小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

今日は大晦日

2014-12-31 13:54:54 | Weblog
今日は大晦日。

野々村誠の娘さんの野々村香音さんは、確かに、かわいい。しかし、これ以上、育たないでくれー。

秋篠宮佳子内親王も同じ。彼女は育ちすぎ。かわいさ、の全盛期を過ぎてしまった。

これからの少子高齢化の日本を考えると、育たない、成長を止める治療(?)法を、研究すべき。





美人すぎる喫茶店ウェイトレス

2014-12-31 07:25:58 | Weblog
盛岡駅ビルの、喫茶店、ポール・ショップ・カフェの正社員か、店長(かもしれない)は美人すぎる。

厚切りトーストも、美味しい。

盛岡名物として、盛岡に行ったら、一度、入ってみましょう。

ウイルスが去ってくれた

2014-12-27 23:10:06 | Weblog
ウイルスが、去ってくれた。良かった。

というより、ブルフェン、トランサミン、ポララミン、ムコダイン、のおかげである。

この場合の薬は、触媒の役割である。

ウイルスが咽喉に居座ってしまった

2014-12-27 23:09:21 | Weblog
ウイルスが咽喉から出でくれない。

ジクジク気分が悪い。

いっそ、風邪をひいてしまって、高熱が出で、水分をとって、汗がバッと出ると、よくなる。

なので、わざと、風邪をひこうかと思っている。

体の免疫力とウイルスとの勝負

2014-12-25 23:07:54 | Weblog
昨日、体を鍛えるつもりが、体を冷やしてしまい、寒暖差アレルギーの、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、と、咽喉にウイルスが、くっついてしまった。

今年は、一度も風邪をひかなかった、ので残念。もっとも、咽喉が痛いだけで、熱は出ていない。

しかし、腸管免疫力を高めるため、腸の具合を良くするためには、仕方がなかった。

ここらへんの判断が難しい所。

内川聖一のバットコントロール

2014-12-24 23:08:47 | Weblog
プロ野球では、二刀流が注目されている。

ソフトバンクの内川聖一のバットコントールも、二刀流である。

試合前の練習で、打撃コーチに、「うん。お前のバットコントロールは、日本一だ」

家で夜中に、内川(長野)翼夫人に、「ああー。あなたのバットコントロールは日本一だわ。最高ー。感じちゃうー」

翌朝。

翼夫人「あなた。お願い。夜中のバットコントロールは、遠征先では、あ、あの。松田さんには・・・使わないでね」

今日はクリスマス・イブ

2014-12-24 08:06:15 | Weblog
今日は、クリスマス・イブ。

つまりキリストが最後の晩餐で、12弟子と、ローストチキンを食べて、ワインを飲んで、祝った日。

ちなみに、キリストは処女懐妊によって生まれた。つまり、偉い人なので、マリアとヨセフのセックスによらず、生まれたのである。
では、どこから生まれたか。
マリアのような美しい人が腹が大きくなって、マリアのアソコから生まれた、とは書いてない。それも、やはり宗教冒涜である。
つまり、昔、昔、マリアと大工のヨセフという夫婦がいました。
ある日、ヨセフは、家を造りに出かけ、マリアは、山に洗濯にいきました。すると、川上から、大きな桃が流れてきました。マリアは、大きな桃を拾い上げると、家に持って帰りました。二人が、「これは天からの贈り物に違いない」と言って、桃を割ると、中から、オギャーと、男の子が出てきました。二人は、男の子を、イエス・キリストと名づけて、大切に育てました。

というか。
昔、昔、マリアと大工のヨセフという夫婦がいました。
ある日、ヨセフは、家の材料の一部として、竹を採るため、山に行きました。すると、光った竹がありました。ヨセフが、斧で、その竹を切ると、中から、オギャーと、大きな声を出して、男の子が、あらわれました。ヨセフは、男の子を、家に持って帰りました。二人は、「これは天から降臨してきた超能力者に違いない」と言って、その子を、イエス・キリストと名づけ、大切に育てました。イエス・キリストは、すくすくと育ちましたが、ある時、マアリとヨセフに、「お父さん。お母さん。僕は、天の神様が地上に遣わした、神の子なのです。なので、僕は、いずれ、天に戻らなければなりません。僕は、お父さん、お母さん、より早く死ぬことになります。でも、悲しまないで下さい。それが僕の運命なのです。僕の本当のお父さんは、天なる神なのです」と身の上を話しました。

ダルビッシュ有と田中将大の対談

2014-12-23 23:41:03 | Weblog
今日、ニュースステーションで、工藤公康が、とりもって、ダルビッシュ有と田中将大が短い対談をしていた。

ダルビッシュは、去年、田中将大がメジャーで通用するか、について、勝率は実力を反映しないけれど、防御率は、実力を確実に反映する、ので、メジャーで通用するかどうかは、わからない、とデカい態度で言っていたが、田中は、勝率でも、防御率でも、ダルビッシュより、明らかに上じゃないか。

田中将大、のうわべ=「いやー。ダルさんは、大先輩で、すごい人ですので・・・」

田中将大、の本音=「なに偉そうにしてやがんだ。ダルマ野郎。オレの方が、勝率でも、防御率でも、てめえなんかより、はるかに上じゃねえか。オレの落ちるスプリットも、メジャーで、十分、通用してるじゃねえか。スプリットの投げ方も、教えてくれ、と泣きついてきたじゃねえか。てめえなんか、あと二、三年で、福留とか、西岡のように、メジャーのお払い箱になって、泣く泣く、日本に帰ってくるのが、オチだぜ」

共産党

2014-12-22 20:07:44 | Weblog
衆議院の議席を二倍以上に増やして、志位代表は、笑いが止まらないだろう。

火事場泥棒・・・ではない。必然の結果である。

他の野党は、政策が明確に見えない。し、それを、仮に、やったからといって、現政権、以上に、経済が良くなるという保障などない。

そもそも、長所だけあって、短所のない経済政策など、あり得ない。そんなもんが、あったら、与党も野党ない。

原発、集団的自衛権、経済政策。共産党は、全てにおいて、自民党に、真っ向から批判しているから、まさしく、「確かな野党」である。

フィギアスケート

2014-12-22 19:54:12 | Weblog
どうでもいいけど、フィギアスケートって、そんなに何回も見たいものなのか?

確かに、「フィギア」というだけあって、美しさを表現するスポーツだが。私は、そんなに、何度も見たいとは全然、思わない。一回、見れば、もう、秋田である。

スキーの方が、(アルペンなら、どんな種目でも)ずっと美しく見える。

ブルース・リャンやブルース・リーのキックの方が、何度、見ても厭きない。

今日は冬至

2014-12-22 19:38:55 | Weblog
今日は冬至。これから日の暮れが遅くなっていくが、1月5日(小寒)。1月20日(大寒)

寒い

2014-12-19 23:03:51 | Weblog
寒い。肌が乾燥する。痒い。皮膚が粉吹き芋。

トリンプ

2014-12-16 20:59:36 | Weblog
「トリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京)は16日、ブラジャー約2万2000枚を自主回収すると発表した。ワイヤが布を突き抜け、最大1センチ程度外側に出て肌を傷つける恐れがあるため。直ちに使用を中止し、送料着払いで同社の指定する送付先に返送するよう呼び掛けた。商品代金は払い戻す。」

(時事通信 12月16日(火)20時0分配信)

その回収したブラジャーは処分するのだろうか。それとも、(使用者によっては)付加価値のあるブラジャーとして、競売で、売るのだろうか?

木口亜矢の使用したブラジャーなら、五万円で買う人もいるかも。

下着メーカーの新手の商法かも。


自民党圧勝

2014-12-14 22:22:23 | Weblog
自民党、以外に入れる党がない。阿部晋三の個人的人気もある。小泉政権なみに、長期政権になりそう。

野党は、選挙前から、決定的な批判的発言が出来なかった。

田丸麻紀

2014-12-10 23:40:50 | Weblog
田丸麻紀さんは魅力的