ブログ

日々のあれこれ
 

二葉山を描いて、駅北散歩

2019-12-13 | 絵と山歩き

さて、毎日家にいたら体がなまりそうで、きょうは午前中から出かけることにしました。

広島駅新幹線口から、二葉山と仏舎利塔が見えます。

戦争中は高射砲の陣地があったそうです。

緑の森は、日本有数、シリブカガシの群落だそうです。

紅葉している木もあります。

最近の私、どこへ出かけるのも絵の道具持参です。あそこを描いてみましょう。

出来ました。

赤いバスは市内観光の乗り合いバス。

旧国鉄の広い土地が今は高層ビル群に。

駅もきれいになりましたが、続いて駅ビルの工事が始まるそうで。

完成まで元気でいたいものです。

複合ビル、エキキターレの先は、高速道路の工事中。

二葉山はトンネルになりますが、硬い岩盤で工事は遅れているそうです。

また、シリブカガシの群落に影響が出ないか、心配されています。

いつに間にかシリブカ公園というのができていました。歯科医師会館の裏手です。


さらに行くと広島東照宮が。ここなら見憶えあります。神社の左隣は、神社の土地のようですが放置されていて、いい感じに森になっています。

いきなりのモチノキ。庭木にするクロガネモチの原種?

実はまばらにつきます。葉は長くて大きい。

振り返ると駅裏のビル群が。

この付近は広島市の保安林。保水の役目もしているのでしょうか。

照葉樹を中心にした雑木林に心癒されます。

新幹線口から10分歩いてこの眺め。山に取り囲まれたデルタの都市なればこそ。

突き当りは草に埋もれた小さな祠。

なぜ放置されたかは不明。

セイタカアワダチソウ、クサギ、ススキに柑橘類まで。

古い狛犬とクサギ、ササなど。自然がいっぱい。

イヌビワにハゼノキ。冬の日だまり散歩。


続いて広島東照宮裏の金光稲荷神社へ。

山の稜線まで社が次々とあります。

山中にタラヨウあり。神社仏閣によく植えられるので、古い時代に植えられたのかもしれない。

おおらかな木で、葉も実も大きく好きな木です。

葉の裏に傷をつけて時間が経つと一層くっきりするので、昔は葉書代わりに使われていたようです。と言うか葉書の語源かもしれませんね。

広島東郵便局の前に何本か植わっていたけど、街中で木が弱っっていた。今も元気でしょうか。

シリブカガシ。葉は大きめで艶があり、真冬も元気。

赤いのは鳥居の脚。

シリブカガシのドングリ。

お尻が凹んでいるのが名前の由来。

木の先の方にこんな感じでドングリが付きます。

よく見られるアラカシより二回りくらい実が大きい。

シリブカガシの群落と鳥居。

稜線まで祠が連続しています。

三男が小学生のころ、連れて来たことがあります。

そのあとは観察会で何度も。

市街地に近い自然林です。

帰ります。

きょうは日差しが柔らかくて暑いくらいのいいお天気です。

車道脇にシリブカガシの実がたくさん落ちています。

あく抜きせずに食べられる貴重なドングリ。試しに一個食べました。

ヘーゼルナッツのような香り、さっぱりとした木の実の味。

フライパンで煎って、パンに入れて焼いたらおいしいかも。面倒なのでしないけど。

まあ、そのままかじっておいしい。今度、採りに行きましょう。


続いて光町山根公園へ。

サクラガ咲いています。

狂い咲きではなくて、今の時期に咲くヒマラヤザクラ。

木は三本あります。

師走の桜、不思議な眺め。

絵はこちら。

いゃあ、まだまだ。

手前のJRの看板が余計でしたね。

失敗は次に生かすと経験になるそうで。

経験にまでならない失敗の連続、それが我が人生かもしれません。


まだまだ暖かい師走、用事は手早く済ませて、なるだけ体を動かしたいものです。

コメント

宮島で絵を描く

2019-12-04 | 絵と山歩き

いいお天気です。宮島へ行って絵を描きましょう。

うーーん、とりあえず多宝塔まで行ってみましょう。そしてさらに西の旅館へ向かう途中・・・

指導票、充実。イヌガシはカシではなくてクスノキ。
 
ハイノキは南方系の木。

コバノミツバツツジ。秋色。

人のいない公園から多宝塔が正面に見えます。

必殺、超高速冬のスケッチ。10分くらいで仕上げて、本日のミッション完了。

大元公園。

冬晴れ。

モミが多くて紅葉もゆっくりと。

落葉多数。

花札的。

ロープウェイ乗り場へのシャトルバス。

紅葉谷。横は旅館岩惣。岩惣の昔の経営者が宮島にモミジの木を植えたそうです。それまではウリハダカエデなどが主流だったらしい。

見頃を過ぎて人は少なめ。

帰ります。

町屋通りから。本日定休日の店多し。

立派な休憩所ができていた。企業の社会還元。

雑貨屋。

素敵な看板。


船で再び宮島口へ。遅い食事します。海のよく見えるレストラン、のはずが。。。

巨大な建造物が目の前に。

聞けば新しいターミナルができるそうです。近年、観光客が増え、雨の日など待つ場所もない状態なのでゆっくり船を待ったり、買い物したり。

海は少しだけ見えます。

一年ぶりの宮島は新しい店もできて、日進月歩。今日は人が少なくて楽に歩けました。絵も描けたし、いい一日でした。

コメント

下高山で絵を描く

2018-03-18 | 絵と山歩き

えー、本日よりカテゴリーを追加。山へ行って絵を描く「絵と山歩き」です。

よろしくお願いします。

まず島へ渡ります。フェリーが来ました。

海上20分、向こうにみえる島です。

近付いてきました。山は安芸の小富士、島は似島。曇り気味で肌寒いです。

迷路のような島の狭い道を、似島学園方面へ行きます。

戦時中は軍の検疫所がありました。本土上陸前に、復員した兵士の検疫などをしたそうです。

学園まで行かずに途中から山道へ。オリエンテーリングの問題発見。うーーーむ????

島、海、ミカン畑、島の春。

花の盛り。

右へ。

下高山山頂。208m、低いけど、見晴らしよし。港からは歩いて70分くらい。

案内板

安芸の小富士と広島市方面。

坂方面。

向こう、宮島。

コバノミツバツツジ。

元美術部長。油絵の筆で水彩画、描いてる( ゚Д゚)

描きにくくない?

必殺!!速描き水彩画。こちら水彩画用の筆で。黒い実はオオバヤシャブシ。

毎度おなじみ、必殺!!手抜き弁当。製作時間約10分。

帰り道で、ミカン畑を描くことにしました。

今度はパステルで描いています。

どれどれ。似た色を出すのがめんどくさいそうで。

こちら10分くらいで描く。じっくり描くのが苦手。屋外ではなんでもチャッチャと。


本日の作品。

江田島を描く。

ミカン畑。水が濁り、ミカンも緑に。こちらも10分以内で仕上げる。


このあと友達の家へ。6人の昔の少女たち集まる。

楽しく話して夕方解散。持ち寄りの御馳走一杯いただいて、夜は料理せずに済んだ。

とっても楽しい一日でした。山へ一緒に行った夫、楽しく話した友達に感謝。

 

コメント (2)

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村