小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

科学の進歩と経済成長という錯覚

2017-10-31 02:51:38 | Weblog
科学の進歩と経済成長。

安倍晋三は、「経済成長」、ということを、本気で思っている。

これの思考の誤りは。

安倍晋三に限らず、一般の人でも、「科学が進歩すればするほど、暮らしが楽になり、経済成長できる」、という、感覚を持っているからだ。

確かに、自動車や、飛行機や、携帯電話や、パソコンや、インターネット、なとのおかげて、人間の暮らしは、時代の進歩とともに、非常に便利になっていく。

それは、事実である。

しかし。

「科学の進歩は、人間の暮らしを、便利には、するが、科学の進歩は、必ずしも、経済成長をもたらす、とは、限らないのである」



たとえば。

江戸時代、千歯扱き、という、脱穀機、が、発明されてしまったために、脱穀は便利になったが、その代わり、後家さんの仕事がなくなって、失業してしまった。

というのが、いい例である。

そんなことは、いくらでも、というより、無限にある。



たとえば。

現代では、飛行機があるから、東京から大阪には、一時間ちょっとで、一万円ていどで行ける。

しかし、江戸時代は、飛行機はなかったから、江戸から大阪に行くには、何日も日数を要した。

それで、何回も、宿屋に泊らなくてはならず、食事もしなければならなかった。

だから、宿賃や食事代を、たくさん払わなければならなかった。

だから、人々は、お金をたくさん、使わなけばならず(使ったから)、経済活動が上がった。

しかし、飛行機が出来てしまうと(科学技術が進歩すると)、ほとんど金をかけずに、行けるので、経済活動は、下がるのである。

景気が良くなるとは、一国の、国民が、物やサービスを、買い、そのため、売り手が、儲かって、もっと、商品をつくることだから、科学技術が発達せず、不便な方が、経済は成長するのである。



科学技術が進歩したら、それに合わせて、産業構造を変えていかなくてはならないのである。

安倍晋三は、それがわかっていない。

衆議院選挙

2017-10-23 16:52:45 | Weblog
衆議院選挙。

自民党283。立憲民主党54。希望の党49。公明党29。共産党12。日本維新の会10。社民党1。無所属23。

自民の圧勝だが。

えばれないぞ。

バタバタ選挙で、できたてのホヤホヤの立憲民主、が、金もないのに、54議席も獲得した。

しかも、得票数では、自民の候補者に、わずかの差で、負けているのが、ほとんどである。

しかも、当日、台風で、投票率は、53・68%で戦後2番目の低さである。

自民党にとっては、神風がふいた、というところである。

無党派層は、立憲民主に入れるだろうから、神風がふかなかったら、立憲民主は、もっと議席を獲得していただろう。

安倍晋三は、悪運の強いヤツだ。

憎まれっ子は、世にはばかる、のである。

村田修一が戦力外

2017-10-20 08:30:17 | Weblog
プロ野球は、ニュースくらいしか見ないが。

巨人の、村田修一が戦力外になった。

打率=262。ホームラン=14、と、成績は、悪くない。

僕は、巨人というチームは、大嫌いだが、個々の選手は、そう嫌いではない。

村田修一ほどの、実力のある選手が、戦力外とは。

しかも、その理由が、選手の若返り、というのだから、これは、他の選手にとっても、他人事ではない。

安閑としていられない。



ちなみに、CSでは、パ・リーグは、ソフトバンクが負けることを、心から祈っている。

強い選手ばかりのチームが、勝つのは、当たり前じゃねえか。

工藤公康など、大嫌いである。



セ・リーグでは、広島も、DeNAベイスターズも、どっちも、勝って欲しい、と、複雑な気持ちだが。

どちらかというと、一度も勝っていない、DeNAベイスターズに勝ってほしい。

CSなんて、おまけであり、お祭りであり、勝ったからといって、自慢できるものではない。

リーグ優勝こそが、本当の実力である。

広島は、その、リーグ優勝を去年、達成している。

しかも、二位の、阪神と、かなりの大差で。

だから、負けても、恥じゃない。



ソフトバンクに移籍してから、内川聖一には興味がなくなった。

筒香嘉智には、絶対、他のチームには、移籍して欲しくない。

「このオレの力で、ベイスターズを強くしてやる」、という意気込み、を持っている選手が私は好きである。

まあ、最下位が指定席だった、ベイスターズも、最近は、強くなってきたが。

ラミレス監督は、データをよく分析し、筒香を三番にしたりと、監督としての、能力がある。

好感が持てる。



ということで、セ・リーグでは、ベイスターズが、勝って、日本シリーズでも、ベイスターズが、ソフトバンクに勝ってほしい。

一度も、優勝したことがないなんて、可哀想じゃねえか。

異次元の金融緩和

2017-10-19 20:36:33 | Weblog
安倍晋三の、異次元の金融緩和は、もう、徐々にやめるべきだ。

5年、経過したが、経済は、何の効果も上がっていない。

日本が債権国で、国債の90%以上を国内で消化していて、発行した国債と同額ほどの資産があるから、日本は、絶対、デフォルトしない、という、ことに、政府、自民党は、甘えきっている。

それで、選挙に勝つために、「景気回復」、だの、「経済成長」、たのと、威勢のいい、国民受けするウソを、言っているのに、過ぎない。

GDPの6割りを、占める、民間消費が伸びない限り、国内経済は良くならない。

1%の富裕層ではなく、90%以上の、圧倒的な、割合を占める、国民の、実質賃金を上げなくては、消費は上がらない。

そうしないと、日本人のほとんどが、生活保護まがいの非正規社員になる。(もうなってる)



だからといって、僕は、個人的には、政策として、出生率を何とか増やそう、というバカげたことは、すべきでないと思っている。

人間は、幸せになるために、生まれてくるべきなのだ。

幸せになれないのなら、人間は、生まれてこない方がいいと、僕は思っている。

今、生まれてくる子供は幸せには、なれない。

高橋まつりさんのように、東大を出て、一流企業に就職しても、自殺してしまう。

(少子高齢化と、団塊の世代が大量に退職しているから、結果として、雇用は良くなっているが、大企業でも、国際競争力は落ちる一方である)

グローバリズムによって、非正規社員が増え、賃金が下がり、結婚も出来ず、子供も産めず、(もちろん家も持てず)、生活保護まがいの、孤独な、スマートフォンのピコピコゲームをやってるだけのような、人生を送るような人間など、産むべきではないのだ。

たとえ日本が滅びようとも。



そのためには、待機児童対策だの、高校無償化(私立まて)、なんかより。

(当然、そんなこと、出来っこないが)

(自民党、と、その金魚のフンである、公明党は、選挙公約で、それをやると言っているが、そんなの口先だけのウソである)

安倍晋三や、自民党、が、いかに卑劣で、国民をだましてきて、数々の独裁主義国家法案を確実に通してきた実績から、安倍晋三は、ウソをつく人間だということは、ちゃんと証明されているじゃねーか。

まず、大企業のウジ虫どもから献金を受け取るのをやめ、国民の大多数の、中間層を、(労働法を改正して)、正社員にして、賃金を上げるべきなのだ。

経済は、消費(所得)から動く。

所得が上がれば、生活に、わずかでも、ゆとり、が出てきて、財布の紐かゆるみ、民間消費が伸びる。

民間消費が上がれば、企業は、設備投資を増やし、雇用を増やす。

結果、税収が上がる。

税収が上がったら、それを社会保障の財源にに充てられる。

そのためには、消費税の増税など、なくすべきだ。

そして法人税を上げるべきだ。

しかし消費税の増税は、各省庁、特に、財務省の(ハイエナども)のために、中止することは、出来ない。

つまり、政官財の癒着の安倍政権では、いつまでも、経済は、良くならない。



日銀の金融緩和政策で、マネーサプライを増やそうとしても、国民が消費しない(出来ない)限り、企業は、設備投資など、しないのは、当たり前である。

買う人がいないのに、商品を作る会社などない。

また。

インフレにすれば、景気が良くなると、思っている、安倍晋三の思考は、高度経済成長、や、安定成長時代の、時代遅れの考え方である。

経済低迷の、結果が、それをあらわしている。

安倍晋三は、バカなのか、ワルなのか、(その両方だと思うが)、昔の経済学の考え方のまま、思考停止している。

それと。

異次元の金融緩和政策を、「やめる」、とか、「見直す」、とか、言ってしまうと、今までの、経済政策が失敗だったことを、認めることになるから、そうすると、選挙で勝てなくなるから、異次元の金融緩和政策には、触れられないのである。

平和が人類を滅ぼす、という矛盾

2017-10-19 19:21:34 | Weblog
平和が人類を滅ぼす、という矛盾。

もちろん、安倍晋三の、(真)成長戦略である、三本の矢、(戦争推進、国民弾圧、搾取)、は、やめるべきだか。

第二次世界大戦によって、8500万人もの死者が出たが。

もし、第二次世界大戦が行われず、平和が続いていたとしたら、今頃、人口は、爆発的に、増えていたはずだ。

それによる、食糧、住居、社会保障、などは、とても、もたず、世界的な問題となっているはずだ。

第二次世界大戦に限らず、人類の歴史は、戦争の連続の歴史だが、もし、戦争が一度も、行われなかったら、食糧、住居、社会保障、を、世界という、限られた空間の中では、とても、支えきれず、人類はパンクしていた。

戦争による人間の、間引き、があったから、人口爆発せずに、人類は、何とか、やってこれた。



医療の進歩によって、平均寿命は、どんどん、延びる。

社会保障の財源が、破綻する。

IPS細胞など、素直に喜べない。



日本は、島国で、(内戦は無数にあったが)、他国との戦争を知らない。

それに、日本は、単一民族であり(アイヌ民族とか、多少は、あるが)、民族問題の実感もない。

宗教も、日本は、仏教という穏やか(マイルド)な宗教なので、(仏教は厳密には宗教ではない)なので、宗教戦争も経験していない。

だから、日本人は、温室育ちの、か弱いパンダのような感性の人種なのだ。



しかし、それでいいじゃねーか。

戦争放棄の、日本の平和主義こそ、世界で一番、誇れるものなのだ。

それは、被爆国である日本の宿命でもある。

こんな、立派な、世界で唯一の、世界に誇れる国(憲法)はない。

河村次郎(東洋大学の哲学教師)

2017-10-08 17:04:31 | Weblog
河村次郎(東洋大学の哲学教師)、という人を知った。

哲学研究者である。

「心と神経の哲学/あるいは/脳と精神の哲学」、というブログで色々、書いている。

http://blog.goo.ne.jp/neuro-philosophy/e/06ad85f900c7fcb4b8fcc584a031778b

非常に共感するところが多い。

「天才論」に関しても共感する。

僕は、 クレッチマー、の「天才の心理学」(内村祐之訳、岩波文庫)と、宮城音弥の「天才」(岩波新書)を、大学時代に読んで、非常に共感した。



「天才」という個人よりも「天才」という「ものの見方」があるのだ。

( W・ランゲ=アイヒバウム『天才 創造性の秘密』(島崎敏樹・高橋義夫訳、みすず書房))


「天才の概念は一般に誤解されており、基本的なことすら知らない人が多い。

まず、芸能や経営やスポーツの世界に天才などいないのである。

天才は天賦の才能などではない。

天才は社会への適応を犠牲にした独創性の実現なのである。」

なども、非常に共感する。



クレッチマー、の「天才の心理学」は、351ページあるが、まるで、自分のことが書かれているようで、一時間くらいで、一気に全部、読んだ。

高橋まつりさんを殺したのは安倍晋三である。

2017-10-07 16:59:11 | Weblog
高橋まつりさんを殺したのは安倍晋三である。

北朝鮮の脅威を高めいているのは、安倍晋三である。

日本が滅ぶより、自分の名誉と、自民党の勢力維持の方が、安倍晋三にとっては、大切なのである。

もちろん、安倍晋三は、人間のクズ、である。



ICAN、が、核兵器廃絶国際キャンペーンによって、ノーベル平和賞をとって、世界中が称賛しているのに、日本政府は、ノーコメント。

安倍晋三、政府、自民党、は、まるで子供。

自民党を支持するヤツは、救いようのない、よっぽどのバカ。か、強欲なエゴイスト。のどっちか。



共産、社民、立憲民主、がんばれ。

枝野幸男は立派だ。

そもそも、民進党の代表に、枝野氏ではなく、前原氏がなったのが、間違いである。

今は、政権奪還の時ではなく、自民の議席を減らし、野党の力を強める時である。

希望の党、は、自民党よりは、はるかにマシ。

亀井静香先生。今まで、ご苦労さまでした。



安倍晋三は、言ったことは、実行せず、言ってないことを、確実に実行する。

国民は、何度、安倍晋三にだまされ続けるのだろうか?

横浜DeNAベイスターズ三位

2017-10-01 23:11:33 | Weblog
横浜DeNAベイスターズ三位、CS進出。