小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

イギリスのEU離脱

2016-06-25 23:12:37 | Weblog
イギリスが、国民投票で、EUを離脱した。

離脱派が、50%で、残存派は、49%、なので、イギリス国民の、圧倒的な、意志ではない。

移民に、職業を奪われる、ことに対する不満、そして、かつての、世界の覇権国だった、プライドなど、理性的に考えての判断ではなく、非常に、感情的な、動機からである。

民主主義が、いかに、衆愚主義であるか、といういう、いい例である。

そもそも、参院選にしてもそうだが、民主主義は、国民は、知性的、理性的に、国際社会や、政治、経済的に、どうあるべきか、と、考えて、投票する義務など全くない。

立候補者の、顔が気に食わない、とか、イケメンだから、とか、大きな声での、パフォーマンスが面白い、とかの、どんな理由で、投票してもいいのである。

それで、結局は、知名度のある、世襲議員や、きれいな女の立候補者とか、が、選ばれてしまう。

そもそも、立候補者は、大きな声を出せず、声が枯れていたら、当選できない。

新聞やニュースと同じで。

新聞やニュースでは、知名人の話題しか、出さない。

それは、国民が、知名人にしか、関心を持たないからであるが。

しかし、実際には、知名度が無くても、声が小さくても、政治認識もあり、行動力もあり、もし当選していたなら活躍できたが、名も知れず落ちた、立候補者も、数限りなくいるはずである。

東京都知事にしても、舛添要一氏を、選んだのは、東京都民なのだから、舛添要一氏の、性格を見抜けずに、知名度から投票した、東京都民こそが、自分の、愚かさを、反省すべきなのが、本道であるはずだ。

政治家は、公約など守らず、ウソを言う、というのは、社会人として、知っていて当然の常識である。

ヒトラーをドイツ総裁に選んでしまった、当時の、ドイツ国民は、ヒトラーを責めるのではなく、己の愚かさを反省している。

参院選

2016-06-23 02:07:34 | Weblog
参院選の公示が始まった。

自民と公明は、アベノミクスの、経済政策を主張している。

民進党や、共産党は、安保法制の、防衛問題や、ウソつきの安部政権の、ずるい、やり方の批判を、主張している。

僕の予想では、やはり、自民と公明が、今まで通り、勝って、たいして、変わりない、と思っている。

それは。どんなに、安部政権が、ずるい、やり方で、国民をだましても、国民の関心の、一番は、やはり、経済政策だと思うからである。

ねじれ、を、つくって、安部政権の暴走を止めようとするより、ねじれによって、政治の停滞を、国民は、嫌がっていると思う。

まず、自分の生活が、何より第一である。

それに比べると、防衛問題は、国民の生活には、直接には関係のない、二の次であり。イデオロギーの問題であるし。

だから、安部政権の経済政策の継続によって、経済が、良くなって欲しいと、祈る気持ちから、自民党に、票を入れる人が多いと思う。

日米地位協定

2016-06-21 01:35:55 | Weblog
今、沖縄で、米軍属による女性殺害容疑事件や、米兵の酒酔い運転での逮捕などで、沖縄県民の、アメリカに対する反感が強まっている。

両方とも、日米地位協定(治外法権)には、触れないが、アメリカは、デカいツラし過ぎている。

私は、2012年5月6日に、「沖縄バスガイド物語」(原稿用紙換算241枚)、という小説を書いた。

これは、日米地位協定に対する、怒りから書いた、日米地位協定に対する、怒りの小説です。

「浅野浩二のHPの目次」、に、載せてありますので、よろしかったら、ご覧ください。

日米軍事同盟のためなら、日米地位協定(治外法権)は、仕方がないと、自民党は、思っているが、自民党は、腐りきっている。

「日本人の生命と財産を守る」、というのが、阿部晋三の、バカの一つ覚えの、フレーズだが、全く、矛盾している。

自称、保守の名を借りた、右翼の連中は、対米従属して、日本が、中国や北朝鮮の軍事的脅威から、守られればいいと、思っているが。

もし、保守を自称する、ヤツらが、てめえの娘が、米兵に、無残に、強姦され、殺されても、日本の安全のためなら、仕方がない、我慢する、というのだろうか?

私には、とても、そうは、思えない。

保守だの、右翼だのの連中の思想なんて、所詮、すべて、自己欺瞞だと私は思っている。

舛添要一東京都知事2

2016-06-09 09:31:47 | Weblog
もう、勘弁してやりなよ。

あれだけ、叩かれりゃ、これからは、真剣に、都政に励むことは、疑う余地が無い。

東京都民は、バカだから、人間の心理、というものが、わからないんだな。

モハメッド・アリ死去

2016-06-06 21:29:37 | Weblog
モハメッド・アリが死去した。

ベトナム戦争に、反対して、徴兵拒否して、アメリカという国家に、逆らったのが、凄い。

彼の強がりは、本物の強がり。


オリンピックで取った金メダルを川に投げ捨てた、世界で唯一の男。

ベトナム戦争への徴兵を拒否して、ボクシング・ライセンスを、剥奪された世界チャンピオン。


「リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる」

「人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる」

「不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない」

「あなたが、私に対して、 なって欲しいという者に、私はなる義務がない」

「私が心から恐れるのは神の法だけだ。人が作った法はどうでもいいと言うつもりはないが、私は神の法に従う。何の罪も恨みもないべトコンに、銃を向ける理由は私にはない」

「ボクシングはフェアな戦いだ。しかし、戦争は罪もない人々を殺しつづけるものだ」

「いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない」

(モハメッド・アリ)

小川彩佳アナ

2016-06-03 23:09:43 | Weblog
テレビ朝日所属の女性アナウンサーの、小川彩佳さんを愛してしまった。

報道ステーションで、古舘伊知郎が司会者をしていた時は、小川彩佳アナは、なんだか、堅苦しい感じで、好きになれなかったが、今年の四月から、古舘伊知郎が司会者をやめて、なんだか、明るい、冗談も言える、いつも嬉しそうにしている性格に変わったように見える。

見える、ではなく、それは、事実である。

彼氏ができたのか?

古舘伊知郎がいなくなって、リラックスできる心境になったのか?

大体、私は、好きな女子アナが出来ると、その女子アナの、画像を、ネットで、500枚くらい、集める。

太極拳

2016-06-02 00:47:18 | Weblog
工藤夕貴が、太極拳は、年寄りのやる、ものと、ばかには出来ない。ハードな運動だと言った。

確かに、その通りである。

尻を、突き出さず、なめらかに、重心を、極めて低くして、中腰のまま動く、運動は、大腿四頭筋が、非常に鍛えられる。

足腰の鍛錬に、もってこいである。

ランニングの代わりになるかも。

ただ、足腰を鍛えよう、という意識が無く、重心を下げず、形だけ、やっているのでは、年寄りの、ラジオ体操にしか、ならない。

清原和博被告

2016-06-01 22:52:59 | Weblog
「覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)の判決が31日、東京地裁であり、吉戒純一裁判官は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。」

昨日、清原和博被告の第一審の判決が言い渡された。

何か、裁判官も、検察も、全ての国民も、彼に同情的である。

しかし、私は、そう感じない。

あんなグズ野郎、生きてても、何の価値もない。と、私は思う。

国民は、「更生を切に望む」、とか、本人も、「社会のために役立ちたい」、とか、言ってるけど、そもそも、プロ野球選手なんて、野球をとったら、何も無いし、頭はカラッポで、マッスル北村のような根性と意志のあるヤツなんて、一人もいないから、野球をとったら、何も残らない。し、何も出来ない。

プロ野球選手は、現役、引退したら、死んだ方がいいと、私は思っている。

まあ、死ぬ度胸のあるヤツも、一人も、いないだろう。

そもそも、プロ野球選手は、デブや、腹が、醜く出てるヤツが多い。

みっともない。

そもそも、「応援、よろしく」、何て言う選手が、私は嫌いである。

三億を越す年俸と、国民栄誉賞と、何百万という、ファンが、ありながら、さらに、「応援、よろしく」、何て言う、図々しさには、あきれる。

プロ野球選手よ。てめえらは、「応援がなけりゃ、気合を入れられないのか?」

何のためらいもなく、応援を求める選手も、頭が、おかしいと思うし、応援するファンも、おかしいと思う。

そもそも、清原の、老けたツラと、醜く突き出た腹。みっともない。

応援や、三億の年俸がなくなれば、もう、体を鍛えようという気持ちなんか、なくなり、食いたい放題、遊びたい放題、だから、あんな体になるのは当然である。

(別に、自慢するわけじゃないが、私は、水泳、ランニング、筋トレで、多い時は、一日、五時間、トレーニングしている)

そもそも、自分のために、頑張った人間が、何で、国民栄誉賞なのか、さっぱり、わからない。

人間は、みな、自分のために、生き、自分のために頑張っている。

国民栄誉賞は、海外医療協力隊、などの、他人のために、つくした人間に、与えるべきものだ、と私は思っている。

私は、プロ野球選手で、根性のあるヤツなんて、一人もいない、と思っている。

マッスル北村のような男こそ、本当に根性のある、男だと私は思っている。

ああいう人間は、1万人に一人もいない。

そもそも、私は、プロ野球なんて、無くした方がいいと、思っている。

選手や、チームに、自分の夢を託してしまうから、(しまえるから)、自分で、何か、自分の目標を探して、そして、それを目指して、雄々しく生きよう、という気持ちが無くなってしまうのだ。

ちょうど、子供を生むと、子供に夢を託してしまって、自分は、休日は、ゴロ寝の生活になるのと、同じである。

しかし、プロ野球は、日本の、莫大な規模の経済活動の一つであり、無くしてしまったら、GDPが下がり、日本の経済は悪化する。から、なくすことは、出来ない。

つまりは、日本国民(否、人間)の、精神のレベルが低い、というである。

・・・と、白土三平なら、言うだろう。