JN1KWRのブログ

モービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

オール横浜コンテストの賞状

2021-09-16 08:57:46 | コンテスト
 オール横浜コンテストの賞状が郵送されてきました。このご時世で中華街での表彰式が無いのは残念。一日も早く新型コロナウイルスが終息し、来年は何の気兼ねも無く市内乗り込み参加できることを願うばかりです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さいたま市巡り

2021-09-16 08:43:48 | 移動運用
9月15日

さいたま市緑区(134409):7MHz CW 1局
さいたま市岩槻区(134410):7MHz CW ●、10MHz CW ●
CAS-4A:岩槻区 CW 2局/SSB ●
CAS-4B:緑区 CW 3局/SSB ●・岩槻区 CW 1局/SSB 1局
 さいたま市中央区で10時半頃に仕事が終わりました。折角都県を跨いでいるのにこのまま帰るのも勿体ないです。平日のゲリラ運用では釣果は期待できませんが、さいたま市巡りを楽しんでみることにしました。まずは緑区と岩槻区のダブル(写真上左)。11時に緑区7MHzで運用開始。2回目のCQで早速2エリアからコールがありましたが後が続きません。岩槻区ではボウズでした。11:15からのCAS-4Aは岩槻区から。立ち上がりは遅くMEL頃になってしまいました。平日のゲリラ運用ということもありお客様は少な目。信号が弱くSSBは撃沈でした。岩槻区7MHzは2巡目もボウズ。10MHzも静かでした。11:36からのCAS-4Bは緑区からスタート。こちらの方が幾分信号が強く、岩槻区に戻ってからは終盤までよく伸びてSSBでも1局交信できました。

さいたま市大宮区(134403):7MHz CW 1局
さいたま市北区(134402):7MHz CW 1局、10MHz CW ●
CAS-4A:北区 CW 1局/SSB ●
RS-44:北区 CW 4局/SSB ●・大宮区 ●
CAS-4B:大宮区 CW 3局/SSB ●・北区 CW 1局/SSB ●
 昼食後は大宮区と北区のダブル(写真上中)。大宮区7MHzで運用開始。お昼時ということもあり空振りが続きましたが、諦めかけた頃に3エリアのお馴染みさんからコール。北区もすぐに追っかけてくれましたが10MHzは無感でした。12:55からのCAS-4Aは北区から。立ち上がりは遅く、後半になってからようやく1局交信。その後しばらく空振りしているとdupeのコールがあったのでSSBに切替えましたが撃沈でした。13:04からのRS-44は引き続き北区からスタート。昼食を終えてシャック入りした局も増えてきました。SSBは撃沈。大宮区に移ってからはループが取れず、早めに13:16からのCAS-4BにQSY。4Aよりは良好でしたが、SSBは厳しかったです。

さいたま市見沼区(13404):7MHz CW 3局
さいたま市緑区(134409):7MHz CW 2局
さいたま市浦和区(134407):7MHz CW 1局、10MHz CW ●
RS-44:浦和区CW 1局・緑区 CW 1局・見沼区 CW 1局
 次は見沼IC脇のお馴染みのトリプル(写真上右)。7MHzはトリプル合計で1ケタ止まり。10MHzはボウズでした。電離層が消滅した感じですが、平日ということもありV・UHFは期待できません。次便までやることが無くなったのでちょっとお昼寝しました。寝覚めに14:56からのRS-44。お客様がたったお一人のようなのでトリプルで軽く引き回してMEL前にさっと切り上げました。

さいたま市中央区(134405):7MHz CW 3局
AO-73:中央区 CW 6局
 八王子公園に到着(写真下左)。7MHzで時間調整しましたが、AOS直前にようやくこの日初めて鳥取市からコールがありました。15:34からのAO-73はまずまずの立ち上がりでしたが、1局交信後に他局が被ってきてQSY。周波数確保に手間取りましたが、後半に差し掛かった頃にようやく態勢を立て直すことができました。

さいたま市西区(134401):7MHz CW 3局、3.5MHz CW 12局、1.9MHz CW 3局
さいたま市桜区(134406):7MHz CW 3局、3.5MHz CW 10局、1.9MHz CW 5局
XW-2B:西区 CW 5局/SSB 1局・桜区 CW 4局/SSB ●
RS-44:西区 CW 5局・桜区 CW 5局/SSB 2局
XW-2F:桜区 CW 2局/SSB 1局・西区 SSB 1局/CW 2局
 次は荒川河川敷で西区と桜区のダブル。ここではローバンド運用を見込んで境界を跨いでロングワイヤーを張ってみました(写真下中)。7MHz、3.5MHzで軽く時間調整の後、16:29からのXW-2Bは西区からスタート。ビーコンは聞こえませんでしたが、ループはすぐに取れました。平日ですが夕方になり局数は増えてきました。後半の桜区と合わせて2ケタに乗せることができました。2巡目の3.5MHzで若干上積み。1.9MHzはまだ早過ぎるようで無感でした。16:51からのRS-44は西区からスタート。ロケの割に立ち上がりは遅かったですが、桜区に移ってからは終盤までよく伸びて、最後にSSBでも2局と交信。17:08からのXW-2Fは桜区からスタート。信号の浮き沈みは激しかったですが、両モードでダブル賞の局もありました。最後の8エリアのクラブ局はサテライトニューでした。3.5MHzは3巡目はさらにコンディションが上がり、両区とも2ケタに乗りました。まだ十分に暮れていませんが17:40頃1.9MHzにQSY。ワイヤー長は30mくらい。AH-705でばっちり同調しました。近場の直接波の他、0エリア、9エリア、少し遅れて4エリアも入感しました。

さいたま市中央区(134405):3.5MHz CW ●、1.9MHz CW 1局、7MHz CW 1局
 南区まで行って1dayさいたま市全区踏破を狙ってみたいところでしたが、残念ながら適当なパスがありません。先ほどの八王子公園に戻って軽くローバンド運用していくことにしました(写真下右)。3.5MHzはいきなりボウズ。1.9MHzも空振りが 続き諦めかけましたが、ダメ元で倉吉市の移動局をコールすると何と一発で応答。コメットさん恐るべしです。その後は再びCQ。4エリアから何度かアタリがありましたが残念ながら取りこぼしました。駐車場の閉門時刻も迫っていたのでそろそろ引き上げようとしたところで、千葉県某局から7MHzにリクエストが入っていたことに気づきました。急いでホイップを付け替え7MHzへ。数回目のCQでコールがあり、無事ニューをサービスすることができました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京23区巡り(葛飾区、荒川区)

2021-09-13 13:12:11 | 移動運用
9月12日

葛飾区(100122):7MHz CW 13局、10MHz CW 3局、14MHz CW 1局、144MHz CW 4局、430MHz CW 4局
CAS-4A:葛飾区 CW 7局
 コーヒーブレイクのため立ち寄ったコンビニでしばらく運用していくことにしました(写真左)。7MHzで運用開始。程なくクラスタに上がりましたが、次便まで時間はたっぷりあるのでちょうど良かったです。10MHzは4エリア、7エリアも入感しましたが、14MHzは近場の直接波のみでした。144MHz、430MHzもよく伸びました。10:07からのCAS-4Aは立ち上がりが遅かったうえ、周波数確保に手間取り大きく出遅れ。後半に差し掛かった頃にようやく各局からのコールが続くようになりました。信号の浮き沈みはありましたが、取りこぼしかけた局とも無事交信できました。

荒川区(100118):144MHz CW 1局、430MHz CW 1局
CAS-4B:荒川区 CW 8局/SSB 1局
 インターバルがあるので9分ほどあるので、綾瀬川、荒川、隅田川を渡って瑞光橋公園脇に土俵を移しました(写真中)。AOS まで2分ほどあったので144MHz、430MHzで慌ただしく足跡を残して10:28からのCAS-4B。立ち上がりはやや遅かったですが、信号はまずまずの強さで終盤にSSBでも1局交信できました。

 さて、LOS後は7MHzあたりから改めて地上波運用を始めようとしたところで白黒の車の来訪となりました。KCJトップバンドコンテストのため移動していた2月の青梅市に続いて今年2回目です。実は荒川区では2010年7月以来11年振り2回目なので、残念ながら職質AJAのニューではありません。合計10カ所目の大台到達は次回に持ち越しとなりました。前回同様運転免許証の他、無線の免許の提示も求められ、その後は車内のチェック。雑然としているのはさておいて、本業の道具より道楽のガラクタの方が多いのがちょっと恥ずかしかったです。後部座席に立て掛けられた数本のホイップアンテナを見て「これは釣竿ですか?」と尋ねられたのも前回同様。素人さんにはどうしてもそのように見えるようですが、「アマチュア無線は電波を使った釣りみたいなものなので、まあ似たようなもんです」と申し上げると妙に納得されていた様子でした。流石にアイボール記念撮影をお願いする訳にもいかず、次の餌食の所に移ったところを遠巻きにパチリ(写真右)。終始和やかなやりとりでしたが、やましいことが無くてもお巡りさんとのアイボールは体力、気力を一気に消耗させます。そのまま居座って運用を続けることも気が引けるのでここで運用終了。最後にもう1カ所、一門のお膝元の足立区にでも寄ってみるつもりでしたが、早めに帰って午後からASQさんのZOOMミーティングに参加することにしました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京23区巡り(港区、江東区 他)

2021-09-13 11:37:22 | 移動運用
9月12日

港区(100103):1.9MHz CW ●、3.5MHz CW 3局、430MHz CW 2局、144MHz CW 2局、7MHz CW 2局
XW-2B:港区 CW 3局/SSB 2局
AO-73:港区 CW 5局
RS-44:港区 CW 11局/SSB 3局
 日曜日早朝ということで都心部攻略に打って出ました。首都高経由で夜明け前にお台場に到着(写真左)。まずはコメットさんで1.9MHzに出てみましたが10分間空振りで残念ながらボウズ。5:04からのXW-2Bは前日同様なぜかビーコンがなかなか聞こえてきませんでしたが、ループテストをしてみるとダウンリンクは強力。SSBでも2局と交信できました。3.5MHzは近場の直接波の他、4エリア、5エリアが入感。7MHzは時間帯が早過ぎるのか国内はスキップしているようです。5:27からのAO-73はまずまずの立ち上がり。オフセット量はパス毎に変わるものの、最近はプルプルした感じは無く動作は比較的安定しているようです。AO-73初交信の局もいらっしゃいましたが、最近JAのサテライターが続々と73 on 73 AWARDを完成させているので、是非頑張って欲しいと思います。430MHz、144MHzで軽く時間調整の後、5:43からのRS-44。立ち上がりはまずまずで、各局からのコールが続きました。SSBに切替えてからしばらく空振りが続きましたが、ようやく信号が上がってきて3局と交信。終盤はCWでしばらく空振りして早めのLOSとなりました。最後に7MHzに再トライ。6時を回りようやく8エリア、4エリアが入感しました。

江東区(100108):3.5MHz CW 1局、7MHz CW 2局、144MHz CW 3局、430MHz CW 6局、10MHz CW 2局、14MHz CW 1局
XW-2B:江東区 CW 8局/SSB 5局
CAS-4A:江東区 CW 10局/SSB 7局
CAS-4B:江東区 CW 9局/SSB 9局
 次は新木場に行ってみました(写真中)。まずは地上波運用。144MHzでは某師匠からコール。足立区からにしてはやけに信号がカスカスと思ったら、何と4.5cmホイップとのことでビックリ。直接波も意外と飛んでいるようです。6:38からのXW-2Bは信号も強くSSBでも5局と交信。早めに6:46からのCAS-4AにQSYしましたが、すぐに立ち上がり各局からのコールが続きました。10MHz、14MHzで時間調整の後は7:07からのCAS-4B。このパスも良好でSSBで9局続き喉も限界になりました。最後はCWに切替えて呼吸を整えましたが、前便同様大崎市某局が某師匠顔負けの魔術でLOS際をしっかり捉えてきました。

江戸川区(100123):7MHz CW 3局、10MHz CW 2局、14MHz CW 3局、144MHz CW 3局、430MHz CW 4局
墨田区(100107):7MHz CW 2局、10MHz CW 2局、14MHz CW 4局、144MHz CW 3局、430MHz CW 4局
FO-99:墨田区 CW 5局
CAS-4A:墨田区 CW 6局/SSB 1局
CAS-4B:江戸川区 CW 13局
XW-2A:江戸川区 CW 11局/SSB 5局・墨田区 SSB 4局
 早朝からシングルでじっくり運用してきましたが、パスが目白押しの8時台は江戸川区、墨田区のダブルにしてみました(写真右)。7MHzで運用開始しましたが、近場の直接波の他は7エリア、2エリアが単発で入感する程度。10MHzは鳥取市以外オープンしていない感じ。144MHz、430MHzは直接波がよく伸びていました。8:15からのFO-99は墨田区から。苦手な衛星の一つですが、このパスもノイズが酷くて苦戦。8:26からのCAS-4Aでも十分に挽回できませんでした。14MHzで軽く時間調整の後、8:47からのCAS-4Bは江戸川区から。4Aよりはやや強い感じ。SSBは厳しそうだったのでCWで引っ張りましたが、その甲斐あって終盤でサテライト初交信の局をゲットできました。8:57からのXW-2Aは引き続き江戸川区から。出だしから好調にログを進めることができましたが、信号も強く後半はSSBのまま墨田区へ。終盤までよく伸びて久しぶりに合計20交信の大漁となりました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京23区巡り(新宿区、豊島区 他)

2021-09-13 10:20:40 | 移動運用
9月11日

中野区(100114):3.5MHz CW 3局、7MHz CW 1局、144MHz CW 2局、430MHz CW 2局
新宿区(100104):3.5MHz CW 2局、7MHz CW ●、144MHz CW 2局、430MHz CW 2局
AO-73:新宿区 ●
XW-2B:新宿区 ●
RS-44:新宿区 CW 7局・中野区 CW 2局
XW-2F:中野区 CW 5局・新宿区 CW 2局
 この日は午後からお仕事なので、近場で軽く朝稽古することにしました。まずは新宿区と中野区の境界(写真左)。5:09からのAO-73で運用開始しましたが、他局は聞こえるものの最後まで自分のループは取れず撃沈。5:19からのXW-2Bは立ち上がりが遅く、MEL頃にようやくループが取れたものの、大半の局は同時に来ているRS-44の方に行っているようでボウズでした。MEL頃にRS-44にQSYしサテライト初交信もありましたが、出遅れが響いて中野区に移ってからは早めのLOSでした。XF-2Fは杉並区あたりに土俵を移るつもりでしたが、地上波で時間調整しながら居残ることにしました。3.5MHzは近場の直接波の他、7エリアがFBに入感。この調子で7MHzも追っかけてくるかと思いましたが、中野区では遅れて登場の4エリアの局も取りこぼし。さらに144MHzで時間調整の後、6:07からのXW-2Fは中野区からスタート。立ち上がりは遅く、信号の浮き沈みも激しく苦戦しました。最後に430MHzで軽く上積みして次の土俵に向かいました。

豊島区(100116):7MHz CW 2局、10MHz CW 1局、430MHz CW 2局、144MHz CW 1局
練馬区(100120):7MHz CW 2局、10MHz CW 1局、430MHz CW 1局、144MHz CW 1局
CAS-4A:練馬区 CW 4局/SSB 1局
FO-99:豊島区 CW 1局
CAS-4B:豊島区 CW 5局/SSB 2局・練馬区 CW 4局
 次は豊島区と練馬区のダブル(写真中)。7MHz、10MHzは4エリアのみでコンディションはあまり上がっていません。さらに430MHzで時間調整の後、6:57からのCAS-4Aは練馬区から。ロケのせいもあり立ち上がりは遅め。信号も弱く苦戦しましたが、後半に一瞬の浮き上がりでSSBにもトライし1局交信できました。早めに7:06からのFO-99にQSYし豊島区から。ループは気配程度。送信固定を良いことにCQ空振りを続けていましたが、後半に入りようやく1局交信できました。7:18からのCAS-4Bは引き続き豊島区から。立ち上がりはまずまず。後半に差し掛かり信号が強まったところでSSBでも2局交信。練馬区に移ってからも終盤までよく伸びました。最後に144MHzで軽く上積みして次の土俵に向かいました。

XW-2A:北区 CW 1局
CAS-4A:板橋区 CW 6局・戸田市 CW 3局
CAS-4B:北区 CW 4局・戸田市 CW 2局・板橋区 CW 1局
北区(100117):430MHz CW 1局、144MHz CW 1局、10MHz CW 3局、7MHz CW 3局
戸田市(1324):430MHz CW 1局、144MHz CW 1局、10MHz CW 3局、7MHz CW 3局
板橋区(100119):430MHz CW 1局、144MHz CW 1局、10MHz CW 3局、7MHz CW 4局
 最後にもう一丁、荒川土手脇に寄ってみました(写真右)。XW-2Aは北区からスタート。有名移動局の運用が終了したところでシャックを離れて遅い朝食をとっている局が多いのか、信号は強力なのに空振りが続きました。MEL頃にようやくアタリがありましたが取りこぼし。しかし粘った甲斐あって終盤に師匠からコール。XW-2Aを取りこぼした某局は地上波はトリプルでしっかり追っかけてきました。7MHzでは4エリア、7エリアもFBに入感しました。8:37からのCAS-4Aは板橋区からスタート。立ち上がりは遅め。MEL近くなりようやく各局からのコールが続きました。茨城県某局は珍しく常置場所からのQRVでした。戸田市に移ってからは取りこぼしもあり、北区に移る前にLOSとなりました。2巡目の7MHzはボウズでしたが、10MHzはようやく4エリアが入感。8:58からのCAS-4Bは北区からスタート。立ち上がりは遅め。信号もいまいちだったのでSSBは諦めてCWに専念しましたが、鳥取の御大がしっかりトリプルで締め括ってくれました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

QSLカード受領チェック終了

2021-09-08 06:35:44 | アマチュア無線
 今月初めに島根県から届いたQSLカードの受領チェックが終わりました。
 1.9MHz CWがJCC500、サテライトCWがJCG300に到達。AJAは+47の大幅アップで11,192(Wkd11,518)まで伸ばすことができました。WACA(7MHz CW)は+1で残り24市、WAGA(7MHz CW)は+3で残り25郡。DXCC(CW)は 127のまま3年間進展無し。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新兵器実戦投入(ローバンド編)

2021-09-06 08:58:34 | 移動運用
9月5日

和光市(1329):144MHz CW ●、10MHz CW ●、7MHz CW 3局、3.5MHz CW 14局、1.9MHz CW 4局
CAS-4A:和光市 CW 11局/SSB 2局
RS-44:和光市 CW 12局/SSB 5局
XW-2F:和光市 CW 6局/SSB 2局
 仕事は早めに終わりましたが、天気も悪く都心部はパラリンピックの交通規制もあるので一旦帰宅。雑用や昼寝の合間に移動局の追っかけなどをしていましたが、天気も回復しそうなので新兵器のテストも兼ねて夕稽古に出掛けました。手っとり早いところで土俵はごく近場の和光市の農園です。
 HFのコンディションを反映してか、移動屋諸氏も最近144MHz、430MHzに積極的にQRVされているようです。ちょうど四日市市144MHzが1エリア向けとのことだったので早速ワッチしてみましたが、残念ながらご本尊は無感。CQも出してみましたがボウズに終わりました。16:24からのCAS-4A、16:39からのRS-44、16:53からのXW-2Fでサテライト3連発。RS-44ではSSB初交信の局もいらっしゃいました。
 さて、お目当ては新兵器AH-705のテスト。今回はローバンドで実戦投入を試みます。まずは吸盤基台で5.4m竿を立てて約6mのワイヤー。17時を過ぎ国内はスキップしているのか10MHzはボウズ。7MHzはごく近場の直接波の他、4エリア、7エリアが入感しました。3.5MHzも8エリアから4エリアまでまずまずのコンディションのようです。ここでワイヤー張り替え。踏み立て君を使ってロングワイヤーを展開。15mくらいから少しずつ継ぎ足していき、おおよそ25mほどで1.9MHzで同調が取れました。仕様では30m以上となっていますが、若干短めでも大丈夫のようです。AH-4とほぼ同じといったところでしょうか。18時前でやや時間帯が早いですが、CQを出してみると富山県、山梨県、埼玉県、鳥取県からコールがありました。長いワイヤーで3.5MHz 2巡目と思ったらチューニングが取れません。ワイヤーを4mほど短くしてOKとなりました。コンディションが上がったのかもしれませんが、最初の6mワイヤーよりも良さそうな感じです。フルサイズ逆Vを展開するのが億劫な時、コメットさんでは物足りないと思うような時に、今後新兵器の出番が増えそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新兵器実戦投入

2021-09-04 18:11:36 | 移動運用
9月4日

東久留米市(1023):7MHz CW 3局、10MHz CW 1局、14MHz CW 2局、18MHz CW ●
RS-44:東久留米市 CW 7局/SSB 3局・西東京市 CW 4局/SSB ●
 これまで使っていたATUの調子が悪くなりました。移動のメインリグがIC-705になったこともあり、このたび専用のAH-705を導入しました。早速竿を立てて試してみたくなり、本日仕事帰りに東久留米市に寄ってみました。
 吸盤で作った基台で5.4m竿を立て、エレメントは6mくらいのビニール線。地線は10mくらいを適当に這わせました。仕様では3.5MHzは7m以上のワイヤーとなっていますが、若干短くても同調しました。50MHzまで各バンド動作は良好です。
 さて、早速実践投入。10MHzで運用開始しましたがボウズ。14MHzも無感。7MHzに下りると8エリア、韓国、2エリアからコールがありました。2巡目の10MHzでは8エリアが入感。14MHzでは4エリアと近場の直接波が入感しましたが18MHzは無感。すっかり秋のコンディションになったようです。一度同調を取ればQSYはとても楽です。当然のことながら専用のATUだけあって使い勝手はとても良いです。ホイップを付け替える手間も掛かかりません。今まで以上にクイックQSYに磨きが掛かり、追っかける方は結構大変かもしれません。コイル挿入により1.9MHzでも同調したので、そのうちコメットさんとの比較もしてみたいと思います。
 雨も本降りになってきたのでさっと撤収。最後に東久留米市、西東京市のダブルで14:22からのRS-44。9月場所も無事初日が出たところで早めに帰りました。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オール横浜コンテスト結果

2021-09-03 20:15:12 | コンテスト
 7月18日に行われたオール横浜コンテストの結果が発表されました。
 青葉区に移動してFT-817にモービルホイップで参加。申告スコアから若干下がって146×15=2,190点で市内電信36局中第20位でしたが、QRP局では18局中第2位で見事QRP賞となりました。コロナ禍で恒例の中華街での表彰式が無いのは残念です。市内乗り込み参加を始めてから7年目でQRP賞は4回目。全区参加特別賞までは長い道のりですが、18区のうち何区でQRP賞が取れるかチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビューローから届いたQSLカード

2021-09-01 18:49:02 | アマチュア無線
 再配達で月初にずれ込んでしまいましたが、本日島根県から箱が届きました。積み上げた高さは25cmほど。お馴染みさんからもhQSL導入以前の紙QSLがまだ届きます。
 DXからのカードは2枚。アメリカからは2012年11月のWW CWの21MHz。何とこの局は2014年にSKされたようですが、QSLマネージャーさんがFBなカードを送ってくださいました。ご冥福をお祈りします。カナダからは2010年2月のARRL CWの14MHz。気長に待った甲斐がありました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする