575の会

名古屋にある575の会という俳句のグループ。
身辺のささやかな呟きなども。

わたくしを探して老いぬ初鏡   亜子

2015-01-31 09:23:33 | Weblog
未だに探し当たりません。
今では鏡を見ることさえ忘れて、と鳥野さん。

私の人生って何だったのか?そもそも私は何者なのか?
ずっと探してきたような気がします。
年の初めに鏡の前に座った時には改めて、と作者。

  初鏡娘のあとに妻坐る   日野草城

昭和の早い時代に生まれた男は鏡をあまり見ません。
しかし自分探しは男女の差はありません。

  水中の河馬が燃えます牡丹雪   

坪内捻典さんのこの句。
自分探しを詠ったものとも。

          

応答の一日一句

  冬の日や梨のタルトにミルクティ  孝

  冬の日や朝の焙じ茶午後のティー  亜子

もう一月も終わり。時の経つのの早いこと。
とくに齢を重ねるにしたがって早くなっているようです。
そんな日はミルクティで午後を。
                     遅足

コメント

頭からどうぞと皿に寒すずめ     遅足

2015-01-30 09:35:07 | Weblog
今週の初めに京都に行ってきました。
今回のテーマは「食」。目的地は伏見大社。
外国人観光客の人気ナンバーワンだとか。
こんな寒い頃なのに清水寺に負けない人出。

目標はこの時期限定の「寒すずめ」
門前の店先には鶉の串焼きが並んでいました。
「寒すずめ」はありませんとのこと。
諦めずに探していくと・・・ありました。
先客がひとり。寒すずめで一杯と良いご機嫌。
伏見に来る時は必ず寄る店と。

待つこと10分。やってきました。
小さな黒々とした鳥らしきものが皿の上に。

「頭からどうぞ」と言われて、おそるおそるガブリと。
ゴリゴリとした音がして・・・やがて味が口いっぱいに。
お腹の部分には肉があってレバーのような味です。
ちょっと苦みの強い鳥レバと思えば良いでしょうか。

生きものを殺して食べるという感覚がよみがえりました。
切り身になった魚や、部品のような鳥のささ身など。
料理していても、命を食べているということは意識しません。

無数の殺生のうえに現代日本があるんですね。

            

応答の一日一句

  小走りで黙礼のみの寒の内    孝

  人気なき金勢明神寒の内     亜子


コメント

春信    麗

2015-01-29 08:48:37 | Weblog
冷たい雨上がりの次の日、ミニ盆栽の冬至梅がほころんだという春信が知人から届きました。
まだまだ外は寒いけど確実に春は近づいています。立春ももうすぐ。
秋に植えた球根たちも芽を出し始めています。日の出も少しずつ早くなってきました。
心滅入るニュースばかりで落ち込んでいた私には嬉しい画像つきのメールでした。

お礼に一句お返ししました。ありがとうございました。

      春を待つ我に嬉しき便りあり   麗

コメント (1)

無秩序が秩序となりて初雀   郁子

2015-01-28 15:22:35 | Weblog
初雀。聞きなれた雀の声。
年の改まった元日には、めでたく感じます。

元日の朝も、我が家の庭には雀がやってきます。
サツマイモや林檎の皮を食べようと。
雀は冬は群で過ごし、10羽くらいでしょうか。

一見すると無秩序に集まっている雀。
しかし餌を取り合っている姿をよく見ると・・・
ちゃんと雀なりの秩序があるようです。
鵯がやってきて一斉に飛び立つ雀。
先頭の雀を追うように次々と・・・

世界は混沌に始まり、秩序が生まれていく不思議。
初雀に、そんな自然の摂理を感じ取ったのでしょうか。

冬の群雀も、春になると繁殖のために番に。

          

応答の一日一句

  寒風やお召列車の通過駅      孝

  寒風やひと来たらずと告ぐみくじ  亜子

コメント

見上げてごらん   鳥野

2015-01-27 11:50:12 | Weblog
 福引で小さなヒツジの縫いぐるみが当たりました。
フワフワと優しい手触り、円らな目。ヒツジは今年
の干支とあって、新年早々から引っ張りダコです。
思えばヒツジは人間の役に立つ動物の随一。
約一万年前から家畜として飼われていたようです。
従順で粗食に耐え、肉は美味。低カロリー高タンパク。
その毛はウールとして愛用されてきました。

近縁種の山羊は、上質な乳をたっぷりと出して貢
献。さまざまな加工品も工夫されています。
里山の農民を悩ませる除草の役割りも完璧。

数々の労が報いられて、牡羊も山羊も星座となり、
夜空に輝いています。

 ・ ラムチョップ程よく焼けて外は雪  鳥野
               





コメント (1)

念じつつ振り動かしぬ初みくじ   晴代

2015-01-25 09:21:27 | Weblog
凶と出るか、吉なのか、一瞬の緊張、さて ?と、鳥野さん。

答えは、「大吉」「今年の色」は赤だったそうです。
何を念じたのでしょうか?
「人に明かせば叶わないのでヒミツ」だそうです。

この上五は、念じつつ、です。
同じ意味で、祈りつつ、もあります。

  祈りつつ振り動かして初みくじ

では、どこか軽い感じがしないでしょうか?

念ずるには、耐え忍ぶという意味もあるそうです。
また、念じ、の2つのN音。動かしぬ、のN音。
この句の印象を決定づけているようです。

             

応答の一日一句

  冬帽子正して駅の待ち合わせ   孝

  冬帽子後ろ姿の父に似て     亜子

(ちょっと京都へ行ってきます。  遅足)



コメント

新発意に初雪重き網代笠   結宇

2015-01-24 09:27:36 | Weblog
新発意(しんぼち)は、発心(ほっしん)して僧になったばかりの人。
網代笠は、竹の網代で作った笠。夏の季語になっています。
この場合、初雪が季語で冬の句です。

僧になったばかりの若者が網代笠を被って托鉢へ。
そこへ初雪。寒さも重さも身に沁みるようです。
でも決心は固く・・・足取りも確かに。
初雪が新発意と響きあっています。

作者によれば禅僧を詠んだものだそうです。
禅寺では、師が弟子に公案が出されます。
卒業試験のようなものでしょうか。
「禅問答」として知られています。

物の本によれば、公案には正解はないとのこと。
言葉を離れて直観で師の教えを体得するための試練だとの説明。

そのなかの一つです。

  趙州が修行中に、師の南泉(なんぜん)に尋ねた。
 「仏の道とは何でしょうか」
 「平常心(普段の心)が道である」
 「では、平常心が目標なのですね」
 「いや、目標ではない」
 「目標でないなら、どうやって道を求めるのですか」
 「道というのは、求めるとか求めないといった問題ではないのだ」

            

        応答の一日一句

  雪時雨少年塾へまっしぐら   孝

  寒風や九十秒の赤信号     亜子

コメント

1月句会の最終結果です。     遅足

2015-01-23 09:29:19 | Weblog
初句会は7人の出席。
題詠は静荷さんが最高得点に。時代を映した句です。

題詠「初」
①新発意(シンボチ)に初雪重き網代笠(結宇)晴代・遅足
②念じつつ振り動かしぬ初みくじ(晴代)智恵・麗子・鳥野・静荷
③無秩序が秩序となりて初雀(郁子)能登・智恵・結宇・すみ・亜子・狗子
④わたくしを探して老いぬ初鏡(亜子)能登・鳥野・静荷・結宇・郁子
⑤お隣も向ひも独居初あかり(静荷)佐保子・能登・麗子・鳥野・郁子・すみ・亜子・晴代・狗子
⑥小さき手とニューシューズ履き初詣(立雄)遅足
⑦咲き初むる蠟梅に顔寄せにけり(佐保子)智恵
⑧完璧な初夢なので出られない(遅足)佐保子・麗子・郁子
⑨初富士がランナー越しにそびえ立つ(麗子)晴代・立雄
⑩初化粧隠したき事多くなり(すみ)佐保子・結宇・狗子・立雄
⑪凧揚げのできる公園初ググり(能登)亜子
⑫初売りの魔界の如し福袋(狗子)静荷・すみ・遅足・立雄

自由題  
①だんだんと空透けてゆく春隣(晴代)能登・麗子・鳥野・結宇・狗子・立雄
②孫の言う「オラフにして」と雪うさぎ(郁子)すみ
③病床の母のくぐもる初電話(麗子)智恵・結宇・すみ・亜子・晴代・遅足
④悪童の初荷追はへて町はずれ(結宇)智恵・静荷
⑤御降りや振袖姿見ずじまい(静荷)能登
⑥寒雀手毬のごとく飛び跳ぬる(佐保子)能登・智恵・鳥野・郁子・すみ・亜子・晴代・狗子
⑦緞帳(どんちょう)の揚がらんとする淑気かな(亜子)佐保子・麗子・静荷・遅足
⑧書初めは夜空の星にとんどの火(立雄)結宇・郁子
⑨ビニールのシートかぶせてあって 雪(遅足)佐保子・狗子・立雄
⑩冬帽子目まで被って眠る子や(すみ)佐保子・郁子・遅足
⑪老犬の遠吠えかなし冬銀河(能登)麗子・立雄
⑫門松も少なくなりし城下町(狗子)鳥野・静荷・亜子・晴代

次回は2月18日(水)午後1時   東鮨
題詠は「椿」です。

番外
初ヨダレ何気に拭い傾聴す   智恵
(お父さんの介護で一年が始まりました。)

              

応答の一日一句

  婚約の指輪の光る白子干し        孝

  それぞれに黒き眸(め)のあり白子干し  亜子

                
コメント

初句会      麗

2015-01-22 12:32:58 | Weblog
錦織圭君のテニスを見ていて遅くなってしまいました。
二回戦突破おめでとう!!
さて、残念ながら今年最初の句会も断念。そこで恒例になってしまった一人句会です。

題詠
①新発意(シンボチ)に初雪重き網代笠     しんぼちを初めてしりました。
②念じつつ振り動かしぬ初みくじ        ○(情景が目に浮かびます。じゃらじゃらと音も聞こえそう。動かしぬの「ぬ」が?)
③無秩序が秩序となりて初雀            どんな秩序か?面白い俳句。
④わたくしを探して老いぬ初鏡           私も。。。
⑤お隣も向ひも独居初あかり         ○(本当にそんな景色が増えてきました。初あかりは皆に平等です)
⑥小さき手とニューシューズ履き初詣      「と」がもったいない?
⑦咲き初むる蠟梅に顔寄せにけり        いい香りがしそう。
⑧完璧な初夢なので出られない       ○(どんな初夢だったのでしょう。きっとすばらしい初夢。私は人の初夢に出てきたそうです)
⑨初富士がランナー越しにそびえ立つ
⑩初化粧隠したき事多くなり          初化粧に限らず。。。
⑪凧揚げのできる公園初ググり        そんなことも検索する世の中になってしまいました。それだけ遠いものに。
⑫初売りの魔界の如し福袋          魔界がやや重?

自由題  
①だんだんと空透けてゆく春隣       ○(だんだん空の様子が変わってきました。春隣は好きな季語です)
②孫の言う「オラフにして」と雪うさぎ    アナ雪の雪だるまのオラフ。大好きなキャラクターです。
③病床の母のくぐもる初電話
④悪童の初荷追はへて町はずれ        「町はずれ」が?
⑤御降りや振袖姿見ずじまい         元旦に降る雨や雪のことを御降りというのですね。今年は特に残念でした。
⑥寒雀手毬のごとく飛び跳ぬる        手毬のごとくが?
⑦緞帳(どんちょう)の揚がらんとする淑気かな  ○(始まり、始まり)
⑧書初めは夜空の星にとんどの火        壮大ですね。
⑨ビニールのシートかぶせてあって 雪    この間は?
⑩冬帽子目まで被って眠る子や        暖かそう。
⑪老犬の遠吠えかなし冬銀河       ○(最近あまり耳にしないけど、寂しい冬の風景が浮かびます)
⑫門松も少なくなりし城下町         本当にその通り!


私の初富士の句はテレビの駅伝観戦の富士山。初めてスタートから箱根駅伝をじっくり見ました。数々のドラマに涙涙。
富士山がランナー達を見下ろしていました。
そして自由句の初電話は入院している母の声が元気がなくて。ちょっと悲しい初電話でした。


       初句会参加できずに一人酒    麗

もちろん、飲んでいません。そんな気分でした。
コメント

初句会の投句が集まりました。   遅足

2015-01-21 09:16:22 | Weblog
今回の題詠は「初」でした。
初句会の句はありませんでしたが、色々な「初」が集まりました。
昨日が大寒。この地方で一番寒いのは月末とか。
まだまだ気が抜けませんね。

題詠「初」
①新発意(シンボチ)に初雪重き網代笠
②念じつつ振り動かしぬ初みくじ
③無秩序が秩序となりて初雀
④わたくしを探して老いぬ初鏡
⑤お隣も向ひも独居初あかり
⑥小さき手とニューシューズ履き初詣
⑦咲き初むる蠟梅に顔寄せにけり
⑧完璧な初夢なので出られない
⑨初富士がランナー越しにそびえ立つ
⑩初化粧隠したき事多くなり
⑪凧揚げのできる公園初ググり
⑫初売りの魔界の如し福袋

自由題  
①だんだんと空透けてゆく春隣
②孫の言う「オラフにして」と雪うさぎ
③病床の母のくぐもる初電話
④悪童の初荷追はへて町はずれ
⑤御降りや振袖姿見ずじまい
⑥寒雀手毬のごとく飛び跳ぬる
⑦緞帳(どんちょう)の揚がらんとする淑気かな
⑧書初めは夜空の星にとんどの火
⑨ビニールのシートかぶせてあって 雪
⑩冬帽子目まで被って眠る子や
⑪老犬の遠吠えかなし冬銀河
⑫門松も少なくなりし城下町

番外
初ヨダレ何気に拭い傾聴す
沈黙は想像の翼広げ時

           

応答の一日一句

  幕間におでん一皿酒少々      孝

  たて皺の眉間のゆるぶおでんかな  亜子

コメント