陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

郡上竿考察

2009-12-28 20:59:24 | 釣りの話
ここにきて、何本かの古い渓流竿のリリアントップを、回転トップに換えた。
今更なのだが、何本かの竿を並べてみて、ふと気が付いた。
「えっ、郡上竿の穂先って全然太くないじゃん」、って。
(竹の郡上竿には触れたことは無いが)

郡上竿が紹介される都度目にするのは、
手元からグニャリと曲がる総調子で、その穂先は太く硬い。
恐らく、そのような書き方がされていることが多いと思う。
自分でも、その穂先は太くて硬いと思っていたのだが。
確かに、時代背景の変遷もある。
本流竿など存在しなかった時代、渓流竿と言えば先調子、極先調子の竿が殆どだった。
穂先の太さも、0.6ミリとか0.7ミリという太さの竿しか存在しなかったのではなかろうか。
そんな時代から存在したこの郡上竿は、確かに穂先が太く、
異端児といった感があったのだろうと思われる。

7.2mで1mm。
8.1mで1.1mm。
これが、宮田作 「郡上あまご」の穂先の太さ。
実際には、言われるほど太くない。
写真上の赤い竿が、7.5mで1.6mm。
現代の最新の本流竿の穂先は、殆どが「郡上あまご」よりも太くて硬い。
(ゼロロッドやシマノの一部製品を除いて)
だが確かに、郡上竿を伸ばしてみると、実はあまり太くなく結構軟らかなその穂先が太く感じるのだ。

何故だろうか?
そうだ、短いんだ。
それも、穂先と穂持ちの2本が。
仕舞い寸法は長尺だが、この部分は小継ぎ竿と大して変わらんぞ。
そういう訳だったんだねと、妙に納得。
短いから、テーパーが急になっている。
それが、太いと感じさせる要素なんだろう。

さて、カーボンに取って代わった郡上竿でさえ、使いこなすには相当の慣れが必要だとされている。
でも、写真の2本を使い比べてどちらが使いやすいかと言えば、
自分にとっては圧倒的に郡上竿なのだ。
軽い錘でも振り込みやすく、風にも強い。
勿論、重い錘でも何らの問題も無い。
食い込みも良く、針掛かりさせた後のバラシも少ない。
ただ一つ問題があるとすれば、重さかな?
でも、確かに8.1ではその重さに辟易としたが、7.2の重さなら全く問題無し。
今更ながら、本当に良い竿だと感心させられる。

何でこんな事を書いてきたのか?
あくまでも個人的な考えなのだが、最近の本流竿のような、余りにも太くて硬い穂先は要らない。
そう思うからなのだが・・・。
胴調子、総調子の竿ならば、大きな魚が掛かれば穂先なんて糸と一直線になってしまうんですからね。
ある程度の重さのガン球が振り込めれば、それでいいのです。

がまかつの龍渕や下野(しもつけ)の本流竿のように、
替え穂先を備えた竿がもっともっと沢山あればいいのになぁ。と、そう感じます。

まあ、資金さえ潤沢にあれば、竿のバリエーションは豊富だから、
自分のような悩みも無くなるのでしょうが。
しかし、今時の竿なんて高くて高くて困ったもんだ。
4~5万が廉価版、高級品は10万を軽く越えてしまうなんて。
そんな竿を何本も揃えられませんからね、この厳しい御時勢に。
道具には拘りたいが、単なる道楽者の収集と紙一重になってしまいかねません。
メーカーさんも、もうちょっと考える時代に入ってきたのではないのでしょうか?

現代の郡上竿と言えば?
シマノ原点流か、ダイワ本流アマゴ・サツキシリーズのニューバージョンかな?
欲しくても、今はちょっと手が出ないね。
このどちらかが、そのままの仕様で2万以内。
それなら買うが。
まっ、到底無理な話しかっ。
「郡上あまご」がもう一本手に入るならば、ガンガン使っていきたいが、
それも叶わぬ今、大事に取っておきたいという相反するものもある。
代わりになる竿が欲しいものだが。

そう言えば、この間立ち寄った釣具店のご主人がボヤいていましたっけ。
「今年は、年末になっても竿なんて全然売れない。こんな年は経験したことが無い」って。











コメント

寒さと共に

2009-12-20 19:54:09 | 脳脊髄液減少症
寒さが増す都度、体中の痛みと痺れが酷くなってきています。
はぁ~、参った。
コメント

シンプル・イズ・ベスト

2009-12-16 19:30:41 | 渓流タモ
美術品や工芸品、見て美しいと感じる殆どの物は、まず間違いなくシンプルだ。
比べるべくもないが・・・。




こちらも、塗装の掛け直しと仕付け糸の装着までが終了しました。
28センチ枠と22センチ枠。
径30センチの網を付けるのならば枠の径は27~28センチ、
24センチの網を付けるのならば21~22センチくらいに仕上げると、
網が丸く袋状になるので、体裁が良い。
塗装は淡透とクリアーだけだが、塗り重ねることによってここまで深い色が付く。

やっぱり、シンプルなこの2本が一番のお気に入り。




コメント

復活 ビフォー・アフター

2009-12-12 20:49:36 | 渓流タモ
ビフォー


枠は真っ二つ。
柄尻も割ってしまいましたが、復活を遂げました。

アフター



一度は修理を躊躇った大怪我だったが、劇的復活。
形自体も寸法も変わらないが、色を変え籐を巻き、大きなイメチェンを遂げた。


籐の部分は凹凸や隙間が埋まるまで、根気よく塗りを重ねる。
その後、今までの塗り重ねは何だったの?という感じで、籐の表面が出るまで研ぎ出してしまう。
この時点で、指の腹で撫でてみて籐の凹凸は全く感じられず、ツルツルに綺麗になる。
こうして研ぎ出してしまうことによって、籐自体も永い年月を経たような枯れた感じになり、
籐一本一本の輪郭もハッキリとする。
研ぎ加減は好みで、もっと研いでもいいだろう。
へら竿の握り部分などにも、この手法が多用される。
その後更に、全体にネオクリアーかクリアーを塗り、ペーパー掛け、コンパウンド磨きを経て塗装作業終了。
塗装の工程だけは一気に進められない為、根気の要る仕事だ。
籐の部分は、黒で研ぎ出そうかと思っていたが、どちらが良かったかは分からない。



網の装着は、専らこの方法がお気に入り。
仕付け糸だけを枠部分に先に付けて、後はPEラインを用いて網目を一目ずつ捲くり付けていく。
多少の手間は掛かるが、鋼線を介さないこのやり方の方が、見た目にもスッキリしていて綺麗に仕上がる。

残すは、綺麗なヤマメを掬って再び命を吹き込むのみ。
でもまだまだ、春には遠いですね・・・。





コメント

途中経過

2009-12-11 20:41:53 | 渓流タモ
目新しいものはありません。
今まで使っていたタモ、それぞれ補修、塗装の掛け直し、塗装の追加の3本です。
一本一本、バラバラの個性を持っています。

作業工程、塗装工程はそれぞれ異なりますが、ほぼ20回近くの塗りが重ねられました。
最後の研ぎをした後、更にクリアーを数回掛けて仕上げ研ぎをして完成予定です。
本当ならば、この他にも新しい素材で作りたいのですが、
現時点では残念ながら入手不可能です。
写真の3本は、みな下枝下ろしの際に伐られた物の中から、
何とか形になるかな?という物を見つけ拾ってきた材料から作りました。
そんな素材を、どう仕上げていこうかと思案を重ね、ここまで色々な苦労を重ねました。

でも、そんな甲斐があって、タモ作りのコツが大分掴めたような気がします。
機会があれば是非、素材を厳選して挑戦したい所です。
何と言っても、素材と塗装で出来の良し悪しの大半が決まってしまいますからね。

一度はバラバラになってしまった、
真ん中のタモの劇的ビフォー・アフターは(そうなるかどうか分かりませんが?)、
網の装着完了後に、またアップしたいと思います。




コメント

オフシーズン恒例

2009-12-02 19:59:31 | Weblog
タモの補修、塗装。
そして、筋力トレーニング。
この二つには何の関連性もありませんが、
すっかり最近のオフシーズン恒例となった感があります。

左側のタモは、現在7回目まで塗装が進行中。
カシューの淡透に、黒を若干混ぜて色付けしました。
予定では、このまま10回ほど塗りを重ね、籐を何箇所か巻いて籐の部分だけを研ぎ出し、
さらに全体にクリアーを掛けていくつもりです。
補修前とはガラリと変わった姿になりますが、さてどうなるでしょう?

右側のタモは、大分傷付けてしまったので、網を外し塗装を全て落としてお色直しの最中。
ついでにちょっと、柄の一部をスムージング。
こちらはこのまま、淡透とクリアーだけで仕上げていこうと思っています。
しかし、古い塗料を落とす際のペーパー掛け作業が捗りませんでした。
そうです、どうしても作業姿勢が首に堪えてしまって・・・。
一度の作業時間は、せいぜい10分が限界。
それを越えると、首から肩の痛みが酷くなり、肩甲骨から外側に酷い痺れが起こります。
それに加え、頭痛、耳鳴り、眩暈と、倒れる寸前といった感じになってしまい、
どうしても一気に作業を進めることができません。
塗装途中でも、何回かのペーパー掛けがありますので、ちょっと悩みの種となっています。
まだ冬は長いですから、コツコツとやっていくしかありませんね。

さて筋力トレーニングですが、これは健康だった時、或いは空手をやっていた時のように、
筋力を付けるのが主目的では無く、筋力を落とさないことに目的を置いています。
ですから現在は、写真右側のような高負荷なダンベルなどは使用していません。
一番怖いのは、首の筋力を落とすこと。
筋力を維持して、症状の進行を遅らせることが重要です。
こちらは激しい動作を伴わぬように、
自然な負荷を掛けて首の外側、そしてインナーマッスルを鍛えるような運動を行っています。
湯船に浸かっている時間などを利用して、首から肩、腕などは大体できてしまいます。
あとは、全身の入念なストレッチ。
足の運動によって、前腕の酷い痛みが軽減するといった、思わぬ効果もありました。
全身に亘る痛みの中のほんの一部ですが、痛み止めの注射でも薬でも全く効果の無かった部分です。
自力で軽減できたのは、ちょっと驚きでした。
でも残念ながら、他の部分の痛みまでは改善できていません。
まあでも、こうした運動を続けていく価値はあるでしょうね。
頑張り過ぎないことも肝心です。
三つやろうと思っていたことの、一つでも出来ればいい。
今日はそれで良しとしよう。
そんな日もあります。
空手をやっていたときは、その日やろうと思っていたことの何か一つをサボってしまった。
そんな時、激しい自己嫌悪に陥ったものです。
でも今は、なるべく気楽にやっています。

そんなこんなで、仕事が終わってからの時間は結構忙しく、
時には楽しく時には辛い日々を過ごしております。










コメント