豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2018年05月31日 22時49分54秒 | 日記
 ( Vol 2279 ) 加計学園 事務局長の 愛媛県庁での 謝罪 会見内容は 信頼できるものではない 市民の税金が投入されたことの重さを考えていない 


嘘は すべて自分の独断で 言ってしまった

加計理事長からの 指示ではない

加計理事長は 知らない

と すべて 事務局長の責任である という姿勢を見せた

会見での 報道陣からの質疑に対しては 自信のない 自分の記憶さえおぼろ気なような 言い方をしていた

嘘である と言っておきながら そのときの経過になると 自信のない答弁 本当のことを言えない ジレンマのようなものを 表情 言葉の中から 感じた

自分の言葉ではない 言葉のように聞こえた


この場面 どこかで見たように感じた

それは 国会答弁での 官僚たちの 森友学園問題 加計学園問題 での質疑応答 である


誰が見ても 不自然な会見であった

加計学園 という組織内においては 加計理事長は 絶対権力者 ということらしい 

典型的な 日本の組織構造 の 加計学園


すべて 加計理事長が 決定権を握っている 

そのワンマンな振る舞いから考えると 事務局長 一人の判断で行った とは信じがたい

それほど 度量のある事務局長 とは見えない


嘘であった という謝罪は 加計理事長からの指示による 安部総理への嫌疑回避のための 狂言 と映る


嘘を 言い続ける

このような醜態 いつまで 見せ続けるのだろうか


嘘を言い続けることを 終わらせるためにも 加計学園内部からの 内部告発を期待する


今治市職員の 真実の内部告発を 期待する

加計学園の 今治に建てた 獣医学部は 市民の税金によって 設立にこぎつけ 今後も 愛媛県 今治市からの 助成を受ける ということを 考えると 加計学園は責任重大である

単に 嘘でした ではすまされる問題ではない

税金が 投入された ということ を考えると 大きな問題である

 






豊前善三つれづれ日記

2018年05月29日 11時44分31秒 | 日記
 ( Vol 2278 ) 麻生財務相は 財務省の文書改ざんに対して 白黒という点から 改ざん ではない という 論理は 強引すぎないか

そもそも改ざんとは どういうことか それが分からなくては 話にならない

調べてみると

都合のいいように文書を書き換えること


その点ついて 考えてみると 文書は 都合の悪いところは 削除

このことを 黒白のつけるほどのことではない というのは

少しのミスくらい 少しの嘘くらい いいだろうというのと同じである


麻生財務相の 詭弁も 安倍総理の詭弁と 同様 


この様なことでは 困る











豊前善三つれづれ日記

2018年05月29日 11時15分11秒 | 日記
  ( Vol 2277 ) NHK SONGS という番組は 最近 音楽を聴く という空気感が薄くなり 受け取り手の 視聴者側にとっては 焦点がボケている

俳優 大泉洋氏を起用して 大泉洋氏のトークが 強烈に出された SONGS となっている

視聴者に 曲を聞いてほしいのか 歌い手の素顔を表現したいのか 大泉洋という俳優一人芝居を 見せたいのか 焦点がボケている


SONGS のリスナー としては 新企画は 期待はずれ の感じを抱く

満足感が薄れ フラストレーションさえ わき上がってくる


1つの試み なのだろうが 視聴者 を意識してほしいものである



一体 SONGS はなにを 視聴者に伝えたいのか 


その点が ボケているのではないか


視聴者に なにを伝えたいのか が伝わってこない


SONGS という番組が刻んだ歴史を 活かす番組制作を考えてもらいたい 








豊前善三つれづれ日記

2018年05月29日 10時42分26秒 | 日記
 ( Vol 2276 ) 日大アメリカンフットボールの 管理体制問題における 責任対処方法は 安倍政権の病気が 蔓延しているように映る


責任問題が問われているとき 選手本人の責任のような 指導者は弁明をしている

これは いま 国会で 安部総理が 弁明している姿と ダブル


日大アメリカンフットボールの問題が ここまで大きくなってしまったのは 責任の取り方に問題があった からだろう

報道をみていても コメンテーターの口から出てくる言葉は 危機管理の問題として大学 指導者の 力量を問う言葉が目についた


安部総理の 森友学園問題 加計学園問題 も責任の対処について 責任逃れ ともとれるような言動をしたことから なかなか収拾することができずに 批判を浴びている


日大は 世情から なにを 学んだのか

危機管理に関する学部を設けている ことを考えると 日大の対応には 疑問を抱く


日大にとって 何が大事なのか


その点が はっきりと示されていない



今後 日大として 危機管理事例として どう対処するのか 注視していきたい

 











豊前善三つれづれ日記

2018年05月29日 08時50分12秒 | 日記
  ( Vol 2275 ) 安倍総理は トカゲの尻尾切り の 答弁に終始 責任を逃れようと 詭弁を多様 これでは信用できない



国会審議の中継を見ていると 安倍総理の答弁に変化が出てきているのを 読みとれる

財務省から提出された 文書から 安倍総理のこれまでの答弁では 逃げくれなくなった

安倍総理は 苦しい答弁を繰り返している


安倍総理夫人に関しても 関わっている文書を指摘されても 金銭という関わりで捉えて 追求をかわそうとした

しかし 森友学園問題における 安倍総理夫人の関係した問題は 関わったか という 一連の夫人の行動を 指摘して 忖度を引き起こしたのではないか という疑問から 起きたものであった

それが 金銭の関与という 問題にすり替えようとする 強引な手法をとってきた

それだけ 安倍総理は追い込まれ 墓穴掘っている ということを示している

また 加計学園問題についても 愛媛県が示した文書に対して 加計学園側は 理事長と総理とは会っていない 嘘であった ということを 安倍総理の 会ってはいない という答弁に呼応するように 突然 報道関係者に示した

これは 安部総理への 擁護と映る

愛媛県 今治市への 謝罪もなしに 加計学園が報道機関に示したことは 加計学園にとっても 大きな問題になってきている ことを示す

この 加計学園側の 会っていない ということを受けて 安倍総理は 会っていない と 関与を否定

これは 新たな問題を引き出したことにもなる

というのは 安倍総理は 加計学園側が 勝手に 作り話をした として トカゲの尻尾切り作戦にでた ということになる

このことは 加計学園の自治体への 詐欺 という  加計学園の今後の問題を引き起こしたことになる


安倍総理は 森友学園問題 加計学園問題 はこれで終わりにしたい と思っているが

回避する弁解をすればするほど 嘘が大きくなり 大きな問題を 引き出している


これは 国民の不信感を より一層 強める


安倍政権の支持率は 40%台を維持して 安倍総理は安堵しているようだが そんな状態ではない


いま 問題視されなければならないのは 安倍総理の政治の私物化 そして 自民党内の浄化力 である


安部総理を 擁護する行動を続けるのならば 支持率は下がっていくのではないか



安部総理の 嘘を嘘で 弁明する という言動 これは 日本社会にとって 悪い影響を与える


政治を 正常化するためにも 安部総理は 狼少年から 脱却してもらいたいものである