575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

桜のトンネル    麗

2016-03-31 09:50:25 | Weblog
昨日、久しぶりに近くの公園に桜の様子を見に行きました。
まだ二分咲きという感じでした。
満開になるとこの桜のトンネルが見事で毎年飽きもせず朝に夕にお散歩に行きます。

今、これまでの俳句をまとめる作業をしています。フォトブックを利用して小さな句集を作っています。
懐かしい桜の俳句がありました。

  初恋が桜の道をくぐり抜け

  夕暮れの桜に恋して逢いにいく

  何事か桜に祈る母がいて

  花びらのシャワーを浴びて桜道

  春雨や広げた傘に花の落ち

  ひよどりの重さに揺れる桜かな

  手のひらに受けとめきれぬ落花かな


桜の俳句は毎年作っても新鮮な気持ちがします。今年はどんな俳句がこのトンネルから生まれるかな?
コメント (1)

春日傘さして姉様黄泉の国   静荷

2016-03-30 09:14:05 | Weblog
あの世へ旅立つ姉。
棺には春日傘を添えて・・・と、立雄さん。

静荷さんのお姉さんを詠んだ句とのこと。
婚期が、戦争と重なったこともあって、生涯独身。
娘時代に習ったお稽古ごとの先生で暮しをたてたそうです。
まさに「芸は身を助く」ですね。
静荷さんにとっては、まさに「ねえさま」でした。
春日傘をさして、毅然とした姿が浮かぶようです。

           

昨日は桜をみようと平和公園に。
多くの車が駐車。いつもの場所から遠く離れたところに。
今日、明日には満開でしょうね。
                  遅足


コメント

ほんとうの私になれる春日傘  遅足

2016-03-29 09:14:59 | Weblog
傘をさしていると、周囲の視線を避けることが出来ます。
街を歩いていても、妙に心が落ち着く時も。
こころが歩くリズムにシンクロしてきます。
無我の状態です。
そんな時こそ、ほんとうの自分に出会えるのでは?

夏では、こうはいかないでしょう。春だからこそ。

 ほんとうの私にあえる春日傘

車にはねられて、危険かな


コメント

春日傘LOVEと彫られし墓のあり  佐保子

2016-03-28 09:13:34 | Weblog
名古屋の平和公園を、時々散歩しています。
一体、どれだけのお墓があるのか・・・
お墓もずいぶん様々な形のものが増えてきました。
LOVEとだけ書いたものも。

平和公園ではありませんが、こんな墓が。

  最愛の人(DEAREST)
  1/6000000000

日本語は一字もありませんでした。

まだ、家の墓が多いですが、夫婦墓や個人墓など
新しい墓も増えています。
家制度の崩壊を映し出しているようです。

                 遅足
コメント

尼寺の低き門より春日傘   亜子

2016-03-27 09:29:52 | Weblog
尼さんではない女性が、ゆるり動作で腰をかがめて 、
出てきました、と智恵さん。
傘をさしていたのは、多分尼さんだったでしょうが、
静かな大人のムードが感じられる句でした、と等さん。

この尼寺のモデルは、京都・嵯峨野にある寂庵。
低き門は、尼寺のイメージにぴったりです。

春日傘をさし、顔を隠すように出て来た女性。
尼さんか?そうではないか?
この春日傘には、どんな物語が秘められているのでしょうか?

                  遅足


コメント

眼鏡橋渡る夢二の春日傘   立雄

2016-03-26 09:22:29 | Weblog
夢二と春日傘と眼鏡橋が、絵画のようです、と智恵さん。
絵から詠んだ句が3点ありますが、大体、非現実なため描写が弱いようです。
しかしこの句は”眼鏡橋渡る”と現実的で、情景も一番鮮やかでした、と等さん。

竹久夢二には1918年(大正7年)に長崎へ。
二年後に「長崎十二景」の連作を完成させました。
なかでも「眼鏡橋」がよく知られています。

西洋から伝わったアーチ式の眼鏡橋。
夢二の女が傘をさして渡ろうとしています。

         

立雄さんの奥様は絵描きさんです。
眼鏡橋の話も奥様から聞いたことがあったんでしょうね。  遅足

コメント

貴婦人を真似て背伸びの春日傘    郁子

2016-03-25 09:06:38 | Weblog
ハイヒールを履いて。洋風の傘を手に。
ゆっくりと開いて・・・。
少女は、貴婦人をまねて背伸びをします。
ミュージカルの一場面を思い出したのかも。

早く大人になりたい。
そんな気持ちが背伸びに込められているようです。
夏ではなく、春ならではの景です。

早く大人になりたい。この気持ち。
思い出しました。お酒やタバコを呑んでみたい。
そんな動機だったのでしょうか?
でも大人になることが少しコワイかったような気も。

             

東山動物園は桜がチラホラ。
家族連れや若いカップルでにぎわっていました。
イクメンのゴリラ舎の前は人で一杯。
幼稚園児が赤い帽子をかぶって一列に。
                   遅足



コメント

旅立ちの朝     麗

2016-03-24 09:46:14 | Weblog
今日は姪がカナダに留学のため出発します。
これから送って行きます。
無事に帰ってくることを祈りながら。

花冷えの朝姪の旅立ちぬ   麗
コメント

春日傘磯をそろりと伝いゆく   晴代

2016-03-23 09:38:07 | Weblog
海が好きな作者。磯を散歩です。
強い日差しを避けるために日傘は欠かません。
おそるおそる、磯をつたっていきます。
海の青、空の青、日傘の白。絵の様な一句です。

磯遊びという季語があります。
3月3日の節句前後の大潮のころに、
潮干狩りをしたり、飲食を楽しむ行事。

町では、人形を飾る雛祭りのほうに重点が移りましたが、
九州や沖縄県の島々では、最近まで磯遊びが残っていたそうです。
沖縄では、3月3日は家にいてはいけない日。
村中の人がお弁当を持って海辺に繰り出し、
食べたり踊ったりして過ごしたそうです。

           

潮干狩り。もう何年も行っていません。
腰を悪くしてからはダメです。
あの姿勢を長くは続けられません。
飲食を楽しむだけだったら良いでしょうね。
でも貝がとれないのはクヤシイし・・・

                遅足


コメント

貝拾う母と娘の春日傘  麗子

2016-03-22 09:02:18 | Weblog
春の一日、母子で貝拾いに興じました。
母の傘、娘の傘。それぞれ、どんな色なのでしょう。
結婚を前にした母娘でしょうか・・・
お互いに拾った貝を見せあっています。
どんな話をしたのでしょうか?
忘れられない一日になったと思います。

作者は、お母さんと貝拾いに行ったことがあるそうです。
たった一度だけの貝拾い。大切な思い出ですね。
それぞれの思いを日傘の中に。
季語が効果をあげている句だと思います。

        

昨日は名城公園に。親子連れなどの姿も。
桜祭りの準備の進むなか、桜はまだほとんどが蕾でした。

                 遅足

コメント