今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

淡路島 灘黒岩水仙郷 2009.01.18.

2009-01-25 09:55:08 | Weblog
もう、随分、時間が経ってしまった。18日、ずっと一度行ってみたいと想っていた、淡路島の灘黒岩水仙郷に漸く行くことができた。

水仙の花が好きなのは、このブログにも書いている。そして、淡路島の水仙郷は行ってみたいと思っていたのだが、毎年、気が付くとその時期は過ぎてしまっていた。庭の日本水仙はまだ蕾をつけたばかりなのだ。


天気予報では、日曜日は暖かく天気も良いということだったが、土曜日の予報ではなんと昼から雨に変わっていた。でも、真っ先に水仙郷に行けば何とか雨に降られずに水仙を見られるだろうと思っていたのだが・・・。


須磨から高速に入り、明石大橋を渡り西淡三原ICで降りて水仙郷に向かう。海岸沿いの道を進んでいくと、車は道の脇の駐車場に誘導された・・・。水仙郷へ向かう車が多いので駐車場からシャトルバスが客を運んでいるのだ。久し振りに観光地に来たなぁという気分。いつも、きのこばかり探していると、あまり、多くの人に会うことがない。何か、新鮮だった。


バスを降り、ゾロゾロと人の流れに乗って山を登って行く。水仙は山の斜面に一面に咲いている。花はちょうど見頃で、水仙の甘い、品の良い匂いが漂ってくる。











登り初めてすぐ、雨がポツポツと降ってきた。そして、山頂に着く頃にはしっかりと降ってきた。山頂から見下ろすと、沢山の水仙と傘をさして登ってくる人達。





山頂には僅かではあるが、梅の木があり、花が満開だった。梅の木をみるとどうしてもハルシメジを連想してしまう。悲しい性だな・・・。








山頂から海に向かって、南側の斜面を下る。海は雨に霞んでいる。
南側の斜面はやはり暖かいのだろう、水仙の花は盛りを過ぎていた。





シャトルバスで車まで戻り、また車で淡路を走った。途中、慶野松原の脇を通り、広大な黒松林を横目で見ながら走るが、生憎の雨天でショウロ探しをする気にはなれなかった。その後、洲本で食事をして、また明石大橋を渡り帰った。

雨の水仙郷ではあったが、長いこと行って見たいと思っていたところにやっと行くことができた。これから、自宅庭でも沢山の水仙が咲くだろうが、まだ先のこと。春は遠い。



自宅庭の日本水仙


   
水仙の芽たち



きのこ・・・・、これしかないな・・・。



庭のホダ木のシイタケ
コメント (2)

雪の日 2009.01.10.

2009-01-12 08:18:38 | Weblog
この所、寒い日が続いていて、朝、起きると雪がぱらついていた。新聞を取りに出て、ついでに庭の様子を見ていると、驚いたことに、また、なめこが出始めていた。






ナメコ


 さて、寒いといって家に閉じこもっているのも退屈だ。午前中は我慢していたが、いよいよ我慢できなくなり家を出た。行く先は・・・・・





 分る人には分る?ここ数年、きのこ採集のついでに頻繁に通っているラーメン屋だ。


 雪はかなり激しく降りだし、道路の上にも積もり始めている。しかし、ここまで来るとS公園の様子を見に行きたくなってしまう。この天気で、流石にきのこを探す気にはならないのではあるが・・・。


 坂を登り公園の入り口に着いた。雪はかなり積もり始めている。







いつか、僕の車のドアミラーをへし折った赤松も寂しげに写っている・・・。








 この写真を見て、写している場所が分る人もいるだろうな。雪のS公園もいい雰囲気だ。



コメント (4)

元旦、去年と同じスタート 2009.01.01.

2009-01-02 11:49:57 | Weblog
 父が12月初めころに背骨を圧迫骨折して入院してしまい、その見舞いなどで実家に戻っていた。元旦の昼に帰宅し、一杯飲んでから初詣に向かった。去年と同じ小さな神社だ。

 空はどんよりと曇っていて、朝から冷え込んでいたせいか、今にも雪が降りそう・・・そんなことを予感させるような天気だった。

 家を出て坂を下る。その途中の石垣の脇、水仙の花がもう咲き始めている。






自宅の庭にも沢山植えてあるが、まだまだ蕾は固いままだ。信号を右折しずっと歩いて行く。国道の両脇は田んぼが広がっていてその土手には黄色い花がポツポツと咲いていた。


   
左:フユシラズ
右:タンポポ


 国道を左に入り、細流沿いに歩いていくと人家の生垣に南天が沢山植えてあるところに出た。



南天の実


 その川沿いに進んでゆくと太いエノキの枯木があった。その根元あたりに落ちていた木からエノキタケが沢山出ていた。






エノキタケ


 エノキの枯木は太さは50センチほど。大木だ。よく見ると、その枯木の上の方からも出ている。これは長いこと楽しめそうだ。


   



 漸く神社の入り口に辿り着いた。去年と同じ、赤い旗が立っている。他には、かなり前方に犬の散歩に来た一人しか見えない。






 この細道を進み、鳥居をくぐって・・・高速道路をさらにくぐって、お参りした。引いたおみくじは・・・・まあまあか。恋愛運は熱しやすく冷めやすい・・・だそうだ。


 神社には、最近気に入っている蝋梅が咲いていた。



ロウバイ


 みぞれがひどく降ってきた。これは暫らく雨宿り?しなければ・・・。

 帰り道は、行きとは違う道を通って戻った。途中、この辺では見かけることが滅多にない獅子舞の一行に出会った。正月だなと思った。



獅子舞いの一行


 往復の歩行距離、5.9km、7680歩。


コメント (2)

2009年元旦 明けましておめでとう御座います。

2009-01-01 17:21:02 | Weblog


 昨年は、予想外にも沢山の方にブログを見ていただき、暖かいコメントなど送っていただきありがとうございました。さて、今年はどんな年になるのでしょうか?とても楽しみです。みのり多い年になりますように。。
コメント (10)