そこへ息子と孫二人が来たので中断。

息子と話し、孫と遊び、雨の土曜日、楽しく過ごしました。

「かわいい~」ドレスは気に入ってもらえました。

夜寝るときは、ドレスからパジャマに着かえるそうです。

「頭のリボンは取らないけどね」

本日のティアラ。私の持っていた薄い布をベールにして、「結婚式みたい」と喜んでいます。

ほんとの結婚式にも呼んでもらいたいもの。待ってるよ。

「今度はベッド作って」と絵を描きました。

これはおじいちゃん担当ですね。けど絵を見たおじいちゃんは、のけぞっていました。

この子の一生を見届けることはできないけど、たくさんの人に愛され、たくさんの愛する人を持ち、幸せな一生を送ってもらいたいものです。

自分の死後のことまで考えるのが年寄の証拠。


夕方から紙屋町まで出かける。土曜の夕方、一人で出かけることは皆無。市電の中は、近くのホテルの会議後、繁華街へ繰り出すサラリーマンらしい人でいっぱい。

四国の人が多いらしく、広島のことをあれこれ話している。よそからの人が来ていると、何となく都会。

日暮れ時の平和大通りは、冬枯れの木々のシルエットと、高層ビルやホテル、墨絵のような沈んだ色調にちらら明かりが灯り始め、とてもきれいだった。

本通りで降りて地下街を行く。シャンソンが流れている。いつの間にかショップの商品も春ものになり、軽快なコートがたくさん並んでいた。

シェルブールの雨傘・・・長い間、聞いたことがなかった。あの女優さんはもうなくなったのかな。

用事を済ませて、パンを買ってお菓子を買って、そごうの中を歩くうち、少しだけ、若い時の気分を思い出した。

心配事はいつの時にも絶えないけど、自分の心と体の健康第一。死ぬまでは元気に生きて行こう。

地元は雨あがっていたのに、そごうまで行くと小雨。広島市の田舎者は、いろいろと面白い体験をしたのでした。

コメント (2)

人形の着物、製作中

2016-02-19 | 日記

先日ドレスを頼まれたおまけに、頼まれてないけど、着物、縫ってます。

全て手縫い。袖は作ってから身頃に着けると思うけど、自己流で、袖下は最後に縫い合わせる予定。

紅絹裏を見えるところだけにつけて、裏地風にしたけど、あっさり総裏の方がやりやすいのかも。

いい柄がなくて、地味だけど、生地はしっかりしている。地紋入り、飛び絞りの羽織。リサイクル品、500円だったかな。全然着ていなかった。羽織ってたいていそうですよね。

途中までしたら、ものすごく肩が凝るので、今夜は中止。残りは明日以降に。

もう縫い物はこれきりにしたい。とても疲れる。歳ですね。

今朝は姑様のお供で病院に。昼前、新しいチャリンコ買い、そのチャリンコで、友達の織り工房へ遊びに行った。

昼夜織りの柄が出てこないと思案している所で、一緒に考えても分からないので、とりあえずお茶にお菓子にお喋りして帰ってきた。

午後四時から始めた縫い物、いつ完成するかは未定。

コメント

友人来宅

2016-02-18 | 日記

きょうは友人が来た。2年くらい前に知り合い、お互い織りをすることが分かって、今日初めて、我が家へ織り機を見に来た。

あいにく部屋は雛人形で狭くなっているけど、そこはそれ、同好の士同士、いろいろ話をした。

彼女は二枚綜絖と四枚綜絖の二つの織り機持ってるけど、平織しかしないので、今度組織織りを私が教えることになった。おやまあ、えらそげに。教えられるかな。まあ、頑張ってみよう。

お茶飲んで、

雛人形も見て

お菓子もいただいて、きょうは終わった。夜は夫が外出したので、近所のコンビニでおにぎり一個買い、家にあるものを食べて済ませた。

これから月曜まで、毎夜、夫は会合などでご飯が要らないという至福の期間。ワクワク。

 

コメント

人形のドレスを縫った

2016-02-17 | 日記

孫娘に頼まれて、人形のドレスを縫いました。

孫娘の描いたデザイン画。ギャザーいっぱいの長いスカート、前身頃に4つのリボン、頭にもリボン、袖はこんなのと言いつつ、自分の着ている服のパフスリーブを指さす。

本日午後1時スタート、二時間くらいで終わるはずが、夕方までかかり、夜はリボンをつけたりと、とても時間がかかった。袖ぐりとか小さいので難しかった。

針に糸を通すのがとても疲れた。もう歳ですね。

生地は、若い頃の紬の端切。やっと日の目を見ました。喜んでくれるかな。

コメント (2)

これは素晴らしい、豪華にして高貴なひな人形

2016-02-16 | 日記

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n166717282

素晴らしいですね。このクラスになると、衣装も一枚ずつ縫って仕上げるに違いない。

大変な手間かかってます。で、人間と違って、人形の衣装は金襴など使っているのでぶ厚くなり、上へ行くほど大きくしないときれいな着姿にならない。

人間の着姿はこちら。

こちらはほぼ上も下も、同寸法でよさそう。

五年前の三月、京都で十二単着せてもらいました。着物は重いけど、最後に裳の紐で重みを受け止め、硬い帯はないので案外楽でした。

何事も体験しないと分かりません。


300万円の人形、技術を持つ人の仕事なら、日当換算してもそう高くはないはず。それに流通経費上乗せ。

さらにそれから半額で販売って・・・雛人形って値切ればいいのかな。仏壇みたいに。

で、飾り付けに6時間、二回しか飾ってなくて、もう手放したい。お金もかかるが時間もかかる。究極の贅沢。

ネットで探しても、雛人形、手放したい、引き取ってもらいたいという話ばかり。

拙宅はまだ置く余裕があるので、街並み雛巡りみたいにしたい。お近くの方で不要な雛人形あればコメント欄から連絡ください。取りに伺いますって・・・そうは言ってもなかなか手放せられないのが子供の節句飾りいろいろ。

人形は子供の身代わりに厄が付いていると嫌う人もいるので、あまりたくさん人形並べるのも気持ち悪いかな。

でも新しいのは高価だし、我が家には不要だし・・・と今日もいろいろ考えるのでした。

 

コメント

水彩画を描いた

2016-02-15 | 水彩画

画材は左からナノハナ、サツマイモ、キュウリ、タマネギ、フキノトウ。フキノトウが難しかった。形になっていません。

午前中から始めて、途中電話があったりして、終わったのが午後4時。それからお姑様のお供で買い物に行き、一時間経過。

ご飯作っていたら水彩のサークルに遅れそうになったが、買い物のお供は夫の役目なので、悪いと思ったのか車で送ってくれて助かった。

新しい車、運転しにくい。なかなか慣れない。もう運転も止めたい気分。

コメント

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村