堕落と墜落という文字は似てるね

息抜きの合間に人生を

Switch版 火吹山の魔法使い

2019-06-03 23:47:08 | ゲーム
こんばんわ、Ekdahlです。
今朝は定例の早朝会議だったにも係わらず、あまり眠くない。
Borderlandsを小休止して、
文字を読むのがメインのゲームブックが元となる「火吹山の魔法使い」をプレイしても、
値落ちしませんでした。

ちなみに起動時の読み込みが妙に長いです。



今日で2回目のプレイです。
前回のプレイでは一度ゲームオーバーになりました。
結構戦闘で死ぬんですよ、コツを掴むまで。
デフォで選べるキャラクターではデキオン・ストロームが戦闘で使いやすい気がします。

元がゲームブックなのでダイスロールを多用するんですが、
戦闘においては自分と敵の攻撃が同時だった場合に、ダイスによる判定で攻撃の成否が決まります。
自分も敵も基本ポイントみたいなのがあって、
そのポイント+ダイス(2D6)の出目で上回ったほうが打ち勝ってダメージを与えるんですが、
強い敵は基本ポイントが高く、高確率でダイスロールで負けます。

敵に勝つと魂というポイントが貰えて、
リスタートする時にこのポイントを消費して別のキャラをアンロック出来ます。
最低100ポイント必要で、今現在100以上貯まってますが、
デフォの3キャラしか使ってません。
使うキャラによって、違うルートに行けたり、新たな発見があったりと、リプレイ性は高そうです。
調べたところ1周は2~3時間程度らしいので、リプレイ前提なんでしょうかね。
モニター繋いで腰を据えてプレイするより、
携帯モードでプレイするのが合ってるような。


パブリッシャーはコーラス・ワールドワイドですが、
恐らく翻訳は台湾チームでしょう。
翻訳がちょっと微妙なんで。

あまり気にならない程度ですけどね。

ゲームブック好きなら、地味だけど楽しめること請け合い。
古いがゲームブックDS ソード・ワールド 2.0より断然面白い。
コメント   この記事についてブログを書く
« Borderlands 面白いから3も... | トップ | ワイヤレスチャイムを購入 »

コメントを投稿

ゲーム」カテゴリの最新記事