資格の達人ブログ 家庭の省エネエキスパートで429個目、毎日更新、挑戦と挫折の記録

資格の達人が語るブログ。会社を早期退職して、中小企業診断士として独立、ガス業界の資格試験講師など、人生は二毛作が面白い。

楽チン百名山4座シリーズ~その3木曽駒ケ岳

2019年08月20日 | 健康・スポーツ系資格

 さあ、いよいよ本格的な登山だ。木曽駒ケ岳。ロープウエーで標高2,600mの千畳敷まで歩かずに行ける。ここから登山だ。千畳敷の大岩壁は、約1時間、登りがいがある。

 乗越まで出ると、景色は変わる。宝剣岳がそばに、木曽駒の前衛の中岳がすぐそばだ。ガスがかかったり、消えたりする。小屋で一服して、中岳へ。そしていったん下り、木曽駒ケ岳に登る。

(宝剣岳)

(木曽駒)

(木曽駒山頂)

 木曽駒まで登れたのは、ツアー28人中21人。後の方は途中でギブアップだ。ギブアップしたら、添乗員は安全なところまで付き添う。この日、添乗員は大忙しだった。

 往復で4時間半ほど、累積標高座は約500m。みな、かなり疲れてたうだ。私? 私は平気だ。数年前、山を始めたときはそうでもなかったけどね。

(千畳敷へ下る)

(千畳敷の池から)

 花は、順にコマクサ、イワツメクサ、ミヤマアキノキリンソウだ。

 

 この日も宿は、下諏訪温泉。この看板、なんだかすごそうな看板だが、実際は大したことないよ。

 

コメント

楽チン百名山4座シリーズ~その1美ヶ原&その2霧ヶ峰

2019年08月19日 | 健康・スポーツ系資格

  3日で百名山4座を登るツアーに参加した。いずれも楽に登れる山々で、楽チン登山だ。初日の前半は、「美ヶ原」。相当昔に登った記憶があるが、もう忘れてしまった。

 山本小屋から、美しの塔、ピークの王ケ頭を往復、標高差100m、2時間半ほどかな。ハクサンフウロが一面に咲いている。ツアー一行は何と28人、登山の恰好を見ると入門者が多いようだ。私は、高山植物は写真に撮るが、ほとんどの人は興味がないのか、素通りする。まあいいや。まずは楽に1座をゲット!!

 

 

 楽チン百名山4座シリーズの初日、後半は、美ヶ原からバスで移動し、霧ヶ峰は車山(くるまやま)登山だ。周回コースを取ったため2時間ちょっと。標高差は、こちらも100mちょっと。

 お天気も良く、八ケ岳を望んでお花畑の中を登る。素晴らしいハイキングだ。ニッコウキスゲは、鹿が食べてしまっていて、電気柵の中だけは、きれいに咲いている。おや、ウスユキソウも。このウスユキソウ、ヨーロッパアルプスでは、エーデルワイスよ呼ばれている人気の花だ。花自体は、あんまりさえないけどね。

(八ヶ岳を望みながら車山登山、あの山縦走したんだ)

(ニッコウキスゲ)

(ウスユキソウ)

 車山山頂には、レーダードームが。そして、下りは、蓼科山と白樺湖を見下ろして下る。この山山頂近くまでリフトが運航している。なんだ簡単に登れる山なんだな。とにかく2座目ゲット!!

(車山山頂にて、2座目ゲット!!)

(蓼科山と白樺湖)

 そして、宿は、諏訪湖のほとりにある下諏訪温泉。温泉にバイキングだ。部屋は個室、パソコンを持って行ったから、インターネットで仕事もはかどった。これはおススメのいいツアーだ。楽チン登山で百名山、それに仕事もはかどる。明日に続く・・

コメント

帰省でお墓参り

2019年08月18日 | その他

 昨日は、帰省して、お墓参りに出かけた。新幹線のおかげで大宮から十分日帰りができる。田舎は石川県の羽咋市(はくいし)、新幹線で金沢へ、時間的にちょうど観光列車が接続していた。観光列車は「花嫁のれん号」。

 そして、羽咋で下車。羽咋は、UFOで街起こしをしている。ご当地キャラクター「宇宙人サンダー君」がお出迎え。駅前にはUFOが飛んでる。

 今回は行かなかったが、駅裏には本物のロケットなどを展示した「コスモアイル羽咋」という博物館もある。ちなみに私の家のお墓はこの近くである。 

 

 

 タクシーで墓参りして、時間が余ったため、千里浜海岸へ。千里浜は小さいことからよく遊んだ浜である。ここ、小学校の時校長先生から、海には行かないように、人さらいが来るから、と言われたことがある。北朝鮮の拉致事件のあったころの話だ。

 この海岸は、渚(なぎさ)を車が走れる、「渚ドライブウエー」で有名だ。なんでも以前、ビーチのコンテストで日本一になったこともあるそうだ。昨日は台風の後のせいか、波はまだ高い。砂の芸術、チコちゃんも登場している。

 羽咋の滞在時間は、2時間半ほど。金沢へ戻り、新幹線で帰宅。旧盆のせいか、座席は満席に近い。あっという間の墓参りでした。

 

コメント

段ボール3箱が到着

2019年08月17日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 宅配便で自宅に段ボール3箱が到着した。ガス主任技術者試験の模擬試験&直前対策だ。甲種と乙種の問題と解答解説、直前対策があるため、全部で750冊ほどにもなる。そのため段ボールが3箱にもなった。

 冊子になるものは先日、キンコーズに依頼してきた。数枚のものは、自宅近所のマツキヨで印刷した。このお店はコピー1枚5円と安いのだ。しかしコピー機がコインしか使えないため、1,000円札を500円玉を8枚に両替してもらって、これを使用、1時間ほどかな。

 資料は、企業さんによって異なるが、甲種または乙種の学科試験問題、同解答用紙、同解答解説、論述試験の問題、同解答用紙、同解答解説、それに直前対策58問の7種類だ。製本した小冊子は1名分5冊だ。結構な種類になる。郵便局で、お客様への送付用の小型の段ボールやレターパックも購入。

 これから、順次、模擬試験日に合わせて、お客様にところへ送る。企業さんに合わせて、枚数をチェックして、詰め込む。空きスペースには新聞紙などを詰め、送付用に伝票を書き、郵便局へ持っていく。そして段ボール送りましたよと、メールを打つ。

 さて、いよいよ来週から模試シリーズが始まる。合計7日間だ。泊り込みも3回ある。私の稼ぎ時である。体調良くしないと。

コメント

えぐ味のする日光湯元温泉

2019年08月16日 | 健康・スポーツ系資格

 男体山の帰りに、日光湯元温泉に寄った。登山の帰りは、風呂に入り、おいしいものを食べて、山小屋と違って、伸び伸びとぐっすり眠る、これが楽しみだ。

 日光湯元温泉は初めてではないが、前回は子供が小さ方頃だ。今回は夫婦二人。旧盆でなかなか予約が取れなかったが、何とか予約できた小さな宿に入る。この温泉は、白濁していて、露天風呂などはいかにも温泉という感じ。温泉ソムリエ&温泉分析所マスターとしては、この泉質、調べないと気が済まないな。 

 温泉法だと、「温泉」は泉温は25℃以上か、特殊成分が一定以上入っていることが条件になる。そして「療養泉」となると、条件はもっと厳しい。この温泉は、泉温は71.4℃と高く、また特殊成分は硫化水素の規定値が2mg以上のところ、なんと10mg以上も入っている。正真正銘の療養泉である。

 成分表には、知覚的試験の結果は、「無色透明で強硫化水素臭及び苦み、後にえぐ味を有する」とある。「えぐ味」とは、初めて聞く言葉だが、ネットで調べると、野菜や山菜を食べた後に感じる「苦み」だそうだ。その正体は、「灰汁(あく)」。

  いい温泉は昔から「湯治」療養に使われていた。その証拠に、この温泉には温泉寺がある。これは昔、重い病気で湯治に来た方が、残念ながら治らず、死んでしまった場合に供養するお寺である。

 そして湯上りには、温泉の炭酸ガスが入った、ミニサイズのサイダーをいただく。結構なお湯でした。また来たいな。

コメント

きつかった男体山登山

2019年08月15日 | 健康・スポーツ系資格

 台風の動きが遅く、なかなか通過してくれない。天気予報も雨から曇りに代わる。それなら、ということで、日光は男体山へ。早朝東武電車で日光駅へ、そこでバスに乗り超え、中禅寺湖畔の二荒山神社へ。ここが登山口だ。男体山は、二荒山神社の境内のようだ。ここで料金500円を払い、お守りをもらい、登山者名簿に記帳。ついでに登山バッジも。

 最初の約50分は、普通の山道だ。途中から車道に出る。ここが4合目で約30分。ちょうどコースタイムとほぼ同じ、調子いいぞ。

 4合目からは再び山道。手すりが付いているため、結構上りやすい。そして5合目。結構くたびれたがまだ半分だ。ここで大休止。中禅寺湖が見え始める。

 6合目あたりからは、岩、岩、岩。延々と続く、これは厳しい。必死で登る。三点確保する場所もある。

 9合目あたりからは、火山灰の道。富士山の登山道と同じだ。山頂近くで、再び中禅寺湖が、見え始める。そしてゴールイン。

 山頂で少し休憩し、すぐ下山。長い長い岩山を下り、標高差1,200m、所要7時間半。コースタイムは6時間半だから、休憩時間を入れるとまずまずかな。

 このコース、二荒山神社の境内だからか、売店や水場、トイレなどは全くない。この日は暑かったから、水が不足したらさぞ困っただろう。私は500mlを3本、380mlを1本持っていき、下山したときは全部飲み切った。でもトイレは行きたくもなかった。すべて汗で出ていったようだ。この日は、湯元温泉へ。

 

コメント

SDGsの学習ができる検定

2019年08月14日 | その他ビジネス系資格

 

CSR検定3級 公式テキスト 2019年版
CSR検定委員会
株式会社オルタナ

 最近、SDGsというキーワードをよく聴くようになってきた。このSDGs、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、発音は、SDGs(エス・ディー・ジーズ)だ。

 この目標、2015年の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が、2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標だ。17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

 例えば、「貧困をなくそう」という大きな目標の中に、「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。という小さな目標がある。さらに細かな目標も設定されている。

 最近、大手企業を中心として、これに参加するようになってきたようだ。そこでこのSDGsを学習できる検定を探してみた。すると出た出た、CSR検定:サステナビリティ経営とSDGs だ。サブタイトル付きの長い名前だ。

 この検定、内容が少しずつ変わってきている。私は、2012年にサスティナブルCSR検定(この当時は級はなかったようだ)を、2016年に新CSR検定3級を取得している。SDGsの入った検定は、最近リニューアルされたもののようだ。

 私が受験するとしたら2級からかな。試験は2020年4月、合格率は、60%程度。ちょうどいいレベルだな。この時期はあんまり忙しくないから、受験しよう。

 3級は今年10月にありますよ。テキストが変わっているから最新版を使うことが注意事項ですね。

コメント

消費税の軽減税率の説明資料が送られてきた

2019年08月13日 | 創業・起業

 10月から実施される消費税の軽減税率の説明資料を書いた封書が届いた。国税庁からである。事業をやっているものには皆送られてくるようだ。軽減税率は、酒類・外食を除く飲食料品と週2回以上発行される新聞が対象となる。

 

 帳簿の記帳は、標準税率と軽減税率に区分しないといけない。そして決算して、消費税申告書を作らないといけないが、そもそも私は免税事業者のため、消費税の申告などはやったことがない。

 内容を見てみると、あんまり関係はないな。飲食料品の売り上げや仕入れはないし、免税事業者だ。免税事業者であっても、課税事業者と取引を行う場合は、区分請求書等の交付を求められることがあるが、軽減税率の飲食料品や新聞を買ったり、売ったりもしない。

 まあ大丈夫だが、企業診断することもあるから、この辺は覚えておくか。他には、10月以降、キャッシュレス支払いをするとポイントが戻ってくる消費者還元があるが、今のところ、まだあんまりよくはわからん。

コメント

ガス主任講座模試&直前対策が完成!!

2019年08月12日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 6月から作ってきた2019年度ガス主任の模擬試験問題と解答解説が完成した。甲種・乙種各々58問、そして解答解説である。昨年の問題を取り入れ、都市ガス工業が改訂された科目もあるため、結構な修正になった。論述試験も工夫をした。そして、キンコーズで試し刷りに行って、印刷・製本を確認した。

 さらに、模試の後に続く、直前対策も完成した。この資料の編集方針は、本試験問題に対応して58問、最も出題されそうな部分や、都市ガス工業の改訂部分、それに一昨年改訂された法改正の問題、講師をやっていて気が付いたものなどで構成されている。こちらもキンコーズで試し刷り。結果をチェックしていたら、58問中、製造の3問目が抜けていた。おお、危ない危ない。

 この後、キンコーズで大量に印刷・製本して、私の事務所に宅配便で送られる。私の方は、模試用の少数コピーをして、段ボールに合わせて入れる。これを発送して、準備完了だ。8月後半から9月初旬は模試ウイークになる。

 

 

コメント

産能大テキスト「企業内人材育成入門」を学習して

2019年08月11日 | 産業能率大学

 

企業内人材育成入門
中原 淳,荒木 淳子,北村 士朗,長岡 健,橋本 諭
ダイヤモンド社

 産能大の3年次の学習、最後の科目になる。この科目は他の2単位科と異なり、4単位科目である。それだけ分量が多い、テキストは360頁もある。そして、4単位科目は、レポートがマークシートのものと記述式のものの2種類を提出する。

 この科目は、大学に入学する前から、一番重要視していた科目だ。学習のメカニズム、学習モデル、動機づけ理論、インストラクショナルデザイン、学習環境のデザイン、教育・研修の評価、キャリア開発の考え方、企業教育の政治力学と、学習したい内容がズラリと揃っている。編著は、有名な中原淳先生だ。最近は中原先生のメルマガも取り始めている。

 一通り学習して、レポートを出す。マークシートは88点。記述式も86点で返却された。まずまずの得点だが、時間が経つと忘れてしまう。この科目だけは、科目習得試験を受けずに、来年2月のスクーリングに参加しよう、と決める。忘れるからもったいないのでだ。忘れないように、頭に擦り込む、スクーリングを受けて知識を確実にしよう。このへん、スクーリングのある通信課程はいいね。

 

コメント

チョークポイントから見て当然の結果

2019年08月10日 | ガス主任技術者・エネルギー管理士

 アメリカのトランプ大統領が、ホルムズ海峡の守りに、アメリカだけが守るのは不公平だ、他の国も参加しろと呼び掛けているのは、ご存知でしょう。

 私、エネルギーの基本業務という研修を何年か続けているが、使用する教材の中に、この話に関連する資料が出てくる。エネルギー白書という資源エネルギー庁の資料を使っているが、ここに「チョークポイント」のデータが出てくる。

 このチョークポイント、世界の4つの海峡をエネルギー管理上、チョークポイントとして、この海峡に依存する各国の数字(もちろん高いほど依存している)を出している。下の図がそうだ。

 

 この図を見ると、チョークポイントに依存するのは、日本、韓国、続いて中国だ。欧米は全然低い。アメリカが警備を負担しろと言うのもうなずける。そして、欧州が逃げ腰なのもわかる。なんせ、チョークポイントの依存度は、アジア諸国に比べて、全然低いのだ。

 中国に応援しろ、海軍を出せというと、喜んで来るだろう。もうやってるかもしれないな。日本は? いったいどうするんだろうか。

コメント

産能大、残りは16単位

2019年08月09日 | 産業能率大学

 先日受けた、産能大のスク―リングの結果が返ってきた。合格するのは間違いないと思っていたが、結果はSだった。A,B,Cの上の最高ランクである。もともとマーケケティングは、診断士一次試験で学習していたものだから、合格は当然と言えば当然なんだが。

 さて、これで、累積単位は6月の修得試験で12単位、スクーリングで4単位、合計16単位を取得。私は3,4年で32単位を修得しないといけないから、残りは、32-16=16単位だ。

 8月の習得試験で8単位、1,2月のスクーリングで8単位。これで、残りの必要な16単位は、3年で取得できる。スクーリングは、土日2日間を使う。仕事や登山などでもう予定が入ってるが、同じ産能大の年の離れた学生さんとグループ討議ができるメリットがあるから、参加したいな。

 今年で全部取得してしまうから、4年は何をやるか。好きな科目だけを選べばいいから、楽しい。それに卒業研究は何をやるか、20歳の時の卒業研究は、当時は土木工学科だったから、テーマは、「鉄筋コンクリートアーチ橋の設計」だった。この橋は、イメージで言うとお茶の水の聖橋のような橋だった。今度は人材マネジメントだから、「資格とモチベーション」の辺りを研究してみたい。まだ時間があるから、思いを巡らすのも愉しい。

コメント

花の山、ハクサン第3日

2019年08月08日 | 健康・スポーツ系資格

 最終日は、下山のみ。南竜山荘から、登ってきた道を降りる。約4時間だ。この日はよく晴れて、別山が美しい。別当出合の吊り橋を渡ってゴール。バスで白峰に降り、白峰温泉総湯で入浴。小松空港から帰宅だ。

 最後にまだアップしていない、白山で出会った花を紹介。

(ハクサンコザクラ)

(ミヤマキンバイ)

(カラマツソウ)

(オオウバユリ)

コメント

花の山、ハクサン第2日

2019年08月07日 | 健康・スポーツ系資格

 第2日はいよいよ、山頂を目指す。深い霧の中、南竜山荘を出て、エコーラインを通って、弥陀ヶ原へ、そして室堂で休憩し、御前峰を目指す。ところが雨だ。弥陀ヶ原から室堂は土砂降りになる。室堂で休憩し、雨が止むと、空身で山頂へ。小一時間で山頂へ。しかし、霧で全く見えない。残念、まあ、登れたんだから良しとするか。この日は同じルートで南竜山荘へ戻り、連泊。

(弥陀ヶ原、コバイケイソウの大群落)

(室堂ビジターセンター)

(御前峰山頂、風が強い、周りは霧で真っ白)

 さすが花の白山、花はたっぷりだ。たくさん撮ったが、名前のわからないものや、ガイドさんから教えられたが、忘れた花もあるため、これらは省略。図鑑を見てチェックしたものをアップします。

(ミヤマダイモンジソウ)

(チングルマ)

(イワカガミ)

(ハクサンシャクナゲ)

(コバイケイソウ)

(イワギキョウ)

(クルマユリ)

(クロユリ)

(クロユリの大群落)

 

 

 

コメント

花の山、ハクサン第1日

2019年08月06日 | 健康・スポーツ系資格

 全国の山には、ハクサン●●といった高山植物が多い。図鑑によると30種ほどあるという。その花の山、ハクサン(白山)に登山に出掛けた。白山は一昨年に続いて二度目である。あの時は天候が悪く、雷が鳴って山頂までは登れなかった。今度はどうか。

 小松空港から、バスで登山基地の別当出合に到着。ここから約1時間で、中飯場へ。ここで水を補給し、約2時間、甚之助小屋へ。この日は暑く、ツアーの中でも脚をつる登山者が人が続出。

 

 そしてもう少し上がり、標高約2,050mの南竜山荘へ。初日はここまでだ。別当出合が標高1,250mだから、初日は標高差800mを登る。この日は、私、ストックを使わないで登ったが、暑いので結構疲れた。

 花は、たくさん撮ったが代表的なものをピックアップ。上からセンジュガンピ、ニッコウキスゲ(黄色い花)、イブキトラノオ(縦に長い花)。

 

コメント

よかったらポチと押して下さい

人気ブログランキングへ