575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

抱く手に児の爪たてる昼寝起き    結宇

2014-08-31 10:38:05 | Weblog
まだ眠っている児を、その母の手から抱き寄せました。
爪を立てられてしまいました。

まだ覚めきらぬ、夢と現実の間に漂う意識。
おそらく無意識にとった行動でしょう。
夢に続きの行動だったかも知れません。
微妙な瞬間をとらえた句です。

昼寝起きは、昼寝覚という季語があります。
そちらを使ったほうが良いように思います。

  抱く手に児の爪立てる昼寝覚

                 遅足


コメント

南瓜抱く草生ひ茂る大地より   佐保子

2014-08-30 09:47:19 | Weblog
おおらかさに、とえみさん。
よく育ってくれました。充分な手入れもしなかったのに?、と鳥野さん。
何でもない風景ですが、昔を思い出します、と結宇さん。

あまり手入れをしないんでしょう。
畑とは言えぬくらいに雑草が生い茂っています。
ようやく見つけた南瓜。思いの他の重さです。
大地は恵みを与えてくれました。
しっかりと胸に抱くように収穫しました。

写生句の模範のような一句です。   遅足
コメント

稲妻に抱かれてゆく聖母かな    遅足

2014-08-29 09:38:24 | Weblog
隠れキリシタンの島。五島列島の福江島。
海沿いにある小さな天主堂。
聖母像がありました。ここまでは実景。
あとは想像です。
稲妻が光るたびに闇に浮かび上がる聖母像。
静謐な微笑みは・・・

キリストは処女懐妊。
釈迦は脇の下から生まれたとか。
お米は稲妻が懐妊させるという考えもあるそうです。

キリスト教に詳しい狗子さんの一票。、
作者の意図を超えた読みをして下さったのでしょう。
ありがとうございます。

コメント

傷心を今年も抱き原爆忌        立雄

2014-08-28 09:09:49 | Weblog
あの原爆が投下されて、もう69年。
被爆者の方々も少なくなってきました。

 一分ときめてぬか俯す黙祷の「終り」といへばみな終るなり  竹山広

被爆者として体験を詠みつづけてきました竹山さんです。
4年前に亡くなられました。

式典も次第に形式的になっているのかも知れません。
しかし詠み続けていくことが大切なテーマです。

安倍さん、広島での式典挨拶が前年のコピペでは?と指摘されました。
長崎では変えるのかな?と思っていたら、これまたコピペでした。
これは故意のコピペです。私には理解できない神経です。

                        遅足
追伸

 夏服の老いの背中や戦争展

亜子さんのこの句を忘れてはいけません。

忘れてはいけない、とえみさん。
余所行きに着替え、背を正して今年も戦争展へ、と鳥野さん。

麻の夏服を着こなした老紳士を想像しました。


コメント

嬰児(やや)昼寝何の疑惑も抱かずに    静荷

2014-08-27 09:19:34 | Weblog
人間は生まれた時は、ふにゃふにゃした体です。
自分で歩くことも出来ません。
もちろん疑うこともなく、天使のような無邪気さ。
それが智恵がついて人間らしく成長していきます。
それはまた疑うことを覚えていくことでも。

   生(あ)れて間もなきに蟷螂斧持上(もた)ぐ

同じ作者の句。
蟷螂は生まれたら、もう100%蟷螂です。

もう一丁前に踏ん張っています。哀しい性、と鳥野さん。

人間って不思議な進化を遂げた生きものですね。遅足
コメント

じゃれて遊んで   鳥野

2014-08-26 19:45:45 | Weblog
立秋を過ぎて早くも2旬、エノコロ草は穂を出し
たでしょうか。

地下鉄駅からわが家まで、堀川沿いの小道を、
エノコロ草を摘みながら帰るのが楽しみでした。
秋の23年間を。
生きのいいもの、姿や色のいいものを選んで5、
6本。2頭のネコへの手みやげでした。

ネコという生きものは、妥協を知らない我儘者。
性格も好みもそれぞれ。それが、エノコロ草だ
けは2頭とも揃って大好き。振ってやれば、飽き
もせず、じゃれて遊んで。別の名をネコじゃら
しとはよく言ったものです。

2頭とも保護した子。推定3・4年違いの雌と雄。
二人が誘い合うように逝ってしまって3年。
もうエノコロ草を摘んで帰ることもなくなりま
した。

 ・ エノコロの穂に甘やかな記憶あり 鳥野

コメント (2)

野仏のひしと抱き合ふ野分かな   亜子

2014-08-25 09:08:28 | Weblog
信濃路の道祖神か。微笑ましいお姿が浮かびます、と鳥野さん。
野分の風情がよくでています、と結宇さん。

六地蔵、馬頭観音、道祖神など・・・。
野の神仏は、人や馬を見守ってくれました。
この野仏は道祖神のことでしょうね。
いつも仲良く抱き合っています。
それが風雨が強まるなか、しっかりと抱き合います。
さらに激しくなると、ひしと。
映像のしっかりした句です。

  抱き起す萩と吹かるる野分かな   河東碧梧桐

                    (遅足)
コメント

眠れぬ夜母の子宮に抱かれる   麗子

2014-08-24 12:07:30 | Weblog
寝返っても、寝返っても、寝付かれない夜。
心に引っかかっているのは何でしょう。
平安を求めて母の子宮にまで遡っていきます。
生まれる前にいた絶対的な安らぎの空間。
やがて眠りに・・・

  こもりうた子宮の底の暗がりへ  鎌倉佐弓

                  (遅足)


  
コメント

字幕付きの画面ひろげて見るドラマ朝を重ねて秋となりゆく    遅足

2014-08-23 08:37:23 | Weblog
歳とともに耳が遠くなりました。
テレビの音も聞きにくくセリフが聞き取れません。
そこで思いついたのが字幕スーパー。
さっそく試してみるとセリフがよく分かりました。
以来、字幕を愛用しています。

難点は真ん中に文字が出て画面が見づらいこと。
役者がしゃべる前に、ドラマのセリフが出てしまうこと。
でも、聞き取れないよりはずっと良いです。
「花子とアン」もいよいよ終盤に。
秋は間違いなくやってきています。


コメント

8月句会の最終結果です。     遅足

2014-08-22 09:34:34 | Weblog
立雄さんと麗子さんの選句が届きました。

題詠「抱」
①眠れぬ夜母の子宮に抱かれる(麗子)遅足・郁子・すみ
②野仏のひしと抱き合ふ野分かな(亜子)結宇・鳥野・佐保子・静荷・すみ・狗子・能登・立雄
③嬰児(やや)昼寝何の疑惑も抱かずに(静荷)
④傷心を今年も抱き原爆忌(立雄)亜子・麗子
⑤稲妻に抱かれてゆく聖母かな(遅足)狗子
⑥南瓜抱く草生ひ茂る大地より(佐保子)結宇・えみ・鳥野・遅足・静荷・郁子・すみ
⑦抱く手に児の爪たてる昼寝起き(結宇)晴代
⑧神を抱く私の胸の小さな秋(えみ)
⑨ほおずきの鉢抱く人の泣きぼくろ(晴代)えみ・遅足・郁子・立雄・麗子
⑩庭隅に闇を抱えて百合一輪(郁子)静荷・晴代・佐保子・能登・立雄
⑪流星群触れ合う肩をそっと抱き(能登)結宇・えみ・狗子
⑫夏終わる抱き癖ついて帰る孫(すみ)鳥野・亜子・能登・麗子
⑬老兵は抱くものなし敗戦忌(狗子)佐保子・亜子・晴代

自由題  
①炎天にどよめく歓喜逆転打(立雄)佐保子・静荷
②酔芙蓉飛行機雲のほぐれゆく(遅足)結宇・鳥野・静荷・晴代・能登・立雄・麗子
③烏賊釣火三艘並ぶ対馬沖(佐保子)
④生(あ)れて間もなきに蟷螂斧持上(もた)ぐ(静荷)鳥野・能登
⑤夏服の老いの背中や戦争展(亜子)えみ・鳥野・静荷・郁子・晴代・狗子
⑥ギヤマンに白海老装へ(ヨソヘ)夏座敷(結宇)えみ・佐保子・遅足・すみ
⑦四つ折りの角に詰まっている残暑(えみ)遅足・すみ・狗子・能登・麗子
⑧鳳仙花はぜほろ苦き安堵なす(晴代)亜子
⑨秋暑し過去と未来が交錯す(麗子)
⑩新涼の犬の散歩はアンダンテ(郁子)結宇・狗子
⑪天の川人間はずっと殺し合う(能登)佐保子・郁子・すみ・亜子・立雄
⑫青柿や葉か実か迷う繁りかな(すみ)
⑬宿題は残っているぞ法師蝉(狗子)結宇・えみ・郁子・亜子・晴代・立雄・麗子

次回は9月17日(水)午後1時  東鮓
題詠は「秋刀魚」です。

広島で集中豪雨。90人もの方々が亡くなったり、行方知れずに。
これが昼間だったら犠牲者は少なかったのに・・・。
まだ雨が止まず、二次災害の恐れもあり、救出作業も中断とか。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
行方不明となっている方たちが早く救い出されますように。

コメント