小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

宮崎勤

2011-09-30 01:18:39 | Weblog
車に乗っていると、子供がかわいく見える。小学生でスカートを履いて、信号待ちしてしている女の子が可愛かった。おもわずさらいたくなった。「乗りませんか」と聞いても、どうせ怖がって、乗ってくれないだろうから。

宮崎勤はロリコンがあったとは、まず確信しているが。さらわれた幼児は、さからわず、おとなしかった。どうして、殺さなければならなかったのか。それが疑問である。連れ去っても、少し遊んだり、話したりたりして、どっかで降ろしていたら、ほとんど問題ではない。そんなトラウマにもならないだろう。

私は、彼のことをあまり詳しく調べていないので、推測だが。
宮崎は、女になりすました犯行声明文を送りつけた。評論家も、本当に女か男かわからなかった。私は、宮崎は、芸術家志望で、芸術家になりそこねた人間という面があると思う。宮崎は、アニメのビデオを厖大に集めていた。部屋一杯ほど。本人としては、漫画家になりたいとも思っていたのではないだろうか。しかし、漫画を描けるようになるには、厳しい訓練が必要である。そこで、漫画は、描けないから、犯行声明文として小説まがいのお話をつくったのではなかろうか。

宮崎は確かに根気のない人間だったことは間違いない。
そして、もう一つ。毎日、寝転がってビデオばかり見ているというように生活がだらしなくなっていたため、精神もだらしなくなって、感情が鈍磨してしまった面もあると思う。

宮崎は自分の存在を世間に知らせたいという強い願望があったのも間違いない。しかし、一つのことをやり抜く根気が無いため、安直な行動をとってしまったように感じる。世間では彼を良心のない、残虐非道の人間のように言うけれど、もしビデオというものがなくて、車というものがなかったら、宮崎は犯行を犯さなかった可能性もあるのではないか、とも思う。

風邪

2011-09-28 19:59:31 | Weblog
風邪をひく。今年は初めて。

来年のカレンダー

2011-09-25 22:47:20 | Weblog
書店に、来年のカレンダーが並ぶようになった。今年もあと、三ヶ月。

宇賀なつみ

2011-09-24 20:37:35 | Weblog
テレビ朝日のアナウンサーの、宇賀なつみさんは、かわいい。

ロリータ

2011-09-22 22:25:32 | Weblog
女子中学生(低学年の方がいい)が、歩いているのを見ると、思わず、「かわいいー」と叫んで、いてもたってもいられなくなる。悩ましい。大人の女より、遥かにかわいい。しかし彼女らの制服姿がかわいいのである。学校の制服を着ていなかったら、「かわいい」とは、思わない可能性がある。実際、夏のプールで、中学生くらいの水着姿の女の子を見ても、何の魅力も感じない。やはり、かわいさは、あの制服にあるのだ。思わす、さらいたくなる。二時間。話すだけでいい。指一本触りません。お礼に五万円、差し上げます。宿題、教えます。という条件で。誰かー。かわいい女子中学生ー。

マクドナルドでアルバイトしている、きれいなお姉さん。大人だろうと思ったら、実は高校生だったということがよくある。女子高生は、マクドナルドの制服を着ると、大人っぽくなる。

自信がつく

2011-09-21 01:09:27 | Weblog
売れてる作家、二人の作品を読む。どんなのが世間に受けてるのか知るために。感想。なんだ。こんなので、流行作家となれるのか。私は今まで、自分の書きたいものを誠実に書いてきた。あくまで自分に誠実に。しかし、ちょっと、世間受けする内容を取り入れて書けば、私の作品でも十分、売れるだろう。採用されなくて元々。さあて。どこの出版社に投稿しようか。

今まで、世間受けする小説ということは考えなかったが。世間受けする小説を書こうという意図を持つと、不純な小説と世間では思われがちなようだ。しかし、それは違う。三島由紀夫が言っているように、

「文学には最終的な責任というものがない」

のである。しかし、世間では、たとえフィクションでも、責任を持った文学というものを(文学賞選考者や文芸評論家でも)評価しがちなのである。

書くということも、事業と考えれば、世間が何を求めているか研究し、成功すれば、事業が成功したことに対する喜びが得られるではないか。(もっとも作家は、自分の気質から完全に抜け出ることは、まず無理だし、全く自分の気質に無いものを書くということも出来にくい)

床屋

2011-09-20 20:48:23 | Weblog
床屋へ行く。8月2日に行った1000円の10分カットの床屋である。男の理容師と、女の理容師がいて、客が二人待っていた。女の理容師にカットされている客が先に終われば、女、男、女、の順で女の理容師にカットしてもらえる。幸い、まさにそのようになった。

自民党は偽善の象徴

2011-09-15 13:19:50 | Weblog
つくづく自民党は偽善の象徴だと感じた。東日本大震災の人達のために、日本の民間人は協力しているというのに。自民党はしっかりした日和見主義で、大連立を組むことと、解散か総選挙で、民主党に逆転して勝ち、与党になれる可能性を、天秤にかけて見極めようとしているだけである。民主党が失敗してくれることを切望しているのだから、そうなると原発や震災復興の失敗を望むようになる。大連立では、子分であり、色褪せる。知恵をただで貸してやるのは勿体ない。いつの時でも日本のためより、自分らの権力欲を優先せずにはいられない。

石破茂

2011-09-10 00:17:41 | Weblog
昨日、自民党の政調会長の、りんごの頬っぺ、の石破茂氏が、地方の自民党の立候補者の応援演説をしていた。実際に見たのは初めてである。民主党を悪く言っているが、野田新政権は、発足したばかりで、まだ何も行動しておらず、批判しようがないはずだが、批判していた。なら、大連立は反対か。谷垣総裁は、野田氏に結構、好意的である。つまり、選挙で勝たせるためのウソ、詭弁いがいの何物でもない。もっとも、選挙で当選するためにはウソ、詭弁、以外に、方法がない。氏は、口が達者だが、よく言えば論理的、悪く言えば詭弁家である。そのどちらかは容易にわかる。

プロ野球

2011-09-09 23:23:41 | Weblog
私はプロ野球なんて、あまい世界だと思っている。打者なら、打率が悪くても、今シーズンは不調だったで済まされるし、目に見えて成績が悪かった場合には二軍落ちで、二軍でチンタラ、コンディションを整えられる。そもそも技術にしたって出来ることの繰り返しに過ぎない。十年一日の人生である。太っている選手も多いが、ダイエットもしない。太っていても野球はやれるから。である。筋トレして、脂肪を落とし、筋肉をつければ、もっと40歳を超えても一流選手として活躍出来る可能性があるのに、食いたい放題で、ダイエットしようともしない。それに高校生で体格がよく、技術が上手ければ即、プロで通用する選手もいる。プロ野球選手は、甲子園で注目され、ドラフト使命されるか、大学、社会人野球で注目されてドラフト指名されてなるケースのどれかである。いずれにせよ、20歳くらいから、三十代後半までの十数年できる保障が決まっている。チームに入ったら、チームの仲間としての親愛感が起こるから、成績が悪くてもやめさせられることはまずないし、スランプになっても、いつか復帰する可能性を期待されるから、二軍で調整と称してチンタラ、タダ飯、食ってくことが出来る。本人のやる気が全てである。それが出来るのは、日本人のプロ野球好きで、金が十分あるからである。それに比べボクシングなどの個人スポーツでは、そういうゆとりはない。一秒たりとも遊ぶ、ということに罪悪感を感じる私には、プロ野球選手に、「根性」を感じる選手など一人もいない。

人間は、朝三暮四

2011-09-09 16:33:35 | Weblog
ほとんどの人間は、朝三暮四である。猿とたいして変わりない。

サッカー

2011-09-08 17:43:49 | Weblog
サッカーは、見ていると簡単そうにみえるが、やるのはしんどいのである。自由学園では、サッカーを中学一年からやらされたが、絶えず走り続けなければならないので、それに嫌いで技術もないので、マラソンほどしんどかった。

コレステロール。中性脂肪

2011-09-08 17:33:39 | Weblog
一ヶ月でコレステロールが一気に下がる。

健康を自覚するするようになって、一ヶ月で一気にコレステロールが正常値まで下がった。

コレステロール217(150~219)
中性脂肪195↑(50~149)
HDL46(40~50)
LDL130(70~139)

これで寿命が10年は伸びた。

だが中性脂肪が前回より高くなった。これはなぜか?

警察に泣き寝入りしないためには

2011-09-04 22:59:08 | Weblog
警察の横暴に対応するには。今は、ネットで誰でも、世界に向けて発信できる時代である。警察の横暴に泣き寝入りしないためには。

職務質問などされたら、した警察官に、名前を聞き、どこの警察のどの部署かを聞いてメモする。これは善良な市民の権利である。そして、「あなたの言ったこと、態度、行動は、全てブログで実名を出して、発表しますから」と言うのである。そして、それを実行するのである。名誉毀損だの、何だの恐れる必要はない。ものを書くということは、自分の主観で書く以外、方法がないのである。

検察

2011-09-04 22:58:16 | Weblog
昨日の土曜日に、司法修習生の教官(検事)が、生徒(弁護士志望)の冤罪を捜査して、事件を解決するドラマがあった。あれほど、現実と食い違ったドラマはない。検察というのは、鈴木宗男氏が言っているように、「足がない」のである。つまり歩かないのである。自分で捜査なんかしないのである。マスコミのリークを元に、机の上で、ストーリーを想像(創造でもある)して、つくりあげるのである。歩かないから、でっぷり太るか、足腰が弱くなるから、ますます歩かなくなる。の悪循環である。せっかく検察の実態が国民に認知されてきたのに、ああいうデタラメなドラマは法務行政が、取り調べの可視化に向いて動いている今、放送するのはよくない。痴漢冤罪の「それでも僕はやっていない」のようなドラマを放送すべきである。

ちなみに、村木厚子さんは、人が良すぎるというか、

「検察は、捜査能力もモラルも一流のものであって欲しい」

といっていたが、その発言には間違いがある。モラルは一流であって欲しいと望むだけにとどめるべきなのである。「捜査能力も一流であって欲しい」と望むのが、いけないのである。

たとえるなら、学者にせよ、スポーツ選手にせよ、優等生の良い子にせよ、優秀というレッテルを貼られ、一流であって欲しいと期待されると、その期待がプレッシャーになって、期待にこたえねばならない、失敗してはならな、という思いから、過ちを犯した時にでも、体裁をつくろわねば、という思いになってしまうのである。

検察は、「バカでもいいから正直に生きよ」である。そして「バカさを糊塗するために悪代官になるな」である。