いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

NEC PC-98NX MateとDebian Sarge

2006年08月31日 23時41分36秒 | Debian
仕事でMY26X/R-Jを触る機会があったので、戯れにSargeのインストーラを動かしてみました(注: インストールはしてません)。
標準ではHDDは見えるのにCD-ROMドライブは見えないという謎の状況だったのですが、BIOSの設定を変更するとHDDもCD-ROMも見えるようになりました。
HDDはメーカ不詳(といいつつSeagateなんですが)の80GB SATAですが、これがなぜかata_piixで見えてます。しかし/dev/sdaが割り当てられていて謎です。
CD-ROMドライブはIDE接続なのに/dev/sr0が割り当てられてましたが、BIOSの設定変更によって/dev/hdaに割り当てられました。これで見えるようになったんだと思います。

LANはr8169で認識してましたが、Xは残念ながらi915なんでダメだと思います。まぁvesaにするとかbackport.orgのX.OrgにするとかIntel純正ドライバを突っ込むとか回避方法はいくらでもあるので、それほど致命的にはならないと思います。

前記のとおり実際にインストールはしていないので、ひょっとしたらGRUBのインストールにこけるとかトラップはあるかもしれませんが、現在販売されているメーカ製PCにSargeをインストールしたいという場合は、考慮してみてもいいんじゃないでしょうか。もちろん無保証ですが。

ただし、中身を見てみるとそのへんのショップブランドPCのほうがいいパーツを使ってるんじゃないか、と思ってしまったのは事実です。まぁ本当にそうなのか断言できるものではありませんが。
極限まで原価を切り詰めコストダウンし、もし壊れてしまった場合は3年パーツ保証(パーツは無償で交換するものの、サービスマンの費用は別途請求)で対応するという方針なんですかね。
NECもただのPC組み立て屋になってしまったんだなぁと思うと感慨深いものがありますが、ローエンドPCで価格競争力をつけるためにはそうならざるを得ないんでしょう。
コメント

今日のUbuntu/Kubuntu Edgy

2006年08月31日 22時48分18秒 | Ubuntu
なんだかよくわかりませんが、アップデートがやたらたくさんあります。
vacが終わったということなんでしょうか?
でもgutenprintはまだなんですよね…しくしく。
コメント

Good Vibrations: 40th Anniversary Edition

2006年08月30日 21時14分04秒 | 音楽
Good Vibrations: 40th Anniversary Edition

げと。
Beach Boysファンは買わなきゃダメですよねぇ。

1曲め…ふつーのシングルバージョン
2曲め…どっかで聴いたことある
3曲め…聴いたことないけど、新鮮味は特になし
4曲め…オケのステレオバージョン。単体では聴いたことない
5曲め…どっかで聴いたことある
6曲め…ふつーのシングルバージョン
という感じでした。
まぁ記念ですからね。

リアルステレオバージョンがないのは残念ですね。
未だにセッションテープが見つかっていないんでしょうか。

一緒にPet Soundsの40周年記念盤も買いましたが、まだ堪能してません。
でもDVDはまじですごいですよ。英語字幕もないのは困りますが…。
コメント

飛び回る日々

2006年08月29日 22時33分57秒 | 日記
月…寝屋川
火…あびこ
水…富田林
木…未定(寝屋川か池田?)
金…未定(寝屋川か池田?)
池田は来週になるかも。
会社は新大阪。

ってか、こんなことしか書くことないですなぁ。

追記(8/31):
木金にどっか行くことはなくなりました。
ただ、来週早々からまたとあるところへ行くことが決まってます。

さらに追記(9/1):
今日は急遽高槻に行ってきました。
コメント (2)

scim-bridge 0.4.1

2006年08月28日 00時33分47秒 | Ubuntu
edgy-experimentalに投入しました。
私の要望も採用していただけました。

様子を見ていい感じであれば、dapper-experimentalにも投入して、常用しようと思っています。
コメント (2)

コミトレ行ってきました

2006年08月27日 21時39分23秒 | 日記
予告どおり(?)コミトレ行ってきました。
朝目が覚めたら10時すぎでちょっとびっくりしましたけど、それでもきっかりストパニ見て(ぉ 出たら、1時ちょっと前につきました。
なにはともあれ本日の目的である"true colors8"をゲットして(残り数冊でした)、あとはぷらぷらと見て回りました。
なんといいますか、回ってる間にゴキゲンになってしまったのですよ。私としては珍しく、1時間半もいました。買ったのは上記の1冊だけでしたけどね。
5号館単独開催なので全部見て回れる規模ですし、かといってジャンルも適度にばらけていますし、売り切れもそこそこあったもののおおむねいろいろありましたし、野郎ばっかりかと思ったら女性も多く、しかもかなり高い確率でコスプレをしていて(いったい何人ハルヒがいたんだ…)、ここはいったいどこなんだろう感がありましたし、BGMもかかってましたけど知らない曲ばかりで、それもここはいったいどこなんだろう感を高め、無駄にハイな気分になってしまったのだと思います。
エロゲーメーカーの企業ブースで無駄にでかいビニール袋をもらったり(そんなに買わないし、そもそもそんな袋下げて歩けません。。)、コスプレは女装禁止なのに男装はOKだったり(私が確認したのは種のラスボスでした。名前は覚えていませんし、思い出したくもないですが)して妙な理不尽さを感じたり。まぁ男装は見たいですけど女装は見たくないですけどね。個人的には。
あとは無料ドリンクコーナーで受注生産のホットコーヒーを飲んだりとか、よさげなゲームがなかったのがちょっと残念とか、コレの引換券をもらったりとか、まぁそんなところでしょうか。
とりあえず次も行こうと思います。

インテックスを出てからはなんばに向かいました。思いつきでなんばパークス7階のラーメンスタジアム(という名前かどうかは知りませんが)に行って、北海道ラーメン食べてきました。これは北海道ラーメンを模したものではなく、本物の北海道ラーメンで大いに満足しました。
日本橋では電源を探しつつとら2号点でカードを引き換えてきて(あんなに混んでる2号点は初めて見ました…)、モバイル専科という店でりなざうのセカンドバッテリを買ってきました。
この店員さんがなかなかに濃い博識で、ちょっとびびってしまいました。。いや、親切かつ親身でとても良かったですよ。ホント。
ジョーシンで512MのUSBメモリ(しかも読み書きが高速)が2080円だったので買ってしまいました。
あとはアニメイトで某CDを買おうかと思ったのですがやめ、マンガ版マリみての最新刊を買ってきました。
最後にツクモに再び寄り、電源を買って帰ってきました。

アニメイトでコミックスを買ったら付けてくれるカバーはなかなかに特殊で、これまであまりうまくいったことがなかったのですが、今回でようやくコツを掴みました。とはいえ、アニメイトでコミックスを買うことはほとんどないですけど。

まぁそんなわけで、歩き回ってへろへろです。
コメント (2)

某ドスパラからのメール

2006年08月27日 20時12分21秒 | 日記
…全然某じゃないし…。
金土日の3日間セールのメールがついさっき届きましたよ(ぉ
激しく意味なし。もうしまってますし。
ちなみに送ったのは金曜の夜みたいです。

まぁ普通に到着しても別に行かないので関係ないといえばないのですが…。
コメント

scim-bridge 0.4.0

2006年08月26日 22時34分39秒 | Ubuntu
edgy-experimentalに投入しました。
ちょっとテストした感じだと特に問題なく動いています。
まぁこのパッケージは超不親切なので、がんばって動かせるようにしてください(ぉ

追記(8/27):
ひとつ問題があったのを忘れていたのでメール投げときました。
コメント

今日のDebian sid

2006年08月26日 21時32分22秒 | Debian
Freewnnの最新版(1.1.1-a021)がついに投入されました。
手元で試したらAMD64でもビルドできたんで、scim-wnnでいろいろ遊んでみます。
特に問題なく動作したら、scim-wnnも投入したいですね。
コメント

時をかける少女 観てきました

2006年08月25日 23時49分48秒 | アニメ
足永さんうっち先輩にはだいぶ遅れを取りましたが、ようやっとこ観てきました。

大阪は上映があるだけましといった規模で、梅田のど真中(かどうかは知りませんが)にあるとは思えないほどこじんまりとした映画館で、しかも1日2回しか上映がありません。
しかし、あらためて考えてみるとあのくらいの規模の映画館の方がこの作品に合っているような気がするので不思議ですね。

とにかく行く日は今日、タイミングが合えば誰かと観るという感じでしたが、運よくrsさんとご一緒できました。やっぱりカプチョのスパゲティはうまいです。

映画自体はとにかく良かったとしかいえないです。こう派手さとかは全然ないですけど、これから何度でも観たい作品だな、と思いました。DVD発売いつー?

何度となく書いている「どれみと魔女をやめた魔女」と宮崎監督版「ハウルの動く城」とこの作品を観ると、実はハウル降板してよかったんじゃないかと思います。細田監督は。
コメント (3)