小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

しつけ

2011-03-30 00:50:11 | Weblog
You-Tubeの動画で、「美女と野獣」を弾いている9歳の女の子は、かわいい。単にかわいいだけでなく、礼儀正しい。それも魅力がある。

しかし私は、礼儀正しい、かわいい女の子に魅力を感じてしまう自分が嫌いである。礼儀正しいと、確かに、かわいさが一層、魅力的になるが。「子供は礼儀正しくあるべきだ」という、大人の石頭の感覚が嫌いだからである。そういう大人の、子供に対する、押し付け的な見方が私は嫌いである。「子供は、かわいくて、礼儀正しければ、それでいいんだ」という大人の雑な見方が私は嫌いである。私は、子供も、大いに自由に思想を持っていいと思うし、なまいきであっていいと思う。私が最も嫌いなのは、「しつけ」という言葉であり、親や教師による、子供に対する、「しつけ」という行為である。「しつけ」というのは、動物に対してするのはいいが、人間に対して、「しつけ」るのは反吐が出るほど嫌いである。「しつけ」という言葉は何か、相手の思想や人格を無視した、人間を人間ではなく、動物と見ている雑な人間がする行為のように感じるからだ。第一、しっかり「しつけ」ても、子供は、親の計画通りの人間には絶対ならないものである。それに、子供を「しつけ」なくても、先天的に礼儀正しい子供は、「しつけ」られなくても礼儀正しい人間になっていくものである。人間は、(子供は)、「しつけ」られなくても、自分で自分をしつける能力があるのである。

サルトルが言うように、「人間は自分が作った所のものになる」のであって、決して、「親が作った所のもの」になったりはしないのである。人間が自分で自分を作る行為、それは、もう、子供の頃から始まっているのである。

Vita

2011-03-29 23:09:39 | Weblog
Vitaが出ない。Vitaとは、ビタミンとか、森鴎外の「ビタ・セクシャリス」のように活力、生命力、性欲といった意味である。Vitaさえあれば小説は書ける。小説創作に一番必要なものは、(少なくとも私にとっては)Vitaである。谷崎潤一郎は、小説は、性欲の発露といったが、私も谷崎タイプの人間なので、Vitaや性欲が起こらないと小説が書けない。

不眠症が改善する

2011-03-25 06:44:44 | Weblog
夜、眠れるようになってきた。一時頃寝て、朝の七時頃、起きる。やや短いが、悪夢は見ない。眠りが深い。

寒い日ははかどらないが、暖かい日ははかどる。

坂口安吾の小説論

2011-03-24 04:01:25 | Weblog
小説は、最初からラストまでストーリーを考えて書く方法もあるが。書きながらストーリーを考える所に創作の意味がある。というような事を坂口安吾が書いているが、確かにそういう面がある。必ずしも、最初から計算され尽したストーリーは面白くないこともある。無理にストーリーを考えているからだ。書きながらストーリーを考えて書かれた小説で傑作は、いくらでもある。谷崎潤一郎の「痴人の愛」もそうだし、トルストイやドフトエフスキーの長編もそうだ。書いていくうちに、どんどん興が乗ってきて、いいストーリーが思いつくからだ。書きながらストーリーを考えるというのは、ちょうど人生と同じように、あらかじめ筋書きが決まってない人生と同じで、そっちの方が作家の精神が生き生きしてくる、ということが起こるからだ。

藤川ゆり議員

2011-03-22 23:05:22 | Weblog
八戸市議会議員の藤川ゆり議員。かわいい。むっちゃかわいい。ビキニ姿になる議員もめずしらい。

菅直人

2011-03-21 22:07:56 | Weblog
今回の地震は、もちろん日本にとっての大打撃だが、副次的にもたらされたいい点もある。それは、現政権の民主党および菅直人総理が当分の間、与党でいられることだ。おそらく地震が起こらず、解散総選挙していたら政権が自民党に逆戻りした可能性が強い。民主党の人気が急落していた可能性がある。地震が起こったため、野党も、与党の揚げ足取りしてる時じゃないから、つまらん与党への揚げ足取りは出来なくなった。政権が自民党に逆戻りしていたら、民主党はまず当分の間、政権はとれなくなっただろう。自民党に政権がもどれば、選挙区への利益誘導、政官財癒着の自民党政治に戻るだけである。私は日本は二大政党制にすべきだと思っているから、民主党の政権が続き、与党政権としての基盤がしっかりしてくれることは、日本の政党政治にとっていいことだと思う。枝野官房長官も、官房長官にふさわしい人だ。政権がコロコロ変わることは、絶対いいことではない。

小泉元首相のアメリカの9.11テロ事件の対応は情けなかった。バカの一つ覚えのような、「テロは断固として許されるものではない」との偽善的要素も加わっている発言。無考えにブッシュのアメリカに尾っぽをふっているだけの犬のような外交。(他国の元首との対応がまるで個人的な親しい友達との付き合い感覚である)国益を考えろ。外交は個人の付き合い感覚でやるものではない。日本の国益を絶えず計算していなければいけないのである。総理大臣は日本丸という船の舵取りである。あったのは度胸だけで、日本を自分の好みで弄くってたとしか思えなかった。よくもまあ、ああいう単細胞で荒削りな人間が総理大臣になれたものだと感心する。自衛隊を玩具感覚で動かしているようにしか見えなかった。その点、菅直人は、小泉よりは、ずっと頭がいいから期待できる。

美女と野獣

2011-03-19 03:19:52 | Weblog
美女と野獣、はすごくいい曲だ。これは、ずっと昔に、名高達郎さんと大高たか子さんのレッツ・ダンスで知った曲である。

You-tubeで、美女と野獣で、検索すると、9歳の可愛らしい女の子がピアノで、「美女と野獣」を弾いている。あまりにも可愛い。医学は人間の成長を止める方法を研究すべきだ。脳下垂体を切除して成長ホルモンが出ないようにしてみてはどうか。


ちなみに私も、以前、キーボードを練習して弾けるようになった。(今では忘れてしまったが)ワープロもそうだが、私は、紙鍵盤を作って練習した。なぜ紙鍵盤がいいかというと。いきなり本物で練習すると、打ち間違えると、間違った音が出て、不快になるからである。

ワープロ練習用のソフトのほとんどがそうだが、ほとんどは懲罰式なゲームである。懲罰式にすると緊張してしまい、失敗すると不快になり、かえって練習の効率が悪くなるのである。

懲罰式の練習法、指導法とは、「巨人の星」の星一徹の指導法であり、間違ったら叩くという指導法であり、マンガとしては面白いが、現実的には、あらゆることの練習において、徒に精神を混乱させ、筋肉を緊張させてしまう効率の悪い練習方法なのである。

ナマズ

2011-03-19 02:51:20 | Weblog
単純な疑問。

地震の前にナマズが暴れ出すとよく言われる。ナマズでなくても、地震などの天災の前には魚の群れが本能によって危機を感じとり逃げ出す。気象庁では、動物の観測によって地震の予測をするということはしているのだろうか。

久々にブログのランキングに入る

2011-03-18 23:30:43 | Weblog
久々にブログのランキングに入った。

今週一週間のアクセス数

2011.03.17(木) 257PV  192IP 7358 位 / 1553931ブログ
2011.03.16(水) 193PV  97 IP - 位  / 1553332ブログ
2011.03.15(火) 162PV  96 IP - 位  / 1552723ブログ
2011.03.14(月) 207PV  98 IP - 位  / 1552334ブログ
2011.03.13(日) 153PV  77 IP - 位  / 1551872ブログ
2011.03.12(土) 210PV  110IP - 位  / 1551471ブログ
2011.03.11(金) 160PV  83 IP - 位  / 1551097ブログ

見て下さってありがとうございます。

なぜ略奪が起こらないか?

2011-03-16 20:48:47 | Weblog
「東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている。CNNテレビは、2005年に米国で起きたハリケーン・カトリーナ災害や10年のハイチ大地震を例に「災害に付き物の略奪と無法状態が日本で見られないのはなぜか」として意見を募集。視聴者からは「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた。」(ワシントン時事)

これは地震が起きた時に、私がまず考えた事である。つまり火事場泥棒である。これは外国でなら起こって当然の疑問である。戦後のドサクサでもそうだが、天災による混乱につけこんだ犯罪は十分、警戒しなければならないことである。

この理由を私なりに考えた。

そもそも今の日本の道徳教育から、そして日本人の道徳感覚からして、困っている時に犯罪をするなどという発想すら思いつかない。

日本は狭い島国であり、治安が良く、警察官がワンサといるから、とても火事場泥棒は出来ない。

日本はメディアによる国民世論が正義であり、そんな困っている人がいるのに天災につけこんで犯罪をするなどということが、犯罪が失敗してニュースになったら、もう社会的地位も何もかも失い、世間から大悪人として抹殺されるから。

今回起きた津波の被災地は、村としての共同体であり、心のつながりのある集団的な村落であり、家族ほどではないが、仲間内意識があるから。

武士は相身互いである。上杉謙信が武田信玄に塩を送ったほどのように、日本人にはああいう情的な精神がある。

良い面での島国根性。日本人は明治維新の開国か攘夷かにしても、太平洋戦争の一億総玉砕にしても、困った時には、まとまろう、団結しようという意識が働く。

理性より情が強い日本人気質から。略奪と知性の歴史の外国とは違う。天皇の存在もある。日本人は普段は天皇の存在は忘れている。しかし、一朝事なにかが起こると天皇の存在は日本人の良心として動き出す。「陛下が心を痛めておられる」は、日本人の良心なのである。第二次世界大戦の敗戦で天皇制を潰さなかったマッカーサーというかGHQというかアメリカの判断は正しかったのだ。

秋元優里アナウンサー

2011-03-16 12:14:42 | Weblog
最近、女子アナに恋するようになってまった。特に、フジテレビのニュースJAPANの秋元優里さんにメロメロである。

ということで、フジテレビ局に怪電話が入った。

秋元優里「ニュースをお知らせします。今日、フジテレビに怪電話が入りました。電話の主は、明日、ニュースJAPANのアナウンサーの秋元優里さん、つまり私ですが、を乗せたヘリコプターを神奈川県に向けて出動しろ。時間と場所は、おって連絡する。オレはヘリコプターの操縦法は知っている。もし、しなければ無差別殺人する、という内容です。今日は犯罪心理学を専門とする精神科医の浅野浩二先生においでいただきました。浅野先生。これは一体、どういうことなんでしょうか」
浅野浩二「そうですね。これはまず秋元優里さんを熱烈に恋してる人間の犯行だと思われます」
秋元優里「犯人の性格はどのような性格なのでしょうか?」
浅野浩二「そうですね。犯人はかなり紳士的です。もし、秋元優里さんを拉致したいなら、帰宅途中を襲って連れさればいいわけですから」
秋元優里「なるほど。そうですね。犯人はどのようなことを考えているのでしょうか?」
浅野浩二「そうですね。おそらく犯人は、人気の無い所にヘリコプターを行かせて、操縦士と入れ替わりに、ヘリコプターに乗り込み、秋元優里さんと日本のどこかに着陸して逃走する予定でしょう」
秋元優里「しかし、もしそれが実行されたら、日本の警察によってすぐに捕まってしまうのではないでしょうか?」
浅野浩二「いや。そううまくはいかないでしょう。犯人は、あらかじめ、着陸する場所にニセのナンバープレートをつけた自動車を用意しておいて、あらかじめ用意してある大量の食料のある人気の無い山小屋に秋元優里さんを人質にして、立て篭もる可能性があると思います」
秋元優里「犯人の目的は一体、何なのでしょうか。警察や人質は、一体どう対応したらいいのでしょうか」
浅野浩二「犯人の目的は秋元優里さんと、一週間、一緒に暮らしたいという、たわいもないことだと思います。そうすれば犯人は秋元さんを無事に解放するでしょう。警察は犯人を苛立たせないため、あまり犯人逮捕のため、大掛かりな行動はしない方がいいでしょう。もし捕まえようとむきになると犯人は秋元さんと無理心中する可能性が強いと思います」
秋元優里「犯人は人質にどのような行為をするのでしょうか」
浅野浩二「おそらく犯人は、とても優しいフェミニストで、ストイックな性格だと思います。ですから秋元さんに襲いかかったりすることは、まず考えられません。秋元さんを軽く縛って逃げられないようにし、優しく対応するでしょう。秋元さん。たった一週間です。我慢して下さい」
秋元優里「わ、わかりました」

哲学者

2011-03-15 03:24:38 | Weblog
私は、人間、性善説だの性悪説だので、ウロウロしてい人間を見ると、そのバカさかげんに腹が立って仕方がない。

当然、東大生のほとんども哲学なんてわからないから多くの東大生をバカだと思っている。

今時、大学でデカンショを読む大学生などおるまい。

ちなみに、デカンショとは、デカルト、カント、ショーペンハウエルの略である。

「医学と哲学を修めたる者は神に等し」
(ヒポクラテス)

ガソリン品切れ

2011-03-14 21:42:59 | Weblog
「ガソリンや軽油の不足も深刻化。石油元売り大手の製油所は関東地方に8カ所あるが、半数が操業を停止し供給不足であるうえ、一般ドライバーの買いだめも目立ち、一部のガソリンスタンドでは、備蓄切れするケースも出始めている模様だ。元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーは西日本などからの供給も検討しているが、「被災地の供給不足が深刻なうえ、救急・消防車両などを優先している」(広報担当)状態で、首都圏の供給不足解消のめどは立っていない。石油連盟は「不要不急のガソリン買いだめは控えてほしい」と話している。」(毎日新聞)

ガソリンスタンドでガソリンが品切れで売っていない。ので、車にある残り少ないガソリンを大切に使うため、あまり車には乗らないことにする。今日は、首都圏で電車が動かなかったので、交通手段が車になり渋滞である。

昨日からガソリンは品切れが目立っていたが、皆が、用心深いというか、何と言おうか、我も我もと買いだめするから、よけいガソリンが少なくなってしまう。昭和48年の石油ショックの時のトイレットペーパー買い占めと似ている。

今日は暖かく、過敏性腸症候群の腹痛もなくなる。不眠症も治ってきて、夜、眠れるようになってきた。

卍(まんじ)

2011-03-13 21:12:56 | Weblog
卍(まんじ)という小説を書きました。

ホームページにアップしましたので、よろしかったらご覧下さい。

この小説は、去年の12月にだいたい完成させていたのですが、もっと続けたいと思っていたのでアップしませんでした。しかし、別の新しい小説のアイデアが沸いて、書いているので、そちらを書きたく、一応、完成ということにします。ストーリーの続きのアイデアが沸いたら、続きを書きたく思っています。

バッティングセンター

2011-03-13 21:07:35 | Weblog
最近、バッティングセンターのバッティングマシンで打つようになった。今までは、トスマシンで打っていたのだが、トスマシンが故障してしまったので、バッティングマシンに変えた。最初からバットを横にしたままの変則的なフォームで打っている。体重移動や腰の回転、スタンス、タイミングなどの研究になって、面白い。