NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

♪6月の鑑賞予定映画♪

「空母いぶき」「町田くんの世界」「メン・イン・ブラック:インターナショナル 」「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 」「新聞記者」「劇場版パタリロ!」

「キングダム」

2019年05月12日 | 邦画

~すべて、奪還する~

2019年  日本映画  (2019.04.19公開)
配給:東宝/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント  上映時間:134分
監督:佐藤信介
アクション監督:下村勇二
原作:原泰久
脚本:佐藤信介/原泰久/黒岩勉
美術:瀬下幸治
音楽:やまだ豊
主題歌:ONE OK ROCK 「Wasted Nights」
VFXスーパーバイザー:神谷誠
衣装:宮本まさ江
出演:山崎賢人(信)/吉沢亮(エイ政、漂)/長澤まさみ(楊端和)
   橋本環奈(河了貂)/本郷奏多(成キョウ)/満島真之介(壁)
   阿部進之介(バジオウ)/深水元基(朱凶)/六平直政(里典)
   阿見201(ランカイ)/高嶋政宏(昌文君)/要潤(騰)
   橋本じゅん(ムタ)/宇梶剛士(魏興)/加藤雅也(肆氏)
   石橋蓮司(竭氏)/大沢たかお(王騎)

<見どころ>
原泰久のベストセラーコミックを原作にした歴史ドラマ。
中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、中華統一をもくろむ
若い王の運命を映す。メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズ
の佐藤信介。『斉木楠雄のΨ難』などの山崎賢人、『あのコの、トリコ。』などの
吉沢亮、『50回目のファーストキス』などの長澤まさみ、『銀魂』シリーズ
などの橋本環奈をはじめ、本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが
共演を果たした。

<ストーリー>
紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と
漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。
やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が
仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から
渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた
漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺された
のを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。

<感想>
公開早々に鑑賞。
原作=既読。
作画は私の好みではなかったが息子が「めちゃくちゃ面白い!」と勧めてくれ、
読んだら、確かにとても面白かったので、一気に読破。
キャラがみんな個性的且つ魅力的。だけど、この壮大な物語を
果たして邦画で本当に描け切れるのだろうか?と不安に思いましたが
いやぁ~邦画もやればできるではないか!と言うのが素直な感想。


成功のかぎは、原作にかなり忠実なキャスティングでしょうか。
正直、また山崎君起用の実写なの?と思ってたのですが、
信のキャラにピッタリ。それ以上にお見事だったのが、
二役演じきった吉沢亮さんの見事な演技力。


あと印象に残ったのが、本郷奏多君の成キョウは、生意気な
風貌がそっくりだったし、楊端和の長澤まさみさんも、原作の
クールなイメージそのまま。そして、大沢たかおさんの王騎は
秀逸でしたね。役に合わせて、筋肉ものすごくつけ貫禄があり
なんといっても、「ンフッ」っいうあの口調、イメージ通りでした。


お話は、原作の1~5巻の内容なので、ほんの序盤のお話ですが
奪還までの話をきちっとまとめあげていたので、原作読んでいない
方でもわかりやすかったと思います。
信と漂の絆がよく描かれていて、原作でも号泣でしたが
あのシーンは、映画でも号泣でした。😭 
EDに流れたONE OK ROCKの曲も壮大で作品にはまっていました。

映画、大ヒットしているようなので、たぶん続編あるかもね。
とにかく原作ファンの一人として満足の映画でした。😃 

点数:9点 (10点中)
コメント (2)