今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

今年もよろしくお願いします。      2021.01.02.

2021-01-02 10:54:09 | 





 明けましておめでとうございます。
今年は賀状を作っていないので、いつものようにブログのアップから始めます。

年末は日本中、寒波襲来でとても冷え込みましたね。自宅でも大晦日の朝は雪が少し、積もっていました。






咲き残っていた菊にも雪







咲き始めの水仙にも雪




        








今年は石楠花に花がつきそうです。


 そういえば、1月2日は母の誕生日でした・・・・。今年もよろしくお願いします。



コメント (6)

大接近・・・・      2020.12.21.

2020-12-21 21:58:04 | その他





 400年振りらしい。木星と土星がこれだけ接近するのは。ということは、これが最期になるのだろう、俺の人生でこの光景に出会うのは。

 仕事は早めに切り上げて、一目散に帰宅。デジイチを持って外に出たが、あれ?どの星だったかな。最近、目が悪くなった上に乱視が酷くて、星が沢山見える・・・。
ようやく、瞬かない星を見つけて撮った。これでも、中学生の時に天文クラブ員だったんだ。惑星が瞬かないことぐらいは分かるんだけど、肝心の眼が怪しくなってる。





        







        



 上の写真は木星と土星。明るい方が木星で暗い方が土星だけど、土星だって恒星と比べたら随分明るい方だ。明るい方の直ぐ上下に小さく見えているのは、
ガリレオ衛星といって木星の衛星だ。へー、デジイチの90mmの手持ちで撮れるんだ!

 下の写真は同視野に写っていた飛行機のようだ。多分。UFOじゃないよね。


 近況:週末は二週続けて庭の手入れをしていた。二週前の週末は、どうしても地植えしなければならない時期に来ていたシャクナゲツツジ2鉢を庭に下ろした。
それから、鉢植えの紫陽花も大きくなってきたものを2鉢、地植えにした。銀河(青)とコンペイトウ(青)。
庭の地面が岩だらけでスコップではどうしても掘れなかったので、DYIに行ってバールを買って来たら何とか掘れた。でも、翌日の午後から異様にしんどくなった。
何故なのか分からなかったのだけど、筋肉痛が翌日に来るってことだったようだ。

 前週は花が咲き終わった野紺菊や秋明菊などを刈り取って集めておいた。これはまだ実施中。庭に残っているのはイソギクと銀葉サツマノギクだけ。
でも、朝は霜が降るのでもう、花期は長くはないだろう。

 冬が来る。寒い冬が来ている。



コメント (2)

二ヶ月と少し振りの母の家で      2020.12.07.

2020-12-19 21:52:35 | 






 昨夜は晩飯を福山SAで済ませ、福山東ICで高速を降りてから今夜の酒と翌日の食材を買ってから母の家に行った。
父と母の遺影に掌を合わせ、線香を灯した。寂しい想いをさせていたのが気になっていたけれど、ようやく家に連れて帰ることが出来る。

 翌日、午前中は家の片づけをして過ごした。そして、庭に出ると白い山茶花の花が咲いていた。母が欲しいというので買い求めて植えたものだ。
植えてからなかなか、根を張らず育たなかったけれどようやく育ち始めたところだったのに・・・・









 庭の木の下に植えてあった万両は随分徒長していて、幹の先に赤い実を付けていたが、その根元には次の世代の株が育っていた。




        















アジサイの脇にも次の世代の株が育っている。


 

 正月には此処に来ることはないな・・・・。午後、幾つかの用を済ませてから、帰宅した。



コメント

四国カルストの西端まで行こうかと・・・・     2020.12.06.(4)

2020-12-18 22:48:05 | 山、花、山野草






 姫鶴(めずる)牧場からさらに西に向かって走る。カルストの端の大野ヶ原まで行ってみようかと思っているのだけれど、
それから福山に行くのは厳しいかもしれない・・・・。でも、行くだけ行ってみようと思いながら走る。

 途中にあった三叉路を通り過ぎてから思い直してバックで戻り、左に登って行く道を進んだ。そして薄暗い道を進んで行くと右側を見てハッとした。
車を停めたいけれど車一台がやっと通れるような道だ。通り過ぎてから停まれる場所を見つけて歩いて戻った。







タカネハンショウヅルの花後だろう・・・・





        















        





 タカネハンショウヅルは帝釈にも咲いているのだが、ここのはちょっとスケールが違う。そこら中でタカネハンショウヅルの綿毛が、
陽を浴びて輝いているのだ。












 車に戻り、そのまましばらく細い道を進んで行ったのだが、何処に通じているのか分からず心配になって戻ってしまった。
後で確認すると大野ヶ原に通じていたようだった・・・・

 元の三叉路に戻り、下って行く。下る途中にもタカネハンショウヅルの綿毛は沢山見えていた。結局、タカネハンショウヅルに出会ったせいで、
大野ヶ原まで行くことは断念して、帰路につくことにした。


















 やっぱり、ここには秋に来たい。きっと、いろいろな花が咲いているに違いない。初夏にも来たい。あぁ、夏も良いかな。
それから、松山まで下り瀬戸内海を渡り・・・・





        




 尾道から福山に。2ヶ月振りの福山だ。


コメント (2)

四国カルスト  天狗高原から姫鶴牧場を経て・・・・     2020.12.06.(3)

2020-12-17 22:09:31 | 山、花、山野草






 天狗高原の見晴らし台からさらにカルストを進んで行った。時間が許すなら四国カルストの端まで走って行こうと思っているがどこまで行けるか・・・。

 車道が細いので景色が良くてもなかなか、車を停めることが出来ない。やっと見つけた僅かなスペースに停めて歩いてみた。







車道の右側は凄い石灰岩剥き出しのカレンフェルトが広がっている。



 その先まで歩いてゆくと景色が広がった。







風力発電のプロペラが尾根に並んでいる。










 そして車道の先にも二つ。そこまで行ってみよう。













        




 この辺りは牧場のようだ。姫鶴牧場という。その駐車場で車を停めて、遅い昼飯を食べた。外で食べたら気持ち良かったかもしれないけれど、
陽が陰り寒くなってきたので車内で食べる。何といっても12月の標高1000m辺りだから、四国とは言え流石に寒い・・・・



コメント (2)