河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

天才ライダー・伊藤史朗

2019-01-23 10:52:21 | 自動車




1955年から1960年代にかけて、
「天才」と言われた伝説のライダーがいました。
彼の名は「伊東史朗・いとう・ふみお」
皆は彼をふみおとは呼ばず、シローと呼んでいました。
私もずっとシローだと思っていました。

伊藤史朗・・1939年10月生まれ。
兄・姉がいて、史朗は次男でした。
彼の父親・伊藤昇は音楽家であり、作曲家でありトロンボーン奏者でもありました。
「史朗」の名付け親は、父親が師と仰いでいた、
作曲家の山田耕筰でした。

史朗は13歳の時に母親を亡くし、
父親と姉とで史朗を育てたそうですが、
自由奔放に勝手気ままに生きる史朗にかなり手こずったみたいです。

史朗は父の血を受け継いだのでしょうか、
ピアノやウクレレの演奏もし、身長178センチと大柄な体躯で、
低音で歌も上手かったみたいで、後にレコードを出したりしました。







1955年、第一回浅間火山レースが開催されました。



このレースに若干16歳の伊藤史朗はライラック(丸正自動車)のSYZ(250CC)で出場し、
全くの無名ながら優勝したのです。



これはその後の、浅間を駆け抜けた伊藤史朗の雄姿です。
オートバイはライラックのシャフトドライブではなく、チェーン駆動ですね。

1956年・・ヤマハワークスチームに加入。
また、浜松でオートレースの選手としても活動しました。





1957年・・第2回浅間レースでリタイヤ。
1958年・・初の海外(アメリカ)でのレースで6位。
1959年・・第3回浅間火山レースで優勝。
1960年・・世界グランプリに出場。
1961年・・ヤマハのワークスドライバーとして世界グランプリを転戦。
1963年・・世界グランプリで、ベルギーで優勝。
1964年・・マレーシアグランプリで転倒。頭部に重傷を負う。

一度重い怪我をすると、それが為にドライバーは勇気が出なくなるのでしょうか?
それ以後、彼の成績は低迷します。

1965年・・拳銃の不法所持で逮捕されます。
また、薬物使用などで私生活に問題があったみたいで、
約束は守らず、嘘もつき・・・
自殺未遂事件を起こしますが、私的な女性に発見され一命を取り留めたとか。

1966年・・伊藤史朗はアメリカに不法入国します。
それ以後の伊藤は一度も日本に帰国する事なく、
生涯をアメリカで過ごしたと言われています。
フロリダで日本食レストランを経営したり、
ホテルチェーンの副社長をしていたとか・・・?

多くの人が彼を「天才」と呼び、
「彼より早く走れるライダーは居なかった」と、まさに伝説的なライダーでした。

1969年には、
大藪春彦が、伊藤史朗がモデルだと言われる小説「汚れた英雄」を書きます。



この小説は1985年に草刈正雄主演で映画化されました。
この小説や映画を観てレーサーになったライダーも、
数多く居るのだと思います。



また(消えた天才ライダー)として、
こういったドキュメンタリーの本も出版されました。

時代を駆け抜けた天才ライダー・伊藤史朗。
一世を風靡したと言ってもいい天才の短い人生でした。

伊藤史朗・1991年没・51歳でした。






コメント

カフェレーサー

2019-01-14 11:33:26 | 自動車
The official Royal Enfield Continental GT film - Ace Cafe to Madras Café


カフェレーサーという言葉があります。

1960年代にイギリスで生まれた言葉で、
ロックンロールに影響されたバイク好きの若者達が、
改造した自慢のバイクでカフェに集まり、
コインを一枚入れて、ジュークボックスの音楽が始まると、
一斉に飛び出して、曲が終わるまでにカフェに戻って来るという
遊びしていたのです。

その様な改造したバイクを、
カフェレーサーと言ったのです。



これこそ、私が一番惚れたバイクスタイル。
オートバイは、トライアンフ・BSA・ノートン・・
もう最高のスタイルでした。
私もトライアンフに乗っていましたが、
如何せん、お金も無い若い頃だったので、
改造も出来ず、ファッションにも金をかけられず、
貧しきトライアンフライダーをやっていました。



ただ、ゴーグル(メガネ)だけは、
高かったけど、こういったゼロ戦パイロット型のを買ったのですが、
東京の何処かの店まで買いに行って、
帰りの最寄り駅で、もう待ちきれずにケースを開けたら、
ホームにゴーグルを落っことしてしまったのです。
で・・ガラスにひびが入ってしまったのです。

もう、ホームに突っ伏して泣きたくなりました。
買い直すお金など有るはずもなく、
バイク趣味から足を洗うまで、ひび入りゴーグルをしてたんです(泣)





ヘルメットは絶対にクロムウェルでなければなりません。
ですが、これも買える金はなく、
仕方なく、安物のクロムウェルもどきのままでした(これも涙)









こういった、如何にもカフェレーサーといったバイクを見ると、
今でも胸がときめきます。
成金親父のデコレーション・ハーレー集団など見ると、
ヘドが出そう。
あぁいったスタイルは嫌ですね。
ハーレー・ダビットソンというバイクのメカニズムは、
まあ一応は好きだし、認めますけど、
あの成金趣味と徒党を組んでの、見せびらかし集団は、
とてもとても好きなどにはなれません。
イヤですね~、あ~ゆ~のって。

そう言えば、昔、横浜伊勢佐木町に、
カフェがあり、そこの名前がケンタウルスだったか?
あるいはその店によく来るバイク仲間の名前がケンタウルスだったか?
彼等がバイクを駈って走る映像を観た事があるのですが、
箱根新道を400CCのバイクで時速200キロ。
圧倒的な迫力に息を呑みました。

オートバイというのは前傾姿勢でというのが、私の好きなスタイル。
30年以上前に、何処かのサービスエリアで、
20代の若者が、完璧にカフェレーサーに改造したのを乗っていて、
あまりのカッコ良さに8ミリカメラ(当時はビデオじゃないよ)で、
写させてもらったのですが、
私の家に残っている8ミリフィルムに残っている筈なんですが、
如何せん、映写機が無いんですから、見たくても見られない。



いいね~。
カフェレーサーこそオートバイだ!
バイク乗りの神髄は、カフェレーサーにあり。
と言いたいけど、もう既に棺桶に片足オヤジの独り言だな(泣)




コメント

ホンダCB-72とヤマハYDS-1

2019-01-13 06:31:21 | 自動車
Honda CB72 Supersport


ホンダ・ドリームCB-72と、
ヤマハ・YDS-1は1960年発売の、
日本初のスーパースポーツタイプのオートバイでした。

この2台のオートバイが、日本のバイクのスポーツタイプの、
先鞭をつけた、エポックメーキングとなったのです。
お互いはライバルでした。
販売台数では、ホンダに軍配は上がりましたが、
ヤマハYDS-1の存在感は大きかった。

今も健在!YDS1の勇姿


この2台のバイクには、決定的な差があります。
ホンダが4サイクルエンジンなのに対し、
ヤマハは2サイクルエンジンなのです。

この頃のバイクは皆、2サイクルエンジンというのが常識であり、
そこに4サイクルという複雑な構造を持ち込んだ、
ホンダという会社の凄さを感じます。
私個人は、4サイクルエンジンの持つ、
エンジンブレーキの制動力を買っていたのでホンダファンでした。
2サイクルエンジンというのは、アクセルをカットしても、
エンジンブレーキが殆ど効かないのです。



ホンダ・ドリームCB-72



ヤマハ・YDS-1

どちらも、本当に美しい姿ですね。
今でも、ホンダはごく稀に見かける事があります。
しかし、ヤマハは全く見かける事はありません。
その辺は販売台数の差なんでしょうか?

この2台は、私がオートバイを大好きになった、
中学生の時のバイクなので、本当に思い出・印象が深いのです。



家の前に、木型屋さん(木型を彫って、そこに溶けた鉄を流し込んで鋳物を作る)
があり、そこの若い職人さんがバイク好きだったのです。
彼が、ある日ホンダ・ドリームCB-72で通勤して来たのです。
そして、昼休みになると、
煙草を吹かしながら、買ったばかりの愛車を惚れ惚れとして眺めていたのです。
そして、仕事を終えて帰る時のバイクにまたがる姿が無茶苦茶カッコ良かった。

その彼とは、それから40年くらい経った日、
運転免許の書き換えに行った時に、試験場で見かけたのです。
「あッ、あの人だ」とすぐに分かりました。
彼は当時中学生だった私を認識できたかどうか?
でも、私は声をかけるという事が出来なかった。
よって、その彼とは永遠に、もう会う事は無いのです。
これは本当に後悔しています。

でも、ヤマハのYDS-1。
金茶色と言われ、ウォーンという独特の排気音を轟かせ、
走り去って行く姿は、強烈に思い出せるのです。

CB-72とYDS-1。
一世を風靡した忘れられないオートバイでした。





コメント

雪道を走るのが好き

2018-12-29 05:49:00 | 自動車


実は、私は車で雪道を走るのが好きなんです。
滑って尻を振り振り走る緊迫感が好きなんです。

雪道の常識として「登り優先」というのがありますが、
あれは本当で言うと「下り優先」ですね。

確かに、登り坂でストップしてしまうと、それ以上は進めない。
というのはありますが、
むしろ、下り坂でスリップが始まると、もうコントロール出来ない、
「対向車よ~、そこで待っててくれ~ッ」という方が優先ですね。

本当に下りで滑り出すと実に恐い。
これが登りだったら、登れなくなったら、一旦戻ってやり直せばいいのですから。



東京のドライバーの雪道での下手さは知っての通りですが、
雪道は、走って体で覚えるしか上達方法はありません。
とに角(急)の付く行為は絶対にやってはなりません。

急ブレーキ。急ハンドル。急加速。
何をするんでも、ゆっくり落ち着いてやる事です。

いつだったか、近所の急坂でチェーンを巻いた乗用車が、
急坂に恐れをなして、アクセルを目一杯吹かしているが為に、
逆にタイヤが空回りしている、なんて馬鹿々々しい光景を見て、
思わず笑ってしまった事がありました。
ゆっくりやればちゃんと登れるのにね~(笑)

広い誰も走っていない道路で、
時速50キロくらいで、思いっきり急ブレーキを踏んだ事があります。
勿論、どのくらい滑るかを実験したのです。

イヤー、面白かったですね~。
360度、一回転しました。
そういった場所がもしあったら、貴方も一度体感した方がいいですよ。
「なるほど、このくらい滑るんだな~」と体で理解できますから。

現在と違って、古い信州峠の雪道をノーマルタイヤで行った事があります。
走っている車など誰も居ません。
もうこれ以上は進めないという所まで登って行きました。
登れない以上、引き返すしかありません。
しかし、道幅は狭く、そこで方向変換するしかありません。

さて、一体どっち(前か後か)を道の脇に寄せるか?
私は悩みました。
そこで失敗すれば、車は恐らく雪溶けになるまで放置になるでしょう。
私は後輪駆動車である、(コロナ1700SL)の後輪を道路脇にする方を選びました。

道路の真ん中は盛り上がっています。
だから下がっている方の道路脇を駆動輪にして、
過重が後輪にかかる方を選んだのです。

その状態で少しづつ少しづつ車体を揺さぶり、
何とか方向転換できた時は、本当にバンザイーっと叫びたくなりました。

失敗したのは、2015年の1月。
初めて行った、信州・戸隠のロッジ・アコールデでした。
前々から行きたかったアコールデ。
急に思い立って行ったのです。

スノータイヤなど持っていないので、
レンタルタイヤを履いて行きました。
その帰り、蕎麦が食べたくなり行った店がお休み。
仕方なく元の道路に戻ろうと真っ白で何処が道路か分からない道を走っていたら、
右側から急に現れた車。
仰天してブレーキをかけたけど間に合わずに、ドッカーン。
凹んでみっともない恰好の車で帰京しました。



とに角、雪道というのは、運転が上手くなるかどうかの別れ道。
一生、下手でいいというなら、雪になったら死んだふり。
何が何でも上手くなりたいというなら、
自分の車が凹んだっていいからと、突撃あるのみ。

車の運転は「上手くなりたい」の一心がなければ、絶対に上手くはなりませんよ。





コメント

お客さ~ん、59リッターですよ~!

2018-10-17 13:05:37 | 自動車




これは私の若い頃の愛車だった、
4代目のニッサン・スカイラインです。
私はこのスタイルが好きで好きで・・・

写真では若干のシャコタン(背を低くする)に改造していますが、
私はそういった改造はしませんでした。

しかし、30万円かけてやった事があります。
色をワインレッドに塗り替えたのです。
いわゆるオールペン(全塗装)



私が塗装屋さんに指定した色は・・・
イギリス車のジャガーのワインレッド。

写真のジャガーはその当時より新しい型ですが、
私の時のジャガーの色は、もっと素晴らしかった。と思う。

とに角、指定を受けた塗装屋さんが最初にやった事は、
あちこちの中古屋さんに行って、
ワインレッド色のジャガーを探し出す事でした。

中古車というのは年月が経っているので、
当然、色あせし本来の色とは違ってくるものです。
そんな中で、塗装屋さんはどうするかというと、
後のドアを開けた時の、タイヤハウスの丸い出っ張り部分。
そこが最も色あせしていない部分なのです。

その部分から見本を取って、色合わせをするのです。
そして完成したスカイラインの美しい事ったらありませんでした。
本物のジャガーより、いい色になっていました。
それはそうです、私達が見ているのは、
少しづつ色あせしたワインレッドなのに比べ、
全くの新車といっていい色がそこにあるのですから。
その素晴らしさにはため息と共に、うっとりしました。

私はワインレッドのスカイラインを駈って、
休日前夜ともなると出撃し、
主に信州一帯を昼夜を挙げて走り回ったものでした。

さて、ある時ガソリン残量が残り少なくなりました。
私は悪い癖で給油回数をあまり取りたがらないのです。
スカイラインのガソリンタンクは60リットル。
ガソリン残量の警告灯が点き始めましたが、
私は、そこから何キロ走るとガス欠するかを大体把握していました。

面倒なので私はギリギリまで粘りました。
そして、次のスタンドで入れないとアウトという所まで粘り、
とあるガソリンスタンドに入りました。
そこは軽井沢でした。

給油をするスタンド店員。
しかし、彼の顔つきが段々、不安顔になってきました。
「エッ、おかっしいな~?」

やっと長い給油が終わって、
レシートを持ってくる彼の声が、若干震えています。
「お客さ~ん、59リッターですよ~!」
そうなんです、スカイラインのガソリンタンクは60リッターなんです。
残り1リッター。
そりゃ、おっかしいな~?ですよね。

この話を妻にしたら、
あるテレビ番組のドッキリで、
軽四輪を改造して、最も大型のガソリンタンクを積んで、
スタンドに行ったそうです。
多分70リッターとかなんでしょうね。
軽四輪のタンクは普通40リッターとかだと思いますが。

鼻歌交じりで給油する店員。
その内、彼は車の下を覗き込んだりします。
だって、いくら入れたって満タンにならないんですから。
いくらなんでも不安になりますよね。

でも、こういったドッキリって面白いですね。

私の場合も、そんなドッキリを思わせましたね。
店員も「これってドッキリじゃ?」と、
思ってくれたかな~?

でも、後になって思い出すと面白かったな~。
「お客さ~ん、59リッターですよ~」






コメント