いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

続々々・AMD Ryzen 7 2700X + GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFI セット(以下略)

2019年10月14日 18時02分56秒 | PC
続々・AMD Ryzen 7 2700X + GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFI セットを買ってえらい目にあった話

久しぶりに帰ってきたこのシリーズ。

①ビデオカード替えた
CUDAを使用するために
MSI GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6936
MSI COMPUTER
MSI COMPUTER

を買いました。
速度的には充分ですが、プロプラなドライバーを使用しているのは負けた気分になりますよね……。
Radeon RX 5500とかどうかしら……。300Wの電源なので、まずは電源を替えるところからしないといけない気がするのですが。ケーブルもごちゃごちゃしているので、それも解決したいところです。

②SSDを替えた
に初代WD Black NVMe SSDに替えたと書きましたが、起動時にSSDを見失う現象はどうしても出てしまい、困っていたのでCrucialのSATA SSDに変更していました。
ただ、今度はバックアップをどうしようということで、やはりNVMe SSDを購入してSATA SSDはバックアップに回すかーと考えて品定めをしていたら、
【国内正規代理店品】WD 内蔵 SSD M.2 2280 / WD BLACK SN750 NVMe 500GB / ハイパフォーマンス SSD / WDS500G3X0C-EC
WESTERNDIGITAL
WESTERNDIGITAL

NTT-X Storeで買いました。ビルドの速度にストレージの速度は無関係であることはわかっているのですが、これが1万円を切っていたら買ってしまいますよね……?

当初はCloneZillaでクローンしようかと思ったのですが、うまく動かなかったのでバックアップを取った上でGPartedのパーティションをコピーする機能でクローンしたら、何の問題もなく動作しました。
コピー元のパーティションがコピー先のバーティションよりも大きかったので、事前に縮小する必要がありましたけどね。

パーティションをコピーするとUUIDも引き継がれ、同じPCに同じUUIDのパーティションが複数存在する自体になって、これはいかんということでバックアップ用のSSDは別のものに差し替えることにしました。しばらく保存後、問題なければフォーマットして別なことに使用します。

バックアップはもちろんTimeShift+オレオレ翻訳です。

使っている時間が特に長いわけではないのですが、どんどん強化されていきますね……。次はメモリーあたりかもしれません(おいおい)。いや電源かなぁ……。
コメント

日経Linux 2019年 11 月号

2019年10月13日 22時26分23秒 | Ubuntu
日経Linux 2019年 11 月号
日経Linux
日経BP


発売日は8日ですが、諸般の事情で受け取りが今日になりました。というかクロネコDM便はぼっちに厳しすぎませんかね……。

特集1の記事をいくつか書かせていただきました。どれか推測してみてください。
編集さんのスーパー編集術で書きたいことは全部書けた(枠内に収まった)ので、とても満足しています。

日経Linuxは(も)OSC KyotoとかでUbuntuの記事が掲載されているということで展示しているのですが、「日経LinuxはXX(XXは人による)の記事ばかり」という声を耳にするので、じゃあ今まで誰も読んだことがないものにしてやるわいという基準でネタを選定しました。でもそれをやると数が書けないんですよね。そんなに豊富にネタがあるわけじゃないので。
全部が全部読んだことないものということはないのですけど(他誌に書いたことのあるネタも再利用していますしね)、どれかは刺さるものがあると嬉しいなぁと思います。

日経Linuxは創刊20周年ということで、おめでとうございます。
DVDには一部の記事のバックナンバーが収録されていますが、2008年8月号の特集1は私たちで書いたものでした。Ubuntu 8.04 LTS……遠くになりにけり……。
正直書いた記憶はさっぱりありませんが(元原稿も喪失したようです)、11年前はこんな感じだったと読んでいただけると嬉しいです。

古い記事に目を通してみましたけど、1999年はオフィススイートということで、OpenOffice.orgのリリース前(!)なので今生きているものは何もないですね。
2000年のGNOMEは、GNOME 1.0とか1.1とかで、Sawmill(現在はSawfish)が紹介されていたり、Nautilusがまだなかったり、すごすぎる時代ですね。著者も含めて。
2001年はLinux 2.4って、そういえばDebian Sargeは2.2と2.4もどちらも使うことができましたねと思いだしたり。
2002年は無線LANって、クライアントがPCMCIAとか懐かしすぎて泣けてきました。

……キリがないのでこの辺にしましょうか。ではでは、よろしくお願いします!
コメント

Ubuntu Weekly Recipe 第588回 TimeShiftでUbuntuをホットバックアップする 2019年版

2019年10月02日 22時32分07秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第588回 TimeShiftでUbuntuをホットバックアップする 2019年版

最近リバイバルの記事が多くない? ネタ切れなの? と思われたかもしれませんが、半分正解で半分違います。
どちらも古すぎて全く参考にならないのですよね。なので読んですらいません。

諸般の事情でUbuntuでいい感じに動くバックアップソフトを検証していて、このTimeShiftを再検証していたのですが、こりゃいいやとなったのです。
理由は本文中にもあるとおり、コマンドラインからのバックアップをうまく使うことができそうだからです。

とはいえTimeShiftは全然使っていなかったのかといえば全然そんなことはなく、ふつーに使っています。このメインPCにもインストールしていて、自動的にバックアップを取っています。もちろんシステムだけです。

モノになるかどうかはわかりませんけど、英語のメニューだけで寂しいのでちょこちょこと翻訳をはじめました。


コメント

Ubuntu Weekly Recipe 第586回 waifu2xで画像をきれいに拡大する

2019年09月18日 21時07分51秒 | Ubuntu
Ubuntu Weekly Recipe 第586回 waifu2xで画像をきれいに拡大する

書いたのはざっクリわかるVirtualBox 6.0対応版の宣伝のためですが、正直ネタのストックがこれしかなかったというのも大きいです。はて次は何を書こう。
でも一番時間がかかったのはサンプル画像の選定です。いっぺんしらせの写真を使ってみたいなぁと思っているのですが(役所の写真なので著作権的にも問題ないはず?)、サイズが合わず、今度は古写真を使おうとしたものの、これもいいのがなく、自分で昔撮った写真にするかと探していたらこれを見つけました。解像度的に横2000ピクセルくらいのを探していたのです。まぁまぁ人に見せても恥ずかしくない写真かなと思いますし。

ベンチマークは本気で頭抱えたというか、Ryzen 7 2700X遅すぎとか、Raden RX 560遅すぎとか、こっちはプロプラなドライバーだと速いかもしれませんけどね。
うちには検証用のIntel CPU搭載機がないのですが、たぶん第6世代以降のCore MAだとBeignetでもそこそこ速度が出る気がします。

あまりそんな気はなかったのですが流れで最後にSDの宣伝も入れることができてよかったです。

まぁいずれにせよ、GPGPUで高速に小さな画像を拡大したい場合はwaifu2xを使ってみてください。

ちなみにざっクリわかるVirtualBox 6.0対応版の売れ行きは非常に悪いです、はい。まぁ何となく使えるし解説がいらんのかもしれませんね。
コメント

Software Desgin 2019年10月号 Ubuntu Monthly Report 【113】UbuntuでRyzen 5 3600を使用する際の注意点

2019年09月18日 20時42分17秒 | Ubuntu
ソフトウェアデザイン 2019年10月号
SoftwareDesign編集部
技術評論社


内容はおおむねタイトルどおりですが、プラスアルファでベンチマークもあります。というかベンチマークが本題かもしれませんね。
Ryzen 7 2700Xを搭載したPCはこんなだし(実はまだ続きがある)、ビルド専用にし、検証用にRyzen 5 3600を購入することにしました。
以前コメントOWL-IE5CU3Bを教えていただいて、マジで検証用にピッタリのPCになりました。ただ、いくら5インチベイが空いてるからって小さなケースに入れるもんじゃないですね。組むのにめっちゃ苦労しました。
ビデオカードはRD-R7-250XE-LE1GB/D5/1STにしようかと思ったのですが、まさかの故障で新規に購入することになりました。しくしく。とはいえ1スロットのビデオカードしかないのでほとんど選択肢がないんですよねぇ。AMDももっと頑張れ。

使用したパーツは次のとおりです。
AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
AMD
AMD

ASRock AMD B350チップセット搭載 Mini-ITX マザーボード AB350 Gaming-ITX/ac
ASROCK
ASROCK

ADATA AX4U320038G16-DB10 XPG GAMMIX D10 デスクトップPC用メモリモジュール PC4-25600(DDR4-3200) 16GB(8GBx2枚組) ヒートシンク付 ブラック
ADATA
ADATA

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD1/JP
Crucial(クルーシャル)
Crucial(クルーシャル)

MSI GeForce GT 1030 2G LP OC グラフィックスボード VD6348
MSI COMPUTER
MSI COMPUTER

オウルテック 5.25インチベイ内蔵専用HDDケース 2.5インチ&3.5インチHDD各1台簡単増設 SATA接続 フロントUSB3.0(2ポート)付き Windows8.1対応 ガチャポンパッダイレクト ブラック OWL-IE5CU3B
オウルテック
オウルテック

IN WIN Mini-ITX Mini-DTX 超スーパー ミニタワーPCケース 黒 IW-BP671B/300H
IN WIN
IN WIN
コメント (2)