陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あんな事や こんな事

2013-02-15 21:47:02 | 渓流タモ

渓流釣りのオフシーズン、あんな事や、こんな事、やりたい事は沢山あるのですが、体が辛くて、何一つやっていませんでした。

来るシーズンに備えて、体力作りに精を出すのが、今時期の本来の姿なんですが(そろそろ、仕掛け作りも)。

最近になって、ようやく一つだけ手を付けました。

塗装も済ませて、後は網を着けるだけの段階になって放置していたのですが、改めて見つめてみると。

どうしても、柄の削り方が気に食わない。

で、かなり削り込み直し整形した後の画像です。

柄尻と石突きの間も、ワンクッション置いた方が見栄えが良いかなと、籐を巻きました。

今回は、籐の段差が出来ないように、籐の厚さ分だけ溝を付けたのですが、やっぱり綺麗ですね。

さあ、これからまだ恐怖のペーパー掛けが待っています。

何しろ、10分程度が体の限界。

そんな軽作業でさえ、終わった後には体の痛みや痙攣が増幅するし、頭がフラフラ。

まあ、気長にやっていくしかありません。

枠の塗装も落とさないと色が違ってきちゃうし、どうしたものか・・・。

枠の付け根だけ、色を暈して塗ってしまうかも知れません。

他に現存しているタモは、オフシーズンには壁掛けにして飾っているのですが、

これが、どんどんと深みのある良い色合いになっていくので、使うのが惜しくなってきてしまいました(苦笑)

もっと、何本も作れれば良いのですけどね。

そこで、実用性を求めて市販のタモを買い求めました。

モデルチェンジでカタログ落ちしたタモが、半額セールに。

これなら、多少の傷が付いても惜しくないし、今シーズンのメインのタモになると思います。

けど、一体何回、釣りに行ける気力が起きるのだろうか?気力だけでは、体が付いてきてくれないし・・・。

長野の一部河川は、もう明日解禁なのにね。

 

コメント

リペイント 蘇ったパシフィックファントム

2013-02-03 19:08:24 | 釣りの話

全塗装に出していたパシフィックファントムが、戻ってきました。

元は、こんな竿(色)でした。

ガイドは、遊動Kガイドに交換、トップはチタンに。

今時の竿に比べればガイド数も極端に少ないが(14フィートで7個)、PEラインの使用も問題は無いでしょう。

ガイドロック(太くなっている部分)が付いているので、増設は出来ませんでした。

傷だらけでしたが、古い塗装を落としてリペイント。

グリップは、以前に総交換(新規製作)。

傷だらけで、見るも無残な姿だったのですが、ほぼ新品に蘇りました。

この竿だけでも、おそらく2000本以上のスズキ、ヒラスズキを釣り上げているので、新品時から比べれば、いわゆる腰抜け状態になっていたのですが、

新しい塗装によって、張りも、かなり戻っていると思います(ガイドも軽くなったし)。

塗装は、黒一色だったせいもあると思いますが、思った以上に安かったです。

とは言え、グリップ交換、ガイド交換も含めると、新品時の竿の元値以上に掛ってしまいました。

今では1年に1~2回しか海に行けないのに、物好きと言えば物好きなんでしょうが、思い入れのある竿なので、それも仕方なしですかね。

飾り巻きも、文字入れもしなかったので、間の抜けた感じがするかな?と予想していたのですが、返って締まった感じがして格好いいです。

この世に一本の、オリジナルヒラスズキロッド、早くまた、この竿を振りたいな~・・・

 

 

コメント