今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

庭 育てる!     2022

2022-07-02 12:44:34 | 






 今年は新型コロナのせいなのか分からないけれど、遠出する気にもなれず近場をウロウロすることが多かった。休日に自宅に居るとつい庭が気になる。
この写真は去年の秋に採ってきたハンショウヅルの種を蒔いたもの。蒔いてからしばらく忘れていたが、気が付いたら大きな双葉が8つ出ていた。
一緒にトリガタハンショウヅルの種、ちょっと自信がないけれど・・・、も蒔いておいたら、そっちも同じタイミングで幾つか発芽。でも、何者かに
茎を食い切られて一つだけ残っている。













上がハンショウヅルとトリガタハンショウヅルを蒔いたプランター


 ハンショウヅルは最初に大き目の双葉が出て、その後、間から一枚の葉が出る。この段階で??、何の芽が出て来たんだ?となるけれど、やがて、
三出複葉が出てホッとする。でも恐ろしく成長が遅い。これで花が咲くまで育てるのは無理なんじゃないかと思えて来た。



 そんな訳で山でハンショウヅルとトリガタハンショウヅルの蔓を切って来て挿し木をしてみることにした。どちらも去年、近所の山を歩いて何処に、
大きな株があるかは調べてある。トリガタハンショウヅルは花の季節が終わったタイミングで花の付かなかった枝をちょっと失敬して来た。
ハンショウヅルは花の時期につぼみの無い蔓の先を頂いてきた。赤玉土を入れたポットに二節を切り出したハンショウヅルを挿し木をして、
水を張ったトレーに並べておいた。





今日の挿し木の様子
奥の8鉢はトリガタハンショウヅル。挿し木をした時に葉を付け過ぎていたもの、枝が痛んでいたもの、2鉢を覗いて発根している様子。
手前の4鉢はハンショウヅル。しっかりした枝しか挿し木にしなかったせいかどれも元気にしている。これで新しい芽でも出てきたら安心するんだけど。。。



 去年、採って来たセトウチホトトギスの種はプランター二つに蒔いておいたが、発芽する気がないような感じだったので余っていた種を
全部蒔いてしまったら、とんでもない数の芽が遅れて出て来た。





・・・・
芽の出ていないところは多分、誰かが食べてしまったのだろう。奥のプランターはカリガネソウの苗





上のプランターがセトウチホトトギス
こちらも芽の数が少ないけど、何かが食べているようだ。オルトランでも少し撒いておく?
下のプランターにはダイセンオダマキとモモイロミヤマオダマキの種を蒔いておいたのだが、モモイロの方は全く発芽せず。去年の種だったかな・・・。




 もう一つ、挿し木をしたのは去年、北山緑化植物園で買ってきたプレランサ。大き目の鉢に移植して、家の中で冬を越す間にどんどん枝が広がり・・・・
伸びすぎた枝を切り取って挿し木をしておいた。かなりの数を挿し木したが、残って育ってきたものをポットに移植した。






大き目のポットを買ってきて12鉢を移植して2週間ほど育ててから、大き目の苗を9鉢、三人の友人に進呈。自宅にはもう植える場所が無いし、
冬に家に取り込むスペースにも限りがあるからな。。。残った3つはもう少し育ててから・・・・、どうしようか。


 残った挿し木床には、ダルマギクの枝を切り取って挿しておいた。ダルマギクは育てて植えたい場所がある。





ダルマギクの挿し木

 それにしても、今年も少雨で猛暑。育てた苗は順調に育つのだろうか。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭 ホタルブクロが咲き始めている     2022.06.18.

2022-07-01 08:09:37 | 






 庭でホタルブクロが咲き始めている。野紺菊にすっかり庭の隅に追いやられてしまっているが。それでも、ホタルブクロは地下茎でも、
種でも殖えるので、生きてゆける場所を庭の各所に見つけ出している。















 野紺菊の根が込み過ぎて弱ったりすると、またホタルブクロが優勢になったりする。そのせめぎあいが草庭の面白いところかも。





城ケ崎?





        
        万華鏡













アナベル





        
        ルーリイ
        やはり、鉢植え一年目は青が綺麗にでない・・・・





コンロンカ



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そろそろ、アケボノタケの様子を観てこよう    2022.06.18.(2)

2022-06-30 21:18:17 | きのこ など

アケボノタケ





 梅雨入りもしたし、雨もそこそこ降ったのでアケボノタケの様子を見に行くことにした。前週だったか、自宅近くの発生地では見つけることが出来なかった。
庭の紫陽花を撮ってから車を走らせ30分ほどで現地に着いた。去年、友人に教えてもらった場所だ。それほど雨が降ったわけではないので期待はしていなかったが・・・






キクラゲ





        
        アケボノタケ
        あっさりと出ていた。



 どれも小さな個体で見栄えはしないけれど、数は結構出ていたし、斜面の上の方にも姿が見えていた。
















 出始めの幼菌は色が濃くて綺麗なのだが、開くにつれて色が薄くなり傘が裂けてくる。乾燥気味だとその傾向が強くなるようだ。




        














アケボノタケ



 奥の方にも発生する場所があると去年、教えてもらったので確認に行ったのだが、その場所に行きつくことはできなかった。何処かの三叉路で、
道を間違えたのだろう。ナラ枯れの山で出会ったのは・・・・














ヒイロタケ



 そのまま散策路を歩いてきのこを探す。






ムラサキニガナ







シロイボカサタケ















ミヤマウズラ







トンボソウの仲間


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭 ピンクアナベル~ガクアジサイの花のアップ    2022.06.18.

2022-06-29 21:35:33 | 

 



 去年までモッコウバラの日陰で育てていたピンクアナベルの鉢を、春から陽の当たる場所に移して育てていたら、今年は沢山の花を咲かせてくれた。
柄が細くて風が吹いたらすぐに折れてしまいそうだけど、結構強くて頑張って咲いてくれている。














大きなガクの下から花が覗いている。













ガクのない花の比率は花の房によってまちまちのようだ。










 庭には他の紫陽花も咲き始めていて・・・・






小さな花












三河千鳥の‛‛花’’













三河千鳥の‛‛花’’




 因みに普通のアナベルの花はこんな感じ。










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭 紫陽花が咲き始めだったころ    2022.06.04.

2022-06-28 21:22:51 | 






 ブログの休んでいたから、庭の様子も随分と変わったかんじ。ちょっと、遡って紫陽花の花が色付き始めた頃から写真を並べてみようか。













三河千鳥












        







ピンクアナベル
今年は何故か、ピンクアナベルが花数も多くて綺麗。





ルーリイ
今年の期待の新人だけど、花を一つ付けただけ。



 紫陽花の花はまだ、色付き始め・・・・




    






春咲き秋明菊






紅色の百合





        
        黄色の百合






オレンジ色の百合






カサブランカ
去年、植えたカサブランカ 10球。つぼみが大きくなってきている。



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする