陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魚野川釣行 夏の終わりに

2009-08-27 16:24:40 | 釣行記 魚野川編


朝晩めっきりと涼しくなって、もうそろそろ夏も終盤。
時期的にはまだまだ厳しいだろうが、コロガシが始まる前にもう一度と、
月に一度の定期便となった感がある、魚野川に行ってきました(昨日)。


水中にたなびく梅花藻(バイカモ)

8月の魚野川を訪れるのは、初めてです。
夏場の様子はちょっとよく分かりませんが、
この日も予め、数箇所のポイントをピックアップしておきました。
暑い盛り、釣果は恐らく、ポイント選びで大半が決まってしまうでしょう。
さて、吉と出るか?凶と出るか?

夏ヤマメ、一里一匹とはよく言われる例えですが、
10時を過ぎても、数に数えられそうなサイズは一匹のみ。
例によってアタるのは、小型のニジマスと20センチに満たないヤマメのみ。
こりゃぁ、下手をすれば一里一匹どころか(そんなに歩いていませんが)、
一日一匹になってしまう・・・。

次第に焦りが出てくるが、寝不足に暑さが加わってダウン気味。
その暑さが、新潟盆地特有の猛暑といった感じで半端ではありません。
どうせ昼間はダメだろうと無理をせず、お昼寝タイムと決め込むことにしました。
夕方の、涼しくなった一時に賭けるしかありません。

17時過ぎ、朝一のポイントに入り直します。
その一投目、明らかに今までとは違うアタリが来ました。
そして手応えも。
やっと、良型のヤマメがきました。


33センチの居着きヤマメ
足場が悪くて上手く撮れませんでした。

昼寝をしていたとは言え、夕方まで粘ってこのサイズ一匹では、少々物足りない気もしますが、
この暑さの中、尺上が出てくれたので、まあ好しとしましょう。
そして活性が上がったのか、ほんの30分ほどで、小型ですが7匹のニジマスを追加しました。

これで、今年の尺上ヤマメの数が、二桁の大台に乗りましたが、
昨年、今年と、32センチ33センチというサイズが壁となってしまってますね。
何でかなぁ?(まあ、明らかな40アップは掛けているのですが)

この日のポイント選び、ちょっとばかし外してしまったかもしれませんね。
多分昼間でも、もう少し魚のいる場所があった筈です。
広大な魚野川、そこが一つの難しさになっているでしょう。
因みに、先月とは打って変わって、鮎師はチラホラといった感じで少なかったです。
地元のオジサンも、もうあまり居ない(鮎は)よなぁってボヤいていましたね。
六日町上流部では、かなりの鮎がヒラ打ちしていましたが、他ではあまり見られませんでしたね。
あ、そうそう、昨日釣りをしたのは、六日町の上流部から大和地区です。

こうして、短かかった夏の一日を終えました。
もう間も無く、稲の収穫も始まるでしょう。


釣果 ヤマメ  23センチ 33センチ
   ニジマス 22~30センチ 9匹


竿   ファイヤァウルフP2
道糸  0.8号  
ハリス 0.8号
ガン球 2B~4B×2
針   ガマカツ マス8号
餌   ミミズ

総走行距離 375キロ

付記
これから魚野川に釣行する際は、ブヨ対策を忘れずに!!
目には飛び込んで来るわ、耳には飛び込んで来るわで、半端ではありません。
そして顔と言わず腕と言わず、ボコボコに腫れてしまいました。
もう、拷問に近いものがあります。







コメント

本の御紹介

2009-08-21 21:53:25 | 釣りの話
一冊の本を買ってきました。
1800円と、ちょっと高いですが。

「天然アユが育つ川」 橋勇夫著 築地書館


アユの生態や、天然アユを増やす様々な取り組み方などが、分かり易く書いてあります。
天然アユが増えるような川ならば、他の魚や生き物達も増えるんでしょうね。
この本を読んで、自分の身近にある川がどんな環境にあるのか、
比較対象しながら、ちょっと考えてみるのもいいでしょう。

コメント

足元おぼつかず

2009-08-18 15:45:33 | 釣行記
足元おぼつかず。
フワリと一瞬、体が浮いて、両膝から大岩の上に落下。
前のめりに転倒して・・・

今年一番活躍していた自作タモが真っ二つ。
シーズンオフに、他の枝を繋ぎ合わせて補修できるかな?
根元部分が、繋ぎ合わせるだけ残っていないし・・・。
怪我が無かっただけ、良しとしよう。
もしかして、このタモが身代わりになって守ってくれたのかも。

今まで何回と無く竿を出しても、アタリ一つ無かったポイントで


6月以来の尺上 32センチ
口に、釣り人の針から逃れてきたであろう傷跡が二つ。

本日のオマケ



水の中をユッタリと泳いでいました。
タモで掬って、しばし遊んで貰ってからリリース


釣果 ヤマメ 32センチ


竿   宮田作郡上あまご72
道糸  0.6号
ハリス 0.6号
針   カツイチやまめ半スレ 8号
ガン球 1号~B

餌   太ミミズ

コメント

涼を求めて

2009-08-15 20:16:12 | 釣行記
ほんの束の間の休日。
涼を求めて、極々短時間ですが竿を振りました。



水の中は、気持ちいいです。
この絵の中に、ヤマメや鮎が泳いでいればと思いますが。



24センチほどですが、良く太ったヤマメが2匹遊んでくれました。
そして元気に、流れの中に帰っていきました。





コメント

新タモ 網の装着完了

2009-08-08 19:57:44 | 渓流タモ


体調不良の為、釣りは戦意喪失状態です。
ストレスも溜まり気味、気を静める為には、網の装着作業などは打って付け。

自身5本目となる自作タモ(これは途中からですが)が完成しました。
正直、あまり変化のある物ではありませんが、
かなりの手直しを加え全くの別物に生まれ変わったと思います。
ただ、網に若干の難有りでした。
パッケージに書いてあった網目の数は520目。
装着作業に入る為に予め数えなおすと、483目しか無い。
平均で29センチ径の枠に付けても、あまり袋状にはなりませんでした。
30センチ径にしては、ちょっと小さめな網だったようです。



対、大物用に活躍してくれるでしょう。

これから世間様は盆休みのところが多いでしょう。
そんな時、こちらは仕事が忙しくなります。
当然、体調が回復しても釣りはお預けになりそうです・・・。


コメント (2)

ヤバイかな?

2009-08-02 22:01:52 | 脳脊髄液減少症
72kgくらいがベストかなと思われる体重が、50kg台突入目前。
ちょっと、ヤバイかな・・・。
コメント (2)

目の前を  デカかった

2009-08-01 18:50:45 | 釣行記
気が付いてみれば、もう8月。
渓流釣りの出来る期間も、残り僅かといった感じになってしまいました。
しかし、よく降ってくれます。

どこも増水、朝から行っても、多分釣りの出来る状態では無いだろうなと、ゆっくりと出陣。
安全に釣りの出来る所だけを、僅かな時間、竿を振りました。
竿出しから30分で、22,23センチと連続して釣れました。
型は小さいが、餌を沢山食っているようで、タップリと体高のあるヤマメでした。

デカかった、と言うのは、いつものようにデカイ魚をバラシタのではありません。
場所を変え河原を下っていくと、バシャン、ザブザブと、黒くて巨大な生物が・・・。
また遭遇してしまいました。
熊の方が、こちらの姿を先に察知して驚いたのでしょう。
きっと、こちらの向う、僅か前方の河原にいたのだと思います。
こちらは、下を注意して見ながら歩かないと石に躓いてしまいますから、
前方には殆ど目を向けていません。
全く気が付きませんでした。
気が付いた時には、自分の前方30m位先の川の中をザブザブと、巨大な熊が渡っていたのです。
いやぁ~、ビックリしました。
雨で増水した流れをものともせず渡っていく姿は、まさに野性そのものです。
すぐに、ベストの中のデジカメに手を伸ばしたのですが、
その時は川を渡りきり、草むらの中に入って見えなくなってしまいました。
撮影出来なかったのが残念と言えば残念です。
しかし、目の前でバッタリでなくて良かったですね。
相手は対岸ですから、慌てず騒がず、しかし、そそくさとその場を後にしました。

直後に雷が鳴り始め、今日の短い釣りが終わりました。


釣果 ヤマメ 22センチ 23センチ
   写真は撮ってません。





コメント