陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眼鏡

2007-11-29 22:20:21 | 白内障
白内障の手術後、眼鏡を2本作った。

一つは、普通の単焦点レンズで、その上にサングラスを装着できる物。
白内障の手術をすると、どうしても眩しさに弱かったり、
急激な明るさの変化に、眼が対応出来なくなります。
従来、近視の人がサングラスを使用するとなると、
サングラスに直接、度を入れるか、
フリップオン(眼鏡が二重になっていてサングラス部分が跳ね上げ式になっている物)
の眼鏡、或いは普通の眼鏡の上にクリップ式のサングラスを着けて使用するしかなかった。
しかしそれでは色々な問題があった。
直接度を入れたサングラスでは、車を運転している時など、
トンネルなど暗い所に入った時に困る。
フリップオンの眼鏡では、どうしても重くなったり、自然な感じが損なわれる。
クリップ式では、カッコ悪い等等。
写真の物は、フレームの両端にマグネが入っていて、
眼鏡を掛けたままの状態でも、サングラス部分を簡単に付けたり取り外したり出来ます。
これはデザイン的にも自然ですし、なかなかの優れ物だと思います。
白内障の手術をされた方には、お奨めですね。

そしてもう一つは、遠近両用。
白内障の手術で入れられる眼内レンズは、殆どが単焦点レンズです。
健康な人の眼のようには遠近の調節が出来ません。
なのでどうしても、遠くにピントを合わせた、或いは近くにピントを合わせただけといった、
単焦点のレンズを入れた眼鏡では不便を感じることがあります。
そこで、遠近両用の眼鏡にお世話になるという訳です。
遠近両用のレンズというと、境目があると思っている方も今だにいらっしゃると思いますが、
心配はいりません。
今の遠近両用レンズは、普通のレンズと見た目は何も変わりません。
そして今では、大手の眼鏡チェーン店などでは普通のレンズと変わらぬ値段で入れられます。
初めて遠近両用レンズの眼鏡を掛けた時、少々違和感を感じるかも知れません。
慣れるまでは(すぐに慣れます)、階段の上り下りなどの際は充分注意しましょう。
こちらは因みに、黒縁のフレームです。
こうして一つは黒いフレームにしておけば、フォーマルな席に出る際にも対応出来ます。

実は、不便であることを解っていながら単焦点レンズの眼鏡を一つ作ったことには、
訳があります。
それはデザインの問題です。
遠近両用のレンズを入れるには、ある程度、フレームの大きさに(高さ)制約があります。
あまり小さなフレームでは作れません。
ですから、小さいフレームが好みだという方には、
どうしてもフレームの選択肢が狭くなってしまいます。
それがちょっと、残念と言えば残念ですね。

さて、手術からおよそ一ヶ月半経過した訳ですが、
今だに目は疲れやすかったり、時々上目蓋の奥に鈍い痛みが出ることもあります。
そして時々、ピントが合わないような時もありました。
ですがこれらは大分落ち着いてきたようです。
視力もすっかり安定してきました。









コメント

スタッドレス

2007-11-27 17:33:32 | エブリーワゴン
先日注文していたスタッドレスタイヤが届いたので、装着しました。
ブリジストンのブリザック レボ2です。
アルミホイールは値段優先、一番安い物との組み合わせですが、
純正アルミホイールよりカッコよくなってしまいました。

乗ってみた感じですが、さすがブリジストンという感じでしょうか。
以前の車に装着していた他社のスタッドレスとは、格段の差があるように感じます。
 
乗り心地もいいですし、スタッドレス独特の腰砕け感もありません。
グリップもいいですね。そして静粛性も。

スタッドレスを履いたからと言って、凍結も雪も無いのが一番。
でもこの冬は寒そうです。
山道では日陰やコーナーなど、思わぬ所で凍結していたり雪が残っていたりするものです。
慎重な運転を心掛けましょう。






コメント (1)

さかな図鑑

2007-11-25 21:03:22 | 釣りの話
僕の愛読書の中の一冊。
この本のページをめくっているだけで楽しくなる。

この本を買ったのは、もう5~6年も前だろうか。
今は新版が出ているはずである。

559ページ、1700点以上の鮮明な写真入りで、、
数多くの魚や餌になる動物類の紹介が細かく記載されている。
一般の魚図鑑と違うのは、この本は釣り雑誌の編集社で製作された点だ。
とは言え、釣り人のみならず、
魚マニアや魚の専門家から見ても興味を惹かれる充実した内容も盛り沢山だ。

ほんの一例だが、同じ魚などでも、異なる地方地方の魚の写真が載っていたり、
若魚、老成魚の写真が載っていたりと、一般の図鑑には無い面白さがある。

値段は6700円(買った当時)と、少々お高いが、
魚好きには堪らない一冊だ。

発行所は、株式会社釣りサンデー。
関西を中心とした釣り雑誌などを編集している会社です。







コメント

厚着の季節

2007-11-24 21:14:04 | 脳脊髄液減少症
毎朝、冷え込みが厳しくなってきた。
朝早くからの仕事には、もう防寒着がかかせない。
この季節、首の辛さが堪らない。
セーター一枚、防寒着一枚の重さが、首、肩を強烈に引っ張る。
あちこち痛くて痛くて、マジで泣きたい。
服が一枚増えただけで、極端に首が痛くなる。
普段、冬でも薄着で過ごしているのには、そんな訳があるからだ。

まだ冬になったばかりだが、春が待ち遠しい。
コメント

まどろみ

2007-11-23 21:19:37 | Weblog
陽だまりでまどろむ猫。
こいつが羨ましい。
安穏とした日々を送っている。

でも、今は幸せそうだが、かつてはこいつも辛い日々を送っていたのであろう。
こいつは避妊手術を受けた身でありながら、
いつのまにか我が家に住み着いてしまったらしい。
そして、僕の両親以外には絶対に誰にもなつかないのだ。
僕はこいつとの生活が2年にもなるが、やっと触れることができるようになった程度だ。
きっと何か、人間に心を開かない理由があるのだろう。
でも性格は非常に穏やかで可愛い。

そっとおやすみ・・・。



コメント

バレーボール中継

2007-11-21 21:11:19 | Weblog
やっとと言うか何と言うか、終わってくれたようですね(まだあるのかな?)
バレーボール中継。

アマチュアならまだいいですが、仮にもプロと名が付くわりには、
世界レベルからみればあまりにも弱い日本のバレーボール。
プロという名だけが先行してしまっているような気がしてなりません。
まるで、選手をアイドル扱いして、
あげくにはジャニーズを引っ張りだしての意味のない過剰な演出というか応援というか。
なんでジャニーズなの?
もういい加減にしてほしいと思います。
どうしても試合を放送するのなら、もっと純粋に試合だけを放送すればいいと思います。
このバレーボール中継に限らず、亀田戦しかり、格闘技番組しかりですけど。

ただの一度もチャンネルを合わせることはありませんでした。
戦う前から、分かりきった結果でしたし。
まあ、各局それぞれ思い入れのあるスポーツがあるのでしょうが、
何で連日連夜のゴールデンタイムなんでしょう?
おかげで、楽しみにしている番組も観れませんしね(殆どありませんが)

それにしても最近、プロのスポーツ中継を観ることは殆ど無くなりました。
最近の日本のスポーツ選手って個性無さ過ぎです。
試合を離れたところで、個性を発揮する勘違い選手は沢山いますけど・・・。
個性のある選手はみんな海外に出ていってしまいますしね。

まだアマチュアの試合を放送してくれたほうがマシ。
そう思うのは、僕だけでしょうか?
アマチュアと言っても、高校野球の在りかたにはちょっと?と思っていますが。
ま、それについてはノーコメントとしておきましょう。
僕は高校野球も一切観ません。

最近楽しみにして観るものと言ったら、
剣道、柔道、空手それに富士登山駅伝くらいかな・・・。











コメント

エビオス錠

2007-11-20 20:33:38 | Weblog
僕が今、栄養補助剤として服用しているのが、これ、エビオス錠です。
天然素材のビール酵母を錠剤にしたものです。

薬局などでは、整腸薬のコーナーなどに置かれていると思います。
医薬部外品の、胃腸、栄養補給薬ですね。
効能としては、食欲不振、腹部膨満感、飲みすぎ食べすぎ、胸焼け、もたれ、
吐き気、嘔吐。
妊産婦、授乳婦、虚弱体質者の栄養補給となっています。
ですがですが、実はこの錠剤、かなり色々なことに効能があるようですよ。

内容成分としては、各種ビタミン、蛋白質、蛋白質精製の為の必須アミノ酸、
各種ミネラル、食物繊維、核酸といったものです。
あくまでも天然素材ですから、品質を疑う必要もないし、
薬ではありませんから、副作用などの心配もありません。
(ですが、他の薬との飲み合わせなどは考慮してください)
そこら辺の安売りのサプリメントなどを購入するよりいいと思います。
値段だって、聞いてビックリですよ。
もちろん、高くてビックリというわけではありません。
写真の物で、2000錠も入っているのですが、
たったの2080円です。
一回10錠を一日3回ですから、これ一瓶で3ヶ月近くも使えてしまいます。
他にも、300錠、600錠入りといった物もありますので、
お試しにはそちらからいかがでしょうか?
一ヶ月使用しても1000円もかからないのですから、財布に優しいですね。

ちょっとここで内緒話しです。
このエビオス錠、何年か前、都内の薬局で品切れ続出となったことがあるようです。
なんだか、男性機能改善にも絶大な効果があるそうです
もちろん、そんなことまでは効能書きに書いてはありません。
これを飲んでいる人の間から、そのような噂が広まっていったようですね。
噂が噂を呼び、ということですから、本当の事なのかもしれません。

ビール酵母といえば、何年か前、女性の間でダイエット食品として話題になりましたが、
本来、栄養補助剤というものは、あくまでも食事で足りない物を補給する為の物です
ですから食事だけはきちっと摂ってくださいね。





コメント   トラックバック (1)

白内障 術後一ヶ月検診

2007-11-19 20:23:35 | 白内障
今日は、術後から1ヶ月の検診に行ってきました。
経過は順調で、何も問題はありませんでした。
仕事に戻ってから、汗が眼に流れ込んだり埃が入ったりして、
少し心配な面もあったので、安心しました。

点眼の回数も、一日4回から3回、これからは朝と夕方の2回だけと減ってきました。
先日眼鏡のレンズを新しく入れ替えたわけですが、
時々ピントが合わないときもありました。
手術から1ヶ月経過して落ち着いてきたようです。
ですがやはり、遠くにピントを合わせただけの普通の眼鏡では手元にピントが合いません。
今日の診察の帰りに眼鏡屋に寄って、遠近両用の眼鏡を作ってきました。
視力に関しては、もう大丈夫でしょう。

あとは、先日医者から指摘された、水晶体の奥にある濁り、
これがあるのでまだまだ油断はできません。
こうなってしまった原因に全く心当たりがないのですから、
それを知りたいのですが、それは無理な話しですね。

そして今日は、眼科と共に内科も受診してきました。
こちらは、血圧の問題です。
今まで朝一錠だけだった薬が一つ増えました。
今までの薬では全く下がらなかったというわけです。
現在、上が150くらい、下が100から高い時で120くらいまで上がります。
下の血圧が、健康な人の上と同じくらいの数値になってしまいますね。

実はこの血圧、首の調子に正比例しています。
ほんの偶に、首の調子が少し楽になるときがあります。
そのときに血圧を測ると、上が120前後、下が80くらいと、
非常にいい数値がでます。
ただしこれは、血圧が先の問題なのか、首の調子が先の問題なのか、
そこまでは分かりませんが。
首の問題(脳脊髄液減少症)を内科医に話してみても、
大した答えが帰ってくるわけでもありませんしね。
でも、首が楽な時は、身体の全てが大分楽になるのですから、
やはり何らかの密接な関係があることは間違いないでしょう。
そんな時は(楽な時)、そうですね、
一ヶ月の内に一日そしてその一日の数分あるかないか、
ほんの一時だけなんですが。
ほんの一瞬、その時が永遠に続いてくれと願ってみても儚い夢みたいです。

健康な身体が欲しい。
つくづくそう思います・・・。
コメント

冬到来

2007-11-18 20:53:08 | Weblog
今朝、車の窓、屋根が真っ白に凍った。
近くの山では紅葉真っ盛りだが、外から見える浅間山や草津の山々は、
すっかり雪化粧をしている。
季節はもう、冬だ。

TVなどでは、今年の紅葉は遅れているとか、色付きが悪いと言っているようだが、
全く色付かなかった昨年と比べれば、今年の紅葉は綺麗だと思う。
山が年々色付かなくなってきたのは、果たして天候のせいだけなのだろうか?
最近の里山では、どこを見ても植林された杉の木ばかり、
そこだけは冬になっても全く色付かないのだ。
こういった変化に、人間は鈍感だ。

さて、冬到来ということで、先日スタッドレスタイヤを物色して歩いた。
何軒かの店を覗いてみたのだが、あまり安くない。
そこで、ネットで検索してみた。
すると、同じ品物でも1~2万は安く購入できることが分かった。
元々、そんなに高くはない品物の1万、2万という違いだからこれは大きい。
というわけで、早速注文しました。
アルミホイールとセットの4本組です。
あとは自分で組み込むだけ。
30分もあれば4本のタイヤを交換することはできるのだから、
背中も腰も痛いが、手間は惜しむまい。
出費は痛いが、これからは凍結路を毎日通勤せねばならない。
生活必需品なのだから、しかたあるまい。

明日の朝はもっと冷え込むという。
風邪などひかぬよう、気を引き締めていきましょう。



コメント

iPod

2007-11-16 21:08:16 | Weblog
iPod
半年ほど前に貰った物なのだが、まだ一度も使ったことがない。

使わない理由として二つ。
まず、イヤフォンを使って音を聞くことに耐えられない。
これが苦痛以外の何ものでもない。
例えどんなに好きな音楽でも、イライラするだけだ。
従って、携帯電話の音楽機能なども全く使っていない。

そして、説明書を読むことが大嫌い。
当たり前のことだが、音楽の取り込みができない(しない)
身の回りには様々な電気製品が溢れているが、
そんな理由で、完全には機能していない。
どれもこれも必要最低限で充分だ。

使わない理由として、それ以前の理由もある。
外に出てまでわざわざイヤフォンを付けて音楽を聴く理由がない。
それに、他の音が聞こえない状況というのは危険でもある。

多分これ、使うことはないだろう。
もったいないけどね。




コメント

歯形

2007-11-14 21:53:54 | 釣りの話
12.5cmのルアーに付けられた歯形。
これは、たった一匹の魚によって刻み付けられた。

それ以来、このルアーは記念として保管してある。
丸く潰れた痕、擦れた痕、
恐らく華奢なルアーだったら間違いなく噛み砕かれていただろう。
これはそう、以前紹介した1mの大鯛の歯形だ。
実際に、82cmの鯛によって、これより細身のルアーを真っ二つにされたこともある。
その時はかろうじて、貫通ワイヤーがちぎれなかったので魚は取り込めたが。
 
今はこのルアー、殆ど釣具店で見かけなくなってしまったのが残念だ。
頑丈で良く飛ぶし、水中での泳ぎやバランス性なども抜群、
おまけに値段も安かったのにねぇ。

歯形と言えば昔、腕を噛む女がいたっけなぁ。
誰の腕って? 僕の腕ですよ。
大体お分かりかとは思いますが、
喧嘩などして噛まれるのではありませんのであしからず。
その女とのコトが終わったとき、いつも幾つもの歯形が腕に一杯でした。
こちらは痛いのだけど我慢してたんですけどね。
噛んだ本人にそのことを聞いてみても、全く覚えていないのだから不思議なものです。
そういえば日本映画にも「腕を噛む女」ってタイトルの映画があったような記憶があります。
え?日活ロマンポルノとかそんな映画じゃありませんよ。
普通の映画ですので(でもタイトルからして普通じゃないか?)

今はルアーに歯形が付くことも、自分の腕に歯形が付くこともなくなりました








コメント

海へ

2007-11-05 21:42:48 | 海の話
海へ行ってきた。
それにしても久し振りだ。

本当ならば、太平洋側の海に行きたかったが、
群馬からではやはり遠いし、混雑もある。
そういうわけで今回行ったのは、新潟だ。
海の無い生活は、僕にとって非常に大きなストレスとなるのだが、
新潟(上越から糸魚川)に行った事によって、ある意味、ストレスを重ねることになった。

さて、僕の住む所から上越までは、時間にしてほんの2時間ほどのドライブで着いてしまう。
今回、僕にしては珍しく高速道路を使った。
夜中の上信越道はガラガラで、至って快適なドライブとなった。
そうそう、エブリーワゴンを購入してから初めての高速ドライブなのです。
今回の目的は、海を見てストレス解消をするのが一番、
そしてほんの少しの釣りと、
エブリーワゴンの高速道での実力がどんなものか知りたいというものがあった。
はっきり言って、軽自動車でも全くストレスを感じさせませんでした。
90~100Kの巡航、追い越し時で120キロくらいまで出しましたが、
静粛性、安定性共に遥かに軽のレベルを超えています。
さすがに、100キロ、4000回転を越えると、急にやかましくなってきますし、
ちょっとふらつきますが、今はそんなにとばすわけでもありませんし、もう充分満足です。
僕に取っては、下手な乗用車よりも満足できる車ですね。
かつて、首都高湾岸線を240キロのメーターを振り切って走っていたのが嘘のようです。

車の話しはここら辺で止すとして、今回ほんの少しの釣り道具を持っていきました。
とてもじゃないですが、何時間も釣りをする元気はありません。
朝1時間ほど、アオリイカを狙ってみました。
お見事、まずまずの型を一杯ゲット。
この場合の一杯とは、沢山の意味の一杯ではありません。
イカは一杯、二杯と数えるから、たったの一匹です。
でも充分です。
帰ってから早速、お刺身にしました。
身はもちろん、耳も足も刺身でいただきます。
身の部分はモッチリ、足はネットリ、耳はコリコリと、
それぞれの部分の美味しさを堪能しました。
やっぱり、アオリイカは美味い。
ご馳走様でした。

今回、釣りとドライブはまあまあ楽しめたとして、残念な事が一つ。
能生(のう)から糸魚川までの海岸が、
昔(15年くらい前)行ったときとあまりにも大きな変貌を遂げていたことだった。
昔遊んだ砂浜なんて、消波ブロック(テトラポット)の山なんですから・・・。
浜と呼べる姿なんて、微塵も残っていません。
もちろん、海に下りることもできません。
あげくの果てには、さらに沖合い50mほどにも岸と平行にびっしりと、
消波ブロックが入っているのですから、我が目を疑ってしまいました。
そんな状態が数キロも続いていて、さらに現在も新たな工事が進んでいます。
しかし、何と言う景色でしょう。
名目上は色々とあるのでしょうが、あまりにも酷すぎます。
こんな国は世界中どこに行ったって、どこにもありません。
海を目の前にして、海で遊ぶ事が出来ないなんて・・・。
このことは、東京湾あたりでもそうですね。
多くの場所が、工場やコンビナートで占拠されていて立ち入り禁止になっています。
海は誰の物なんでしょうか?

こんな酷い景色を見るのなら、悪い体を押してまで、来ないほうがよかった。
そんなことさえ感じてしまいました。
今回は手前で帰ってきたのだが、糸魚川にはヒスイの浜と呼ばれる砂浜がある。
天然のヒスイの欠けらが拾える砂浜なのだが、そこは残っているのかしら?
ちょっと心配になってしまいました。
写真は、能生小泊港から上越方面を望むものです。
こちら側は、沖合いにはさほど消波ブロックは入っていないようですが・・・。

多少の救いは、帰り道で見た妙高高原の山が、紅葉も重なって綺麗だと思ったこと。
本日の総走行距離、420キロでした。
 
疲れただけだったかも。。。






コメント (2)

退院後の診察 2回目

2007-11-01 21:26:20 | 白内障
今日は退院後二週目の診察に行ってきました。
経過は順調ですが、問題点を一つ指摘されました。

僕の眼は、やはり普通の白内障とは少し違うようです。
普通の白内障なら、水晶体の表面に濁りが出るのだが、
僕の場合は、奥のほうに少し濁りがある為、それが残っているようです。
今後の経過しだいで、
レーザーによる治療(手術)をすることになるかもしれないとのことでした。
どうか何もありませんように・・・。
う~ん、しかし、やはり僕の眼には何らかの不可解な原因があるのでしょうね。

今日は医師と相談して、眼鏡の処方を出してもらいました。
本当はまだ新しい眼鏡を作るのは早いそうですが、
今までの眼鏡では強すぎて、眼の疲れと首、肩の凝りが酷くてどうにもなりません。
まあこれは、もともと凝りや痛みが酷いから余計にそうなると思うのですが。
というわけで、新しい眼鏡を作ってきました。
勿体無いのですが、一ヵ月過ぎた辺りでまた調整するようになるでしょう。
視力が落ち着いた所で、またその時の視力に合わせて、遠近両用を入れる事になるでしょう。
今のまま一ヶ月も我慢できそうにもありませんから、出費は痛いですがしょうがないでしょう。

写真は、眼鏡ではありません。
明日から仕事に出ます。
その為に防塵用のゴーグルを用意しました。
本当ならば、あと一週間くらいは外仕事は控えたほうが良さそうです。
でも、生活が掛かっているので、そうも言ってられません。
これはスキー用のゴーグルと同じタイプなので、汚れや埃もシャットアウトできるでしょう。
あとは、汚れた手で眼を弄らないようすれば大丈夫でしょう。

次の診察は二週間後です。


コメント