小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

本田宗一郎のウソを見抜けるか?

2018-02-20 04:25:55 | Weblog
本田宗一郎が、「行政改革」、という、講演で、小学校の時の、イタズラを面白おかしく語っている、You-Tube、がある。

本田宗一郎は、小学校の時、通信簿を親に見せ、「本田」、の印を親に押してもらって、先生に渡さねばならなかった。

本田宗一郎は、成績が悪かったので、親には見せたくなく、それで、ゴムで、「本田」、の印を作って、自分で押して、先生に渡した、そうだ。

そうしたら、他の生徒も、オレの印も、作ってくれ、と、注文が殺到して、本田宗一郎は、みんなに、印を作ってやったそうだ。

そして、先生に、字が逆になっているぞ、と、叱られたそうだ。



これを、講演を聞いている人は、笑って聞いていたが、これは、講演を聞きに来た人を楽しませるための、ウソだ。

「本田」、は、左右対称だから、問題はない。

しかし、ほとんどの名前は、左右対称ではない。

たとえば。

ゴムに、「浅野」、を、そのまま彫って、その印を押したら、字はさかさまになる。

しかしである。

普通、苦労して、印、を作ったら、まず、テストとして、印、に、朱肉をつけて、紙切れ、に、押してみて、印、の、出来具合を見てみるものだ。

いきなり、通信簿に押したりは、しない。

紙切れ、に、押した時点で、字は、そのまま彫ると、さかさま、になる、ということに気づくはずだ。

この時点で、犠牲者は、出ないで済む。

また、いきなり、「浅野」の、通信簿に、印を押しても、字が、さかさまになっている、ことに気づくはずだ。

だから、犠牲者は、出たとしても、一人ですむ、はずだ。

しかし、本田宗一郎は、みんな、さかさまに、してしまって、先生に、叱られた、と言っている。

だから、これは、講演を聞きに来た人を、楽しませる、悪意のない、ウソだ。

しかし、それに、気づいている人が見受けられない。

こんなことは、ちょっと、考えれば、わかるはずだ。

医師国家試験が二日にもどった

2018-02-20 01:40:18 | Weblog
今年から、医師国家試験が二日にもどった、ことを知った。

以前は、医師国家試験は、二日だったが、そのあと、三日になった。

試験三日が、かなり長く続いた。

僕は、国家試験は、二日にすべきだ、と思っていた。



というのは。

三日では、少し長すぎる。と思うからだ。

三日にすると、試験問題の量が増える。

それは、受験生にとっては、嬉しい、と思う人も、いるのかもしれないので、一概には言えないが。

国家試験は、6年で、4回やる、テコムの模擬試験が、重要だと思うのだが。

二日だと、土日で出来て、その日のうちに、復習できるが。

三日にすると、土、日、の他に、次の月曜日まで、試験しなくてはならなくなる。

月曜の学校の授業が出来なくなってしまうのではないか?

実際、どうしていたのかは知らない。

それに、問題量が多すぎと、復讐にかける時間も増えてしまう。



それと。

国家試験の勉強の基本は、イヤーノートを教科書にして、過去問を解くのであるが。

大体、過去10年分くらい、過去問を解くのであるが。

一回の試験の問題数が、多すぎると、非常に勉強しづらくなる、のではないかと、思うからだ。



それと、必修問題で、8割とらなければならない、とか、禁忌問題で、減点する、などというのも、バカげていると思っていた。

試験は、マークシート形式なのだから、正解を、ちゃんと知っているのに、ケアレスミスで、間違えてマークしてしまった、ということも、(実際には、まず、ないだろうけど)、無い、とは、言い切れない。

それを、受験者が、医学の基本を理解していない、と決めて、失格にするのは、おかしい、と思うからだ。

マークシートではなく、記述式試験なら、問題はないが。

受験生は、全科目をまんべんなく、勉強しているだろうけど、それに加えて、必修問題や、禁忌問題に、やたら、神経質になって時間を割いた、勉強を強いられているのではなかろうか?



それと、一時期、問題文を、返さない、ということを、していた時期もあったが、あれも、受験生にとっては、非常に勉強しにくくなった、と思う。

試験は、ゴチャゴチャ、細かい、わずらわしい、条件をつけずに、総合点だけで、判断した方がいいと思うのだが。



なにも、試験を簡単にしてくれ、なんて、甘ったれたことは、受験生は思っていないと思う。

変な採点方法は、やめて欲しい、と思っていると思う。



これは、医師国家試験に、限らず、あらゆることで、国の行政がうまくいかないのは、行政が、現場の声を聞こうとしないで、官僚が、机上で、頭の中だけで、国の政策を、こねくりまわして決めているからだ。

小平奈緒と李相花(イサンファ)の友情

2018-02-20 01:16:59 | Weblog
小平奈緒と李相花(イサンファ)の友情。

もちろん、オリンピックはくだらないと思っている僕だか。

なので、オリンピックなど、ろくに見る気もしないが。

ニュースは見るので、嫌でも、ニュースで、見せられてしまう。

小平奈緒と李相花(イサンファ)の友情は、非常に美しい、と感銘をうけた。

後に走る、李相花(イサンファ)のために、人差し指を、口の前に立て、観客に、注意を呼びかけた、のも、立派だ。

雲隠れの佐川・国税庁長官を発見 まるで逃亡犯のような行動

2018-02-17 08:10:55 | Weblog
確定申告が始まった2月16日午後、東京・霞が関の国税庁の周辺では、佐川宣寿・長官の罷免を求める抗議デモが行なわれ、1000人を超える人が集まった。デモは全国各地の国税局や税務署周辺でも行なわれ、「一官吏」に対して国民がこれだけ大規模な抗議活動を起こしたのは前代未聞だ。

佐川長官といえば、昨年の通常国会で、安倍首相夫妻の“お友達”が理事長を務めていた森友学園に国有地が格安で売却された問題をめぐって、財務省理財局長として「記録は速やかに廃棄した」という“証拠隠滅答弁”を行なったことで、その名を知られた。今年に入って財務省と森友側との膨大な交渉記録が残っていたことが発覚し、 “佐川バッシング”が広がっている。にもかかわらず、佐川長官は“雲隠れ”状態が続いていた。全国紙の経済部記者が言う。「長官を捕まえようと自宅を夜討ち朝駆けしているが、どこの社もつかまえられない」遡ること2日──。バレンタインデーの夕方、東京・霞が関にある国税庁の建物から、一人の男性が出てきた。あたりをキョロキョロと見回すと、停めてあった公用車に飛び乗った。マスコミから“逃走中”の佐川長官、その人だった。公用車に乗った佐川長官が向かったのは、都内のホテル。どうやら、ここを自宅がわりにしているようだ。翌日、ホテルから登庁する様子は前日以上の警戒ぶりだった。午前7時45分に公用車が地下駐車場に入ると、ホテル従業員が10分おきに地下駐車場とホテル正面の車寄せの見回りを始めた。佐川長官は一般客用のエレベーターではなく、従業員用のエレベーターで地下駐車場に降り、車が出発したのは9時半だった。佐川氏を乗せた公用車は霞が関とは別の方向に出発。普通なら10分もかからない距離を30分以上かけて遠回りして国税庁に入っていった。

その姿は徴税官というより指名手配の逃亡犯。確定申告シーズンが終わるまで逃げ回るつもりなのだろうか。


(NEWS ポストセブン)

民信無くば立たず。

(論語)

なぜ検察、警察、裁判官は腐っているのか

2018-02-16 23:11:31 | Weblog
なぜ検察、警察、裁判官は腐っているのか。

その理由は簡単で。

ジョン・アクトンが言うように、

「権力は腐敗する。専制的権力は徹底的に腐敗する」

からである。

政府に対しては、国会で、野党が、政府の批判をするから、それが、権力に対するブレーキの役を、ほんのちょっとは果たすが。

検察、警察、裁判官、においては、与党に対する野党のような、権力に対する、ブレーキ、批判、をする、組織がないからである。

メディアも一応、権力を批判をする組織ではあるが、検察、警察、を批判すると、リークしてもらえなくなり、記事が書けなくなるから、メディアは、検察、警察、の批判記事は、書けず、書かず、検察、警察の垂れ流す、情報を、そのまま垂れ流す、提灯持ちになっているからである。

くだらないスポーツの効用

2018-02-06 04:12:29 | Weblog
スポーツや、運動は、くっだらない、バカがやるもの、と思っている僕だか。

なので、もちろん、ピョンチャン・オリンピック、など、くだらない、ので、見る気もしないが。

そもそも、スポーツは、バカがやることだし。

トップアスリートなんて、バカばっかりだし。

彼らは、天才でも何でもなく、幼少の頃から、一芸をしこまれた、猿回しの猿だし。

僕の尊敬する、心療内科医の、池見酉次郎先生も、

「一芸を極めた者は非常に偉大になっていくか、非常につまらない人間になっていくか、の、どちらかである」

と言っているが、トップアスリートは、みな、後者の方である。

自分がやっている、一つのスポーツをとったら、(つまり引退したら)、何も残らないヤツラだし。

引退したら、彼らは、一つのことだけの、燃え尽き症候群となるだけだし。

宮本武蔵や、ブルース・リーのような、人間的に、偉大な人間は、一人もいないし。

マッスル北村のように、運動も、勉強も、つまり、あらゆることに、命がけで、挑戦する根性のあるヤツなんて、いないし。

(マッスル北村は、子供の頃から、いろんなスポーツに全力で取り組み、限界に挑戦し、ボディービルでは、世界レベルになり、その上、猛勉強して、東大理科Ⅱ類に入ったり、東京医科歯科大学の医学部に入ったり「東京医科歯科大学の医学部は、旧帝国大学の医学部と同じくらい、ものすごく偏差値が高い」する根性の怪物である)



東洋大学の哲学教師の、河村次郎先生も、こう述べている。

「天才の概念は一般に誤解されており、基本的なことすら知らない人が多い。

まず、芸能や経営やスポーツの世界に天才などいないのである。

天才学の見地からすると、厳密に「天才」と言えるのは学問、科学、芸術、文学の分野に限られ、政治や実業界やスポーツにおける天才というのは比喩にすぎない。」


僕に言わせれば。

この程度のことは、本を読まなくても、直観力で見抜けない人間は、才能が無い人間である。



僕は、運動を、健康のためだけに、やっている。

しかし、健康の他にも、一つ、運動の効用があるのである。

それは。

有酸素運動のため、泳いでいると、音楽が聞こえてきて、気分が、ハイになるのである。

脳から、βエンドルフィンが、分泌されるのである。

なので、小説を書いていて、ストーリーに、行き詰った時、泳ぐと、頭が冴えてきて、色々とアイデアが、浮かんでくるのである。

内向的人間に失言が無いわけ

2018-02-03 04:44:25 | Weblog
自民党の議員や大臣は、やたらめったら、失言する。

まあ、自民党に限らず、議員は失言するヤツが多い。

失言のため、辞職しているヤツも、多い。

失言は、自分の身を滅ぼす、のに。

これは、どうしてか?

それは、元気で活発なヤツは、公的発言、私的発言、に関係なく、アドリブ、反射、で喋っているからである。



一方、内向的人間は、まず、失言しない。

それは、どうしてか、というと。

内向的人間は、性格が、臆病で、失言しないように、絶えず、注意深く用心している、という点が一つと。

もう一つは、内向的人間は、他人との会話において、決して、アドリブ、反射、では喋っておらず、心の中で、次に何を発言しようかと、あらかじめ考えてから、発言しているからである。

人との会話で、今は、聞き手になって、相手の話を聞こう、と思って、相手が話すのを聞き、自分が話す時は、決して、アドリブでは、話さず、前もって、次に、何を話すかを、心の中で、注意深く考えておいて、それを話しているからである。

今年はおおいに脱税しましょう

2018-02-02 22:30:55 | Weblog
個人、企業のみなさん。

今年は、おおいに脱税しましょう。

国税局に、「脱税しているぞ」、と、せまられたら、「国税庁長官は、不正をしているじゃないですか。人を批判する資格があるのですか?」、と、言い返しましょう。

国税庁に脱税者を叱る資格なんてあません。

「脱税してるぞ」、と、言ってきたら、「記憶にない。データは消去した」、と言いましょう。

衆議院解散総選挙の費用は800億円(税金払うのバカバカしい)

2018-02-01 07:40:00 | Weblog
確定申告の時期である。

去年の夏の、森友、加計、疑惑をそらすための、安倍晋三がした冒頭解散にかかった費用は、800億円。

すべて国民の税金。

森友学園は、8億円の、値引き、で、金額としては、それほどではないが。

加計学園は、一体、何千億円の、税金の無駄遣い、か、わかりゃしない。

そして、国家戦略のための、経済効果も全く出ない。

防衛費も、絶対、使いもせん、PAC3だの、戦闘機だの、アメリカの言いなりになって、社会保障費を削って、5兆円の全く無駄な支出。

経済効果がないのに、というより、バブルを起こすのに、日銀は、いついつまでも、異次元緩和。

安倍晋三は、「日刊ゲンダイ、や、一部の新聞では、私は人間のクズと言われていますけど、気にしてませんけどね」、などと、平気で嘯いているが。

気にしろ。

そして、国税庁長官には、人間のクズの佐川がなったが。

国民や企業が脱税しても、偉そうに、非難なんか出来ないぞ。

てめえが、出世のため、ぬけぬけと、嘘八百、言って、偽証罪を平気で犯しているんだから。

安倍政権は、閣僚も、自民党も、官僚も、企業も、司法も、全て、クズ、不正、の連鎖、になってしまっている。

かくて、日本は、どんどん、滅亡の一途を辿る。

安倍晋三のバカは、国民の血税を湯水のごとく、自由に使っていいと、思っている。

あのバカは、ノーテンキな性格なので、始末に負えない。

野党は、立憲福助党に、まとまって、一丸となれ。

植松聖は無罪

2018-02-01 06:55:09 | Weblog
相模原障害者施設殺傷事件で、障害者19人を殺した、戦後最悪の大量殺人事件であるが。

あれは、明らかに障害者が、妄想から、障害者を殺した事件である。

植松聖は、精神障害者であり、精神障害者には、責任能力はない。

責任能力のない者を、罰してはいけないのは、当たり前である。

何も、専門の精神科医でなくても、ど素人でも、彼の態度、行動から、彼が、精神病患者であることが、わからないヤツは、よっぽとのボンクラである。

遺族の悲しみ、や、憎しみ、を、はらすため、とか、そして、障害者への偏見をなくすべき、という世間への啓蒙の目的や、国民の感情を納得させるため、という理由で、彼を罰しては、いけない。

検察や裁判官は、国民の感情を納得させるために、という邪道な理由で、彼を罰してはいけない。

国民の感情を納得させるために、という理由を入れて、彼を裁いたら、それは、私刑(リンチ)になってしまう。

彼が、大麻に手を出した、ということは、それは、それで、独立して、裁かれるべき別問題である。

しかし、日本の司法は、ただでさえ、狂っている上、また、日本人も、知性ではなく、感情を優先して、物事を決めていいんだ、と、思っている狂った人間ばかりだから、裁判では、強引に、「彼には責任能力があった」、として、彼を、無期懲役刑にするのは、目に見えているけどね。



そもそも、すべてのテレビ局では、あの事件に対して、精神科医のコメント、というものを、出していない。

それは、当然で、誰か、実名で、精神科医が、あの事件を語ると、その精神科医は、「植松聖は、統合失調症である」、と、述べなくてはならなくので、そうすると、世間の、やりきれなさ、を、否定することになり、世間から、嫌われて、自分の社会的地位、を危険にさらすことになるから、精神科医は誰も、発言しないのである。