小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

憲法を改正すべきか?

2022-10-06 14:48:14 | 政治
憲法を改正すべきか?

自民党を支持する人は、日本国憲法を改正すべきだと思っている。

現行の日本国憲法は、太平洋戦争の敗戦の一年後(昭和21年)に、アメリカ、GHQ、マッカーサーによって、即席に、一週間ほどで、作られたものである。

日本を二度と戦争の出来ない国にするため。

軍隊をもつことを禁止し、交戦権も否定している。

「日本国憲法第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」

これからして自衛隊は憲法違反であることは明らかである。

集団的自衛権はもちろんのこと、個別的自衛権も。

現行憲法は戦勝国であるアメリカによって作られて、押しつけられたものであり、戦後80年、になろうという今、日本国民によって、作り直されるべきである、という主張はもっともだと僕も思っている。

自衛権は憲法違反だし、他国によって、他国の都合のいいように作られて押しつけられた憲法などグロテスクである。

と自民党支持者は思っているのだろう。

確かに、僕もそう思うが。

しかしである。

そのグロテスクさ、を僕は、悪い、間違ったものとは思わない。

そのグロテスクさは、全世界に誇れる、世界で唯一の、美しい、歪んだ憲法であると僕は思っている。

世界のどこの国でも、軍隊をもち、交戦権(個別的なら自然権)をもっている。

他国が核兵器をもつならば、自国も核兵器をもたなければ自国は守れない。

しかし、アメリカによって押しつけられた憲法ではあるが、結果として、日本国憲法は、軍隊ももたず、交戦権も認めない、などという信じられないような崇高な憲法である、と僕は思っている。

自衛隊は憲法違反だが、日本は、その憲法違反という矛盾の中で、戦後、一度も戦争することなく、平和主義を貫いてきたのである。

そのため日本人は平和に対する意識が、他国とは比べものにならないほど強い。

なら、矛盾していても、それでいいじゃないか、と僕は思うのである。

反対に、軍隊も交戦権ももっている、アメリカは第二次世界大戦後も、積極的に他国に戦争をふっかけてきた。

正義の美名をかりて。

朝鮮戦争。ベトナム戦争。湾岸戦争。アフガニスタン戦争。イラク戦争。等々。

アメリカ人は、共産主義、は、悪いもの、潰すべきもの。攻撃されたら攻撃しかえすのは当然の権利と思っているのだ。

そのため、アメリカ人の過半数は、日本に原爆を落としたことを良かったことだと思っているのだ。

この平和に対する国民の意識の差。

アメリカは思想、宗教の自由はあるが、キリスト教がバックボーンとなっている国だ。

「目には目を」

は旧約聖書、ハンムラビ法典の教えだ。

矛盾している。

僕は、「非暴力・不服従」のマハトマ・ガンジーを尊敬している。



日本国憲法を変えて、自衛隊を日本の国軍と認め、自衛権を認めてもいいとも僕は思っている。

それが、普通の国の形なのだから。

しかし、それには絶対の条件がある。

それは、日米同盟を破棄するか、あるいは、そこまでしなくても、日米同盟を対等なものとする、という絶対の条件があれば、である。

しかし、それには絶対に不可能である。

それは。

アメリカの言いなりになっている、そして、なるしかない日米同盟をそのままにして、日本国憲法を改正することに僕は反対である。

だから、自民党や、安倍政権が強く主張した、日本国憲法を改正しても、日本はアメリカの戦争に協力するだけの、虎の威を借りた狐、国家になるだけだ。

その方が、現行憲法のグロテスクさより、もっと醜いと僕は思う。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

組織が大きくなることの弊害(統一教会)

2022-10-06 12:46:09 | 考察文
組織が大きくなることの弊害(統一教会)

それと。時間が経つことによる経年劣化。

そして。組織が大きくなることによる創始者の権力欲への堕落。

統一教会は宗教か?

統一教会をWikipediaなど、ネットでちょっと調べてみたが、よくわからない。

し(その教義もあまり興味ない)

しかし、大体、組織というものは、その原点は純粋でも、組織が大きくなることによって、権力欲、金銭欲の、不純なものに変わっていくものである。

これは、あらゆる組織で言える。

統一教会は、1954年に、文鮮明によって創始された。

文鮮明は最初から、巧妙に信者を洗脳し、高額献金を巻き上げる詐欺の目的で、統一教会を設立したとは僕には思えない。

そこには、文鮮明なりの純粋な信念があり、思想があったのだと思う。

そうでなければ信者がついてくるわけがない。

しかし、組織は大きくなっていくと、腐敗していくものである。

各支部によって、設立者の思想の統制がとれなくなっていくからである。

また、設立者自身も堕落していくこともある。

これは統一教会だけではない。

キリスト教においても、イエス・キリストは崇高な人間だったが、組織が大きくなって、中世ヨーロッパでは、教皇が絶対的な権力をもつようになり、免罪符まで売りつけるようになった。

(それを、マルチンルターが宗教改革で反旗を翻したが)

オウム真理教もそう。

麻原彰晃も最初は、原始仏教を読み、自身、修行し、悩める人々を救おうとした。

しかし、オウム真理教の場合は組織が大きくなることによって、創始者の麻原彰晃の権力欲が大きくなっていって、堕落していった。

日本の仏教にせよ、各仏教の創始者は純粋な思いで、釈迦の教えを日本に伝えようとした。

しかし、組織が大きくなり、創始者が死ぬことによって、仏教組織は、百姓の年貢のがれのための、荘園として、巨大な権力を持ち、財力に目がくらんで、財力をもつようになった。

(織田信長が比叡山の延暦寺をムジナの集まりと言ったのは、あながち間違いではない)

日蓮宗を教義とする創価学会もそうだろう。

今の創価学会は公明党との政教分離の憲法違反もクソもない。

自民党にせよ、政党の始まりは、戦後の日本を立て直そうという純粋な気概に燃えていたものだっただろう。

しかし、組織が大きくなることによって、腐敗、堕落していった。

これは、武道、スポーツ組織でもいえることであって。

フルコンタクト空手に限らず、最初、少人数でやっていた時は、純粋に技術の研究、強くなることを研究していた。

しかし、組織が大きくなると、もっともっと組織を拡大し、勢力を世界中に広めたい、という欲求が起こって、その欲望追求になってしまう。

他流派との競合もあり、他流派を潰して、自派の勢力拡大だけを考えるようになる。

また、金に目がくらんで、「カラテ通信教育?」なるバカげたものまでやるようになる。

「カラテ通信教育」なんてバカげたもので、空手が上手くなるはずがない。

生徒が落ちこぼれても、金だけ巻き上げて、「はい。それまーでーよ」である。

暴力団の勢力拡大の争いにしてもそうだし。

医学界においても、どの大学医学部も自分の医学部の勢力圏拡大のために、しのぎを削っている。



イエス・キリストは、

「金持ちが天国に入るのは、ラクダが針の穴を通るのより難しい」(マタイ伝19・23)

と言っているが、キリストは、

「下着を二枚もつものは、その一枚を、それを持たない者に与えよ」

という貧しき者への思いやり、の思想である。



統一教会が信者に高額献金を求めているのは、韓国に自分の組織の御大層な大聖堂を建てるためであって、貧しき者への思いやり、なんかではない。

そもそも、統一教会には、洗脳マニュアルなるようなものがあるような気がする。

そうなったら、それは、もはや、宗教ではなく、完全な、「宗教に名を借りた詐欺組織」である。

統一教会のことは、よく知らないが(興味がないので)

こんな記事もある。

統一教会は韓国政府が創った日本侵略のための組織だった?

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

凶弾ではなくポア

2022-09-26 15:04:22 | Weblog
凶弾ではなくポア。

岸田首相は、山上徹也の行為を悪いように言っているが。

山上徹也の行為は、悪い魂を良き高いステージへとあげたポアなのである。

こういう行為こそこと本当の正しいポアである。

オウム真理教も、自分の教団に都合の悪い(善良な)人間をポアするのではなく、本当に悪い人間をポアして欲しかった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

統一教会だけではない

2022-09-25 16:23:12 | 政治
統一教会だけではない。

と僕は確信している。

自民党が強かったのは、統一教会のおかげ、だけではないと僕は確信している。

法の網の目をくぐって利用できる便利な組織、法律、システム、は自民党は全て利用していると思う。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日は日本にとってめでたい日

2022-09-25 16:12:22 | Weblog
明日は日本にとってめでたい日。

なぜなら独裁者が死んでくれたから。

もう安倍派の派閥はなくなり、安倍は陰のドンとして日本を支配できなくなった。

安倍派だけではなく、自民党の信頼も失墜した。

明日は「国葬」ではなく、独裁者失脚祝賀記念日と、とらえて、日本国民全員がおおいに祝えばいい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍晋三の国葬方法

2022-09-25 16:03:19 | Weblog
安倍晋三の国葬は、独裁者の死にふさわしく、ムッソリーニのように、死体を足でロープでつなぎ、都内を引きずり回すべき。

そして、その後、木に逆さに吊るす。

そして死体をカラスについばませる。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山上徹也にノーベル平和賞を

2022-09-25 15:49:41 | 考察文
山上徹也にノーベル平和賞を。

国家権力と癒着した日本のクズメディアの馴れ合いをひっぺがし、日本の政治の腐敗を日本国に知らしめた功績を考えると、山上徹也氏はノーベル平和賞に値する。

これから日本は確実に今までより良くなる。

しかも自分は、逃げることもなく、警察に捕まって、死刑にされることは覚悟の上。

警察の取り調べにも、自己正当化せず、本心だけを正直に述べている、いさぎよさ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

河野太郎はワクチン接種推進大臣それ以前から人間のクズ

2022-09-23 06:42:26 | 政治
河野太郎はワクチン接種推進大臣それ以前から人間のクズ。

山本・群馬知事「恫喝だ」 マイナカード低取得率で交付金認めず報道

あのクズ野郎こんなことは平気でやる。

麻生太郎、茂木、二階、河野太郎、高市、萩生田、下村、甘利、自民党議員の100%は人間のクズ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岸田首相が可哀想に思えてきた

2022-09-16 03:43:57 | Weblog
岸田首相が可哀想に思えてきた。

岸田首相が怒った顔、笑った顔、を見たことが一度もない。

岸田首相も祖父からの世襲で仕方なく政治家になったのだ。

頭が極めて愚鈍なので、すべての日本国民からバカにされている。

可哀想じゃないか。

イジメはよくない。

性格は悪くはない。

性格の悪くない、頭の悪い人をあんまり、イジメるのはやめましょう。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン代わりに“生理食塩水” うその接種記録作成で医師を逮捕

2022-09-14 21:53:22 | 医学・病気
ワクチン代わりに“生理食塩水” うその接種記録作成で医師を逮捕

(テレ朝・9月14日)

おー。素晴らしい医者。

オレがクリニックの院長だったら、オレも同様のことをするぞ。

業務委託料を、ネコババせず、生活困窮者にあげて領収書をとっておけばいいだけ。

だってコロナワクチンは毒薬だもの。

こういう事件は社会を啓蒙する。

裁判になったら、弁護士がつくだろう。

政府が間違ったことをやっているということを、政府、メディアに洗脳されたバカな国民たちに知らしめる効果がある。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二次元の恋は本当の恋かどうか?

2022-09-12 15:29:04 | 考察文
二次元の恋は本当の恋かどうか?

二次元、つまり、マンガ、や、写真の人物への恋は人間的な恋かどうか?

「マンガの登場人物に対する恋なんて人間的な恋ではない。生きた人間との、嬉しいこと、辛いこと、を共にする恋こそが本当の生きた恋だ」

と言う人もいるし、そういうフレーズは、一見、妥当性があるような、聞こえのいいフレーズだ。

しかし僕はそう思わない。

なぜなら、マンガの登場人物は、それを描いた漫画家の心が宿っているからだ。

マンガの登場人物は漫画家によってanimate(生命を吹き込)まれているからだ。

僕は自分の思考を柔軟にしなくてはいけない。

ならば。

僕はスマートフォンのゲームなど全く知らないが。

スマートフォンのゲームの登場人物だって、それを作った製作者の心が宿っている、というこになる。

かく言う僕も、何10年も(おそらく一生、変わることがなく)恋したり、尊敬したりしている、マンガの登場人物、や、絵画の人物、写真の人物がいる。

それらを僕は死ぬまで、愛したり、尊敬したりし続ける。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アメリカで中絶禁止の州が増えている

2022-09-12 15:23:04 | Weblog
アメリカで中絶禁止の州が増えている。

とんでもないこだ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

玉城デニー氏再選

2022-09-12 05:23:25 | 政治
玉城デニー氏再選。

2018年8月8日の翁長雄志の死去により、2018年9月30日に、沖縄県知事選が行われた。

国論を二分する国民の関心事である。

当然、開票、選挙の様子が夜中でも報道されて当然のはずである。

当然、僕もNHKはじめ、民放すべてのテレビ局を、いつ始まるかと、テレビに釘付けになっていた。

しかし、チャンネルをカチャカチャやり続けたが、NHKはじめ、民放すべてのテレビ局は、全く沖縄県知事選を放送しなかった。

しかし翌日のすべての新聞社の第一面のトップニュースは、沖縄県知事選のことである。

これが安倍のやり口なのだ。

安倍はNHK会長に自分のお友達を送り込んだ。

民放のテレビ局だって、テレビ番組のスポンサーは大企業だけだから、大企業だけを優遇しているテレビ局は、「安倍ありがたし」で、沖縄県知事選は放送しなかった。

それが忖度によるものか、圧力によるものなのかは知らない。

メディア、日銀、東京地検、検察、などに、自分のお友達を送り込み、自分の都合の悪い者は、すべて暴力で封じてきた。

玉城デニー氏が沖縄県知事に当選した後も、安倍は辺野古の埋め立てを強行した。

暴力によって国を支配する者は暴力によって滅びる。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石破茂の矛盾

2022-09-11 05:30:54 | Weblog
石破茂の矛盾。

石破茂は防衛問題だけにおいて自民党の方針と一致しているだけ。

他の外交、経済、内政、は自民党の方針と正反対である。

外交、経済、内政では、立憲民主党とほとんど同じ。

石破茂のように良心的な議員が自民党に居座っていることが、国民の自民党の支持を強固にしている。

非常にずるい。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八百長というより大手メディアの記者クラブの記者の無能さ

2022-09-06 08:35:54 | Weblog
八百長というより大手メディアの記者クラブの記者の無能さ。

僕はかなり以前、「取材教室」という三回のカルチャースクールの教室に出たことがある。

一回目は、ある編集長で、二回目は嵐山光三郎さん(鈴木宗男の参考人招致の翌日)、三回目はライター。だった。

編集長は、大手メディアの記者クラブに、どっぷり浸かっている記者たちは、100人中、99%、やる気のない無能、と言っていた。

100人に1人くらいは有能な記者がいる。

そういう有能な記者は、たいていフリーの記者になる。

田原総一朗、立花隆、松本清張、江川紹子、など見りゃわかるじゃん。

メディア、記者は権力ウォッチャーだが。

盗人に、「あなたは何か悪いことをしましたか?」と聞いて、「はい。しました」と正直に言うヤツなんて、いるわけないじゃんか。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする