ブログ

日々のあれこれ
 

京橋川、川べり散歩

2018-02-28 | 日記

この数日、暖かくて過ごしやすい。

夫が忙しくて病院行けないので、代わりに私がチャリンコで。足りないものを向かいのホームセンターで調達した後、自転車は病院に置かせてもらって、京橋川河畔を歩きます。

リュックには絵の道具一式入れて、スケッチできる場所を探します。

お天気、下り坂。今は引き潮。水ぬるむ春はそこまで。

空を映す川。R2平野橋の上から。

比治山橋たもと。最近少なくなった仕出し屋発見。各種会席膳など。

川面に映る比治山をイメージしていたけど、ビル描くのがメンド―_| ̄|○

木は好きですが、指導に来られる先生によると、遠近のある風景は難しいそうで。

わざとらしくなるので、私も好みでありません。

空模様おかしくなりました。雨が降りそうです。あちら広島駅方向。もう帰ります。

やれやれ、毎日スケッチと自分に課したけど、わずか二日で挫折。

理由、人が多い、雨が降るなど。

月曜日は風が吹いたけど、何とか仕上げた。その絵はいずれまた。

これは比治山橋袂に以前からある石柱。大正10年にできたらしい。百年くらい前ですね。

広電と土手町の坂本常蔵(故人なので敬称略)が寄贈。

広電電車は御幸橋が終点の頃でしょうか。

南下して御幸橋渡れば電車で広島城にあった、西練兵場、第五師団方面へ行けるという意味でしょうか。

今の宇品の電車通りは戦時中にできたらしい。それまでは宇品御幸通りがメインの通りで、突き当りが御幸松。明治天皇お手植えの松も何代目かになり、今は広島南道路ができて消滅したと思います。

御幸松はなくなったけど、今も御幸松ポンプ場にその名前を残しています。干拓地の水はけのため、広島デルタには南端のあちこちにポンプ場があります。

字は欠けたのを修復したのでしょうか。

南側。右へ行くと何かの本門、そして丹那橋。

何かとは今の安芸幼稚園の場所にあった陸軍通信隊?

それとも一部が残って日通出汐倉庫と呼ばれている、陸軍被服廠?

軍の施設なので、今はどちらも存在せず。それで削ったのでしょう。

御便殿というのは、日清戦争当時、広島に来ていた明治天皇が滞在した建物で、それを比治山の上に移築し、神社みたいにして拝んでいたそうです。

場所は今のまんが図書館前の広場。

建物は原爆で倒壊、再建されることなく、まんが図書館ができるまでずっと御便殿あとと呼ばれていました。

安芸幼稚園に通った息子たちの遠足も、先ずは歩いて行ける御便殿あとで。当時は何もない場所でした。

 


雨が降り始めました。

通りかかった店で、フリマ中。場所はR2と5番線広電電車の考査する場所。日産ショールーム南側。

いろんなもの売ってます。ネックレスは手作り作家のもの。

ウィスキーの小瓶はおまけ。飾ってもいいし、飲んでもいいし。ということでしたが、もちろん飲みますとも。小さな瓶は海外旅行で液体物入れるのに便利。いつか行ける日まで取っておきます。

今朝、世界街歩きでシチリア島やっていた。行きたくなったようーーーーきょう旅行会社のパンフが来たし。

ルフトハンザでフランクフルト乗り継ぎローマへ。ここまではルフトハンザのはず。乗り継ぎでスーツケース出てきたら洒落にならん。特に私のような一人旅の場合は。翌日ローマからシチリア島のパレルモ空港へ。。。。

この行きたい気持ち、大切にとっておこう。

2015年、フランス南西部を旅行していた時、マフィア、マフィアと自分のことをそういうシチリアからの男性と話しました。ふふふ、マフィアには見えませんでしたけど。ただの陽気なイタリア人~

シチリア島にはああいう愉快な人がたくさんいるのでしょうか。


姑様は「リハビリしても、また何もないところで手放しで歩けるかしら」と心配していますが、病院側の話ではまずは転倒骨折以前の状態に近づけるのが目標…とのことでした。

コメント

暖かくて忙しい一日

2018-02-27 | 日記

午前中、車運転して伝統工芸展と縮景園へ行く。

今年も素晴らしい手わざの数々、見られてよかった。この中で一点貰えるとしたらどれがいい?と考えながら見ると楽しかった。

全然知らない人が、染めと織りはどう違うのかというので教えてあげていたら、係員から静かにするようにと注意された。

帯で、オーバーショット織りを感じさせるのがあったので、糸をどんなふうに通し、どんな風に踏むのかなと考えた。考えても分からないけど。

常設展も見ごたえあり。特に、南薫造の水彩画に惹かれた。そしてダリの「ヴィーナスの夢」も。

いつだったか、購入したはず。スペインまで行かなくても、広島にもダリがありますよ。

そのあと縮景園へ。

スケッチしようと思ったけど、人が多く、私が人の邪魔になるので途中で中断。

梅のいい匂いがかすかにして、いよいよ春。


うっかりと長くとめて駐車代金がかなりの額。びっくり。一人の時は電車か、自転車に限ります。反省。

一度家に帰り、昼食後は銀行とお姑様の病院へ。

帰宅後は春の同窓会旅行の計画を練る。4月初め。何はともあれ、その日に姑様が転倒しませんように。

コメント

白梅と菊を描く

2018-02-26 | 水彩画

本日、30分ほどで描いた絵。

先生の講評を受けるために縦に置いたら、バックの色が流れた!!

でも期せずしてバックの処理ができたので、楽だった。

これ以上いじらない。

終わって本日のモチーフの一部、貰いました。

梅は初め硬いつぼみ、暖房の部屋で瞬く間に開きました。

モチーフ、自分が当番のときには何にしようか悩みますが、餅と麩でどうかと同居人が言います。

後で食べられるからいいけど、色彩に乏しいので却下。

そのほかに今日はサークルでいろいろあって、気疲れしました。

来るものは拒まず、去るものは追わず。私が公民館でサークル主催している時はそう思ってやっていました。

もう名前も忘れたあの人この人、世の中はいろいろな人がいるから面白い。いろいろな人がいるから自分の立ち位置もわかる。自分の作品がどんなものかもわかる。

何歳になっても、他者から学ぶ姿勢は大切と思う今日この頃。

コメント

倉敷で倉を描く

2018-02-25 | 水彩画

アウトレットモール往復のツアーバスで倉敷まで。

服もバッグももういらない。ただ街をフラフラと徘徊したい。

しかし、ただ徘徊するだけではただの徘徊老人。今回はスケッチブックと携帯用水彩絵の道具持参で、スケッチすることにしました。

えびす通り商店街を抜けて鶴形山へ登りかけたところ。お寺と蔵。

立ってスケッチ。色付けはしゃがんで。

できた絵。その間約10分。必殺!早描き風景画!!

道具はリュックで運んだので全然重くなかった。

外で絵描くなんて何十年ぶり?

恥ずかしいかなと心配だったけど、これが全然恥ずかしくない。

一体どうしたことでしょう?

これが老人力?

年取るって、気持ちが楽になるんだなあとしみじみと思った。

ばあちゃんが下手な絵を描こうが描くまいが、北朝鮮はやっぱり不穏だし、トランプはますますあんなだし、私も世界の中のちいさなピースとして、ここでこんなことしながら、この世にいてもいいでしょうか?

続いてこちらです。

ツイン蔵。何かのお店になっているのかも。形が面白いなあと、こちらも立ってスケッチ、しゃがんで彩色。

蔵が好きだと今日気が付いた。

軒が浅くて屋根の裏側描かなくていい。屋根のカーブも描かなくていいので楽。

途中で水こぼしてしまって、完成は断念。家に帰ってから仕上げる。

屋外で気合いで描いた方が絵が面白いって、今日初めてわかった。

屋内で座って描いた絵はおとなしくて臨場感がなく、面白みのない絵になっています。

でも、きょうは本当に楽しかった。

ちょっとしたことの中にも楽しさを見つけて、しっかり味わおうとする自分がいる。

この先元気で活動できるのは何年あるか分からないけど、老人は一日たりとも無駄にしてはいけないと貝原益軒先生も言っております。

これからは山へ行く格好で、リュックに画材を入れ、どこででも絵を描く。その格好ではデパートなどへも寄れないので、いらん服も買わずに済む。健康によし、お財布に優しい、といいことだらけ。

姑様はどんな状態で退院するか分からないけど、しばらくはしばしの休息を楽しみます。

帰宅してみると夫の曰く、

きょう(姑様のところへ)行ったら、賢そうな顔でご飯食べてたですと…(* ̄- ̄)ふ~ん

コメント

スケッチ日帰り旅行へ

2018-02-25 | 日記
高速バスで倉敷に向かってます。お天気イマイチ、いい絵が描けるでしょうか?
コメント

現代美術館へ行く

2018-02-24 | 日記

本日、薄日もさしてだいぶ暖かくなりました。

昼前、姑様のところへ寄ってから、比治山の上の現代美術館へ行きます。

糸がテーマ。伝統的な織物から、糸や布で表現する現代美術まで、表現法はいろいろ。

わざわざ来るのでおひとり様多し。外国人もたまに。建物は前衛的。山の地形を利用しています。

屋外展示。

ムーアの広場。

復興とかを考える場所。

京橋川。比治山公園。多門院。

多門院は被爆の日、一日だけ臨時の県庁になった。と思う。うろ覚えですみません。


美術館の周りは照葉樹が多い。

何?としばし考える。

カクレミノの老木。古い木は葉の切れ込みがなくなる。

ヤブツバキ

シロダモ

ヤブニッケイ

アラカシ

繁茂し立ち上がるテイカカズラ

葉も美しいサネカズラ。上二つはマント植物。人間で言うとマフラーみたいなもの。

全体で森の環境を形成。自然には何一つ不要なものはありませぬ。

人間の世界もまたそうですよね。夫は最近、自分の老後をよく考えるそうです。

この世に起きることすべて、無駄なものは一つもなし。

すべからく大いなるものの意思と心得、たまには休みながら頑張りましょう。

何でしょう。名前が出てこない。マテバシイかな?

クロキ。

比治山の西側、爆心地に向かう方は照葉樹の森。反対側は焼けなかったので、シイ、カシなどのうっそうとした森、もしかしたら極相林になっています。

被爆後70年以上たってもその差は歴然。環境破壊の凄まじさを感じます。


今日は、病院でたまたま私を見かけた看護師さん(師長さん?)に呼び止められ、退院後のことについて話をした。

最近の様子を聞き、在宅でどこまで看られるか、私も心配。誰かがつきっきりで介護となると、誰がするかという話になるわけで。まだそこのところ、夫きょうだいでは全然話し合ってないようで。

介護保険のない時代には、家族=長男の嫁が全部看るか、施設に丸投げかですね。今はそのほかにもいろいろオプションがあると、今日教えてもらった。

実家の母の場合、祖母が43年前お正月明け、自宅で脳梗塞を起こして寝たきりになり、その年の9月、施設に預けるまでの9か月のお世話。いい紙オシメもない時代、大変だったようだが、今思うと短い期間。でもその只中にいる時には先の見えない毎日だったことと思う。

私は結婚してこちらにいたので、詳しくは知らないが、何か、やっとあの頃の母の気持ちが分かる気がする。

コメント

オーバーショット織り、通し方と織り方

2018-02-23 | 機織り

昨日10:30、出来上がり。

350cmかけて、280cm織れました。

ハサミで男巻側の際をカット。

手前の女巻きも切って、水洗い、糊付け、乾かします。

あとはアイロンかけて縁の仕上げ。


今回は経糸を同じ通し方、緯糸の踏み順を替えていろいろな柄にしてみました。面白い経験でした。

通し方は綜絖の手前から1234と考えて次の通りです。

左←4 3214 3214 3432 3212 2 2123 2343 4123 4123 →右

白抜きの4と2で左右対称に通します。

34本で一模様。あとはこれを繰り返します。完全に左右対称にしたい場合は通し終わりの左端の4は省略すればいいと思います。

私は2模様半で通したので左右不対象。反省しています。


続いて踏み方です。

私の織り機のタイアップは上の通りです。左右に平織のタイアップがあります。

あなた様の織り機と照らし合わせて、同じタイアップのところの番号に読み替えてください。

例えば、あなた様の織り機で左端に向こう二枚の綜絖のタイアップがあり、右から1,2,3,4と番号つけているのであれば、私の踏み方1をあなた様の踏み方4と考えます。

すみません、えらそげで。

教室では丁寧に教えてもらえず、苦労したので、なにかの参考にしていただければ幸いです。織りの組織図は基礎が分かればあとは簡単。自分の織り機で織れるかどうかも見てすぐわかります。

初めにこの二枚を織りました。

下からこのように踏みました。

1324 1324 1133 222  3311 4231 4231

白抜きの2が中心です。

先生から頂いた織り見本は4弁の花びらのようでしたが、緯糸が細すぎて柄の立ち上がりが悪く、人の顔に見えてきもいので、赤は少し太い糸で。やっぱり顔に見える。

ダイソーで買ったラメ入り綿糸。ざっくりと撚りが甘く、だいぶ花びらに近付いてきました。

オーバーショット織りでは緯糸が太めの方が柄がきれい。一つ勉強になりました。

続いてこちらです。

131 222 33 1 33 222 を繰り返します。

最後だけ131を余計に踏んで、全体で対称形になるようにします。

草色は3132の繰り返し。簡単。

青は2222 4411 3241 323 1423 1144 の繰り返しで、最後だけ2222を追加して柄を整えます。

青は4 1133 222 33 11 最後だけ4を追加。

紫も草色と同じ3132の繰り返し。

上は221122の繰り返し。

下は3322233の繰り返し。簡単だけど、どちらもきれいな柄。

上は1324 1324 1 4231 4231 

下は423132のくりかえし。最後に4を入れて終了。

全部で9種類の織り方を試してみました。

今回は踏み方が単純でもきれいなのができることが分かりました。

次は何を織りましょうか。

糸を出してあれこれ考えるのが楽しい。

織り始めて柄が出てくるまでが楽しい。

あとはひたすら単純作業。でも縫物と違って10分織れば10分分進む。しただけの成果が見えるのが楽しい。

今度は短くかけて早く仕上げましょう。

コメント (2)

春の兆し

2018-02-22 | 日記

日差しが春めいて、そぞろ、心が外へと誘われます。何をするわけではないけれど、少しは歩かないと体がなまりそうで、今日も頑張りました。

昼休み、区役所で仕事のある夫の車に便乗。あとは歩きです。

国道脇をひたすら下関方面へと歩く。下関までは行きませんけど。

途中で北上して平和大通りへ。中央通りからパルコの新館、本館、福屋デパートなどへ行く。

欲しいのは水色の軽くて短いジャンパー。ワンピースなどの上に羽織る。

来月、ミニ同窓会。春の服を着たい。

コタツ布団みたいなダウンコートはもう飽きた。脱いだらかさばるし。


シャレオの店もあちこち覗くけど、私の欲しいのはありません。そごうへは行かない。そごうへ行くのはよほどエネルギーをためて出ないと、本館、新館、間の昔センター街、今は何というのでしたか、すぐに出てこない。まで回ると、頭の中は混乱、疲労困憊して結局買わないことが多いので、本日はパス。


結局、今日は黄色の薄いカーディガンと春らしいスカーフを。

白いセーターは昨日、姑様のお世話に頑張ったご褒美に、自分で買う。

グレーのチュニックブラウスは、先月、姑様のお世話に頑張ったご褒美に、自分で買う。

だって、誰も頑張ったね、有難うって言ってくれないんだもの。このくらいはいいでしょう。自分のお金だし。

でもほんとはもの買うより、遠くへ行きたい。近くは時々行きますが。


高校の担任の先生から自著をいただく。

またみんなで会いたいけど……

コメント

機織り、そろそろ終わり

2018-02-21 | 機織り

もうすぐ経糸が尽きそうで、これが最後の柄。初めの頃もした記憶がある。去年のこと。

これも蛇の柄みたいで、イマイチ、ピンときません。

菱形のところは好きですが、そればかりでは単調だし、まあこれもありかなとは思いますが。


きょうは昨日、いやもっと前からの疲れがたまっていたらしく、午後から爆睡。気が付くと15時半。慌てて郵便局、病院へと回る。

姑様は本日、頭がクリアーでちゃんとした会話になるので驚く。今回はせん妄はなし。私と義妹で何度も説明していたからかも。部屋のスペースも余裕があり、見舞いに行くには楽ですが、食事が質素だとこぼしている。

帰り際にはもう食事が出て、見ると、確かに。

私も病院の経営みたいなことしていたから(正確にはベッド数20以下なので医院)、食事出すのは大変なことはわかるけどと、数年前の会話が成り立つので驚いた。

認知機能も天気と同じ、いい日も悪い日もある。

用事がなくても覗いて話をする。一時間後には仕事終えた夫が見舞いに行った。

いゃあ、これは長期戦になりそうです。共同の食堂で、質素な食事している姑様見るとかわいそうになったけど、とりあえずリハビリを頑張ってもらい、元通りに近いところまで回復していただきたいもの。

二、三日前、帰ったら一週間くらい自分で食事作ってみると言っていた。そういう気持ちになるのが素晴らしい。できるかどうかは別にして。

私がいろいろ作ったのを食べるのは楽しかったそうです。そういう言葉に励まされて老嫁はもうしばらく頑張ります。

しかし、言葉は魔法ですね。手間は数秒の時間だけ。お金もかからず、力も入れずに人を動かす。

動かされるのはこの私。いい人になったり、いい人にはなるまいと思ったり。

古い写真が出てきました。15年以上前、夫と小豆島へ旅行しました。

帰りのフェリーを追いかけてくるカモメたち。乗客の放り投げるカッパえびせんを空中でうまくキャッチします。

夫婦二人の旅行、何とか工夫して時間作っていきたいものです。

夫は音楽が好きなので、いつか本場のクラッシックコンサートに行けるといいなと思う。それとフィレンツェ、ローマの美術品各種。ロンダニーニのピエタはミラノでしたか。

あれは未見。見たいものです。

コメント

やれやれ、ホッとした

2018-02-20 | 日記

本日、姑様、リハビリ病院へ転院。

義妹が昨日から来ていて、二人でお供する。今度の病院も近い。真向いが大型ショッピングセンター、わが家からは市内電車の三系統のどれでも行ける便利な場所。電停から徒歩30秒くらい。

いゃあ、良かった良かったと、何からでも喜ばないと気持ちが落ち込みそうで。

日曜の夜、お見舞いの後、きょうは二日ぶり。話もあまりせず、うつらうつらするばかりで、たまに目開けると遠くを見る眼付き。

夫や義妹は身内なので、なかなか現実を受け入れられないと思うけど、やっぱりいろんなことが進行しているのでは…というのが私の実感。

今度の病院は車椅子で食堂まで運んでいただいて、みんなでご飯食べる。気分が変わっていいのではと思う。

例によって一度帰り、要るものを又届けて、ついでにショッピングセンター内を徘徊する。春物の服を見て、軽快なシャンソンを聞くうち、少しだけ心が軽くなった。

夫は、リハビリったってうまく行かないから、早めに連れて帰るなんて言ってます。某病院で手術して、マットレスが合わないと翌日朝9時までには退院(脱走)した夫なので、気持ちは分からないでもないけれど、姑様が病院にいるのと家にいるのでは私の暮らしは大違い。

まあ四月頃までのしばしの休息を楽しみましょう。

毎日違う器でお茶してしばしの休息。やれやれ。

 

コメント

花と人物を描く

2018-02-19 | 水彩画

午前中は2017年のフランス映画「ルージュの手紙」を見に行く。

久しぶりのカトリーヌドゥヌーヴ、いい演技をしていた。シャンゼリゼ通りと凱旋門、エッフェル塔、ミラボー橋とパリの景色もちょこっと見られました。

アランドロンやカトリーヌドゥヌーブが活躍していたころのフランス映画、いい作品がたくさんありましたね。ロシュフォールの恋人たち、シェルブールの雨傘はよくテレビでもやっていたけど、いつの間にか大スペクタクル、大音響のアメリ映画にとってかわられ、私たち世代は疎外感いっぱい。

映画館は平日だし、年配客が多かった。しっとりとした、人生を考えさせられる映画が疲れなくて見やすい。これからも時々、頑張って見に行きたいもの。


帰宅後、午後から絵を描く。

バラとチューリップ。

夜はサークルで、モデルを見て人物画を描く。

これは30分くらいで仕上げる。早く仕上げたので、人の絵を見たり、話したりして遊んだ。楽しかった。

夜の写真なので画像が悪いですが、実際の絵はもう少し濃い色です。でも服などはもう少しコントラストつけた方がよさそう。

また頑張ります。

 

コメント

呉・日だまり歩き

2018-02-18 | 日記

冬晴れ

バスで呉へ。広島呉道路から見る海田湾と海田大橋。

到着。駅裏ゆめタウンの中を通ると近道。

大和ミュージアムと鉄のくじら館。

大和ミュージアムは一度も行ったことがない。

若い人がたくさん死ぬ話は嫌。

昨年、オシフェンチム(アウシュヴィッツ)へ行って体調悪くなってから、よけいに行きたくなくなった。

もう年なので、心に負担のかかることはしたくない。

通り過ぎて展望台へ行きます。

造船所。

海上自衛隊呉基地。小さな船いろいろ。

海上自衛隊呉教育隊。昔で言うと初年兵の訓練をするところ?

バスで制服姿の学生さんと一緒だった。外出日だったのかも。

このほか、広島県では江田島にも術科学校あり。昔の海軍兵学校あと。建物もそのまま利用しています。

ゆめタウンと大和ミュージアム。

昔はこの付近には何があったのでしょうか。

ゆめタウンで服を一枚買い、大和温泉物語のレストランでご飯食べて帰ってきました。

呉そごうがなくなったので、そのせいか、ゆめタウンの中にデパートにあるようなブランドも見かけました。

本日はしばしの骨休め。来週はいよいよ姑様の転院。歩けるようになって帰宅してもらいたいけど。。。。95歳の誕生日は病院で迎えそうです。

コメント (2)

バラを描く

2018-02-17 | 水彩画

一月末のモチーフ、やっと仕上げました。

葉を何度も塗って失敗。葉は花の引き立て役、描けば描くほどしつこくなる。

花瓶は会の備え付け。

大倉陶園の金蝕薔薇シリーズかとも思うけど、としたら正価は数万円の高級品だけど、今さっきメーカーのホームページで見たら柄がちょっと違う。うーーーむ・・・

http://okuratouen.com/SHOP/g23945/list.html

誰かがフリマで100円くらいで買ったそうですが。今度、底の印、確認してみましょう。

大倉つながりで10年以上前、軽井沢の大倉陶園のアウトレットショップで金彩が少しずれたカップなどを買い、遊んでみました。

これですね。ずっと使ってなかったけど、軽くてさすがに使いやすい。

うーーーむ、柄さえなければ。残念。いらんことするんじゃなかった。

カップは、先日のこのシリーズと同じ形。

我が家は五客とか六客揃ったカップがないので、来客には好みを選んでもらいますが、青い食器は不評で、花柄や果物柄などが人気です。

私はこの、色の暈しが繊細な日本の器が好きですが、正規に買うととても高いので、去年、またまた軽井沢のアウトレットで購入。交通費考えたら何ともな買い物ですが、好きな器で一人で静かにお茶していると心が落ち着く。


お友達から頂いた紅茶、最後はストロベリーセンセーションだそうで。

久しぶりにイチゴの器を出しました。これは習い始めの頃の作品。金色風の絵の具で、ちょっとゴージャス。

おやおや、絵から話がどんどんずれました。

きょうは出かけそびれて、ほとんど家にいました。いいお天気だったのに残念。

コメント

引き続き機織り

2018-02-16 | 機織り

オーバーショット織り(綾織をいろいろ組み合わせて柄を出す織り方)、経糸もそろそろ終わりが見えていますが、やっと面白くなってきました。

またまた別の踏み方。14種類の中では一番簡単、222211の繰り返し。

小さなコースターは大きな柄より、細かく織る方が断然きれい。

コースターたくさん作って、誰彼となく上げる予定。落ち着けば、このブログ読者の方にプレゼントしたいと思ってます。

いつになるか分からないけど、乞うご期待。

最大の後悔は、経糸が二模様半になっていること。左右対称じゃないので落ち着き悪いけど、次は70/10cmの筬で頑張ってみます。


昼過ぎ、病院へ行く。食事は一部残したけど、よく食べていた。下膳している間に歯を磨き、うがいした水を飲みこんだらしかったけど、見ていなかったのでもしかしたら歯磨きそのものをしてなかったかも。今気が付いた。

午前中のリハビリは何したんですかと聞いたら、もう忘れた、もうどうてもいいと気弱なこと言うので、頑張って歩けるようになりましょうね。と言ってみる。

毎日退屈でしょと聞いても返事がない。退屈という概念がもうなくなったのかも。時間の流れ方が、きっと赤ちゃんにまで戻っているのかも。赤ちゃんは、毎日生きることが生活のすべてで、退屈なんかしている暇ないもの。最後はみんな、生きることだけに特化した時間を生きていく。。。。

想像してみる。

そこはきっと白いきれいな霧がかかり、自分にとっての懐かしい人が、この世の人もあの世の人も替わる替わるに顕れ、幸せな記憶を思い出させてくれる。

楽しかったなあ、みんな有難う~、いい人生だったと思いながらこの世からfade outする。最期はそれが理想でしょう。きっと。

おやおや、先回りして姑様をあの世へ送り出そうとしていましたね。まだまだ元気。そして姑様のいる限り、この私はまだまだ不出来な嫁。

コメント

たけはら街並み雛めぐり2018

2018-02-15 | 日記

本日はこちらへ。

水曜日は多くが閉店、きょうはお天気悪いけど暖かくていい日でした。

毎年同じようなコースで歩きます。

先ずは笠井邸へ。

江戸から明治

貝合わせと貝桶は最近のもの。

昭和6年の小さなお雛様。右は着せ替え人形。といっても頭の着せ替えです。子供のおもちゃなのによく残っていたこと。

愛嬌のあるお雛様。BMIは30くらい?

古くて立派なひな人形に竹原の繁栄がしのばれます。

笠井邸二階。こういう飾り方も面白いですね。来年以後の参考に。

二階から通りを見下ろす。小雨で人少なめ。

空き箱でこんなのも楽かも。

スチールの棚、一人で組み立てるのは本当に大変です。

御殿雛は戦後しばらくは流行ったようです。

友達の家にこんなのがあって、見せてもらった記憶が。

木をそのまま生かした太い梁。笠井邸で。

別の店で。木目込み人形はきっと核家族化が進んだ時代に現れたのだと思う。

公団住宅の箪笥の上などに置いたのでは?

雛は世に連れ、世は雛に連れ。

これは我が家の初代と同じ。華やかな色からパステルカラーへと。

まだまだ健在。戦艦ポチョムキン。

松坂邸は入館料300円。ひな人形は少なめ。これは伝来の簪。

タンスいろいろ。

ヘアピンでとめる。来年以降の参考に。

最後は光本邸に。庭先の土蔵に陶芸家の作品も。こちらは200円だったかな。

庭、座敷、縁側…いつかまたこんな家に住みたいけど、見果てぬ夢かも。

二重焼きの松屋さんはなくなっていてがっかり…していたら、移転したと教えられ、道の駅の並び三原方向の新店舗に行く。相変わらずの人気で本日は20分待ち。平日なのに。

新港橋バス停前の建物は私設の美術館兼貸しギャラリーでした。

階段急ですが、バスの待ち時間に覗くとマダム風の方が一人でお店番。書、工芸、絵画、陶芸など地元作家を中心に展示。

入館料100円で、コーヒー付き。ゆっくりと話して来ました。

どうも隣の内科医院の奥様がやっているようです。いいなあ~優雅で。

高速バスで広島まで一時間。帰りは心地よく寝ながら帰ります。


本日のお土産。

先日お友達からのヨーロッパ土産のフレーバーティーで…

一人ゆっくりお茶します。

ひな人形もそろそろ飽きてきたけど、今年も無事に竹原へ行けて結構でした。あとは鞆、倉敷、柳井、宮島などでしょうか。全部は行かないけど。

我が家の家中雛巡り、今年はどなたも呼ぶ予定がないので(姑様のことで急な用事ができるかもしれないので)、せいぜい一人で眺めておきましょう。

そして、最後はどこかへ寄付すればいいのかな。。。。

コメント

日本ブログ村・ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村