小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

北杜夫

2009-09-28 22:09:06 | Weblog
北杜夫の「船乗りクプクプの冒険」を読む。漢字が少なく、子供向けの話なので、読む気がしなかったが、読み出したら、ついつい引っぱられてしまった。途中で読む気がしなくなる本というのもあるが、この本は違った。ちょっと、話の中に自分を出して自嘲的に書いていて、そういうのは好きではないか、やはり話にひっぱられてしまう。ということで北杜夫の本を買い集めた。私が最初に北杜夫で読んだのは、大学の時で、「奇病連盟」である。ユーモアがあって面白かった。他にエッセイも読んでみたが、さほど面白いとは思わなかった。当時は、「ドクトルマンボウ航海記」もさほど読む気もしなかった。ので読まなかった。今、北杜夫の本は、大きな書店でも、あまりない。「楡家の人びと」があるくらいである。

北杜夫は、躁うつ病と聞いていたが、本当かな、と疑っていた。だがYou-Tubeで、去年の北杜夫を見た。黒柳徹子の、徹子の部屋で娘さんと出ていた。老いてしまって、また本当に欝である。氏が、欝なのに希死念慮が起こらないのは、氏の性格がオプティミストだからだろう。新潮文庫の「奇病連盟」は絶版だった。文学的価値はともかく、あれほどユーモラスで面白い話が絶版とは?
氏の娘さんも、とても美しい。



まだ夏

2009-09-28 21:38:09 | Weblog
まだ夏。時々、涼しい日もあるが、9月は、まだ夏という感じがある。毎日、クーラーをつけて過ごしている。7月、8月は夜が寝苦しく、一睡も出来ない日がつづいた。9月になって、眠れるようになった。夏は食欲がでなかったが、秋になって食欲が出てきた。安いので、つい巨峰を買って食べてしまう。桃もよく食べた。

6月まで、ちょいちょいテニスをしていた。おばさんが多いが、一人きれいな女の人がいて、一緒になると、嬉しかった。ちょっとツンとしているようにも見えるが、そうでもないようにも見える。夏は、ひたすら泳ぎたく。またテニスは夏は、暑くて日射病になりそうで、とても出来るものではない。壁打ちテニスも夏は暑くてする気がしなかった。9月になってテニススクールに行った。片思いの女の人と出合って嬉しかった。彼女は熱心である。つい彼女との妄想ストーリーに耽ってしまった。

25日(金)に信じられないような嬉しい事が起こった。長年の夢、叶ったり。という感じである。やはり長生きはするものだ。

穂のか

2009-09-14 07:35:17 | Weblog
石橋貴明の娘さんの、穂のかさんがデビューした。親の名前を隠して、合格したところがすごい。実際に彼女の演技の実力が認められたのだ。芸能人の子供となると、どうしても選ぶ方に、その事の色メガネで見てしまうのをなくす事は難しいだろう。

彼女は可愛い。性格が軽っぽくなく真面目そうである。演技派俳優として活躍するだろう。

三島由紀夫は、自分の子供が、内容の無い知名度を世間に知られて、はしゃいで天狗になる事をおそれて、家族との写真は一切撮らせなかった。それは一面ではあるが、そうではない面もある。親が偉大だと、子供も親に負けないようになってやろう、という負けん気の気持ちだって起こるだろう。政治家、スポーツマン、作家、役者、で二世で活躍している人は多い。

三島由紀夫は、マイホーム主義が大嫌いだったから、家族そろっての写真を撮られる事の方が嫌だったのではないだろうか。

Imalu

2009-09-14 07:15:44 | Weblog
タレントの二世がデビューしはじめた。明石家さんまの娘のImaluさんと石橋貴明
の娘の穂のかさん、である。

Imaluさんは、おっとりしてて可愛い。

しかし、「いまる」とは、変な名前で、どういう意味だろうと疑問に思った。そこで、ふと思いついたのである。「い」「まる」。あっそうだ。オートバイ事故で脊髄損傷になった人が、明石家さんまの「生きてるだけで丸儲け」という言葉を自分の銘として生きているのを見た事があり、強い前向きな人だなと感心させられた事があった。それからとったのだ。

私が大病になったらとても「い、まる」の精神で生きる自信は無い。

再婚

2009-09-04 20:24:59 | Weblog
「再婚」

という小説を書きました。

ホームページにアップしましたので、よろしかったら御覧下さい。