575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

ポケモンに引寄せられる夏の虫  郁子

2016-08-31 09:21:56 | Weblog
麗子さんもポケモンで一句。

ピカチュウにおびき寄せられ夏の虫

いずれもポケモンを追いかける人間を夏の虫、
と捉えている点で一致しています。

先日、名城公園を散歩しようと駐車スペースを・・・
なかなか見つからない。やっと一か所を確保。
ジョギングコースを歩きはじめたら、何時もより人が多い。
それもスマホを手にした若者、親子など。
みなポケモンを探しているようです。

「ポケモンは、あなたの住む世界のあらゆる場所で、
目にすることができます。
ポケモンを見つけたら、
モンスターボールを投げて捕まえよう!」

ポケモンPRのキャッチ・フレーズです。
ゲームに夢中で、家のなかに閉じこもった子どもたち。
外に出て遊んでほしいという思いから開発されたとか。
大人まで夏の虫になって外で遊んでいるようです。

              

今日で8月も終わります。夏休みもおしまい。
宿題が山と残ってるという悪夢。見なくなって久しいです。
北海道では洪水の被害が・・・心よりお見舞い申し上げます。

                   遅足




コメント

雲つかみ風をいなしてあめんぼう   晴代

2016-08-30 09:16:30 | Weblog
水の上を自由自在に行き来するあめんぼう。
まるで水面に映った雲をつかんでいるようです。
急に吹く強い風もかるくいなしています。
「雲」「風」「あめ(雨)」が詠みこまれています。

写生をベースに、しかも写生を越えた面白い句です。
作者のあこがれの生きかたでしょうか。

  行く雲のひとひらに乗り水馬  深沢暁子

          

名古屋は太陽が顔をだしてきました。
台風10号が予想より東へ進路をかえたようです。
今年の台風は、なぜか、北を目指す癖があります。
例年なら北海道は観光客であふれているでしょうに。
台風の進路にあたる皆さんは十分に用心して下さい。

                 遅足

コメント

夏蝶や樋口一葉若死す   佐保子

2016-08-29 10:25:26 | Weblog
夏蝶といえばアゲハチョウを思い浮かべます。
最近では黒くて大きなナガサキアゲハも飛んでいます。
春の蝶よりも大きいものが多い、生命力に溢れ、
力強いイメージがあります。

そんな夏蝶に、明治の作家・樋口一葉の姿を重ねた句です。
最初、読んだときは、?という感じでしたが、
句会でのみなさんの意見を聞いて、
取り合わせの良さが分かってきました。

一葉は僅か24歳で亡くなってしまいます。
「たけくらべ」「十三夜」などの作品が残されました。
天がもう少し寿命を授けたら・・・と思わずにはいられません。

                  遅足


コメント

問われたる琉球処分蝉時雨   能登

2016-08-28 09:24:49 | Weblog
今の沖縄県は、江戸時代までは琉球王国でした。
明治政府は琉球王国を滅ぼし、日本国家に組み込みました。
これを琉球処分と呼んでいます。
平成の今、100年以上前のことが問われている、と句は訴えています。

明治政府は、清国との冊封関係・通交を絶ち、明治の年号使用、
国王らに上京することなどを迫りました。
しかし、琉球は従わず、武力を背景に処分を決めたのです。

安倍政権は、基地問題で沖縄県民の声を聞こうとしません。
そして威圧的態度で臨んでいます。
これが、琉球処分と同じであるという批判を招いているのです。

初句の「問われたる」で、問われているのは本土の私たちです。
蝉たちも大きな声で問うているようです。

            

「創」という雑誌を読んでいたら、こんな話が載っていました。
東京へ転勤となった琉球新報の記者。さっそく住まいを探しました。
ところが不動産屋さんから、こんなことを言われたそうです。
「家主さんが琉球新報には部屋を貸したくない」と言っていると。
信じがたいことですが・・・
「沖縄の新聞はつぶせ」という声がある昨今、恐い話です。

                        遅足
コメント

目覚むれば網戸を叩く夏の虫   立雄

2016-08-27 09:16:05 | Weblog
夜中に物音で目が覚めました。網戸を叩く音がします。
深夜の訪問者はダレでしょうか?
黄金虫?蝉?あるいは・・・

結宇さんも夏の虫を詠んでいます。

  夏虫かしばらく後のかゆみあり

こちらは昼間でしょうか。二の腕にかゆみが・・・
見ると、小さいですが、赤く腫れています。
さっき草むしりをした時に刺されたのでしょうか。
一体、なんの虫だったのか?
ちょっと気になりますが、大したことはなさそう。
塗り薬でもぬっておきましょう。

いずれも虫の種類を特定できないケースを上手に捉えて句に。
こういう作り方もあるのですね。

                 遅足


コメント

日系一世と戦争~取材こぼれ話~   竹中敬一

2016-08-26 09:06:19 | Weblog
32年前、テレビ番組の取材でアメリカのシアトルへ行ったことがあります。
明治から大正にかけて日本から渡米した人たちと沢山お会いしました。
当時、すでに皆さんは八十歳を超えていました。
女性の多くは、一足先に渡った日本男子の写真だけを頼りに、
呼び寄せられた「写真結婚」の人たちでした。

こうした日系一世のお一人、安武秀子さんは当時、八十三歳。
ご主人はすでに他界されていましたが、日米開戦(1941)と同時に、
ご夫妻は2人の子供と共に、アイダホ州のドミニカ強制収容所に入れらました。
日本人の強制収容所は全米で十ヶ所ありました。

安武ご夫妻の二男、敏郎さんは日系二世の志願兵として 、
ヨーロッパ戦線でアメリカのために戦いました。
日系二世の人たちはアメリカへの愛と忠誠の証として、
第二次大戦に約二万六千人が軍隊に志願したと言われています。
我が子をアメリカ兵として戦場に送り出した
安武秀子さんの心境はいかばかりだったでしようか。

取材ノートを整理していたところ、安武さんに関するメモが出てきました。
その中に日米開戦の頃の心境を秘かに綴った川柳を見つけました。
放送では使っていません。

  捕はれの身に 名月も親しめず

  生かしとく程度に同胞 虐められ

  子の志願 親の立場をぐらつかせ

  市民権 呉れない国に子を捧げ

志願兵になった敏郎さんは、無事帰還、シアトルで医師をしておられました。

取材中、ある老人が語った一言が印象に残っています。
「今でも差別はなくなったわけではなく、何かの折に噴き出します。
私たちはそれが怖くて、できるだけ波風がたたないように、
静かに暮らしているのです」

             

この一年後に、今度は日系一世の足跡を追ってブラジルへも行きました。
ブラジルでは終戦直後、日系人の間で日本が勝ったとする「勝ち組」 と、
いや日本は負けたのだとする「 負け組」 が対立、
血で血を流う抗争があり、そのしこりがまだ尾を引いていました。
「勝ち組」の中には、今なお「神州日本は敗れず」として、
毎朝、自宅で明治天皇の厨子に向かって手を合わせる人もいました。
この写真はその時、撮ったものです。

同胞同士、肉親同士をも引き裂く戦争はもうこりごりですねぇ。

コメント

藤城清治展     麗

2016-08-25 08:40:56 | Weblog
先週の句会の前に、マツザカヤで行われていた「藤城清治展」に出かけました。
92歳の影絵作家。以前、美術番組で藤城さんのことを知り興味を持っていました。
今NHKで放送中の「とと姉ちゃん」の花森安治さんと20代の頃に出会い、「暮らしの手帖」で影絵の連載もされていたそうです。

実際に見てみてその作品の多さにびっくり。おなじみの、メルヘンの世界から、藤城さんのシンボルとも言える「生きる喜び」と呼ぶ「こびと」の存在、愛する猫ラヴィイちゃんやかわいい動物たち、そして全国を旅して東北や熊本などの被災地を訪れスケッチをし、それを繊細なレースのように切り取り様々な色の光を当てる影絵の数々。

藤城さんはカミソリの刃で影絵を制作。その手は傷だらけになっていても、葉っぱの一枚一枚を細かく切っていきます。何百枚という無数の葉を切り取るとき、おのずと願いや祈りが折り重なっていくそうです。藤城さんにとって影絵は「光と影の祈りの芸術」だそうです。

折しも先週の土曜日、藤城さんのドキュメンタリーをテレビで見ました。最新作は多くの特攻隊が旅立った知覧を訪れたものでした。零戦が満開の桜の中を開聞岳にむかって飛び立っていく悲しい作品。「平和の世界へ」。
とても悲しい作品ですが、そこにも、悩んだ末に生きる喜びである「こびと」を登場させ、今を生きている私たちに平和の大切さを訴えていました。
戦争は自分が描くものではないと思っていた藤城さんが初めて戦争をテーマにした作品です。

写真は「悲しくも美しい平和の遺産」という原爆ドームの影絵。おびただしい数の折鶴とドームに腰かけ、笛を吹くこびと。こんなに明るい色彩の原爆ドームの絵を見たのは初めてでした。
原爆ドーム自体が私には壮大な影絵に見えました。8月はこの絵はがきをピアノの上に飾ることにしました。

光と影の美しさにすっかり魅せられた私は、いつの日か那須高原にある藤城清治美術館にも行きたいと思っています。それにしても92歳で創作意欲が衰えないとは芸術家のエネルギーにはおそれいりました。

           八月や祈りの心影絵にす  麗
コメント (1)

初熊蝉三日遅れの油蝉   静荷

2016-08-24 09:28:34 | Weblog
蝉を詠んだものが一番多く5句。
やはり一番馴染みのある夏の虫ですね。

子供の頃にはクマゼミは見たことがありませんでした。
それが何時の間にか、夏になると最初に耳にするように。
句のように、まずクマゼミが鳴き、数日遅れて油蝉の声。
身体も声もクマゼミのほうが大きいようです。
ニイニイ蝉の鳴き声をきくことがほとんどありません。
今は法師蝉の声が聞こえるようになりました。秋です。

クマゼミは西の方から次第に勢力分野を広げてきたようです。
原因は都市のヒ-トアイランド化と、地球温暖化とか。

気がつけば、虫の世界ばかりでなく植物の世界も様変わり。
昔からのアサガオは少なくなり、琉球アサガオが目立ちます。
花をつける期間が長いのが人気の秘密でしょうか。
身の回りの自然の変化に眼を注いでいくのも俳句の醍醐味。
それにしても変わり方の激しさに改めてビックリしています。

          

東日本や北海道が洪水に。一方、西日本は猛暑。
長い日本列島ならでは。
そちらの雨を少しこちらへ。       遅足


コメント

玄関に刺客の気配蚊に討たる   亜子

2016-08-23 09:27:16 | Weblog
小さな蚊に刺されたことをユーモラスに詠った句です。
自己を客観視しているというか、生活を楽しむ余裕が感じられます。

高層マンションに住んでいる作者。
蚊は高いところまで飛んでこないのでは?とお聞きしたら
エレベーターに乗って、やってきます、とのこと。
頭のいい蚊もいるものです。
そして玄関に身を隠して、人が現れるのを待っているのでしょう。

子供の頃、嫌いな虫の代表は蚊と蠅でした。
それが何時の間にか蚊だけになっています。
蠅の姿を見ることが少なくなっています。

下水道の完備、水洗トイレの普及など、
生活が衛生的になった結果でしょうね。
蠅叩きなども姿を消してしまいました。

                   遅足
コメント

滅びたる王家の印火蛾の紋    遅足

2016-08-22 09:08:00 | Weblog
夏の夜に灯火に集まってくる虫を火取虫(ひとりむし)と言います。
なかでも多いのが蛾で、火蛾とも灯蛾ともいいます。
「飛んで火にいる夏の虫」といいますが、
なぜ、火のなかに飛び込むような行動をとるのでしょう?
あるいは灯に集まってくるだけなのかも知れませんが・・・

蛾の翅には身を守るために様々な模様があります。
天敵の目をくらますカモフラージュ作戦をとるもの。
恐ろしい模様で威嚇するものなど。

王家の紋章は自分たちの権威を誇示するものでしょうね。
句は、自ら火の中に飛び込んでいく蛾の行動を、
運命に従って、滅びていった王家に喩えたものです。


コメント