いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

オープンソースカンファレンス2018 Kyotoが無事に終了しました。

2018年08月06日 00時15分22秒 | 日記
オープンソースカンファレンス2018 Kyoto

Ubuntu Japanese TeamならびにLibreOffice日本語チームのブースやセミナーに来てくださった皆様、誠にありがとうございました。

一日目(8/3)
プレゼン資料ができていなくて、主に作成作業をやってました。
お昼は炎天下の中びっくりドンキー、夜はだいこんのはなに行きました。
だいこんのはなでは、珍しく我々のみでした、いつも他の人たちもいるのですが。
結局プレゼン資料は開催中にはできず、家に帰ってから完成させました。

二日目(8/4)
二日目ってどうやって行くかいつも迷うのですが、今回は初めて東福寺乗り換えのJRにしてみました。おそらくこれが正解ではないかと思いましたが、嵯峨野線が超混みまくりでびっくりしました。
着いてからたまにブースで説明したり、いろんな方とお話しているうちにお昼になってしまい、セブンイレブンのパンを買って食べました。
いつもUbuntu Japanese Teamのセミナーではジャンケン大会をやっているのですが、今回はプレゼントできそうなものがなかったのでどうしようかと考えた結果、『ざっクリわかるUbuntu 18.04 LTS』と『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.8』と国立公文書館で販売されている平成クリアファイルの3点セットとしました。
2つに分けたほうがいい気もしましたが、日経Linux7月号の付録DVDを参加者全員プレゼントとしたので、1回でもまぁいいかと思いました。
Ubuntuの方は予定していた時間で予定していた内容を喋ることができました。立ち見が出るほどの盛況でありがたかったです。発表資料です。
LibreOfficeの方はそもそも事前登録者が2名ということでどうしたものかと思いましたが、蓋を開けてみると10名前後の参加者がいてホッとしました。発表資料です。当初公開はしないつもりでしたが、内容を見返してみると特段問題ないように思いました。
というか、当たり前ですがどちらも発表資料は補助的なものなので、これだけ見てもさっぱりわからないと思います。
夜ご飯はイオンモールKYOTOの清十郎に行きました。お好み焼きも焼きそばももちろんおいしかったのですが、今度はもんじゃ焼きも食べてみたいですね。

セッション2連続は一度やってみたかったのでそれはよかったのですが、準備する時間が半端ないので現実的にはかなり難しいなと思いました。
どうしてもこの手のイベントでないとお会いできない方もいて、そういう方とお話できるのもOSC京都の醍醐味ですね。

ちなみに8/5は京都観光に行ってきました。藤森神社-宇治発電所-夷川発電所-平安神宮-浜大津というコースです。これだけ見てもどういう意図があったのかさっぱりわかりませんね。
最高気温が39.5度とか40度とかいわれる中(どっちも変わらないわな)、無事に生還できて本当によかったと思います。

コメント

#技術書典4 に参加します!

2018年04月17日 22時46分17秒 | 日記
技術書典4に参加します!

ということでよろしくお願いします。詳しくは上記のリンクで。

泡沫弱小サークルなので持ち込み部数は少ないですけど、それでもまず売り切れないだろうという量は持っていくので(物理と電子書籍をあわせて)、目当ての買い物が終わった後にふらっと寄ってくださると嬉しいです。
コメント

今年行ったところ・観た映画

2017年12月31日 20時44分50秒 | 日記
まずは観た映画から。

1月6日 ポッピンQ
10月8日 劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~
11月26日 ご注文はうさぎですか? Dear My Syster
12月15日 ご注文はうさぎですか? Dear My Syster
12月15日 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

少ない……。観たかったけどどうしても観られなかったものあるので(『きみの声をとどけたい』とか)、どこかでリカバーしたいところです。
ごちうさ1回目は川崎で観ました。川崎で観て梅田で観ないのも変なのと、ガルパン最終章の直前だったのでちょうどいいタイミングだったので2回観ましたが、やはり面白いですね。フィルムはどちらも外れでした。
ユーフォはキャストと監督の舞台挨拶付きのやつでした。

去年は行ったイベントも書いていたのですが、今年は0でした。まぁ舞台挨拶はイベントといえなくもないですが。

今年行ったところは次のような感じです。

2月12日 東京国立博物館
3月18日-20日 舞鶴
4月9日 技術書典
6月4日 阪神基地隊
6月10日 横須賀
7月1日 藤森神社(あじさい)
7月12日 船の科学館
7月29日 舞鶴
8月4-5日 OSC2017 Kyoto (京都)
8月6日 鞍馬寺とか
8月13日 神戸港
9月16-18日 佐世保
10月14日 呉
11月23日 カラオケ(秋葉原)
11月24日 横須賀-江ノ島
11月25日 大洗
11月26日 川崎
12月3日 船の科学館・Ubuntuオフラインミーティング(東京)

もともと今年中に横須賀・舞鶴・呉・佐世保に行くつもりだったのでコンプリートしたのは既定路線ですが、今年は呉に行く予定はなかったものの、「かが」が来るというのでは行かないわけにはいきませんでした。なにせ現段階で海上自衛隊最大最新の護衛艦ですから。


佐世保は台風が直撃して、JRが全線運休するというレアな体験をしました。鉄道での移動は予定していなかったので事なきを得ましたが。
セイルタワー(事実上博物館)に行くという目標は達成しましたが、自衛隊の敷地内に入ることはできなかったので、また行きたいところです。

そもそも3月の舞鶴に行くまでは護衛艦には特に興味がありませんでしたし、目的も海軍記念館でした。

護衛艦はそのついでくらいに思っていたのですが、やはり実物があるのはいいものです。3次元最高。
護衛艦は英訳するとdestroyer、さらに訳すと駆逐艦なので、旧海軍時代の戦艦や巡洋艦と比べると規模が小さくなるわけですけど、いかんせん写真や少しの映像にしか残っていませんから。

6月10日のことはすでに書きましたが、『はいふり』の舞台訪問も少しだけしています。

例の神社ですね。

8月13日は神戸港に写真を撮る練習をしに行きました。来年もこのような機会を設けたいところです。


旧海軍時代の軍艦艦艇船舶その他もろもろは全然残っていませんけど、その唯一の例外が船の科学館にある特務艦宗谷(南極観測船宗谷として知られていますが)で、昭和13年の建造なので旧海軍時代の軍艦艦艇船舶その他もろもろはこんな感じだったのだろうと推測できてすごく楽しいです。


大洗は毎回何かしら楽しいことがありますが、今年もとても楽しかったです。クイズを解きながら回ったのですが、これが難しいのなんの。まず暗号を解かないと問題文がわからず、暗号を書いても旧仮名遣いでそれを読み下す必要があり、クイズ自体も大洗にまつわる超難しいものでちょっとやそっとでは解けず、正解も旧仮名遣いというどれだけ無理ゲーなんだという感じでしたが、なんとか解くことができました。

幕末と明治の博物館は貴重な展示物のオンパレードだったので、また行きたいです。当分先になるでしょうが……。

書くことが尽きない感じなのでこの辺にしておきます。そろそろ年越しそばの準備を始めないと。
今年は旅費がとんでもないことになったので来年は抑えたいところです。とはいえ来週の3連休はすでに呉に行くことが決まっていますが……。

おっさんになってから何かを始めても記憶力が悪くてまるで覚えられず、そのあたりは学生には到底勝てないわけですが、現地に行って実物を見ることができるというのはアドバンテージかなと思います。なので出来る限り現地で実物を目の当たりにし、興味を持って理解を深めていきたいところです。
コメント

ウェポン・フロントライン 海上自衛隊 イージス 日本を護る最強の盾 Blu-ray

2017年06月24日 23時39分05秒 | 日記
ウェポン・フロントライン 海上自衛隊 イージス 日本を護る最強の盾 Blu-ray
クリエーター情報なし
松竹


タイトルのとおり、1時間45分くらいでイージス艦のことをよく知ることができます。
前半1時間がみょうこうとあたごの解説で、いずれも舞鶴所属ということで舞鶴に関する説明もあったりします。おかげでまた行きたくなりました。
残りがきりしまとてるづきで、こちらはどちらも横須賀です。横須賀の紹介は特にありません。そらそうか。


舞鶴で見たみょうこう


メンテナンス中のあたご。海上から撮影

実際の戦闘訓練に合わせて解説してくれるので臨場感がありますし、それぞれの武器の使い方もよくわかります。もちろん艦内の紹介もあります。
戦闘で興味深かったのは艦砲射撃でしょうか。今ですら難しいのに(そらそうだ)、ヘンダーソン基地艦砲射撃とかよーやりましたよねぇ(失敗したけど)。
舞鶴港に入港するので艦長操艦もあります。海軍時代からの伝統として(?)今でも入港時に艦長操艦やってるって頭では知っていましたけど。

映像特典は約21分間で、ぬーさん(沼倉愛美さん)と岡部いさくさん(そういえば大洗で実物を見たなぁ)がきりしまの案内をしています。これも必見ですね。
この前横須賀に行ったときはきりしまはいなかったんですよね……見たかった……。

というわけで、護衛艦好きな人にはAmazon価格(2500円くらい)だと買いではないでしょうか。
コメント (2)

JR東海ツアーズで日帰り旅行

2017年06月11日 16時26分43秒 | 日記
4/9の技術書典2、そして昨日(今日もやってますが)のよこすかYYのりものフェスタ2017は日帰りで行ってきました。


上甲板を見学できた護衛艦いかづち(DD-107)。いい天気ですねー。

技術書典2は言わずもがなですが、海上自衛隊横須賀基地の敷地に入るのはこのようなイベントでもない限り非常に難しいので、チャンスだと思っていくことを決めました。

利用したのはJR東海ツアーズのプランで、技術書典2のときは「日帰り1day東京スペシャル(関西地区発)」、横須賀のときは「日帰り1day横浜スペシャル(関西地区発)」です。プラン検索で日数を「日帰り」にするとこのプランが表示されます。
なお、首都圏(東京・品川・新横浜)から関西(京都・新大阪)へのプラン、ちょうど私が使ったのと逆のプランもあります。

普通に新幹線(のぞみ)に乗ると往復で29000円くらいしますが(定価)、このプランだと20000円前後なのでかなりお得です。

ネット申し込みは3日前までできると書いてありますが、チケットを手配できるとは書いていません。よって、希望のチケットを取りたい場合はできる限り早く、1ヶ月前程度には申し込むのがポイントです。具体的に、技術書典2の時は2/21、昨日の横須賀は5/14に申し込んでいます。

プランと旅行日を決めたら、乗車する新幹線の時間を第3希望まで申請します。私の場合概ね行きは6時台前半、帰りは21時台前半で、行きはできる限り遅い時間、帰りはできる限り早い時間にしているものの、2回とも6:20発ののぞみです。ということは、早起きすることと車内で寝ることはほぼ必須です。どちらも苦手という方は利用するのは難しいでしょう。私は往復ともに気づいたら名古屋というのがいつものパターンなので、睡眠時間が短くてもなんとかなります。

話が前後しますが、希望どおりの時間が確保できてから料金を支払い(私の場合はカードで引き落としです)、チケットが郵送されてくるのでそれを当日忘れずに持っていきます。郵送は必須ではありませんが、今は送料がかからないのでそうしています。JR東海ツアーズの窓口がある場合はそこで受取もできるようです。
希望どおりの時間が確保できなかった場合は一応別のもっと遅い時間で確保してくれますが、滞在時間が短いと使う意味がありません。期日までに入金しないとキャンセルになります(当然ですが)。

JR東海ということは、新幹線は必ず東京-新大阪間です。新大阪より西はJR西日本の管轄になります。これも一つのポイントで、大阪以西以南にお住まいの方は使いにくいかもしれません。もちろん寝過ごして気づいたら新神戸ということもありません。

日帰り旅行は一発勝負なので、体調管理が重要です。あとは体力も。どちらも睡眠である程度はなんとかなります。

当日の心構えは前述のとおりですが、落とし穴として少なくともJR新大阪駅内のコンビニはセブンイレブンだからか朝7時からで、駅に着いたときにはやってません。コンビニで買い物する必要がある場合は事前に寄っておくか、東口付近のローソンに行くのがおすすめです。

このプランにはクーポンがついてきます。関西発だと1000円、首都圏発だと3000円のようです。うらやましい。私は到着してすぐに朝ごはん代に使ってしまいます。具体的には崎陽軒のシウマイ弁当とお茶を買ったら1000円をちょっと切るくらいで、お釣りは出ませんがそのくらいはいいでしょう。

あとはただひたすら遊び倒し、帰りの新幹線に遅れないようにすることが重要です。指定席でも乗り遅れたら自由席というような優遇はないので、普通の代金を支払うことになってしまうと思われます。
昨日は8:32新横浜着、21:19発で滞在時間は約13時間もあります。これだけあればそれほどせかせかしなくても充分に堪能できますが、それでも楽しい時間が過ぎるのは早いです……。記念館三笠にあんなにいることになるとは思いませんでした……。

というわけで、お金も時間もないけどピンポイントで旅行したいという場合はJR東海ツアーズの日帰りプランがおすすめです。
コメント (1)

映画 『連合艦隊』

2017年05月28日 18時11分41秒 | 日記
連合艦隊(劇場公開版) [東宝DVD名作セレクション]
クリエーター情報なし
東宝


正直なところあまり期待していなかったのですが、結構よかったです。ちなみに1981年の映画です。
真珠湾攻撃のちょっと前から始まって(真珠湾攻撃のシーンは『トラ・トラ・トラ!』の映像をそのまま使っていて一体何考えてたんだ当時の東宝……)、大和が沈むところまでです。
大和はまぁわかるんですが、レイテ沖海戦で空母瑞鶴がかなりピックアップされていたのが印象深かったです。飛行長は平田昭彦(1984年没)ですしね。

基本的には家族とか恋人とかのお涙頂戴ものでもあるので、『シン・ゴジラ』で庵野監督はこういうものを求められて拒絶したのかなと考えると、なかなか微妙な気分になれます。

大和の沈没シーンは記憶に残ると言うかトラウマになる人もいるかも知れませんが、おそらくあんな感じだったのでしょう。
コメント

映画 『トラ・トラ・トラ』

2017年05月28日 17時56分08秒 | 日記
トラ・トラ・トラ!(ニュー・デジタル・リマスター版) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


1970年の映画で、実物大長門のセット作っちゃった(・ω<)というのは知っていたのでこれを機会に観てみたのですが、いやあ、なかなかすごかったです。
タイトルのとおり真珠湾攻撃の前後のみなのですが、それで149分とか……。
本物の真珠湾でゼロ戦っぽいものを飛ばして戦艦を攻撃しまくるという大胆不敵で、スケールの大きさにただひたすら驚きました。そして大赤字という……。
おまけも豊富で、メイキングも90分くらいあってかなり楽しめましたし、日米の専門家が真珠湾攻撃に関して解説している映像も入っており、わりと新しめの解釈かなと思ったら2001年とか、これで1000円切っているなら購入しない理由がちょっと思いつきません。

まぁ確かに1970年といえばベトナム戦争がかなり泥沼化していた頃と記憶しているので、映画であっても米軍がボコボコにされるものは観たくなかったという心情は理解できる気がします。
コメント

映画 『ハワイ・マレー沖海戦』

2017年05月28日 17時26分21秒 | 日記
ハワイ・マレー沖海戦 [東宝DVD名作セレクション]
クリエーター情報なし
東宝


ずっと観たかった戦意高揚映画です。すなわち戦時中に製作・上映された映画ということですね。
真珠湾攻撃(ハワイ沖海戦)が1941(昭和16)年、この映画が上映されたのは1942年です。Sir Paul McCartneyの生まれた年ですね!

映画としては正直なところ退屈ですが、なにせどれもこれも貴重な映像のオンパレードですし(予科練ではマジで釣床で寝てたんですか?)、特技監督は円谷英二ですし、最大のチートとしてところどころで実戦の映像が使われているのですよね!
海軍省が非協力的で正規空母の取材や撮影が許されなかったというのは非常に惜しいです。映像が残っていると良かったですよね……。
逆に陸軍省は協力的だったらしいので、そっちの映画も観てみたいですが。

ラストは軍艦マーチで終わるのですが(大本営発表では、海軍の戦果が発表される場合はこの曲が使われていたとのことなのでこれ以上にない選曲なのですが、今となってはそんなこと知っている人のほうが少ないという……)、何故か陸奥と長門が主砲を発射するシーンがあったりして、これも見どころではないかと思います。開戦劈頭では2艦ともこれらの海戦には参加していない(岩国にいた)ので、理由がよくわかりません。

映像特典して、円谷英二特技監督の遺作が収録されています。大阪万博のイベント用だったらしく単体で観る分には何ら意味があるものではありませんが、特撮技術の凄さはよくわかりました。
コメント (2)

映画 『日本海大海戦』

2017年05月28日 17時11分49秒 | 日記
日本海大海戦 [東宝DVD名作セレクション]
クリエーター情報なし
東宝


昨日は5月27日、海軍記念日だったのでずっと映画を観ていました。
この日は1905年5月27日に日露戦争で大日本帝国海軍連合艦隊がバルチック艦隊を破った日に由来するので、まさに当日観るのがピッタリの映画です。
購入は去年11月3日で、観るのは2回目です。前回はオリジナルモノラル音声で観たので、今回は5.1chミックスで。1969年の作品の音声を2001年にリミックスできるって一体どういうことなんでしょうね。物持ち良すぎでは。
タイトルのとおり日露戦争もので、主人公は三船敏郎演じる東郷平八郎、人気の広瀬中佐は若き日の加山雄三が演じています。
浅学非才の身なので、なぜ広瀬中佐にあんなに人気があったのかよくわかりません。今は亡き万世橋駅のところに像があったくらいですからねぇ。

見どころはなんと行っても特撮シーンで、円谷英二特技監督の映画での遺作になっています(1970年没)。
私が知る限りでも概ね史実に沿っているので、日露戦争に興味があるなら観てみてもいいのではないでしょうか。

ラストは戦争に勝ったバンザーイという感じで終わっているわけではなく、東郷平八郎の謙虚なところが強調されて終わっていますが、晩年はいろいろと要らんことを言っていることを考えると、なんだかなぁという感じです。
コメント

#技術書典2 の参加レポートと、vol.6と総集編1のダウンロード販売開始

2017年04月10日 23時00分14秒 | 日記
まとめてになって恐縮ですが。

#技術書典2 え-14 team zpn でした!
参加レポートです。

『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ vol.6』発売開始!

『うぶんちゅ! まがじん ざっぱ~ん♪ 総集編1』発売開始!

よろしくお願いします!
コメント