今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

三河のムラサキセンブリの咲く丘を訪ねる 2018.11.02.(1)

2018-11-14 22:32:33 | 山、花、山野草

ムラサキセンブリ




 ちょっと仕事のストレスが溜まったので休みを取って三河から奥三河を旅することにした。最初の目的地は何度か訪れている、
ムラサキセンブリの群れ咲く丘に決めていたけれど、その後のことは決める余裕もなく家を出た。

 前夜に出掛ける用意をする気力も残っていなかったので、朝から用意をして家を出たのは10時を過ぎていた。初日は宿に直行した方が良いか、
とも思ったけれど、それでは休みを一日無駄にするようなもの。頑張って目的の丘の登り口に着いたのは午後2時半だった。

 幸い晴天で気温も上がっているからのんびりと散策して来れるだろう。以前に歩いた時には登り口にサクラタデがかなり咲いていた記憶があって、
探してみたのだが・・・・




    
サクラタデ
消えかけているのか、刈られてしまったのか・・・・、がっかり。



 諦めて散策路を歩いて行くと、意外なことにセンブリの花が沢山咲いていた。


















        
        センブリ




 この場所でこれだけ大株のセンブリには出会ったことがなかった。この丘ではムラサキセンブリがほとんどでセンブリは少なかったのに、
おかしな気持ち。

 そして、さらに意外だったのはもう、咲き終わっているだろうと思っていたエンシュウハグマが沢山咲き残っていたことだった。












エンシュウハグマ
とはいえ、盛りを過ぎて種が出来始めている。





    











 少し進むと草原の中にコウヤボウキの花も見つかる。





コウヤボウキ




 そしてまた、エンシュウハグマの花が沢山咲いていた。この辺りは毎年、草刈りをこの時期にしていたのだが、今年は刈るのを止めたようだ。


























エンシュウハグマ





    











 エンシュウハグマの群生を過ぎて歩いて行くと、また・・・・





        







センブリ




 そして、先のカーブを曲がって進むと・・・・





ムラサキセンブリ



 ようやく、ムラサキセンブリの咲くエリアに着いたようだ。



続く。




コメント

干上がった湿地で  ヤマラッキョウとリンドウと pokemon GO 2018.10.28.(1)

2018-11-13 22:39:48 | 山、花、山野草






 休日には何処かしらに出掛けていろいろ観察しているのだけれど、平日は仕事で疲れてしまって、
ブログを更新する余力もなく過ぎ去る日々。ボチボチと再開します。


 そろそろ、イヌセンブリが咲いているかなと思って訪れた湿地は予想以上に干上がっていて、歩くのには楽だったけれど何か物寂しい。
この湿地にはミズトラノオが咲くのだがその時期はとっくに過ぎていた。トボトボと湿地の縁を歩いていると咲いていたのは小さなアサガオ。





アメリカアサガオ?



 
 湿地の草原の中にはヤマラッキョウが沢山咲いてはいるのだけれど、枯れ葉の中にピンクの花が咲いていても何とも冴えない。












やっぱり、緑の中に咲いていないと・・・・



 湿地の縁から干からびた湿地の中に入って行く。まだ、緑の残っている辺りを覗くと・・・・












リンドウ







池が干からびた後に生えた草が紅葉している?これも、草紅葉って言うのかな・・・・



 草原の中にミズトラノオの群生を探したがみつからないので、また、湿地の縁に戻り、池の反対側まで歩いて行くことにした。













これは何だろう。白い実のなるツタ。



 池の反対側まで歩いて行き、また草原に入り込む。この辺りにイヌセンブリは咲いていたはずなのだけど・・・・













イヌセンブリの花は全く見つからないけれど、ヤマラッキョウとリンドウは沢山咲いている。






ミズトラノオの花後
こんなところに居たのか・・・・











        



















 湿地の中にセイタカアワダチソウも入り込んでいる。リンドウと一緒に咲いているとちょっと良い感じ。セイタカアワダチソウは
日本中に蔓延ってしまって今や厄介者でしかないのだろうが、元々は観賞用に持ち込まれたものらしい。










 結局、イヌセンブリの花は見つからず。まだ、早いのだろう。来た道をブラブラと歩いて駐車場に戻って行く。


















 それにしても良い天気。風もなく気温が上がって暑いくらい。買ってからあまり使う機会の無かった 24-105mmのズームレンズを使ってみる。











 35cmまで寄れるから花の写真から景色の写真までこれ一本で撮れるかなと思って買ったけれど、ちょっと重いかな。


















 もうすぐ駐車場に着くというところで、沢山の人がスマホを見ながら歩いている場面に遭遇。あぁこれは・・・・・
自宅前でも時々見掛ける光景だ。ポケモン GO の珍しいモンスターが出没したとかいう噂が立ったんだろうか。
辿り着いた駐車場は一杯で入口の脇にも車が駐車しているような状態だ。広い公園に似つかわしくない光景を見て、
呆れて退散することにした。




コメント

三河から奥三河へ出張中 2018.11.02.(予)

2018-11-03 22:19:54 | 山、花、山野草
初日、午後2時過ぎから蛇紋岩質の斜面にて。



センブリ








エンシュウハグマ




センブリ




ムラサキセンブリ









ミカワマツムシソウ




ヤマラッキョウ


山で2時間半。運転5時間半。疲れた。
コメント

野紺菊 今年もそろそろ、満開!    2018.10.31.

2018-11-02 09:24:05 | 





 今年もそろそろ、庭の野紺菊が満開になりました。


















 オビトケ野紺菊だけは例年、少し開花が遅いけれど1週間後には咲くと思います。




コメント

場所を移して秋の花 水辺のヤマラッキョウとヤマハッカ    2018.10.27.(3)

2018-11-01 21:22:47 | 山、花、山野草

野紺菊




 ダムサイトの斜面から場所を変えて、近くの野池の土手にやってきた。特に変わった花が咲いているわけじゃないけれど、
ヤマラッキョウがやはり斜面に沢山、咲く場所。土手の手前にヤマハッカの花が咲いていた。










 ため池の土手には新しく柵が出来ていた。ブラックバスを釣りに来る人をブロックしたいのだろうけれど、何か意味があるのかな。
柵を越えようと思えば簡単に越えられるけれど、やめた。柵の間からでも写真は撮れる。













ヤマラッキョウ
水際のヤマラッキョウというのも珍しいんじゃないかな。


















 やはり、柵越しでは自由に写真は撮れないので、早々に引き上げることにした。





        

ほぼ、白花のツリガネニンジン。






野紺菊







アキノノゲシ
もう、一番下まで花が咲いているから、今年の花はおしまいだ。




 まだ、午後の一時だが、自宅に戻って庭の手入れをすることにした。好きなナツズイセンの球根を15個買ってあるのだが、何とか、
庭に場所を見つけて植えなければならない。



コメント