いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Ubuntu 16.04 + Fcitx + RStudio 1.0で日本語を入力する方法

2016年11月02日 23時20分32秒 | RStudio
注意: この記事の内容はRStudio 1.0.143までが対象です。RStudio 1.0.153以降の記事はこちらです。



RStudio 1.0リリースおめでとうございます!

Ubuntu 14.04 + Fcitx + RStudio 0.99で日本語を入力する方法は本当にUbuntu 14.04でしか使えなかったので、今回あらためて調査してみました。
相変わらずQtのバージョンが5.4.0と低すぎるので、Ubuntu 16.04にインストールしてFcitxを使用しようとすると、RStudioをUbuntu 16.04のQtでビルドし直すか、fcitx-qt5をQt 5.4.0でビルドするかの方法しかなく、正直前者のほうが簡単のような気がしますが、リリース頻度を考えると現実的ではありません。というわけで後者のアプローチで挑戦してみました。

御託はいいという方のために、まずはインストール方法の紹介からです。プラットフォームはUbuntu 16.04の64bit版で、Rstudioのバージョンは1.0.44です。バージョンが異なる場合は適宜読み替えてください。

1. RStudioをダウンロード
ダウンロードページからダウンロードしてください。

2. インストール
Ubuntu 16.04ではaptコマンドを使えばローカルにあるパッケージのインストールができるので、この機能を使用します。

$ cd (ダウンロードフォルダー)
$ sudo apt install ./rstudio-1.0.44-amd64.deb

前に試したときと比べて大量の追加パッケージが必要になっているのが興味深いです。それだけ機能が増えているということでしょうか。

3. fcitx-qt5をダウンロード&展開&インストール
めんどいのでwgetで取得します。

$ wget http://ikuya.info/tmp/fcitx-qt5-rstudio.tar.gz
$ tar xf fcitx-qt5-rstudio.tar.gz
$ cd fcitx-qt5-rstudio
$ sudo apt install ./fcitx-frontend-qt5-rstudio_1.0.5-1_amd64.deb ./libfcitx-qt5-1-rstudio_1.0.5-1_amd64.deb

ちなみにfcitx-qt5-rstudio.tar.gzのsha256は84375fba843257d2f91af646e5196bba9f6dcfb79170c543646d7c9840c9a94fです。

4. RStudioを起動する
Fcitxが起動することを確認してください。

なお、fcitx-qt5-rstudio.tar.gzにはソースコードも含まれています。ここからビルドする方法を紹介します。
ビルドする場合は、別途仮想マシンなりコンテナなりに環境を作ることを強く強くオススメします。

1. Qtを取得する
Qtをダウンロードするシェルスクリプトを読めば取得方法はすぐにわかりますが、今回は64bit版を例にします。

$ wget https://s3.amazonaws.com/rstudio-buildtools/QtSDK-5.4.0-x86_64.tar.gz

2. 展開する
別にどこでもいいんですけど、今回は/opt以下にしました。

$ sudo tar xf QtSDK-5.4.0-x86_64.tar.gz -C /opt

3. fcitx-qt5をダウンロード&展開
めんどいのでwgetで取得します。

$ wget http://ikuya.info/tmp/fcitx-qt5-rstudio.tar.gz
$ tar xf fcitx-qt5-rstudio.tar.gz
$ cd fcitx-qt5-rstudio

ちなみにfcitx-qt5-rstudio.tar.gzのsha256は84375fba843257d2f91af646e5196bba9f6dcfb79170c543646d7c9840c9a94fです。

4. ビルドに必要なパッケージをインストールする
これでいいはずですが検証していません。

$ sudo apt install build-essential
$ sudo apt build-dep fcitx-qt5

5. ビルドする

$ dpkg-buildpackage -r -uc -b

6. 必要なパッケージをコピーする
インストールするパッケージはfcitx-frontend-qt5-rstudio_1.0.5-1_amd64.debとlibfcitx-qt5-1-rstudio_1.0.5-1_amd64.debだけです。これ以外は絶対にインストールしないでください。

想定される質問とその答え:

Q. RStudioをアンインストールしたいんですが
A. 事前にfcitx-frontend-qt5-rstudioとlibfcitx-qt5-1-rstudioをアンインストールするのが望ましいですが、別に忘れていても大丈夫なはずです。自動的に削除対象になるはずですがならなかったらごめんなさい。

Q. Ubuntu XX.XX版のパッケージは公開しないのですか?
A. しません。必要であればご自分でビルドしてください。ビルドするQtのバージョンが上がったら再検証を行いますので教えてくれると嬉しいです。

Q. Ubuntu 16.10でインストールできますか?
A. 確認していませんがたぶんできないと思います。

Q. XXで挙動がおかしいのですが
A. わかりませんごめんなさい。

Q. ビルドできないのですが?
A. 記述ミスであればご連絡いただければ修正します。私にやってほしいという場合はメールにてご相談ください。Amazonギフト券1000円分くらいでお引き受けできるのではないかと思います。

ちなみに変更点は以下のとおりです。
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/control fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/control
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/control	2015-10-30 18:38:17.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/control	2016-11-02 18:58:13.248813895 +0900
@@ -8,19 +8,17 @@
                extra-cmake-modules (>= 1.4.0),
                fcitx-libs-dev (>= 1:4.2.8),
                intltool,
-               pkg-config,
-               qtbase5-dev,
-               qtbase5-private-dev
+               pkg-config
 Standards-Version: 3.9.6
 Homepage: http://www.fcitx-im.org
 Vcs-Git: git://anonscm.debian.org/pkg-ime/fcitx-qt5.git
 Vcs-Browser: http://anonscm.debian.org/gitweb/?p=pkg-ime/fcitx-qt5.git
 
-Package: fcitx-frontend-qt5
+Package: fcitx-frontend-qt5-rstudio
 Architecture: any
 Multi-Arch: same
 Pre-Depends: ${misc:Pre-Depends}
-Depends: fcitx-module-dbus, ${misc:Depends}, ${shlibs:Depends}
+Depends: fcitx-module-dbus, ${misc:Depends}, ${shlibs:Depends}, rstudio, libfcitx-qt5-1-rstudio
 Description: Free Chinese Input Toy of X - Qt5 IM Module frontend
  Fcitx is the Free Chinese Input Toy of X, which was initially designed
  for Chinese users, and used XIM protocol. Now it has already evolved
@@ -45,7 +43,7 @@
 Description: transitional dummy package
  This is a transitional dummy package. It can safely be removed.
 
-Package: libfcitx-qt5-1
+Package: libfcitx-qt5-1-rstudio
 Architecture: any
 Multi-Arch: same
 Pre-Depends: ${misc:Pre-Depends}
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/fcitx-frontend-qt5-rstudio.install fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/fcitx-frontend-qt5-rstudio.install
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/fcitx-frontend-qt5-rstudio.install	1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/fcitx-frontend-qt5-rstudio.install	2016-11-02 18:28:49.644966838 +0900
@@ -0,0 +1 @@
+opt/Qt5.4.0/5.4/gcc_64/plugins/platforminputcontexts/libfcitxplatforminputcontextplugin.so usr/lib/rstudio/bin/plugins/platforminputcontexts/
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/fcitx-frontend-qt5.install fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/fcitx-frontend-qt5.install
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/fcitx-frontend-qt5.install	2015-10-30 18:38:17.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/fcitx-frontend-qt5.install	1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
@@ -1 +0,0 @@
-usr/lib/*/qt5
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/libfcitx-qt5-1-rstudio.install fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/libfcitx-qt5-1-rstudio.install
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/libfcitx-qt5-1-rstudio.install	1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/libfcitx-qt5-1-rstudio.install	2016-11-02 18:50:49.061389459 +0900
@@ -0,0 +1 @@
+usr/lib/*/libFcitxQt5*.so.* usr/lib/rstudio/bin/
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/libfcitx-qt5-1.install fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/libfcitx-qt5-1.install
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/libfcitx-qt5-1.install	2015-10-30 18:38:17.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/libfcitx-qt5-1.install	1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
@@ -1 +0,0 @@
-usr/lib/*/libFcitxQt5*.so.*
diff -urN fcitx-qt5-1.0.5/debian/rules fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/rules
--- fcitx-qt5-1.0.5/debian/rules	2015-10-30 18:38:17.000000000 +0900
+++ fcitx-qt5-1.0.5-rstudio/debian/rules	2016-11-02 18:14:55.890254321 +0900
@@ -9,5 +9,9 @@
 %:
 	dh $@ --parallel --fail-missing
 
+override_dh_auto_configure:
+	dh_auto_configure -- \
+	-DCMAKE_PREFIX_PATH=/opt/Qt5.4.0/5.4/gcc_64/
+
 override_dh_strip:
 	dh_strip --dbg-package=libfcitx-qt5-dbg

ポイントはdebian/rulesに追加した4行で、それ以外は正直どうでもいいです。パッケージにしたほうが管理しやすいかなと思うので体裁を整えているだけです。

ここから下は読まなくてもいいですが、私は統計のことは全く知りませんし、買った本もどっか行ってしまって発掘せねばと思っていますし、RStudioも自分では全く使わないのですが、このように入れ込む理由としては、この手のものは最近いろいろ登場しているらしいですが、やはりオープンソースであるものが望ましいと思うのです。正確さを期すためにソースまでたどって検証できるものに普及してほしいのです。
そして、そういうものはできればオープンソースなOSで使ってほしいとも思います。立場的にもその筆頭はUbuntuになるわけですが、Qtのバージョンが低すぎてFcitxが使えないというのであれば、それは私がなんとかするのが一番手っ取り早いのではなかろうかということなのです。前からこの方法で行けるのではないかという目星はつけていたのですが、実際にやってみるとやはり想定していなかったことはありまして、cmakeの知識がなさすぎて困りました。
RStudio Serverを使えばQtのことを気にしなくてもいいらしいので、そちらでもいいですし、やはりデスクトップでも使いたい場合はこの方法を試してもらい、存分にオープンソースなOS、特にUbuntu上でRStudioを使ってほしいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ルーターをWXR-1900DHP2に買... | トップ | 日経Linux 12月号で執筆しました »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Qtのバージョンアップ (あーる一郎)
2017-08-23 19:31:14
はじめまして。fcitx-qt5非常に助かっており、ありがたく使わせて頂いております。
さて、RStuido 1.0.153からQtのバージョンが5.4.2に変更されています。なお、RStudio 1.0.143まではQt5.4.0でした。

ちなみにQtのバージョンが変わったためか、現行のfcitx-qt5をRStudio1.0.153で利用するとRStudioが起動中に落ちるという現象が発生します。
ご報告ありがとうございます。 (いくや)
2017-08-23 20:25:21
できる限り早く確認しますが、週末になるかもです……。
取り急ぎ (いくや)
2017-08-24 00:41:50
パッケージをアップロードしました。
http://ikuya.info/tmp/fcitx-qt5-rstudio-qt542.tar.gz
です。sha256は
aa756747698341f3883fdb99a9e396b946697ef2c0fd30074972ffd1e6f7211c
です。

上書きすればいけるはずです。
ありがとうございます (あーる一郎)
2017-08-25 23:39:41
早速のご対応、ありがとうございます。

本日は残念ながら試す余裕がありませんので、明日にでも試してみます。
動作確認できました (あーる一郎)
2017-08-26 21:31:41
アップロードして頂いたファイルをRStudio 1.0.153へ適用してみたところ、RStudioは問題もなく起動。起動後、各paneの入力可能箇所で一通りの日本語入力を試してみましたが、以前のバージョンのように快適に動作することが確認できました。
これで、最新版を用いた環境でも快適に作成ができそうです。ありがとうございました。

以上、簡単ですが報告まで
ご確認ありがとうございました。 (いくや)
2017-08-26 23:15:56
安心しました。
これでまたUbuntu+RStudioをバリバリと使っていただければと思います。

コメントを投稿

RStudio」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事