季節はずれのインテルメッツォ(続)

音楽、文学、絵画、スポーツ、シェパード等々についての雑記帖。

クラマーの練習曲について

2020年10月28日 | 音楽
https://youtu.be/FRARXOflo-M
少し前にクラマーの練習曲、ベートーヴェンの注釈による、について書いた。

この楽譜が殆ど陽の目を見ずにいるのはひとえに出典が真偽が不確実だからである。

僕はここに見られる具体的提案は極めて音楽的だと思うのである。

この曲集を持ってきた生徒がいたので動画をアップしてみた。不完全な音で録音されているが僕が文章で伝えたいことは分かりやすいのではないだろうか。

コメント

ヴァシャヘーリ

2020年09月22日 | 音楽
https://youtu.be/7Wpn4MoC7wE

このピアニストは懐かしい。
僕の学生時代、学内で公開レッスンがあった。その時大変良い印象を受けたのだ。

後に武蔵野音大で教鞭をとっている旨を知った。武蔵野音大関係者は多大な影響を受けたのではあるまいか。

エドウィン・フィッシャーに学んだと知ったのもこの頃ではなかったろうか。

ハンゼンもフィッシャーのアシスタントをつとめていたから覚えていた。夢見るような若者だったという。今回知ったが、彼はハンガリー人でドイツに行く前はバルトークに師事したのだそうだ。

僕は帰国後も武蔵野音大での演奏会に足を運んだものである。生徒にも勧めて何人かが行き、その1人がこの映像を見つけてくれた。

武蔵野音大にはもしかしたら映像などが残っているのではあるまいか。この様な時代になったのだから有ればアップロードしてくれたらありがたいのだが。

コメント

オリエント急行の時代

2020年09月22日 | 音楽
https://youtu.be/udBOfPpIfUs

往年の大テノール、ベンジャミーノ・ジーリが主人公のコメディの一場面を紹介しようか。

ある小さな町、ジーリ扮する店員が働く音楽の店に歌手が買物にやって来る。

歌手がある歌のメロディを口ずさむとジーリ扮する店員が間違いを指摘する。

素人に何が分かる、自分は20年間これを歌っているのだと歌手は威丈高である。

それでは貴方は20年間間違えて歌っていたのだと店員は言い、最後には本気で歌い始める。

筋書きはこの様に他愛もない、馬鹿馬鹿しいものである。

しかしこの時代の歌手がどれほど愛すべき存在として扱われていたかが分かり、僕はその空気を楽しむ。

店員が歌った結末は動画を見て貰えば誰でも理解できる。

イタリア語は全く分からないが、3、40年昔ドイツ語吹替えで見て面白く思った。この場面の細部はどんな会話だったか、もう思い出せないが、そんな事はどうでも良いとしか言えない。

たまには息抜き動画でも紹介しようかと思って、ふとこの場面を思い出し、あれこれ検索してやっと見つけた。
コメント

最高のレッスン

2020年09月17日 | 音楽
https://youtu.be/pd6nFvVAYtk

僕が知る限り最高の音楽レッスンである。
往年の大ソプラノ、シュヴァルツコップのレッスンを見て貰いたい。

ドイツ語であるから何を言っているのか分からない人も多いだろう。しかしちょっと我慢して数分でも見て貰いたい。

どれほど真剣に生徒の声を聴いているのかは自ずと伝わる。また生徒がうまくできた時、心からそれを讃えていることも分かるはずである。

生徒はこの大歌手には気の毒だと感じてしまうほど拙いのであるが、それでも全く調子を下ろすことなく全力でレッスンしている。

見逃してはいけないのは生徒達は真剣であるが縮こまってはいないことだ。

とてつもなく厳しいのは耳であって、それ以外の「厳しさ」はみられない。

それが伝わったら嬉しく思う。


コメント

旧態依然?

2020年09月11日 | 音楽

先ごろひょんなことから試聴した何人かの演奏は、、、酷かった。

旧態依然を打破するのか新しい価値観だか僕は知らないが説明してみると次のような感じだ。

ゲーテ「若きウェルテルの悩み」の新訳が出たとしよう。


われわれの本性は、怠惰へ傾いている。だが、われわれは活動へと心を励ます限り、その活動の真の悦びを感ずる。

旧来の訳のひとつである。
 
新訳では

俺たちゃ怠けるように出来てるのよ。けどよう、なんかしようと思ってるとよう、こりゃ面白えなって思うもんだわな。

これを新しい価値観とか言うのはちと難しかろう。僕が聴いた「現代風」演奏の印象はこんな新訳を読まされたのに似ている。

そういうものを新しい風であると持ち上げるのは難しい。

ベートーヴェンもショパンも詰まらない、何の興味もない、そういう人に対し何かを感じるだろうか?

そうした率直な感想に対しては意見などの持ちようはないではないか。

しかしそれらの作曲家のふんどしで相撲を取っている人にとって宿主が枯れたら生きる術はない。それを思いもしない楽天家なのだろうか。

昔ホフヌング音楽祭という音楽パロディがあった。心から笑えたのも本家が堅牢さを示せていたからなのだ。

こちらの方が楽しいではないかとは誰も思っていなかった。

以前にも書いたのだが、クラシックの曲の多くは美しい音で演奏されない限り大して面白くないのである。僕が堅牢などと言ったのはそんな事なのだ。

歌舞伎で単に男が女の格好をして誰が見るだろう。

宝塚でも女の子がズボンを履いて付け髭したところで誰も憧れまい。

何ならこうしたことをも堅牢な世界と言っても良い。

コメント

伸びのある音

2020年09月08日 | 音楽
前の記事の続きである。
 
汚い音とはハンマーが弦を打つ音と木と木が打ちつけられる音のバランスが悪いことだというのが前の記事である。

汚い音が伸びるはずがないのは直ぐに理解して貰えるだろう。木と木が打ちつけられる音は一瞬にして消えるのだから。

アフタータッチから先が勝負、そこで握る力が大切だと力説するサイトに出会ったこともあるが、肩をすくめる以外ない。

観察眼の不足か理科の知識の不足なのであろうか。
コメント

汚い音

2020年09月03日 | 音楽
汚い音をひと言で説明するならば。

鍵盤の木が棚板の木を打つ音がハンマーが弦を打つ音より遥かに大きいことである。
 

コメント

クラマーとベートーヴェン

2020年08月31日 | 音楽
クラマーの練習曲にベートーヴェンがひと言註釈をつけたものがある。甥のカールに教えるためだったという。

この楽譜については出典が確実ではないとの理由でさほど注目されていない。聞くところによればこの楽譜から得られるものはないという演奏家もいるという。

詰まらぬことだと僕は思う。

その演奏家に問い質したい。君はそこに書かれている意見自体をどう思うのかと。

研究者はこれをベートーヴェンの弟子(うろ覚えだがフェルディナント・リースではなかったかな)の手になるもので、ベートーヴェンがそう言った確証は無いという。

しかし僕達は裁判をしているのではない。その音楽的見解だけを問題にしているのである。ベートーヴェンの意見である確証の有無ではなく、そういう音楽的見解への態度が問われるのだ。

このベートーヴェン=リースの楽譜の読み方を僕は大変素晴らしいと思う。仮にこれがリースのでっち上げならばリースは大変優れた音楽家であったと言うしかないのである。

ベートーヴェンの演奏について「氏の演奏はかつて無かった幅広く柔らかな音であった」という評が残っている。

この楽譜から想像できるのはそのような演奏である。

件の演奏家はこの楽譜から得るものは何もないという。では君はここに見られるもの全てを否定するのだろうか。そんなことが可能なのか、とくと考えてみたまえ。何年か先に出典が明らかになりベートーヴェンの言葉だと証明されたら、急にこの楽譜から得られるものは無尽蔵ですと書くのだろうか?

僕達は証拠集めをしているのではない、としっかり合点するべきなのである。


コメント

YouTube

2020年08月06日 | 音楽
YouTubeにレッスンの動画を上げている。ダヴィンチリゾルブというソフトを使っているのだが、これは僕には高級すぎるようだ。

とてつもない多機能で何が何やら全く理解しないまま編集している。

多機能であっても何も全部使う必要はあるまい、そう言われるだろう。僕もそう居直って使用していた。

文字を入れたりを覚え至極満足であった。

ところが困ったことが起こった。何が起こったのかここに記そうにもどう書いたら良いものか、それすらわからない事が起こった。簡単に言えば僕を深く満足させた文字が入らなくなった。

多分何かの拍子に誤って設定のボタンを押してしまったのだろう。何もせずに変わるはずもない。

戻そうにも今度はその手続きが分からない。Web検索してみたのだが、ご多聞に漏れず解説や助言も難解を極め、それが何を意味するのかすら分からない。

今は仕方なく動画を適当に縮めてあるだけでアップロードしてある。僕の声は我ながら不鮮明で大変聞き取り難いが上記のような訳である。
コメント

教えたがり?出しゃばり?

2020年07月17日 | 音楽
知り合いの女性が最近YouTubeに投稿し始めた。30歳を過ぎてからドレミから習い、8年目にしてテンペストのフィナーレに挑戦している。嬉しかったのだろうか、譜面を今日から読むという段階から毎日上げている。

時々発表会などで聴いたことがあるけれど、仕上げに時間はかかるらしいものの、とても素直な良い演奏をしている。大学に勤めていた頃、試験のたびに苦虫を噛み潰したようになった意味のない堅苦しさが無く気持が良いのだ。

しかし何日か過ぎた頃何となく様子がおかしいのである。訊いてみたところ次のような次第だと言う。

コメント欄にテクニックについてあれこれ書く人が現れて、やれハノンを弾くが良いだの果ては教えてあげるだの、そんな内容だと言う。

彼女はごく自然な喜びをもって弾くのであり、自分をルビンシュタインと同列に置いているわけではない。僕にしてみれば最も質の良い素人なのだ。

そこへ冷や水をかけるようなコメントをする玄人だか素人だかがいるというのは信じ難い。

そうした人に限って自分のこととなると穴倉に閉じ籠っている。

似た光景はあらゆる処に見られるようだ。ホビーの領域でも参入する人が減る一方だそうだ。以前からやっている人が新参者に対し舌打ちしたりその人の持っている道具についてあれこれ言ったりして新参者にとって居心地悪い場となっていると聞く。

それでは確かに単純な楽しみは奪われてしまうだろう。単純な楽しみの先にしか高度な楽しみはないのである。そして難しいのは高度な楽しみの奥に単純な楽しみを失わずに持ち続けることだ。


コメント