河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

お客さ~ん、59リッターですよ~!

2018-10-17 13:05:37 | 自動車




これは私の若い頃の愛車だった、
4代目のニッサン・スカイラインです。
私はこのスタイルが好きで好きで・・・

写真では若干のシャコタン(背を低くする)に改造していますが、
私はそういった改造はしませんでした。

しかし、30万円かけてやった事があります。
色をワインレッドに塗り替えたのです。
いわゆるオールペン(全塗装)



私が塗装屋さんに指定した色は・・・
イギリス車のジャガーのワインレッド。

写真のジャガーはその当時より新しい型ですが、
私の時のジャガーの色は、もっと素晴らしかった。と思う。

とに角、指定を受けた塗装屋さんが最初にやった事は、
あちこちの中古屋さんに行って、
ワインレッド色のジャガーを探し出す事でした。

中古車というのは年月が経っているので、
当然、色あせし本来の色とは違ってくるものです。
そんな中で、塗装屋さんはどうするかというと、
後のドアを開けた時の、タイヤハウスの丸い出っ張り部分。
そこが最も色あせしていない部分なのです。

その部分から見本を取って、色合わせをするのです。
そして完成したスカイラインの美しい事ったらありませんでした。
本物のジャガーより、いい色になっていました。
それはそうです、私達が見ているのは、
少しづつ色あせしたワインレッドなのに比べ、
全くの新車といっていい色がそこにあるのですから。
その素晴らしさにはため息と共に、うっとりしました。

私はワインレッドのスカイラインを駈って、
休日前夜ともなると出撃し、
主に信州一帯を昼夜を挙げて走り回ったものでした。

さて、ある時ガソリン残量が残り少なくなりました。
私は悪い癖で給油回数をあまり取りたがらないのです。
スカイラインのガソリンタンクは60リットル。
ガソリン残量の警告灯が点き始めましたが、
私は、そこから何キロ走るとガス欠するかを大体把握していました。

面倒なので私はギリギリまで粘りました。
そして、次のスタンドで入れないとアウトという所まで粘り、
とあるガソリンスタンドに入りました。
そこは軽井沢でした。

給油をするスタンド店員。
しかし、彼の顔つきが段々、不安顔になってきました。
「エッ、おかっしいな~?」

やっと長い給油が終わって、
レシートを持ってくる彼の声が、若干震えています。
「お客さ~ん、59リッターですよ~!」
そうなんです、スカイラインのガソリンタンクは60リッターなんです。
残り1リッター。
そりゃ、おっかしいな~?ですよね。

この話を妻にしたら、
あるテレビ番組のドッキリで、
軽四輪を改造して、最も大型のガソリンタンクを積んで、
スタンドに行ったそうです。
多分70リッターとかなんでしょうね。
軽四輪のタンクは普通40リッターとかだと思いますが。

鼻歌交じりで給油する店員。
その内、彼は車の下を覗き込んだりします。
だって、いくら入れたって満タンにならないんですから。
いくらなんでも不安になりますよね。

でも、こういったドッキリって面白いですね。

私の場合も、そんなドッキリを思わせましたね。
店員も「これってドッキリじゃ?」と、
思ってくれたかな~?

でも、後になって思い出すと面白かったな~。
「お客さ~ん、59リッターですよ~」






コメント

フォルクスワーゲン・トランスポーター

2018-08-28 06:40:27 | 自動車
Die Geschichte des VW Bulli Motorvision blickt zurü


ドイツのフォルクスワーゲンが製造した、
この、トランスポーター・シリーズは、
1950年(昭和25年)に製造が開始され、
日本には1953年(昭和28年)から輸入販売されました。

当時のスペックは、
全長4,1メートル。全幅1,7メートル。高1,9メートル。
車重1045キロ。
エンジンは、水平対向(これは日本のスバルと同じ)4気筒。
4サイクルOHV・1131CC。
25馬力・最高速度80キロ。





驚くのは、1045キロという軽さ。
そして25馬力という、現在では250CCバイクにも劣る性能。
よって最高速度は、たった80キロ。
この性能では、現在の高速道路を走るには、
青息吐息・気息奄々状態で、アクセルは常に目一杯。

とはいえ、このスタイルは、あまりにも魅力的。
そして、当時は多分珍しかったのかな・・
全輪独立懸架・・つまり乗り心地が良かったのです。











その為に、あらゆるタイプが製造されました。
トラック・ライトバン・マイクロバス・乗用車・・



運転席の窓の後には、同じ大きさの窓が、
きれいに4枚並んでいるという可愛いスタイルが何とも言えませんね。

最終的には、
1493CC,53馬力、時速105キロとなり、かなり余裕も出ましたが、
それでも現在の車から見れば、可愛いものです。
しかし、累計生産台数は200万台を越す、大ヒットでした。


さて、これが現代の日本で再び脚光を浴びている、
というか、これの模倣版がかなり存在するのです。





こういった具合に、軽四輪を、
フォルクスワーゲンに似せた車をよく見かけるのです。

それどころか、
先日は、軽四輪ではなく、
ハイエース並の中型車を、同じ大きさの窓4枚にして、
前面もフォルクスワーゲンそっくりに改造した車を見かけました。

現在、日本のワンボックス車は、
「おっかない顔」の車が多いのですが、
こういった可愛く、優しい顔の車が、
人の心を和ませ、愛着・親しみを感じさせるから、
安くはない改造費をかけても造るのでしょうね。



コメント

日本じゃ売れないヒュンダイ

2018-04-21 06:20:31 | 自動車
以前は、多少ではあったが日本でも見かけた韓国ヒュンダイの自動車。
それが、今やまるで見なくなってしまった。

カナダでトップだったか?かなり凄い売り上げを見せた事もあり、
それから日本にも入ってくる様になった。
その頃、私もマイカーとして走っているのを見かけた事もありました。
しかし、それ以後はまるで売り上げは伸びず、
日本に居残っているのは、個人タクシーの車だけ。

個人タクシーは安価で、チョッと高級車的な香りのする、
という事でヒュンダイを購入したのかもしれない。
しかし、それは営業用だからであって、一般ユーザーにはうけなかった。

今、日本でヒュンダイの車を見たという人は居ないんじゃないのかな~?



既にディーラーなど見た事もない。
ディーラーが無いんじゃ、車など買える筈もない。

そもそも韓国製には、日本のパクリが多い。
これがイメージを悪くしている。



これは日本のホンダのマーク。



そして、ヒュンダイがこれ。
これじゃ真似、盗作と言われるよ。



これはヒュンダイの最高級車なのかな?
まるでベンツのパクリ。





こういった時代の最先端を行くみたいな、
カッコいいスポーツカーも造っている。
でも「これもどこかのパクリか?」と疑心暗鬼になってしまう。

日本人のベンツ好きは知られた事ですが、
それは一流品に対する憧れ。
というか、(舶来高級品・外車)に対するコンプレックスの表われ。
この思考にヒュンダイはまるで入らない。
ヒュンダイの真似っこ、パクリなどは、むしろ汚らわしく思えるのです。

日本人は車には優越感を感じたりしたいのですね。
そんな日本的心情に、ヒュンダイは失格なんです。
いわゆる発展途上国というか実際の心情として、
(後進国)の車などに優越感などある筈もないのですね。

そして、もっと視野を現実に戻すと、
衝突衝撃実験では、韓国車は不合格。
日本のスバルなどと比べると、死に直結する様な車なんです。
こんな車は、いくら安価で買えようが、とても買えた代物ではありません。
命あっての物種です。
もし韓国製のタクシーが来たら、私は乗りたくありません。
安全性などまるで無視の、カッコだけの高級車だったりなんですから。



始めて台湾に行った時、乗った車がヒュンダイでした。
夜の桃園空港に降り立ち、ゲートを出ると、
顔馴染の台湾女性が仲間達と出迎えに来ていました。
キャーという黄色い声に出迎えられ、私はチョッとしたスターみたいでした。

彼等4人と一緒に台中まで乗った車がヒュンダイだったのです。
それが何の車か夜だったし分からなかったのですが、
私はベンツの小型車だと思っていました。
夜が明けてホテル前の車を見て、初めてヒュンダイだと気づきました。

それが、この写真の車だったかは分かりませんが、
ちょっと見、コンパクトベンツだった、そんな形でした。

これからヒュンダイは日本に再上陸するのでしょうか?
今の時点では、私はとても困難な道だと思います。

ブランドが何だ?安全性が何だ?
車なんか安けりゃいいやという若者達でも増えてくれば、
まだ見通しは明かるいんですが、
昔のままの価値観で車を見ている世代には、
いくら頑張っても韓国製の自動車は日本では売れないでしょうね。

日本では、いわゆる外車(舶来高級品)がいいんであって、
後進国の車では、ステータスシンボルにはなり様がないんですね。

コメント (2)

315万円のトライアンフ

2017-09-30 21:01:12 | 自動車
【クリッパーズ】 トライアンフ ボンネビル(69年式)マフラー音 純正


この動画は、以前のブログでも登場したのですが、
トライアンフ・ボンネヴィル特有の、
排気音の素晴らしさがよく出ています。

イギリス車のトライアンフは現在も製造され続けていますが、
1958年から1962年くらいだったかの、
この時代のトライアンフくらい美しく魅力的ではなくなりました。

その、トライアンフ・ボンネヴィル(650CC)が、
315万円で売られています。

「欲しい~ッ!」

心から欲しい。
喉から手が出るほど欲しい。
でも、いくらなんでも、それを操縦できる技量はもう無い。
バイクというのは、
一度「怖い」と思ったら、もう乗れないのです。
少なくとも私はそう思っています。

40歳くらいまでは、血が疼きました。
しかし、50歳にもなると、
もう乗れなくなっている、弱い自分に気づいていました。
そうなると金輪際、乗るべきではないと思っています。

ですから、315万円でこいつを買ったとしても、
飾っておくだけ。
それではあまりにも勿体ないし、
それだけの為の315万円などは、勿論無理。

だから(夢)なんです。
でも、こいつを買う幸せな奴がいると思うと嫉妬します。









世の中に、こんな美しいバイクなど何処にも無い。

世界最高のバイク・トライアンフ・ボンネヴィル。
ちなみに世界一美しい軍艦は、ドイツの戦艦・シャルンホルスト。

いいよね~。
こういった最高の美しさを眺めるというのは・・

セルモーターなどというのは無い。
エンジンをかける時は、右足でキックペダルを踏み下ろします。
バリバリっと小気味いい、それでいてリズミカルな、
トライアンフ、サウンドが始まります。

胸はこれから始まる桃源郷を想い、ワクワクします。
エンジンからは微かにガソリンとオイルの混じった匂い。
これが一層、胸をときめかすのです。
そして左手でクラッチレバーを握り、
右足でギヤペダルを踏み(日本車の左足とは反対)
おもむろにローギヤを入れます。

そして左手のクラッチレバーを徐々に緩めると、
トライアンフは、あの特有の排気音を轟かせて発車します。
その瞬間はバイク乗りには、たまらない瞬間です。

ハーレーなど眼中にありません。
トライアンフこそ、バイクの中のバイク。
トライアンフを知ったら他のバイクなどに興味は無くなります。

いいんだよな~。
で、315万円ね、チョッと言葉を失います。
こいつを買う奴は本当に幸せ者です。






コメント

アメ車・黄金期

2017-08-30 03:06:07 | 自動車

アメ車。

いわゆるアメリカの車を指して「アメ車」と言います。
他の国の車は、こういった呼び方は存在しません。
他の国の車に無い呼び方が、何故アメリカ製の車だけにあるのでしょうか?



それは、アメリカの車だけの特徴があったからです。
つまり、そのデカさ。派手さ。



それは1960年代に最も顕著でした。
1950年代は、大きかった事は大きかったのですが、
まだその姿は丸っこく、ド派手な姿はしていませんでした。
それが1960年代くらいになると、
アメリカ車は、自らの姿を著しく変化させていったのです。



車体後部のテールフィンにそれが最も現れています。
無駄に跳ね上がったテールフィンこそは、
まさに「アメ車」の最たる物でした。

日本の普通車の基準が、全長4,7メートル。幅1,7メートル。
という法的制限の中でほぼ成り立っているのに反し、
全長は6メートル、幅は2メートルという、
日本感覚からすれば、途方もない大きさでした。

日本の普通車のエンジンが2000ccまでなのに対し、
アメ車は7000ccにも達するというエンジンを積んでいたのです。



日本の車、またアメリカ以外の車は、
馬力を大きくする為に色々な工夫をしたのに対し、
アメリカ車は(馬力が欲しければエンジンを大きくすればいい)
そういった単純極まりない方法論で車を造っていたのです。

それは当然ながら、ガソリンを大量に喰います。
しかし、アメリカはそんな事などまるで眼中にありません。
アメリカでは、ガソリンなど(水)みたいな物だったのですから。



その頃のアメ車は「10円玉がジャラジャラと落ちる音がする」とまで言われました。
つまり、アメ車が走るとガソリンを大量に消費し、
まるで10円玉をばら撒きながら走っているのと同じ様なものだったからです。

一昨年旅行で行った沖縄・宮古島では、
日産・キューブという車をレンタカーで借りましたが、
何と1リッターあたり30キロを走り、私をビックリさせましたが、
1960年代のアメ車の燃費は、1リッターあたり2キロ程度という、
ガス喰い虫、今の日本では考えられない車だったのです。

しかし、世の中は変わり、
今ではそういったガソリンを大量に消費するという事は、
排気ガス、ひいては大気汚染をまき散らす事と同義語ですから、
さすがのアメリカも世界に喧嘩を売る様な車を造る事はできなくなりました。

1970年、1980年と、アメ車は小型化されていきました。
アメリカ国内だけの正義で車が売れた時代は過ぎ去り、
そこに日本車の様な低価格、低燃費、故障知らずの車が輸入されてくると、
アメリカ人はこぞって日本車を買う様になり、
俺は(アメ車だ)などと呑気な事を言ってる訳にはいかなくなってしまいました。

現在のアメ車は、その頃に比べると(つまらない)スタイルになり、
もう(アメ車)なる言葉は死語になったと言っても過言ではないでしょう。


しかし、あのバカでかい、ド派手の極致だった頃のアメ車。
それに私は乗ってみたかった。
小型で、効率が良くて、壊れない、今の車に比べ、
まるで(無駄の極致)だった頃の、あの(アメ車)は、
何と魅力的に見える事か。

「俺は君達みたいに、燃費がどうのと四の五を言わず、
大きければ何でもいい、ド派手であれば何でもいい」
そんな時代遅れの車に、世間を睥睨しながら乗ってみたかったよ。










コメント