小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

ジークムント・フロイト

2011-05-16 21:56:29 | Weblog
昔、医学生の時、フロイトの精神分析の入門書を読んだ。かなり、なるほどと納得させられることが多かった。たとえば、女は性器としてマラがないから、男根に対する願望を持つようになる、などという説があるが、アダルトビデオで、夢中でフェラチオする女などには、まさにその通りの心理になっている女もいるように思える。フロイトは、普遍的な理論を求めた。しかし、それにそぐわない人間も多くいる。フロイトの説で説明できない事実もある。だからといって、フロイトの理論を誤った説として捨ててしまうというのは、よろしくない。100%真理でないからといって、切り捨てるのはよろしくない。なぜなら、それはまさに、ものを考えるヒント、参考書としての価値があるからだ。考えて、実験して、理論としての文章にしなければ、何となく野感で終わってしまうだけで、いつまでたっても何の進歩もない。間違いがあったとしても、ある堂々とした理論を立てる。その理論に対して、批判的な理論が考えられる。そして、それに対して、また批判的な理論が出てくる。といった具合にして、論理というのはどんどん発展していくものである。これは経済学ではマルクスの「資本論」と同じで、ソ連が崩壊し、ベルリンの壁が壊れ、中国の経済が自由主義になったからといって、「資本論」は、読む価値のない書物とはなり得ない。また、推理小説では刑事は、些細なヒントから事件全容を解明してしまうではないか。

人の批判を怖れたり、あるいは100%正確でないことを怖れて何も書かないと、結局は0でしかない。私は、研修病院の男子病棟の時、オーベンに言われて診断の難しい患者の考察を全部、書いた。カルテにびっしりと何ページにもわたって。もちろん、100%正確ではないが、人を納得させる考察文は書いたつもりである。私が全部、言語化してしまったため、精神科に興味を持って週一回、見学に来ていた、内科の偉い先生は、そのため来れなくなってしまった。これは本当である。

団鬼六先生崩御さる

2011-05-09 20:46:45 | Weblog
団鬼六先生が亡くなられた。謹んで哀悼の意を表します。享年79歳だから天寿をまっとうしたといっていいだろう。しかし団先生自身としては、やりたいことをほとんど全部やりきって満足な人生だったと推測する。もっとも、これは結果論であって、先生の自分史「蛇の道」を読めばわかるが、人生の途上では相当苦しい経験を何度もしている。それを乗り越えてきたのは、団先生の超人的な精神の強さとバイタリティーだと思う。
また団先生の数多いSM小説群は、まず間違いなく後世に残る。何といっても先生のSM小説の見事さは日本一で、これからも先生を越すほどのSM小説を書ける人は出てこないだろうから。文章は美しく流暢で、極めてエロティックで、ストーリーは複雑ではなく、極めてシンプルで、読みやすい。若者にとってマスターベーションの起爆剤となりうる。かく言う私も、かなり起爆剤として利用した。拙作の内、「官能作家弟子入り奇譚」「棋士物語」「花と蛇と哲也」「愛子と鬼二」は、団鬼六先生という存在がいなかったら書けなかった。なんせ小説で団鬼六先生を登場人物にして出しているのだから。現実の団鬼六先生は、温厚で良識的な性格だったが、だからこそ、ちゃかしてやりたいという悪戯心が起こった。私は団先生と話したことはなかったが、一度、会った事がある。10年前、団先生が出版した本、「生き方下手」の出版記念パーティーに、長池士さんに、誘われて出たのである。ただ私は団先生によってSMに開眼したのではない。私は先天性倒錯者であり、子供の頃からSM的なものにしか興奮しなかった。これはもう宿命である。それは、自分史「ビタ・セクシャリス」で書いた。だから団鬼六先生という存在がなくても私はSM小説を書いただろう。

ベニー・ユキーデ

2011-05-07 02:00:32 | Weblog
ベニー・ユキーデという名前を知っている人は、どのくらいかは知らない。しかし彼を知っている人は多いだろう。ジャッキー・チェンの、「サイクロンZ」と「スパルタンX」で、ジャッキー・チェンと戦ったファイターである。あの映画のユキーデは、かなり太ってしまっている。ユキーデは、アメリカのマーシャル・アーツの世界ライト級チャンピオンだった。マーシャル・アートというのは、「武術」の英語訳である。ユキーデは、おそらく現役の時には、ライト級で世界一、強いファイターだっただろう。キック・ボクシングと違い、投げも認められていた。ユキーデが凄いと思うのは、彼は華麗な技に対するこだわりを持っていながらも、いざ試合で戦う時には、こだわりを持たなかった点である。天才的な頭脳的ファイターである。彼のようなファイターこそが理想のファイターだと思う。だから強かったのも無理はない。減量によって絞りに絞ってライト級で戦っていたため、現役引退すると、太ってしまった。しかし、ジャッキー・チェンとの戦い、(特に、サイクロンZ)では、華麗な技も多く出し、実に見事である。実際のフルコンタクト試合のファイターだけあって、戦いも、間のとり方も実にリアルである。ブルース・リー以上にリアルである。常人よりは、はるかに強いジャッキー・チェンがユキーデの前には、実に弱く見えてしまう。

ちなみにユン・ピョウもユキーデには、かなわないだろうが、ユン・ピョウは、相当に頭脳的なファイターというか、人間である。ユン・ピョウはブルース・リーに匹敵するくらい隙のない武術家である。彼は技が見事なだけでなく、彼には、「隙」がない。

効果のある球出し

2011-05-06 23:38:33 | Weblog
さて、ここで世間のほとんど全ての、思考力というもののないテニススクールのコーチ諸君へのアドバイス。

球出しのボールは死んだボールなので、そんなものをいくら練習させても上達しない。

では、どうすればいいか。一つ提案。コーチは球出しの時、どこから球を出しているか、といえば、ネットを越したすぐ前から、つまりボレーの位置からである。球出しとは、そういうものだという固定観念で頭が石になっている。しかし、それは死んだボールなのである。では、死んだボールを完全ではなくとも、少しでも生きたボールにするには。こうしてみればいい。つまり、球出しのボールをネットの前からではなく、ベースラインに近づいて、(完全にベースラインでなくても、遠ければ遠いほどいい)遠くから出すのである。遠いほどボールは生きてくる。二人の人がベースラインでラリーを始める時、最初に相手が打った球は、死んだボールではない。かなり生きている。サービスは、相手が始めるボールであるが、(速くても遅くても)生きたボールである。それを、オーバースローではなく、アンダースローに変えるだけである。それで、多少、練習の効率が良くなる。無意味な死んだボールの練習ではなくなる。しかし、そんな事をしているテニススクールのコーチは日本に一人もいないだろう。

勝つ事を目的とする試合ではなく、ラリーを出来る限り長く続けることを目的とした試合。とする。相手の打ちにくい所を狙う試合ではなく、相手が打ちやすい所へ打つ試合。こんなことを書くと、「お前は性格がやさしいからだろう」と思われそうだか、そうではない。テニスは、リズムのスポーツであり、リズムの中での繰り返しの反復運動が、フォームを上達させるからである。本当は、フォームが出来ていない生徒には試合などすべきではないのだが、頭が空っぽのコーチ諸君は、何を教えたらいいかわからないから、畢竟、フォームが完成した生徒が、やっと始めるべき、試合での勝ち方のバリエーションの練習しか思いつかないのである。そして、何でもいいから、色んなことのバリエーションを、たくさんやらせれば、上手くなるだろう、との認識しかコーチ諸君にはないのである。

テニス。二対一

2011-05-06 20:55:25 | Weblog
昨日、テニススクールで生徒が二人だった。コーチを入れると三人である。生徒は二人より三人の方がやりやすい。コーチにとっても生徒にとっても。四人だと二人ずつラリーが出来るし、試合も出来るからだ。私いがいのもう一人の生徒は、初級クラスの人だった。それで、二対一でのラリーをすることになった。私が一人で二人を相手する時は、コーチと生徒に交互に打ち分けた。だけど、その人がコーチと私を相手にする時は、その人はコーチとしか打たなかった。私の方に打ってこないので、ラケットを背中に回して不貞腐れたら、コーチが、構えるよう言った。マナーを守ってないのは、相手の方じゃないか。それとも交互に打ち分けることが出来ないのか?

コーチも何もアドバイスしない。(出来ないのか?)スポーツの事など書くのは、つまらないのだが、他にする人(出来る人)がいないので、私がするしかない。大公出でずんばやむをえず。である。やれやれ。二対一で、左右に打ち分ける時に意識すべき事はただ一つ。打つ方向に体を向ける、ということである。(斜めから球が来てもである)体を向けるといっても、当然、体の正面を向けるのではなく、野球と同じように、スクエアスタンスで、打つ方向に体を平行に向けるのである。それを交互に切り替えるのである。意識すべきことはその一つだけである。これは、テニスは、「ボールを打つ時は、自分がボールを打つ方向に平行に体を向ける」という基本をしっかり意識することが出来るようになる、いい練習にもなる。体といっても、特に腰の向きの大切さ、である。言葉にすることで曖昧で感覚的だったことが正確に認識できるようになる。打ち分けで意識すべきことは、その一つである。スポーツでは、二つ以上のことは、意識できるものではないし、それは、かえって逆効果になる。

映画のスイングガールズじゃないけど。
「世の中は二つのタイプの人間にわけられる。何事にも、上達する人と上達しない人がある。その違いはなにか。それは。考えようとする人間か、それとも考える能力のない人間であるかの違いである」

もっと当たり前のことだけれど、あまりにも簡単で当然なことなのに、誤解している人が結構いるのである。

「優れた指導者とは、自分がいかに上手く出来るか、ということは、ほとんど関係ない。優れた指導者とは、いかに生徒を上手くさせる能力があるか、ということである」

私の父親など、そのいい典型である。父親はゴルフを熱心にやって、テレビでゴルフを実によく見ていた。しかし結局、いくら練習しても上手くなれなかった。ある時、有名なプロだかの人に指導してもらえることに、大喜びしていた。しかしここに落とし穴がある。プロというのは、自分は上手く出来ても、かえって指導能力がない傾向が多いのである。それどころか、あるレベルまでは上達する可能性があるのに、それをかえって潰してしまうことさえあるのである。

認識を受け渡すことが、いかに困難であるか、ということを理解している事が、優れた指導者の最低の条件である。人は、何かを認識できた時、感動する。勉強にしろ、運動にしろ、芸事にしろ、「あっ。わかった」「あっ。出来た」「ああ。こういうことだったのか」というふうに、人は認識できた時、感動する。人に物事を認識させることの出来る人こそが優れた指導者なのである。

花火

2011-05-06 20:47:33 | Weblog
コンビで花火を売り出すようになった。
コンビニに花火が並ぶようになった。

安藤美姫

2011-05-01 23:28:04 | Weblog
安藤美姫さんが世界フィギアで金メダルになった。セクシーである。

おそらく演技の美しさを全体として見ているのは女と審判だけではなかろうか。
男の多くは演技の美しさより、体の、ある限られた局部を注視しているのではなかろうか。涎を垂らして。もちろん私は演技の美しさしか見てないが。

しかし私は2007年の秋篠宮佳子さまの演技の方が美しいと思う。


今日から五月

2011-05-01 23:27:20 | Weblog
今日から五月である。