小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

国家権力

2012-04-30 22:14:34 | Weblog
なにも、検察に限らす、国家権力は全て、おそろしい。医療の世界では、厚生省、厚生局、その他すべての医療関係の公的機関である。厚生局の恫喝はおそろしい。厚生局の個別指導なんてのは、いわば、呼び出し監査である。厚生局の個別指導の直後に自殺した医者もいるほどである。

診断も治療も全て、診療点数で雁字搦めにされて、医者には裁量権などなく、厚生省のロボットとなるしかないのである。

ただ、こういう不安におびえねばならないのは、医院や病院の責任者だけである。そこへいくと、勤務医は気楽である。

反則4点

2012-04-20 12:53:18 | Weblog
一時停止で、止まらず、2点減点で、合計4点となってしまった。反則金7000円。(4月4日)あと2点の違反で、30日の免許停止である。だが、違反者講習を受ければ、一日で帳消しになる。

見通しがいい所なので、以前にも、一時停止しなくて、つかまった。警察のくだらないネズミ捕りである。一時停止する必要がない見通しのいい所に、一時停止の線を最初にひいたのだから、ネズミ捕りしようと思えば、いくらでも違反者を作り出せる。

そもそも、近くに、50km/hの制限速度の道路があるが、昼や、夜などに50km/hで走っている車などない。全員、違反者である。むしろ、50km/hで走っていたら、交通の流れを乱してしまう。

そもそも、日本の警察の感覚として、制限速度を低く書いときゃ、安全だろう、という、雑で、いい加減な考えが、バカげている。

道路に書かれてある制限速度より約10km/h速い速度が、その道路の適正速度であり、その速度で運転するというのが日本の交通マナーなのである。

仕事を増やしたくないから、盗難も、何とか、紛失で済まそうとし、道路交通法も知らない。

こんな、くだらないことやってないで、マル暴にでも人員を増やせ。


弁護士ニート

2012-04-20 12:48:18 | Weblog
「司法試験を通っても就職できない......」急増する"弁護士ニート"の現実 - 日刊サイゾー(2010年4月7日)

3年前、難関の司法試験に合格、司法修習を経て弁護士バッジを手にした井上晴彦さん(28=仮名)は、いまだ弁護士事務所に就職できていない。
「毎月、各所の弁護士事務所に採用を求めてるんですが、どこも募集はしていないと断られてます。たまに募集があっても人が殺到していて不合格。いろいろ短期のアルバイトをして食いつないでいますが、実質は無職の"弁護士ニート"です......」
こう話す井上さんは、資格を得る過程で学費などを借金しており、肉体労働などのアルバイトをしても手元に残るのは半分の月収5万円程度だという。地方から上京し、学生時代から交際相手のマンションに居候してきたが「ついに『将来性がない』と追い出されてしまった」(井上さん)という。現在、友人宅に身を寄せているが「このままではニートどころか"ホームレス弁護士"になってしまう」と不安の日々だ。

そんなものなのか。


泳ぐ

2012-04-10 20:57:13 | Weblog
一時間半、泳ぐ。泳ぐのは今年、始めてである。冬に筋トレやったせいか、あるいは、週に二回、テニスしてるせいか、全然、疲れない。これでは運動にならない。

島本真衣

2012-04-09 17:31:40 | Weblog
テレビ朝日のアナウンサーの、島本真衣さんは、かわいい。

岡田有希子

2012-04-08 01:12:45 | Weblog
今日は、岡田有希子さんの命日。

中畑清

2012-04-05 23:17:29 | Weblog
横浜ベイスターズの中畑清監督は、明るくて爽やかで、笑顔を見るだけで、嬉しくなってしまう。ということで、横浜ベイスターズを応援しよう。

「優れた人間とは、そこにその人がいるだけで救われる存在である」

尺側手根伸筋腱炎

2012-04-02 19:41:07 | Weblog
バッティングのし過ぎで、尺側手根伸筋腱炎になってしまった。

ということで、しばらくバッティングは中止。

関根麻里

2012-04-02 19:34:08 | Weblog
関根勤の娘さんの関根麻里を知った。可愛い。面白い。まさに理想の親子という感じ。