今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

戦い済んで日が暮れて・・・・       2018.06.14.

2018-06-17 19:22:30 | その他





 会議の翌日、中国からの客人が帰ってから4日間の間に積もった仕事を片付けて帰宅する。客人と食事を共に
することは出来なかったけれど、とても喜んで帰ったらしい。良かった。

 実は終業を過ぎてしばらくしてから電話があった。そのことには特には触れないけれど、今後の自分の生き方を考え直さなければ
ならないような内容だった。どうしよう・・・・

 帰宅して二階に上がり、着替えているとカーテンの隙間から見える空が色付いている。カーテンを開け放って窓も開けた。
夕焼けの空。

 空を観ていて、何故か「夜明け前」を思い出して口遊んだ。青春の頃、山崎ハコの歌が好きだった。鬱屈した青春の頃の気持ち。
考えてみれば、山崎ハコは夜明け前の暗い空が嫌いだと歌っていたけれど、それは朝焼けの前の空で、間もなく眩い日の出がやって
くるんだと考え直していたのだった。夕焼けとは関係なかったけれど、あの空の色と「夜明け前」はリンクしている。

 最近、利用しているSpotifyで検索してみると、山崎ハコのアルバムは結構、ライブラリにあって聞き放題だった。
久し振りに聞いてみたけれど、予想以上に暗い。あの頃、暗かったもんね、俺。。。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は朝早くから、一日会議day        2018.06.11.

2018-06-11 21:48:51 | その他




 今朝は朝7時過ぎに家を出て勤め先に行き、そこから会社の車で大阪へ向かった。今日から3日間、会議漬けの日が
始まった。今日の会議は17時過ぎに終わり勤め先に戻ったのは18時半。帰り道の高速道路はずっと土砂降りだった。

 それが高速のICを出る頃に小降りになって、勤め先に着いた時には傘なしで歩けるほど。そのまま、自分の車に乗り換えて帰宅
しようかとも思ったけれど、明日も朝からずっと会議だから、デスクに溜まっているだろう書類などを片付けてから帰ることにした。

 簡単に済むことだけ片付けて外に出ると虹が出ていた。夜の7時に虹を見るとは・・・・。山田錦の田植えも大方済んだようだ。
建物の脇を通って裏の駐車場に向かう。階段を上って駐車場へ出て見ると・・・・




        

あれ? 裏にも虹がかかっていた。



 それから、車に乗ってゲートまで走り、開けて出た時には虹は消えてしまっていて、晴れ間も見えなくなっていた。ほんの一時の
出来事だった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花を届けた日の夜、いつもの店で        2018.06.09.

2018-06-10 23:05:41 | その他





 紫陽花を届けた日の夜、いつもの店でいつものように・・・・



 この店は魚は美味いのだけど、つきだしがイマイチだと思う。いつもつきだしにカレー粉を使うんだけど、僕からみたら信じられない。
この店は所謂、割烹ではなくて家族連れに人気の魚料理の店なのです。だから、飲んでいると傍を何処かの餓鬼が叫びながら、走り抜けて
行くとか・・・・

 それもこの店の楽しみなんだよね。




雲丹板
前回、頼んだ時に「これが最後」と言われてびっくりしたので、最初に雲丹があるかどうか聞いたのだけど、板長も今晩は取っておかないと
と思っていたみたい。母はこれが好物で・・・・、普通、僕は飲みに行っても注文はしないんだけどね。


 今回は、貝の類はあんまり無くて・・・・




アコウの造り
アコウを釣ろうと昔はいろいろ、やってました。




スズキの造り
今が旬。




鱚の塩焼き
ちょっと魚相が悪い? でも、美味しい。



 生ビールを飲んでいたけれど、途中から芋のお湯割りに変更。今日は母もご機嫌でお湯割りに挑戦するという。そして妻も・・・・



    

即、空っぽとなって・・・・





高くつくなぁ・・・・






 次は三河産のウナギ。妻も三河出身なので、これは一色産だねとか言っている。



 ちょっと、さっぱりしようかなと思って、旬のママカリの寿司を頼む。





正直な所、ママカリは苦手だ。何でかというと、一度、ママカリを釣りに船で出て数百匹を釣って、その使い道に困ったことがあって・・・
味が嫌いな訳じゃない。

 食べてみて、ウナギの後には絶妙な一品という印象だ。

 それからアコウの御頭の部分を煮付けにしてもらって・・・・







 あぁ、その後、体調不良に陥りリタイア。なんとか、母の家に戻ったということ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京出張 思い出のパチンコ屋とモモクロ  2018.05.21-22.

2018-05-23 23:02:13 | その他




 のぞみは滋賀県の田園地帯を走っている。この日から一泊二日の日程で東京に出張。最初の日は午後6時からの会議
ということで、自宅近くの高速バスに昼前に乗った。昼飯は新大阪でマクド(関東じゃマック?)のダブルチーズバーガーセットを
スマホのクーポンを使って550円で買い車内で済ませた。

 この日は良い天気で伊吹山も良く見えたし、富士山も。。。







 会議はお台場近くのビルで1時間ほど。それからその日の宿の予約を入れてある水道橋へ向かった。予約したホテルは東京ドームホテル。
チェックアウトが11時と遅いのがその理由。翌日の会議は13:30からなので、早くホテルから追い出されるとかなり困るのだ。

 ホテル近くの中華料理屋に入り生ビールと五目あんかけ焼きそばを食べ、コンビニに寄って夜のアルコールと朝飯+昼飯を買い込み、
ホテルにチェックインした。翌朝はちゃんと朝は起きて、いつもの朝ドラを見ながらバナナ1本と野菜ジュースの朝飯を摂った。
それから会議資料のチェックとかメールチェックなどをして時間を潰す。11時近くなってから一応、フロントにチェックアウトを遅らせる
ことが可能か、聞いてみたが駄目とのこと。相変わらず、外人の団体さんとか沢山予約が入っているのだろう。

 11時にチェックアウトを済ませて駅に向かって歩いていると、変わった衣装を着た人たちが列を作っていた。こっちは時間が余っている
ので、その行列の先に何があるのかを確かめに行くことにした。いいトシして暇なオッサンだけど、本当に暇だったから・・・・。





行列はドームホテルの前の広場まで続いていた。




        



 広場の反対側には東京ドーム。どうも、モモクロのコンサートがあるらしい。










コンサートのチケットを買いに来た人たちなんかな。いろんな色のハッピを着ていたり、グッズを持っていたり。若かったり、
年寄夫婦だったり。


 駅に向う道は行列の脇を逆方向に歩くことになる。




        








 それにしても今日は火曜日。平日の昼間にこれだけの若者が・・・、中にはオッサン、オバハンもいるんだけど、行列しているってのは
不思議な光景だ。日本は本当に平和な国なんだなと思う。





行列の最後尾辺りで列は折り返していて車道からは見えなくなっていた。丁度、その辺りにベンチがあったので座ってスマホで検索。



 直ぐに分かった。「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four-in 桃響導夢-0522」。東京って凄いな。
行列の正体が分かったので水道橋の駅に向かった。

 その後、大学浪人時代に通ったパチンコ屋探しをすることに。前回はお茶の水駅周辺を探索して「人生劇場」がまだ残っていることを発見。
今回は水道橋駅前にあった「ミトヤ」と「後楽園ホール」を探すことにした。二つの店は隣り合っていた記憶でミトヤの方が繁盛していた。
駅の周りを1周してみると・・・・





道の角の店がミトヤと書いてある。でも、昔の記憶では角にあったような気がしないのだが・・・・。で、道の奥まで歩いてみると、もう一店。



        

こっちはB館と書いてある。これが昔のミトヤなんじゃないかな。そして、後楽園ホールは無くなっていた。ひょっとして、
ミトヤに買い取られたのかもしれないと思った。ああ、暇。。。


 その後、東京駅前のビルで会議をする。3時間以上の会議なんて珍しい。それでも、駅前なので終了後、すぐにのぞみに乗って帰路に着いた。
そして、晩飯は久し振りの貝尽くし弁当とビール。







 今回の出張は天気に恵まれて、まず、伊豆半島手前で富士山が・・・・







 それから富士市周辺では・・・・





素晴らしい富士山の姿が見ることができた。


 帰宅は21:30 、翌日は熊本に行かなければならない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐渡から兵庫、福山で 2018.05.05.

2018-05-05 22:29:11 | その他
佐渡から戻った日は寝不足、疲れなどで特に何もせず、庭の手入れなどをして過ごした。
翌日は課題にしていたオキナグサの移植で腰を痛てしまった。ギックリ腰ではないようで、臀筋の損傷なのか。
何とか移植を終えてから腰を庇いつつ母の家に行き、食料などを買い冷蔵庫の中に収めた。その翌日は何時もの店で、母と姉と。




タイラギの造り


さざえのつぼ焼き


岩牡蠣の造り

あ、忘れてた!


母の好物。今日の最後だったらしい。




黒メバルの煮付け


車海老の塩焼き


中とろ、かんぱちの寿司

飲みすぎたかな。


「こころの叫びを聞いてごらん・・・」
今回も美味かった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

04.14. この日の昼飯 ムラサキヤマドリタケのパスタ       2018.04.14.(3)

2018-04-23 07:24:09 | その他




 食べ始めてから写真を撮るのを忘れていたことに気付いた。一応、きのこのブログなんだからアップしておかないと。
ムラサキヤマドリタケはいつ採ったのか忘れてしまったけれど、乾燥してから冷蔵庫の中で保存していたもの。乾燥しておいたものでも
歯応えがあって香りもして美味しかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その晩、いつもの店で my bottle で飲む         2018.02.24.(2)

2018-03-06 08:16:03 | その他
ここは福山の「魚花」という店。元々は魚屋さんのついでにやっている料理屋のようだったと思うけれど、何年か前に改装して、
料理を専門にするようになった。兎に角、新鮮で安いのが特徴。量も普通の飲み屋の量じゃなくて家族向き。一度、何とか御膳というのを母と
ふたつ頼んだら、とても食べ切れず大半を持ち帰ったことがあった。それ以来、カウンターに座って一品ずつ頼むようになりました。

 今日も貝が豊富。だけど、ちょっと飽きたので魚の造りも頼もう。
































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、東京出張。今度の富士山は・・・・         2018.02.07.(2)

2018-02-16 22:39:08 | その他





 目的の場所は浅草の駅近くとは思っていたけれど、目的のビルに着く前に横切った道は仲見世通りだった。平日の昼だというのに、
凄い人通りだ。例によってあんまり日本人が居ない感じ。打ち合わせの時間が迫っているのでそのまま通り過ぎた。

 1時間半ほどの打ち合わせの後、路地を通って・・・・




          



 こんな風景をテレビで観たことがあるような気がする。丁度、真ん中にスカイツリーが見えていた。そのまま進んで仲見世通りにでると正面に・・・・








 さらに進んで・・・・









 遠い昔にここに来たことがある、予備校に通っていたころ。ほおずき市の時だったか。門を潜って進む。










          
          潜って左奥に五重の塔。

 前方に・・・・











清める?燻される?




          



 何かをお願いしたような気がするけど覚えていない。これじゃ、駄目だな。









 その後、人形焼きと煎餅を買ってから東京メトロ浅草駅まで戻り、東京駅へ。久し振りの貝尽くし弁当とスーパードライを購入してのぞみに乗り込んだ。








 弁当にのった貝の煮付けを摘まみ、ビールを飲みながら観る夕陽。






朝から夕方まで、大阪から東京まで快晴の日なんて珍しい。





夕陽を浴びる富士山 赤富士?



 自宅には9時前に戻った。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

また、東京出張。今度の富士山は・・・・         2018.02.07.(1)

2018-02-15 22:34:22 | その他




 また、東京方面に出張だった。今回の出張先は都内なので前回より10分早いのぞみに乗った。車内で食べる昼飯はいつものように
マクドのセット。10時半からならフライドポテトがオーダーできるんだけど微妙にアウト。一本遅くしてホームまで走って行くって手はあるかもしれないけど、
もうトシだからなぁ。







 今回も快晴の日。PCでメールをチェックしながら外を見ていると雪を被った比良山系が綺麗に見えていた。前週はここから関ケ原で吹雪になったのだけれど・・・




伊吹山
ちょっと天気が怪しくなったけれど、伊吹山の山頂も見えていた。



 それから名古屋を過ぎて静岡辺りで・・・・






大井川を渡る車窓から遠くに富士山が見えていた。



 そして・・・・





富士山
久し振りに見た快晴の空にそびえる富士山


つづく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は雪が多いようで。         2018.01.30.

2018-02-09 22:42:25 | その他
 何を今さらということだけど、今年はとても寒い日が続いている。自宅でも朝は−5℃なんて普通。こんなことはなかったんだけど。
でも、雪はチラチラするだけで積もったことがない。それでも1週間ほど前の出張で・・・・





この日も自宅近くの高速バスの停留所から9時前のバスに乗り、新大阪に到着。


 ここで昼飯用のハンバーガーをマクドで買ってのぞみに乗る。PCを立ち上げていつものようにメールをチェックしながら車窓を観れば・・・・









 琵琶湖の向こうに比良山系の山々が白く見えていた。田んぼには雪が少し積もっているなとは思ったが、その数分後には雪は多くなって雲も多くなった。








 そして間もなく・・・・










吹雪だ・・・・



 伊吹から関ケ原は吹雪だった。のぞみは徐行するが岐阜羽島の辺りでは天気は嘘のように晴れていた。








 この調子なら富士山は綺麗に見えるかもと思ったけれど・・・・





・・・・



 この日は去年の年末に行ったベンチャーから届いた報告書の内容を確認しに来たのだが、ほとんど収穫もなくまたのぞみでの帰路・・・・






この煙の奥に富士山が見えるはずなんだけどな・・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朧月夜の皆既月食         2018.01.31.

2018-01-31 22:30:09 | その他
 月が登り始めた時は薄曇りの空に満月が綺麗に見えていたけれど・・・・





21:40 薄曇りの空に三日月の様になった月





22:08 もうほとんど見えていない



 まあ、何とか皆既月食は見えたかなという感じ。ピンボケか薄曇りのせいか分からんってところが良い所だな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今さらだけど・・・・、とどめの3連発(3)         2017.11.09~.

2018-01-11 21:24:30 | その他
 拡大内視鏡検査と大腸ファイバー検査の結果で問題なしとの結果を聞いた週末は何もする気にはなれずに自宅でのんびりと過ごした。
そして週明けの月曜日、ようやく阿倍野ハルカスでの結果が届いた。

 あぁ、この結果は知ってる。もうひどい目にあったけど、もう終わったよと思いながら見ていて・・・・、えっ?
肝機能も要精密検査になっているじゃない。肝機能が普通じゃないのは10年以上前からだし、γ-GTP高値なんで飲みすぎなことは分かっている。
去年とほとんど変わらないのに微妙に一線を越えたようだ。

 会社の検診で要精密検査と言われると無視しにくいのが正直な所なのでまた病院に予約を入れた。何とか年内に解決しなければ・・・・
前回は会社に顔を出してから病院に行ったせいで診察まで長く待たされたので、今回は朝一番(8:30)に受付を済ませた。それでも1時間程待たされたが、
10時頃には順番が来た。

 今度は女医さん。人間ドックのデータを観て一言。「どうします?」。確かにこの程度の数値で精密検査といったって何をして良いかお医者さんにも
分からないらしい。「この病院でもエコーは出来ますけど、もう1回やってみます?」
俺 「同じことをしてもしょうがないでしょう!」
女医「それじゃ、時間を空けてからもう1回、血液検査をやってみます?」
・・・それは、しばらく酒を控えろと言っているのか・・・・。
俺 「そんなとこでしょうね。」

 ということで、正月が過ぎてしばらく経った25日に再度、血液検査をすることにして予約を取って終了。今回の人間ドックから始まった病院通いは6回。
その間、きのこや花を観にも行ったけれど、ブログを書く気にはなれなかったということでした。


おしまい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今さらだけど・・・・、とどめの3連発(2)         2017.11.09~.

2018-01-10 22:23:26 | その他
          



 それから約1週間後、また阿倍野ハルカスの病院に2時間かけて行った。今度は人間ドックではなくて診療室だ。
時間が来て検査室に入ると初めて会う医者が大きなPCモニターの前に座っていた。そして、この間の胃カメラの検査の時の画像なんだけどと言って
見せられたのは、やはりあの時の如何にも怪しい画像だ。
良くテレビで見るシーンと同じじゃないか。医師が患者に告知する場面。ヤバイ、ヤバイ、ヤバいよこれ。。。。

 でも、あの時に見た画像では粘膜に黒っぽい染みのようなものが集まっているように見えたのだが、今回見せられたのは赤い。
これは血管が肥大したようにも見える。医者が言うには、これは食道の画像で「表在性ではないし、領域もないからまず良性のもの、
毛細血管が拡張したものだろうが、100%そうとは言い切れないので、拡大内視鏡で確認した方が良い」。
専門用語は覚えていないが、そんなようなことを言っていた。

 その時に医師が画像を見ながら「緑色に見えるから血管だと思う」と言っていたのが理解できなかったのだが、調べていると
表面より奥にある血管に光をあてた場合、血管と表皮の間の組織が血管からの反射光を部分的に吸収して緑色に見えると書いてあった。
要するにちょっと中側の血管は緑色に見えるということが医師は言いたかったのだろう。そして胃カメラの検査の時に見た黒っぽい画像も
同じものだったに違いない。

 なんだ、大したことないじゃないか心配させやがって・・・と思った。何故、バイオプシーをしなかったのかと聞いたのだが、
それには「やっても良かったけど、ややこしいから」とのこと。何のことか分からなかったが、それは実際の担当医師に聞かないと分からない。
多分、まず悪性じゃないと思ったけれど万が一を考えてくれたのかもしれない。
医者は最後に「検便で鮮血が出ていたから大腸検査もやっといてくださいね^^;)」と言って笑った。
嘘だろ・・・・、これでまた胃カメラと大腸の検査もしなければならなくなった。

 翌日、地元の総合病院の予約を早速とった。心配事はさっさと解決しておきたいものだから。そして、冒頭の写真になるわけだ。
朝、会社に顔を出してから受付を済ませたのは10時半、待っている間、暇だったので病院の周囲を歩いて見た。





数年前に出来た地域の中核病院。同僚が何人か入院していた時に見舞いに来たことはあったが・・・・





外周は綺麗に植樹されていて・・・・





良く見ると平戸、ドウダン、久留米ツツジなどを中心にクチナシなども植えてあるようだ。





紅葉の季節だから気が付く、患者への配慮。すっかり病人の気分になって有難いことだと思う自分・・・・








 医師の問診が始まったのは12時半だった。阿倍野ハルカスの医師からの紹介状の内容から始まり、精密検査の日程の相談になったが拡大内視鏡と
大腸ファイバーの検査を一日でこなすのは無理だとの事。仕方なく11月31日と12月1日の予約を取った。

 阿倍野ハルカスの医師のまず大丈夫だろうという言葉でかなり気持ちは楽にはなったけれど、不安を抱えて1週間ほどの仕事をこなした。
そして抗凝固剤の投与を5日間止めてから31日の拡大内視鏡検査を迎えた。今回は口からのカメラの挿入となったが意外なことに何も苦痛は無かった。
なんだ、鼻から入れる必要はないんだ・・・・。

 そして翌朝。





朝、起きて窓から外を見た。紅葉した山が見える。


 これから大腸ファイバー検査のために下剤を飲み始めるのだ。約2Lを飲み、3時間をかけて準備をする。そしていざ出陣・・・・


 検査を終え、前日の拡大内視鏡検査と大腸ファイバーの結果を医師から聞いた。結局、どちらも問題はないとのこと。えっ、そうなのか。
結果に文句があるわけじゃないけれど、阿倍野ハルカスに検査に行ってからの3週間は何だったんだろうか。大山鳴動して鼠一匹。
でも、それで良かった。これで不安ともおさらばと思ったのだが、まだ2発。それは?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらだけど・・・・、とどめの3連発         2017.11.09~.

2018-01-09 22:35:19 | その他





 これから書こうと思っているのは昨年の秋にブログを続ける気力が萎えた幾つかの出来事のとどめの事件についてである。
・・・なんて書くと大袈裟だな。

 この日は朝6時半の高速バスに乗るために車でインターチェンジまで来て駐車場に車を停めた。家を出た時はまだ薄暗かったけれど、
車を降りた時には辺りが明るくなり、もう直ぐ日が顔をだす気配。冷え込んだ朝で、朝焼けの陽がさした畑からは靄が出ていた。
今日は大阪の阿倍野ハルカスまで行き、健康診断を受けなきゃならないのだ。

 バス停で待つと間もなくバスがやって来た。そして乗り込んでから高速に走り出したところで陽が登った。



          



 バスはやがて新大阪に着き、地下鉄に乗り換え天王寺へ。改札を出てからエレベーターに乗り19階経由で21階につき、クリニックの受付を済ませた。





係りの人が呼びに来るまで窓際のソファーに座って景色を眺めていた。


 身長・体重測定から始まって、特に変わり映えのしない検査が続く。そして、胃カメラの検査になり・・・・、鼻の穴からカメラを入れるのだが、
なかなか入らない。いつも鼻の奥が狭くて苦労するのだが、今回の担当は男の医者で力づくで押し込まれた。局麻を入れていても痛い・・・・
胃カメラの検査では自分でもモニターが見えるようになっていて医者が画像を見ながらああだ、こうだと言うのが聞こえるし、質問すれば例年は
説明もしてくれるのだが・・・・、今回は違った。

 仕方なくモニターを眺めていると明らかに普通じゃない画像が写った。どこが写っていたのかは分からない。医者はモニターに見入っている。
そして何度もカメラを撮っていた。そして、「あまりにおかしかったら、持って帰るから」と言った。きっとバイオプシー(組織をサンプリングすること)
で採った組織を病院まで持って帰るという意味なのだろうと思っていた。

 カメラは胃を通り越して十二指腸の中まで覗いて、また組織の写真を撮りながら抜かれていった。案の定、胃カメラを抜く時に血が噴き出した。
3年前に脳梗塞で入院してからプラビックス(血小板凝集抑制剤)を念のために飲んでいるので、カメラを挿入した時に傷ついた粘膜から出血しても
そう簡単には止まらない。それだけ、薬が効いているということだから良いのだが、こんな時はとても不便。検査中に見た画像で気が動転していて
バイオプシーされたのかどうか分からなかった。結局、医師は最後にUSBに画像を取り込んでいた。

 一通りの試験を終えてから、すぐに分かるデータについて説明を受けた。肝機能は去年と変わらずイマイチ。酒の飲みすぎだ。空腹時血糖は108で、
僅かに高め。耐糖能異常くらいの状態かな。体重、腹囲、血圧・・・・、メタボリックシンドローム予備軍。でも、胃カメラでの検査ではバイオプシーも
組織染色もされてはいなかった。大丈夫だったのかな・・・・



          



 検査を終えて着替え、19階に降りて景色を眺めた。梅田方面だろう、高層ビルが沢山見えていた。エスカレーターから階下をみると・・・・




          




 凄い人だ。葛飾北斎展をやっているのだ。どのくらいの待ち時間なのかなと思って降りてみるが・・・・





どういう意味だろう。チケットを買うまでに70分、買ってからの待ち時間が70分ということだろうか。どちらにしても冗談じゃない。



 健康診断の受付で貰った1000円の金券で昼飯を食べることにした。少々、消耗したのでガッツリと。







 また2時間ほどかけて帰宅。仕事場に寄ろうと思えた寄れたが疲れたのでそのまま家に帰ってしまった。検査の結果が戻ってくるまでには
3週間くらいかかるという話だったが、検査の時に見てしまった画像のことは不安だったが翌日から仕事をしている内に忘れていた。

 しかし、その週の土曜日、自宅でゴロゴロしていると携帯に着信があることに気が付いた。その電話番号にはなんとなく記憶があったのだが、
思い出せなかった。念のため、折り返し電話を掛けてみると阿倍野ハルカスの診療所からだった。なるべく早く、再度来院して欲しいという医者からの
伝言を受け付けが連絡してきたのだった。当然、「何故行かなければならないのか?」と聞くのだが、「それは聞いていない」とのこと。
では、医者と話させてくれというのだが、「もう帰ったから分からない」ということだった。きっと、あの胃カメラの画像のことなのだろう。

 不安なまま月曜日に出社して、また病院に電話をして医者と話をさせて欲しいと頼むのだが来院したら直接話すということ。これは、相当ヤバイ。ヤバイ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらだけど・・・・、ある日の出張         2017.10.31.

2018-01-08 16:55:50 | その他
 昨年、ブログを中断した時に編集画面に用意していた写真があった。今年になって気が付いたのだが、折角だから続きを書いておこう。
ブログを中断する幾つかのきっかけの内の一つだからろくでもない話ではあるのだけれど。

 この日は横浜へ出張だった。朝から快晴の日で今日は綺麗な富士山を車窓から観れそうだなと期待して高速バスに乗ったのだった。
新大阪の駅に着いてから昼飯をマクドナルドで調達してホームに上がった。











 やがてのぞみが当たり前のように、時間通りに走ってきてドアが開く。乗り込んでから座席につきPCを立ち上げた。会社は始業時間を過ぎた頃だ。
のぞみは大阪府内を走りながらスピードを上げて行く。あぁ良い天気。







 のぞみは京都に停車してから琵琶湖畔を走り抜け・・・・












 伊吹山が綺麗に見えた。3合目のリフトの駅もはっきりと見えていた。その後、メールのチェックとか資料の確認などしてから外を見るとあれ?




ドン曇りの富士山
何だか、嫌な予感がしたもんだった。


 それからハンバーガーとコーヒーで昼飯を済ませて新横浜下車。仕事の打ち合わせに向かった。相手はもう5年位一緒に仕事をしているベンチャー
なのだが、オフィスを訪ねると研究室ではなく階の異なるいつもとは違う会議室に案内された。おかしいなと思っていると相手は新しいファンドがついたので、
契約の切れる来月からは仕事は継続できないという。しかも現在のプロジェクトはアカデミックには評価されるだろうがビジネス的にはハードルを越えるのは
かなり困難そうだとのこと。兎に角、来月までに報告書をまとめるのでその後に相談しようということになった。1時間も経たずに帰路に着くが・・・・、
そんなことならまずはメールなり電話で連絡するべきじゃないのか。富士山が見れると思ってのぞみに乗った自分が愚かに思えて悲しくなった。

 さて、真っすぐに新横浜に戻り、またのぞみに乗る。いつものようにスーパードライを飲みながら、車窓から景色を眺めていた。












 また伊吹山が綺麗に見えた。夕陽を浴びてオレンジ色に色付いていた。一日、ずっと晴れていたのかな。伊吹で一日遊んでいれば良かった、本当に。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加