美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

自分を探してはいけない

2021-09-21 10:01:28 | 心・体と運命

仕方がないことですが

物質的に豊かになった日本では

1970年代後半ぐらいから

フリータや引きこもりが出て来ました。

 

1980年代後半の

バブル経済の興隆から

フリーターや引きこもりが急増し

1993年から就職氷河期に入りました。

 

そこからは

親の経済力と就職難が相まって

就職・転職業者のコマーシャルにも乗せられて

フリーターやニートや引きこもりが定着しました。

 

その頃から流行したワードが

「自分探し」です。

 

失われた10年を経た日本は

デフレに突入しました。

 

混沌とした不安は

2000年代からの

スピリチュアルブームと

精神病の激増につながりました。

 

小泉改革により

新自由主義が導入されましたが

抵抗勢力の巻き返しも強く

失われた20年となりました。

 

リーマンショックなど

世界的な不況も重なり

小泉改革からだんだんと盛んになって来た

派遣社員が大量に解雇されるという

いわゆる「派遣切り」も増えました。

 

フリーターやニートや引きこもりの問題は

解決されるどころか

より深刻になり、定着しました。

 

2010年代の第二次安倍政権では

新自由主義が完全導入され

「働き方改革」

「一億総活躍社会」などが打ち出されました。

 

2019年には

日本を代表する企業であるトヨタや

経団連からも

「終身雇用制」の終焉を告げられました。

 

2020年代の

現在進行形であるコロナ禍は

ハードランディングを強いられましたね。

 

自分のやりたい仕事どころか

様々な仕事にダメージを与えられ

親の援助が受けられない人は

貧困化も進んでいるようです。

 

自分探しより

先ずは自立心が大切ですね。

 

現実的にお金や心を

マネジメントする力も必要ですね。

 

自分探しは

自分に合った仕事探しではありません。

 

現実世界で働くと言うことは

自立力とマネジメント力を高めることです。

 

自分を探しても埒(らち)が明かないですね(笑)

 

自分探しより

自分の人生を創ることが大切です。

 

自分の人生を創ると

生きることが愉しくなり

運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 優越感と劣等感の克服 | トップ | 自分を創造する »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事