奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家・テラスとLDKから風景を眺める心地の贅沢、LDKと洗面脱衣、家事空間デザイン設計の意味。。

2019年11月27日 | (仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のある

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※設計デザイン事例(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家

 

どんな時間を過ごしますか?

住まいの設計色々と、

暮らしやすさの意味を

デザインとして

空間に落とし込むように・・・・・。

※設計デザイン事例(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家

 

実例からも大事な暮らしの質感を。

 

既製品を使ったとしても、

暮らしの水まわり周辺は

バックヤード的なエリアですけど

過ごし方に「大半の時間」を

費やす場所ですよね。

※設計デザイン事例(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家


家事をどんな時間として考えますか?

どんなイメージを持っていますか?

 

やっぱり「使う時間」の事を

考えておくべきで「見える部分」が

良い意味で「好き」な空間だったり

過ごし方の一部として

馴染む事、変わる事で

家事時間の過ごし方も

変化しますよね・・・・・。

※設計デザイン事例(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家

 

過ごす時間の意味は

暮らしの中で大事な「蓄積」と

なるので「日々」の使い勝手と同時に

ストレスから解放されることが大切。

※設計デザイン事例(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のあるシンプル和モダンの家

 

居心地よい場所で過ごすには

どうすればよいのか?

を家事の面、憩いの面から

ストレートに考えることで

解決策も見えやすくなると思いますよ。

 

間取りはあくまでも「壁」と「開口」の情報。

そこに素材感や仕上げ方、

ディテールの情報や色、空気感、

そして全体の視界に入る情報の差で

心理的に受ける「意味」も異なりますからね。

 

知っている事の差は大きく変わる部分。

 

家事が楽しく思える事、

家事がしやすいと感じる事、

勿論それだけでは無くて

生活環境として

大事に取り込む事・・・・・。

 

個々に異なる「収納のしやすさ」という

取り扱いのイメージも

そういう部分には付加価値ですからね。

 

例えば文字情報で

収納を分割するのか、

大きさで収納を分割するのか

又は・・・使う時間帯、

使う人によって

収納のエリアを分割するのか?

という違いも「生活環境」の

整え方の視野ですからね。

 

勿論「キッチン周辺」からの

つながり方も大切。

使い勝手と過ごす時間の両立は

家事時間の過ごし方として

イメージしておきたいですよね。

 

本当の意味での

設計とデザインの価値で

暮らしの意識と居心地、

暮らしの時間を丁寧に感じてみませんか?

 

住む場所、暮らす時間で変化する

気持ちよさの違いを実感するように。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 間取りと暮らしの環境で毎日... | トップ | 住いの設計と間取りと暮らし... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のある」カテゴリの最新記事