河童の歌声

歌声喫茶&キャンプ&ハイキング&写真&艦船

親戚って何だろう・・

2018-08-03 07:35:24 | 日記
私の親戚というのは、全部が母方です。
父方の親戚というのは、完全に縁が途絶えています。

私の父親は、私が2歳半の時に亡くなりました。
その時、姉は4歳半でしたが、
姉は父親の姿を覚えているそうですが、
2歳半だった私に父の姿は、まるで記憶にありません。
我が子の記憶にも残らなかった親というのは、きっと悲しかったと思います。

何故、その父方の親戚と縁が切れたかというと、
戦後の、日本人みんなが食べる事すら大変だった時に、
私の母は夫に先立たれ、
女手ひとつで2人の子供を育てなければなりませんでした。
藁にもすがりたいそんな時期に、
父方の親戚は何の援助もしてくれなかったそうです。

それが母には耐えがたい、許せない事だったみたいです。
故に母は父方の親戚と縁を切る様になったみたいです。

父には弟が居ました。
千葉に住んで居る、その弟からは毎年年賀状が来ていました。
私の父は軍人でしたが、写真で見ると威張りくさった、
私と同じ顔をした父でした。
その父よりイケメンの弟の写真は今でも覚えていますが、
勿論、もうとっくに亡くなっています。

年賀状が来なくなったのは何時だったかは分かりませんが、
とに角、それっきり完全に縁は切れたのでした。

私は、最初から父方の親戚というのは、
古い写真と年賀状だけの世界でしたので、
縁が切れたと言っても、それほどの気持ちもありませんでした。


さて、私の親戚である母方の親戚ですが・・・

母は7人姉弟でした。
母は上から2番目でした。
女6人、男1人という構成です。

女6人の内、一人は30歳の時に結核で亡くなりました。
昭和20年代のまだ戦争の後遺症が色濃く残っている大変な時代で、
物もあまり無かったのでしょうね。

その(私から見ればおばさん)はまだ30歳。
「まだ死にたくない」と言って子供を一人残して死んでいきました。
最後に何か食べたい者はある?と訊いたら、
「アイスクリームが食べたい」と言ったので、
大急ぎでアイスクリームを買いに走ったそうです。
その話を母から聞いた時は可愛そうで泣きました。
30歳・・どれほど死にたくなかった事でしょう。

残った6人は全員が長命でした。
一番上の伯母さんは95歳だったか・・
母は96歳でした。
次の叔母さんは現在、多分90歳くらい。
その弟は2年くらい前に80代後半で亡くなりました。
一番下の妹たちは健在で、80代です。

十数年前だったか、
一年に一度、皆で集まろうよという話になりました。
姉妹会と言ってました。
一番上の姉。母。弟。妹3人の6人。
そして、姉の子供2人。母の子供2人(私と姉)。妹の子供1人。
全員が集まっても11人ですが、
全員が集まるという事はありませんでした。

それでも、数年間はこういった事をやっていました。
その内、一人、二人と物故者が当然、出てきます。

叔父さん、叔母さんの子供では、
まるで幼い頃に一度程度は会った事があるけど、
成人してからは一度も会った事は無い。
それより、その存在は写真とかで見ていても、
一度として会った事が無い、という子供達が何人もいます。

そうなると、もう親戚とか言っても、
その関係が復活するという事は、あり得ないというのが悲しい現実です。
姉妹会の復活はもうありません。
後は個人的に数人で会うくらいですね。

私は以前の妻との間に女の子が一人居ます。
悲しい事ですが、連絡もままならず、これは一生の悩みです。
現在の妻には勿論、孫も居ての親戚関係があります。
妻のそういった事に私は深入りしませんが、
親戚って一体何なんだろう?
そういった気持ちが、この年齢になるとつくづく思うのです。






コメント

豪邸に住む

2018-07-10 07:27:31 | 日記
いわゆる「豪邸」というと、
私達、日本人はどんな邸を思い浮かべるでしょう?



多分、この程度の家を見たら「豪邸」と感じると思います。

しかし、世界レベルから言うと、
この程度は「豪邸」の範疇には入りません。
この程度は世界レベルでは、普通の家なんですね。
世界レベルは、とに角スケールがまるで違うのです。
日本の家とは桁が違い過ぎるのです。

ひと桁なんてものではなく、二桁も三桁も違うのです。
東京ドーム何個分なんていうのは、まだ可愛いもので、
東京都とほぼ同じ敷地面積なんて、天文学的スケールなんですね。

ある建築家が話していました。
彼はフィリピンの大富豪からの依頼で設計をしました。
大富豪の奥様が日本人という事で依頼されたそうです。
しかし、あまりの規模に彼は、
「自分が何をしているのか途中で分からなくなった」そうです。

日本人感覚の4畳半、6畳的視野で思考していると、
そのあまりの違いに迷宮に迷い込んでしまうみたいです。
居間の広さが何十畳ではなく、
何十メートル四方というのは、頭がおかしくなってしまうみたいです。

週刊誌などで日本のビックスターの豪邸など写真で見ると、
それはそれで(凄い)とは思いますが、
ハリウッドスターの豪邸と比べると、
桁が違い過ぎて驚かされます。



これはハリウッドスターのジョン・トラボルタの家です。
彼ってそんなに有名だっけ?
もっと有名で金持ちそうな俳優はいくらでも居そうなのにね。
とに角、飛行機の操縦が趣味という彼は、
ジャンボジェット機を自家用機として持っていて、
邸内にその為の滑走路まであるというのですから、
日本の豪邸とはスケールがまるで違うのですね





世界レベルの豪邸というと、
やはりこの程度でないと、豪邸とは呼べないと思います。

ある週刊誌に豪邸を建てた日本人女性の話が載っていました。

彼女は仕事一筋で40代にして大金持ちになりました。
そして、子供の頃からの夢であった(豪邸)を建てようと思いました。
設計士と色々話し合いをして大まかなプランを練りました。
(シャンデリアはこんなのを飾りたい、居間の広さは・・)
そういった話は何時までも尽きませんでした。

さて、やっと念願の豪邸が完成し、
彼女は子供の頃からの夢の(豪邸)に住み始めました。

その結果は惨めでした。

たった3日で、嫌気がさしたのです。

例えば風呂に入って(それはきっと気持ち良かったと思います)
しかし、入った後の掃除は・・広過ぎてウンザリするのです。
どこの部屋に行っても同じ思いばかり・・・



つまり(豪邸)を維持管理する為には何人もの使用人が居なければならないのです。
使用人というのは(赤の他人)
自分の家に居ながら、年がら年中、赤の他人と暮らすのです。
居間でくつろいで居てもゆっくりなど出来ないのです。
使用人を管理しなければならないのですから、のんびりなどしていられないのです。

彼女はいみじくも言っていました。
大根一本が幾ら・・白菜が幾らなんて感覚の貧乏人が、
俄か成金になったからって舞い上がり、
我を忘れて、いい気になって豪邸なんか建てるなんて身の程知らず。

設計士と一緒に何日も夢を語らっていた時が一番楽しかったそうです。
と言って、嫌気のさした豪邸など売ろうにも買い手など居る筈はありません。
豪邸というのは家主の個人的趣味の塊りですし、
とに角高価なんですから、そんな物は誰も買わないのですね。

「風と共に去りぬ」の小説・映画に出てくる(タラの邸)
そこには黒人奴隷やらの使用人が何人も居ました。
そういった環境で生まれ慣れ親しんできた、
昔からのお金持ちでないと、容易に豪邸住まいは無理なんですね。

大根が幾ら、4畳半が・・
なんて感覚の日本人には所詮、無理。

そして、そういった豪邸に友人を招こう・・
自分の自慢の豪邸を見て欲しいですよね。
でも、一度招いたが最後・・・
以後、その人は二度と貴方の豪邸には訪れません。

つまり、豪邸に住む人というのは、
自分と同レベルの金持ちだけが友人となるのであり、
他の大多数の友人は皆、貴方から去って行ってしまうのです。

世間一般的なお金持ちというのは、
押しなべて(友達)は誰もいません。
みんな金持ちというのは孤独なんですね。

豪邸というのは、きっと住んでいて気持ちいいとは思いますが、
失うものの方が大きいのかも知れませんよ。







コメント (4)

府中って何処?

2018-06-29 14:12:34 | 日記
先日、栃木のおもちゃのまちの歌声に行った時、ある女性から訊かれました。
「府中って何処ですか?」

栃木の人から見れば、府中と言われたってまるでピンと来ないのです。
そりゃそうでしょ。
私だって横浜に住んで居た時には、府中なんてまるで知らなかったんですから。





JRの中央線だったら、何となく分かるのですが、
京王線などという馴染の無い沿線など、知る筈もありません。
そういった意味ではJRでない私鉄は損ですね。

私も群馬や栃木などの街を言われても、
名前だけは知っていても位置関係などは全然分かりません。

母親が亡くなり、歌声喫茶通いに便利な様にと、
多摩方面を色々検索したのですが、
最初は本当に知らな過ぎて、距離感も掴めずでした。

これが「横浜」と言うと、
それだけで全国的な知名度は抜群ですから、
皆さんはそれだけで納得してくれたのに。
(横浜港)(外人墓地)(中華街)などなど、知らない人は無い街なんですからね。
尤も、私の住んでいた所は、そういった有名地からは、
かなり離れた郊外でしたが、
それでも横浜は横浜ですから、それだけで済む話でした。

しかし、改めて知らない人に説明しようとしても、
府中市というのは何も有名なモノが有りません。

東京競馬場が在ると言ったって、
私の様にギャンブルとは無縁の人には全然分かりません。
〇〇神社とか〇〇公園、〇〇博物館などは、
何処に行ってもその程度のものは有りますから、説明にもなりません。

私が府中で一番知名度があると思うのは(三億円事件)です。







1968年に起こった、この事件は、
当時の日本中を震撼させ、現在に至るも語り草になる大事件でした。
そりゃそうでしょ、現在の価値に換算すると20億円だそうですから。

写真に写る事件発生現場横の高い壁は、府中刑務所の壁です。
私はその場を今まで何度となく通りましたが、
府中街道から横に入った小道を見ると、三億円事件を思い出します。

とっくに時効になり、事件は迷宮入りになりましたが、
でも、今の若い人には、あまり知名度は無いのかも知れませんね。

そういった意味から言うと、
こんな何も無い街を選んで住んだ事は、チョッと淋しい気がします。
住めば都と言いますから、そのうち慣れてくるのでしょう。
もう4年経ちましたが、
段々と土地勘も出来つつあり、風景も馴染つつあり、
でも、なかなか郷土愛とまではいきませんね。

慣れというのは、時間のかかるものです。







コメント

愛する事、愛される事を知らない女性

2018-06-24 09:58:53 | 日記
その女性は間もなく80歳になろうとしています。

彼女は23歳の時、お見合いをして、そのまま結婚しました。
大学を卒業して1年くらいの時で、
周囲の人達・・家族や親戚らが、もうお膳立てをしていたそうです。
何か訳が分らないままの結婚でした。

そこに至るまでには、勿論、初恋はあっても、
それは「好き」であり「人を愛する」ではなかったのです。

結婚相手の夫は、最初はインターン生で、
その頃のインターン制度では給金は、まるで無かったそうです。
お金はお互いの両親が面倒を看たそうです。

しかし、夫はなるべくして医者になり、
いい稼ぎをしてくれる様になりました。
ですが、まるでケチで妻にはお金を殆どくれないのです。

その夫の両親、親戚もケチで、
世の中は全て金であるという家系でした。

彼女達は結局子供に恵まれませんでしたが、
それでも離婚には至りませんでした。
親戚達には子供が居ましたが、
金持ち家系という事なのか、遂に正業に就く事をせず、
もう60歳を越える現在になっても、
まともな年金が貰えるでもなく、いい加減な生活なのです。
このいい加減ながら、お金は有るという家系は何なんでしょう?

夫からは、彼女の人格など見向きもされず、
親戚達は「貴女は夫からお金を沢山貰えていいよね」
そんな風にしか受け止めて貰えないみたいです。

彼女は夫に「温泉に行って来る」と言って、家を出ると、
行く先は精神科医だったのです。
何十年に渡り、誰からも相手にされず無視される。
その現実は耐えがたいものだったのですね。

彼女が唯一、胸の内を吐き出す事が出来たのは、
昔の古い友人達とのお話会だけなんです。

彼女は間もなく80歳。
これから先、夫から、あるいは他の男性から、
愛されるというのは、まずあり得ないでしょう。
そして、彼女が男性を愛するという事もあり得ないと思われます。

人として生まれてきて、
男性を愛した事が無く、愛される事を知らずに一生を終える。

そんな人生ってありますか?
あまりにも悲しい、胸が痛みます。



コメント

シルク・ドゥ・ソレイユを見てきました

2018-06-22 08:23:15 | 日記
ダイハツ キュリオス プロモーション映像(東京公演)


シルクドソレイユ(シルク)を見たのは、
9年前の3回ですから、これで4回目という事です。

9年前は渋谷のNHK横の公園でした。
そこに特設のテントを張って行われましたが、
今回の場所は、台場です。



こういった公演は常設会場というのは、きっと難しいのでしょうね。
やはり特設のテントを張っての公演です。
水曜日の雨の平日でしたが、当日券の販売がされていて、
何だかやっとこさ手に入れたチケットだと思っていたのに、
私達にはやや拍子抜けしました。
でも、会場は満席でしたが。



開演前に通路側に座っていた私の方を皆が見て歓声をあげていました。
私が「何だ~?」と思って横を見ると、
サッカーの本田圭祐がそこに居たのです。
でも、これは本田選手のソックリさんだという事でした。
それにしてもビックリしました。

【4K】シルク・ドゥ・ソレイユ - キュリオス カーテンコール【高画質】


シルクドソレイユというのは1984年にカナダで創設されたそうです。



創設者は、ギー・ラリベルテという人です。
1959年生まれの58歳。
元々は大道芸人だったという人です。

シルクドソレイユと言うと、
それを知らない人からは「それってな~に?」と訊かれます。
そうですね~、
サーカスというパフォーマンスをよりにかけて、
超異次元化し、その楽しさを加速させた圧倒的な不思議空間とでも言いましょうか。

ま、見ないとその楽しさ、凄さは分からないでしょうね。
己の身体能力に自信を持つ人達には、
自分もやってみたいと思わせるものが、きっとあると思います。
でも、それが叶えられる人というのは、ごく一部です。
というのは、オリンピック選手であっても審査に受からず、
断念せざるを得ない人は珍しくないからです。

単に身体能力、運動神経が良くても、
「見せる」という要素が無い人はダメなんですね。
過去に3人の死者を出しているそうです。
観客から見れば(凄い、楽しい)だけの世界であっても、
それを演じる人達には、命がけなんですね。

会場内は勿論、撮影禁止ですが、
終わり間近の10分間程度は、スマホのみの撮影が許されます。
(スマホだとストロボが光らないから?)
でも、どこからが撮影解禁時間かが分からない。
ですので、私もほんのチョッとだけの写真しかありません。





9年前の渋谷公演では、
ステージがもっと広かった様に思います。
ステージの面積はパフォーマンス自体の迫力に直接反映しますので、
出来る事なら、この2倍あっても良かったと感じました。

3時から4時までの公演、途中30分間の休憩。
4時半から5時半までの公演でした。

シルクドソレイユを毎年、必ず見に行くというファンも居るそうです。
私はそこまでではありませんが、
やっぱり、あの異次元の楽しさは他では味わえませんから、
また、見に行きたいですね。

私も見に行きたいという方にアドバイスですが、
なるべく料金の高い席の方がいいですよ。
また、一度だけじゃなく、2度見るという方は、
一度目とはまるで違う席で見る事をお勧めします。
違った角度、距離から見ると、印象もまるで違う筈です。



コメント (4)