ブログ

日々のあれこれ
 

たけはら街並み雛めぐり

2017-02-28 | お出かけ

10:14広島駅前発の高速バスで1時間ちょっと。バス代は片道1,080円。手軽に行ける竹原です。

一人だと時間かかるけど車よりは安上がり。

暖かくていいお天気です。下賀茂神社…だったかなの荘園があったそうで、川の名もその名ゆかしく賀茂川というらしい。

右方向、町並み保存地区。

道の駅の展示


旧笠井邸。貝合わせは近年の樹脂製だとか。描いてみたい~♪

今年はなぜか雛道具に惹かれます。我が家にひな人形が増えて、今度は道具類が気になるからでしょうか?

かまど、御櫃、手桶…

箪笥、夜具、化粧道具。

かつらを付け替える人形。

食器類

ミニチュアの琴

夜具と座布団

火鉢など

お茶道具

 

 

小さなおもちゃ

座布団、まくらなど

外国製?

箪笥、長持、かまど。

よく似たかまどがヤフオクで18,000円で出ていた。イワタニのカセットコンロより当然高い。

小さな下駄箱には小さな下駄が行っている。

貝桶と小さな器

器いろいろ。手前は角盥?


 

続いて松坂邸に。上、ひな祭りの琴。

このお宅はひな人形をたくさん展示していたけれど、部屋の中が暗く、あまりいい写真が取れなかった。残念。


 

たくさん展示している店もありました。名前失念。

旧村上邸。着物レンタルしています。


このあと照蓮寺へ行き、賀茂川へ向かって歩いていると、家の前にいい感じに植木を並べたお宅がありました。足を止めて見ていたら中から年配の女性が出てきて、うちの人形も見てくださと言われるので、厚かましくもお邪魔しました。

玄関の木目込み人形。

人形いろいろ。

90歳で一人暮らしをされているという。俳句を作って、ご自分で染めた友禅の布に書いたり、インテリアの工夫いろいろ。

とても居心地のいいお宅でした。

酒袋で作った暖簾。字もおそらくご本人でしょう。絞り地にくるみボタンを付けた帽子もお手製だそうです。

どうぞお元気で。あなたも気を付けてお帰りなさい。と言って別れました。

いゃあ、とってもいい雛巡りができました。有難うございます。


続いて光本邸へ。

雛段の下の方にいろいろな人形があります。

名前は何という人形でしょうか?太田道灌とヤマブキを差し出す女性。男も教養大切って?

高砂。子供のころ、なぜか家にあった。年寄りが掃除している…その頃は意味が分からず、好きではなかった。

催馬楽。

春はもうすぐ。

田舎の家に帰ったようで。

くつろぎました。

入館料200円。JAFカードで2割引き。

帰ります。振り返ると山と街並み。むくり屋根の立派な家。

木造三階建。


このあといつも行く二種焼き屋さんで5個買って、帰りのバスで2個食べる。

食事するのは道の駅と、あとはお好み焼き、お蕎麦屋などで、あまりありません。

朝は寒かったので、竹原中央で下りてゆめタウンの中のダイソーでハイソックスと手袋買う。助かりました。


ヤフオクで落札して、日曜日に来たひな人形、とりあえずチェストの上に飾りました。

これが我が家で一番でかい。デッドストックとはいえ、あまりの安さに絶句した。持ち道具は送料が増えたので、おまけにつけてくれた。

敷物は娘時代の夏帯。朱色に金銀の雲。いったいいつ締めるのよ、と母に問いたい。当人はもう忘れているでしょうが。約50年前の帯にはしっかりしつけが付いていました。

名古屋帯だったので、閉じたところをほどいて平たくした。

屏風は、去年阿波勝浦で無料でもらってきた。でもまだまだ雛道具そろえたい。


きょうは母と同い年の人の、素晴らしいインテリアと暮らしぶりに大いに元気をいただきました。

来年もまたお会いしたいものです。

そのほか、去年知り合いになった画家の方のギャラリーにもお邪魔しました。小さな町にはいい出会いたくさんあるのでした。来年もまた行きたいものです。

 

コメント (4)

ばあちゃんのひな祭り

2017-02-26 | 日記

きょうは我が家で、おばあちゃんばかり7人でひな祭りをしました。

ひな人形見て、おしゃべりして、持ち寄ったごちそう食べて…皆さんくつろいでくれたでしょうか。

中でも器用な人が作ったサザンカの細工寿司。見て楽しく、食べておいしい。感激です。

お店している人や、ほかに予定もある人もいて夕方まで出入り自由、きょうは我が家も店のように賑やかでした。

宴の後。ちょっと寂しい。夫が「気合い入れすぎてたんじゃろ」と笑いながら残り物のお菓子をむしゃむしゃ食べているので、引き続き夕食に移行。

で夕食終わったころ届きました。

後ろが派手。

顔は古風。

本仕立てってどういいう意味?でもなんかありがたそう。

世の中には行き場のないひな人形がたくさんあって、それをお金に替えたい人がいて、それなら引き取って面倒見たい私のような人間がいて、物が動き、物が動くとお金も流れ、八方丸く納まるらしい。まことに結構であります。

道具各種はこれから調達です。道具が高いって先日初めて知った。何とか工夫するつもりです。

今回のが親王飾りとしては一番大きいので、どこへ置こうか思案中。

今日来た人たち、これなら雛巡りしなくていいとの意見。はい、私も毎日、家中雛巡りしています。

 

 

コメント

友達の織り工房へ行く

2017-02-24 | 機織り

二年ほど前の水彩画モチーフ。糸と板杼、持参して皆さんに描いていただきました。


本日、一日中、友達の織り工房で遊ぶ。織る人二人、初めての人がいるのでヘルプを頼まれた。しばらくするともう一人の織り教室の同窓生も来て、四人でスタート。

整経していたので、千巻、綾返し、綜絖通し、筬通しとみんなでやればさすがに速い。途中、近所へお好み焼き食べに行く。親子でされているお店、そば肉玉で380円と激安。

おやつ食べて、おしゃべりして、情報交換して、買い物して帰った。場所はR2から少し入ったところ、一級国道を右折するのは嫌なので、黄金山通りから左折、左折で行く。

少し暖かくなって、気持ちのいい日だった。「じゃまた来週」と笑って別れたけど、教室はもうないので来週もない。でも春になればまた同窓会があるそうで、楽しみです。

毎日少しずつ明るくなって、気持ちも前向き。

老人になると一日たりとも無駄に過ごしてはいけない。は、貝原益軒の言葉。本当にそう思う。いやなことはこだわらずに速やかに流していき、楽しいことは目いっぱい楽しんで免疫力を高める。

結局、人間は家族や友人、気の合う人と楽しく過ごすのが一番と思い至った。そして皆さんにとって嫌な人間にならないよう、毎日が精進であります。自分のことばかり言わず、人に気を遣う。これですね。


友達がひな人形を20体くらい飾っているそうでスマホで部屋の写真見せてくれた。私はわずかに5セット、玄関に1セット。まだまだ頑張ろう。家中雛巡りをして遊ぶ。

コメント

雛遊びエンドレス

2017-02-23 | 日記

昨日買ったこの菱箱?と巻物、見本品だったそうで、地味でいまいちパッとしません。

それで今日、直すことにしました。

使うのはこちら。水性のアクリルマーカー金色。乾くと結構丈夫。

縁と前面に色を入れ、紐は変な癖がついていたので、水洗いして延ばし、房も整えて結びなおしました。

巻物は断面を見せた方がすっきりときれいなようです。

よく見ると材質は木だし、まあ安く買えて納得。

安定しないガーランドをぶら下げるのはやめました。

花瓶は20歳ころの長男の金沢土産。これも長男宅へ行く予定。

人形と貝桶はこちらへ移して…と遊びながら、日がずいぶん長くなったことに気が付く。

春はそこまで。

そして、けさまたひな人形落札した。さすがの夫も呆れていた。いいんだ、家中、人形にあふれた人形屋敷にするんだ。死ぬまでにしたかったこと、全部するんだもん。

 

コメント

ひな人形の道具を買う

2017-02-22 | 日記

午前中、税務署へ。帰りにイオンと「人形の藤娘」に寄る。

「人形の藤娘」は専門店。私の最初のひな人形、店で一番小ぶりなのを25年くらい前にここで購入。本日の私の目的はひな道具、何かいいのがないかなと。以前貝桶を1,000円くらいで買ったので。

うーーーむ、単品売りの菱餅、丸餅、机に文箱のセットで24,000円くらい。今はそんなのしかなかった。ああいうものは手作業の部分が多く、店の利益も考えたら妥当な値段と思うけど、私の予算と隔たりがあるので、引き下がる。

で、午後から駅裏の「手芸マキ」へ行く。ここは木目込み人形用に道具の単品をたくさん売っていて、20年くらい前、小ぶりな屏風を3,000円くらいで買った。値段は当時と変わらない印象。でも探しているのは貝桶、または菱餅だけ。

丸餅と屏風は去年、阿波勝浦のビッグひな祭りで無料でもらってきたので今は要らない。

で、結局これを買いました。

何というのでしょうか。菱形の足つき容器の上に巻物が載っています。巻物は昔の着物の柄では宝物の一つ、書物が貴重な時代の名残でしょうか。

こんなかんじで。

こちらは初代のひな人形。道具いろいろ。小学生だった三男と雛遊びした思い出の人形。思い出は大切に。

その昔、屏風を手芸マキで買ったのでした。セットだった黒い屏風はほかの人形に使っています。

先日の絵はこんな感じで。

忙しくて、昼は近所のスーパーのお惣菜で済ませる。夫は別メニュー。私だけ。

ご飯もセットで184円税別。安くておいしくて誠に結構でした。だいたい安いですね。この店は。

遠くに住む知り合いに、思いがけずに店の中で会うこともある。倉敷かどこかが本店、近年急成長、何年か前、東京市場の一部か二部に上場したらしい。

ひな人形道具三点セットで、何食買えるでしょうか?

コメント

「透明な迷宮」 平野啓一郎

2017-02-21 | 読書

6つの小説が納められた短編集。

どれも面白かった。どの主人公も孤独で、人とつながることを渇望している。がしかし、この著者の小説、幾重にもからくりと寓意がめぐらされ、ありえないはずの出来事を現実以上にリアルに活写する。

読む方も、目に見えることだけが真実ではなく、現実のちょっとした裂け目から覗いた世界のおぞましさ、人の不可思議さに気が付き、最後まで飽きることなく読むことができる。

と、説明しても、この本の魅力を全然表現しきれてない。

火に欲情する男、亡父の荷物の中から実弾入りのピストルが出てきた…、東北大震災の後、交通事故にあい、時間の流れる感覚に変調をきたした老劇作家などなど、設定も面白く、生身の人間の肉を断ち、心の中を腑分けするような書き方は、気持ち悪くも押しとどめがたい興味と、もしかしたら快感をも読者に喚起させる。

いえいえ、もってまわった言い方しなくてもいい。単純に面白いです。人の存在の不可思議さ。それを小説として定着した秀作だと思う。

コメント

またまたヨーグルトケーキを焼く

2017-02-20 | クッキング・ランチなど

簡単で、ヘルシーでなヨーグルトケーキを考えました。

皆様もよかったらお試しください。とっても簡単です。

材料、プレーンヨーグルト400g(1パック)、ホットケーキミックス100g、卵2個、砂糖100g、レモン果汁小さじ2、塩一つまみ、バタークッキー15枚

クッキー以外を泡立て器で混ぜます。

クッキーをヨーグルトの空きパックに入れて砕き、↑の種を少し足し、パックにこびりついたヨーグルトの残りも一緒に練ります。

18センチのケーキ型にクッキングシートを敷き、クッキーを底に敷きます。よく砕いてないのでまだらになってます(汗);

種を流しいれ、レモンの皮を刻んで入れたり、飾りに並べたりして、170度で70分焼きます。

できました!!

昨日、山のおやつに持参したら喜こばれました。次はどんなケーキに挑戦しましょうか。

 

コメント

下松の茶臼山

2017-02-19 | 山歩き

昨年11月以来、四人で行きました。

山陽道玖珂IC降りて、まずこちらへ行きます。

平日無料、土日祝も9時までに入園なら無料です。

丘全体が梅林。

ウメ、各種。

ウメと青空

 海が見えます。

 

暖かくなりました。春はそこまで。


園内、催し物いろいろ。お茶席、苗木の販売、造園のコンクールなど。

クリスマスローズの品評会。種まいてから咲くまでまで数年かかるそうです。


続いて下松の東豊井に車を停めて、茶臼山へ行きます。きょうは一番楽なコースで往復します。

 途中の展望台から。向こう、笠戸島。

 頂上から。六角形の建物は石炭の備蓄倉庫。コンビナート用地は使い道がなくて、一部太陽光発電施設に。

暖かくて楽しい山歩きでした。

昨年は午後から梅見に行って大混雑。きょうは早くに行ってゆっくり見られました。

 

 

コメント

牡蠣いろいろを食べる

2017-02-18 | 日記

隔日でお姑さんにおかず届けてはや3か月、ちょっと疲れてきたので、きょうは外でご飯食べます。

こちらです。遊漁船を持つ、寿司屋さんです。自分で釣ったものも店に出すのでしょうか。

突き出しはナマコのみぞれ和えとほうれんそうののおしたし。ナマコのおつゆがおいしかった。

おつくり

ひじき

ホタルイカそのほかの酢味噌和え

茶碗蒸し

鰆のたたき。はじめてですが、甘くておいしかった。晒タマネギで食べました。

カキフライそのほか。

焼き牡蠣。大粒でプリプリしていておいしかった。

鯛またはチヌのアラ炊き

この後、握りずし盛り合わせが来ましたが写真撮り忘れ。残念、また行かないと。

アラ汁はハゲらしい。

お酒、焼酎も種類いろいろ。

カキフライのころからもうお腹いっぱいで、最後は夫に助けてもらいました。

デザートは羊羹でした。

今回はおすすめコースでした。13品で二千円はお財布にやさしい。

なんでこんなにお値段良心的かと言えば、自分の家で家族経営、魚も一部自分で釣りに行くらしいです。

お酒を入れても二人で六千円足らず、普段着で行ける気さくなお店、これから時々寄せていただきます。

コメント

ひな人形を出した

2017-02-17 | 日記

いい年して、ひな人形が大好きです。布をたくさんつかった十二単が好きです。見るのも描くのも着るのも。

で、今年もひな人形各種、出してみました。

去年落札した七段飾り、棚を組み立てます。自分の趣味なので夫は動員しない。一人で、組み立てに一時間くらいかかりました。

左右を間違えたので、後ろのはすかいの部分の穴が上に開いています。来年は間違えないようにします。

夕食の支度を挟んで、一人で三時間半かかりました。

親王飾りは3組ありますが、とりあえず二つ出しました。左側は孫娘に譲る約束です。

私は息子の家のひな人形に口出し、手出しする立場にはないのですが、堅苦しい風習は横に置いといて、たくさんあるので譲ります。

実家からのひな人形はお嫁さんが断り続けているようで、それについても私があれこれ言う立場にはありません。

ただ、私自身の体験から、小学校へ上がって友達の家へ遊びに行くようになり、よそのひな人形見てうらやましがるのもかわいそうかなと。

ひな人形、本当に欲しかったなあと、今でも思っている。

母の両親は二人とも早死にして、伯父が親代わりにいろいろなことしてくれたけど、戦後のまだ貧しい時代、ひな人形にまで手が回らなかったと思われます。

友達のS竹さんの豪華な人形、とてもきれいで学校帰りに寄って見せてもらってた。私も欲しいって、親にどうしても言えなかった。なんでだろう。ものをねだるということのない子供でした。

時代の制約、そしてごく普通の庶民の家としての制約。

時代は巡りに巡り、デッドストックのきれいなお雛様がびっくりするほど安く手に入るので、やっぱり、長生きはするものです。

きょう、夫に「今私の持ってる人形、子供の時に家にあったらどんなに嬉しかったことか」と言いましたが、自分の裁量で人形の買える今の時代と境遇に感謝しなければ。

これを譲ります。喜んでくれるでしょうか。玄関に飾るそうです。

私はこちらの落ち着いた色合いが好きです。昨年、ヤフオクで人形だけですが、わずか数千円。

持ち道具は別に買いました。

去年は屏風も自分で作った。ダイソーで買った板と、金紙、黒のガムテで。

下駄箱の上が狭かったらこちらを譲る予定。

来週また来る予定。喜んでくれるといいけれど。


明日以降、もう少しひな人形を出します。

 

 

 

コメント

改良2型ヨーグルトケーキ

2017-02-16 | クッキング・ランチなど

14日のケーキが水っぽかったので、昨日はやり方を変えて見ました。

クッキーを砕いて溶かしバター20gで粘土状にこね、焼き型の底にクッキングシートを敷いて、その上に貼り付けます。

ヨーグルトはキッチンペーパーで水切りします。

五分くらいでこんなに水分が。もったいないので飲みました。酸っぱかった。。。。

180度55分で焼きあがり。

出来上がりは底のクラッカーが濃厚な味で、水分も少なく、食べやすくなりましたが、ヨーグルトの風味に乏しく、HKM独特のややチープな(ごめんなさい。便利に使わせてもらってますが)食感。

とはいえ、今日昼までにはなくなったので、また作ります。

クッキーはテキトーに砕いて並べます。

いつも通りの分量で。レモンは水彩画のモチーフだったもの。農薬なしの自家栽培。おいしかった。

鳥が温泉につかっている…のではなく、軽いクッキーが次々浮かんでくるので、スクレーパーでつついて沈めています。誤算でしたね。水分吸うと重くなって、沈んでいきます。

初めからヨーグルトの一部で粘土状に練ればいいようです。というか、クッキーはなくてもいいかも。クッキー入れるとヨーグルトのさわやかさが分からなくなるので。

できました。

HKM100g プレーンヨーグルト400g 砂糖100g 卵2個 レモン果汁小さじ2、塩一つまみ

全部一緒に混ぜて型に入れて、あとは電子レンジのオーブンコースにお任せ。

いただきます。おいしかったけど、型の底のクッキーはいらないかも。代わりにレモンの皮をすりおろして入れたらいい感じかも。

また試してみます。

 

 

 

 

 

 

コメント

春の海辺を歩く

2017-02-16 | 日記

きのう、きょうと春が来たような温かさ…というか、もう春が来ているのかも。

近々、山登りの予定あり。体を動かして今から訓練です。

と、午後から外出。でもしばらくしたら、姑様の申告書の書き方がわからないと夫からの救援依頼の電話。

引き返して、一緒にすったもんだして、一部書類も紛失しているので、書けるところまで書いて…という流れに。

もう一度出直します。

以前は広島冷蔵と言っていた。吸収合併したのかしら?

向こう都市高速。下の道をまっすぐ行くと広島駅方面。

倉庫群は今はおしゃれな雑貨とインテリアのショップに。

家具はまあまあリーズナブル。北欧調の軽快なデザイン。今の流行らしい。

ショップの店員さんとつい話し込んだ。すみません、家具なんて買う予定もないのに。

結局向こうの店でエコバッグを、写真に写っていない手前の店で長傘を買う。

海上保安庁の船がとまっています。向こうはホテル。

堤防の上には津波、高潮に備えた防波堤があり、低くなったショップの出入り口には防潮扉があります。

閉めるのは6つの操作が必要。上の南京錠も開錠しないといけないようです。

鍵は誰が管理しているのでしょうか。

真夜中、真っ暗、風は吹き、または地面は大揺れ、大波はそこまで来ている、そんな状態で、果たして落ち着いて閉められる?誰が閉める?消防署?市の職員?国交省の人?近隣住民?

扉はほかにもたくさんあります。一か所でも開いているとそこから海水が流入します。

見たところ、扉のあちこち、錆が始まっているようです。

大丈夫かな~???何事もないことを願うばかりです。

コメント

雅号を作った

2017-02-16 | 水彩画

絵を額に入れました。元々は色紙、または長くして掛け軸にする柄のようです。

洋画のサイズは収まり悪いけど、雅号と落款でそれらしく。

雅号は自分の名前から一字、それと山が好きなので嶺を入れてびれいとしました。

美嶺は美麗に通じ、嶺は齢と音が同じ。美麗でも何でもない私ですが、きれいに年齢を重ねたいという願望であります。

昨夜、絵を描いてあれこれしていると寝たのは26時過ぎ。今朝起きて、家の中が異様に静かなので台所へ行くと、一人で朝ご飯食べて、夫は仕事に行った後でした。うわおうーーー

でも、こんな絵が描けたので嬉しい。顔の輪郭は下膨れでこまわり君みたい。

 

こちらもやはり雅号に落款が要りますね。

きょうはどうしてもひな人形出さないと。そしてこの絵も飾る。

別の部屋ではスカートの生地を広げて、裁ったままになってるし。

ばあちゃんは今日も、どうでもいいことに忙しいです。

 

コメント

源氏絵を模写する

2017-02-16 | 水彩画

ひな祭りも近いので、源氏絵が描きたくなりました

源氏物語の「夕顔」の巻に題材をとった絵にします。

和室で正座して描けば気分も盛り上がるというもの。

以前、日本画の大家が大きい絵の上に板を渡して、そこに座って描いていたのがかっこいいなあと思ったから。

でも激しく疲れました。

深夜、やっと完成。

俵屋宗達作で宮内庁所蔵の屏風だとか。

元の絵に比べて車が大きすぎてバランスが悪い。元の絵より上手に描けるわけがないし、絵が死んでると夫の批評。

確かに。

しかし、牛車の中の光源氏と夕顔を描くときは嬉しくて、ちょっとゾクゾク。

皆さんご存知と思いますか、下町へたまたま用事があって出向いた源氏、隣の夕顔の咲く家に、はかなげな美女を見つけて、デートに誘います。

今からあばら家の一室でじっくり話し、あれもして、これもしてと源氏は期待で盛り上がってます。

従者が部屋を整えるのを待つ間、牛も外して、柄を縁側の端に引っ掛けています。

絵の中に、今までとこれからの時間を感じさせます。

夕顔が咲くので夏、夏の宵の口、源氏は薄物の洒落た着物ですが、夕顔はまるで尼僧のように地味なものをまとっています。

それはこのあとの夕顔の運命を暗示するようでもあります。

ひな人形出したら、この絵も飾りましょうか。

それにしても光源氏、今なら絶対つかまってる。多いのは家宅侵入、ついで誘拐、紫の上は子供の時、何年も行方不明。それは光源氏が連れだして、自分好みの女性に仕上げていたからでした。

それとも期待してわざと鍵かけないのかな。

中国地方の中山間部、戦前は夜這いの風習があったそうで。これは30年ほど昔、当時の知り合いの人から聞きました。誰も来ないと娘の親がかえって心配するとか。

処女性というのはそう厳しく問われなかったのでしょうか。

絵をかきながら、ばあちゃんもいろいろ考えました。

もうすぐひな祭りです。孫娘にひな人形一つ譲る約束しているので、早く出さないといけません。

焦るうーーー!!

コメント

超高速パスタを作る

2017-02-14 | クッキング・ランチなど

誰にでも昼はやってくる。昼には昼ご飯を食べる。毎日のことなので、手早くできて洗い物も少ないパスタを考えました。

冷蔵庫の中の具になりそうなものを、塩コショウして軽く炒めます。赤いのはパプリカ。

スパゲッティを手で5センチくらいに折り、トマトジュースを入れ、ふたをして中火で煮ます。

8分の予定がさすがに無理で、足し湯して11分ほどかかりました。IHは焦げ付きやすいので、時々、底から混ぜるといいようです。

好みで塩などを足して、いただきます。

またまた写真、大きすぎ。トッピングはチーズと、バジルの替わりの青のり。

料理の味に細かい夫も「まあ、おいしかった」とのことです。

「この程度のもの、出す店もある」と、おやまあ、今日も軽くケンカ売ってくれるじゃないの。

買おうかな、どうしようかな。どうしても買わないといけない日のために、降りかかる火の粉を払わないといけない火急の事案発生の日のために、今日のところは広い心で軽く流そう。喧嘩にまでならずに流れて行った喧嘩の子供たち…

パスタは短くないと、鍋の中でくっついて火が通りにくいようです。

使ったのはこちら。トルコ製。濃厚でおいしい。近所の安売りスーパーでは120円くらい。

夏しか売ってないのでまとめ買いしてたけど、あと一本しか残っていない。どうしようーーー

日本のトマトジュースは水っぽくてトマトの味もあまりしなくておいしくない。

食べ物の苦情言ってはいけないと厳しくしつけられた私だけど、安くておいしいものはやはり称揚したくなる。


そして同じ店で花まで買ってしまった。

2本で198円と嬉しいお値段。30年くらい前の価格。玄関は寒いので花も持ちそう。

バレンタインって何なのかよく知らないけれど、我が家はこともなく、冬の日がゆるゆると過ぎていきます。

皆様も楽しいバレンタイン・デーをお過ごしください。

コメント (2)