575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

今日は大晦日。       遅足

2014-12-31 09:32:30 | Weblog
新聞を見ると、一面に「高齢者資産若年へ・税制改革」と。
テレビ欄を見れば紅白の宣伝と再放送ばかり・・・
あまり年寄りには楽しくない大晦日か?

泣いても笑っても今年は終わり、とは母の口癖でした。
貸金を回収しようと、掛取りが走り回った大晦日。
そんな生活スタイルが生きていた頃の言葉だったのでしょうか。
晩年には言わなくなりました。

私にとっては、失業していた次男が再就職の出来たよい年でした。
アベノミクスのお蔭かも知れません。ちょっと複雑。
リストラの続く会社に勤めている長男。
なんとか年を越えられそうです。

家族が健康でいられる事の「平凡」な幸せ。
父が平凡が一番と言っていた気持ちに近づいてきたのかも。
(書いていて、齢を感じます)
病気持ちながらも、普通の生活が送れる幸せに感謝。
みなさんも健康第一で。よいお年を。

  平凡が一番と父除夜の鐘

          

応答の一日一句

  松千両木瓜(ぼけ)活けて大晦日   孝

  大年やレジの女性の付け睫(まつげ) 亜子



コメント (1)

オシドリに会いに   鳥野

2014-12-30 11:32:43 | Weblog
オシドリの美しさが、話題になる季節です。
奥三河、寒狭川沿い(設楽町田峯)のオシ
ドリの里の風景を思い出しました。
野鳥観察の愛好家やカメラマンが押しかける
ものの、施設は素朴な手造り。ブルーシート
の所どころに川に向かって穴が開けられてい
ます。
「ワタシは餌付けはしていない、給餌をする
だけ」と主の伊藤さん。
フラッシュも大声も禁止。「必ず来てくれる
と約束は出来ません」と素気ない。
鳥たちの気持ちのままです。

幸いなことに、その日は飛来の群れ遭遇。
絵の具箱から気儘に選び出したかのような
彩り。なんという美しさ。取り分けオスの
銀杏型の羽根は黄に輝いています。
オスに比べて全く地味なメス。控え目です。

 ここへ来て、思わぬ報道が。
 岐阜県可児市で、死んだ野鳥から、イン
 フルエンザウイルスの遺伝子が検出され
 たというのです。環境省や農林水産省が
 厳重な監視をはじめました。
 感染が広がりませんように、と祈るばか
 りです。

  ・ パレットの色を拾ってオシ化粧う

鳥野

                    
               
 
 
 




コメント (1)

爪を切る音のさびしき霜夜かな   亜子

2014-12-29 09:54:52 | Weblog
独り居の今夜は爪を切らないで 、と鳥野さん。

夜、爪を切ると親の死に目にあえないとは、母の口癖。
夜遊びを諌めるコトワザだと教えられました。
違うかな?ググってみました。

昔は電灯もなく夜は暗い。
そのため深爪を切ってバイキンが入るから、とありました。
定説はないようです。

亜子さんも、以前は夜に爪は切らなかったそうです。
今では夜でも爪を切っているとのこと。
霜のおりるような寒い夜に爪を切る。
その音は寂しいですね。

霜の夜の句。

  棒の如き身を抱きしむる霜の夜   郡山とし子

  霜の夜の母が肩までさはりに来る  金田咲子

爪を切るでは、こんな句も。

  爪伸びる寂しさ雪が降り出せり   高野ムツオ

             

応答の一日一句

  ゴミ置場わずかに青し冬の草    孝

  バス停の椅子やや固く冬の草    亜子

                    (遅足)

  



コメント

柚子ジャムをつくる手伝い年迫る    遅足

2014-12-28 09:46:02 | Weblog
今年は蜜柑も柚子も沢山実をつけてくれました。
半分ほどとってジャムを作りました。
皮をみじん切りに、実は種をとって細かく刻みます。
2回ほど茹でこぼして砂糖を加えて煮込みます。

ちょっと甘さを抑えすぎました。
これからは朝のパンにぬって楽しみます。
果汁は柚子湯に。種だけは捨てました。
木にはまだ半分残っています。

  一対一柚子の香りの濃くなりぬ  

         

応答の一日一句

  秋ものの衣服仕舞ひて年惜しむ   孝

  ライターの炎一閃年惜しむ     亜子

コメント (1)

小走りに朝刊の来る霜の音   立雄

2014-12-27 09:51:35 | Weblog
朝刊配達を待つ気持ちでしょうか?
実際の音はともかく、寒さといたわりを感じます、と結宇さん。
寒さの体感でなく、音を聞くところがうまいと思います、と麗子さん。

私の町内ではバイクで新聞を配っています。
狗子さんは2つの新聞をとっていらっしゃるとのこと。
2回、バイクの音で目が覚めてと・・・

今も歩いて新聞を配っているのでしょうか?
あるいは昔のことを思いだされた句でしょうか?
寒い日が続きます。雪の朝も朝刊はちゃんと郵便箱受けに。
本当にご苦労様です。

              

応答の一日一句

   障子貼る和紙の手触り快し    孝

   障子貼る夫の手付きの堂に入る  亜子

大掃除、我が家は換気扇の掃除。
漬け置きにすると油のとれる液に1時間ひたして・・・
今年もあとわずかです。        
                   遅足



コメント (1)

悪僧の御所へ急ぐや霜の坂   結宇

2014-12-26 09:38:52 | Weblog
先ごろ、石山寺に参りました。
コンクリートの唐橋を渡ると、石山寺は小高い丘の上に。
大きな石、岩の一連の上に本堂ですね。
そこから、瀬田がすぐ眼下に見えました。
目下、中世あたりに興味ひかれて、「太平記」を読んでます。
このあたりを、尊氏も義貞も延暦寺の僧兵どもも通ったなあ・・・
と作者。

俳諧の領域、どうか転びませんように、と鳥野さん。
絵巻のような句ですね。こんな句を思いだしました。

  鳥羽殿へ五六騎急ぐ野分かな   蕪村

             

応答の一日一句

  添え書きの一行ばかり賀状書く   孝

  会ふときは別るる時や賀状書く   亜子

私もあわてて年賀状を書きました。  (遅足)  

 

コメント (1)

メリークリスマス     麗

2014-12-25 14:33:08 | Weblog
昨日、郁子さんが我が家に来て下さり、二人で今年を振り返りました。
さて、毎日楽しみに拝見している応答の一日一句。
孝さんと亜子さんの絶妙な掛け合いのような応答句。その原本の「一日一句、応答句の一年」を持って来て下さったのです。

2002年の2月から始まったお二人の応答句。お二人を存じ上げている私には思わずにやりとするところも多々あり、ほほえましくもその高度なお二人のやりとりに脱帽です。
ぜひ、これからも続けて頂きたいですよね。

今日は僭越ながら、私が掲載させて頂きます。

応答の一日一句。

    忘年会昭和ひと桁ばかりなり    孝


    忘年会正座崩さぬ男ゐて      亜子


私も勝手にお邪魔虫。


    忘年会声の大きい人だらけ    麗

今年は参加できませんでした。来年は行くぞ! 
では皆様楽しいクリスマスをお過ごしください。
コメント (1)

踏むごとに靴底厚く霜柱    郁子

2014-12-24 09:14:23 | Weblog

こどもの頃、霜柱を見つけて踏むのが好きでした。
そのために早起きしたくらい。
最近は、舗装で霜柱を見かけなくなりましたが、
あったとしても、靴も汚れるし、
踏みたい子も少なくなったでしょうね。
足にくっつく感触を思い出しました、と作者。

  霜柱踏みてつぶるる音をきく   山中弘通

霜柱を下駄で踏んだ時のことを思いだしました。
だんだんと高く重って・・・転んでしまったことも。
最近では、長靴の底に雪がくっついて・・・

            

応答の一日一句

  クリスマスサンタの来ない国もあり   孝

  隣家の子サンタ来しこと告げにけり   亜子

今日はクリスマスイブ。我が家はシチューで祝います。

                     遅足

コメント

柚子を浮かべて    鳥野

2014-12-23 13:33:06 | Weblog
「一陽来復」とは、なんという明るい言葉。
手元の歳時記には、冬至の傍題として出て
います。
冬の日は短く、雪の日も厳しい風に耐えた
日もようやく過ぎて、いよいよ太陽の復活
です。

極北の地は勿論のこと、世界各地に民俗行
事があって、クリスマスもその祝祭の一つ
とさえ言われてています。

柚子湯もささやかな祝い事の一つでしょう
か。香り高い金色の実を浮かべて、ゆっく
り入浴。耐える事の多かった冬の日とも間
もなく決別。春はもうすぐです。

吾が浴室はコンパクトで手狭、趣きのない
のは難。それでも、柚子は高く香っていま
す。
  
・バスルーム丸ごと香る冬至の夜 鳥野  

               
コメント (1)

器量よき冬至南瓜を真っ二つ    遅足

2014-12-22 09:03:48 | Weblog
冬至の日本列島は雪。太平洋岸の名古屋は晴れています。
今年は思いのほかに南瓜がよくとれました。
先日も、冬枯れた畑に南瓜を一つみつけました。
結構おいしかったです。

南瓜には、体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり。
冬至のころになると、食べられる野菜も少なくなった昔。
栄養もあって保存もきく南瓜は大切な食べ物。
風邪の予防にもなるとか。
我が家では、お昼に南瓜ほうとうをいただきます。


        

応答の一日一句

    短日や急な階段駆け下りぬ   孝

    短日や各回止まるエレベーター 亜子



  
コメント (1)